ifeeelgood さん プロフィール

  •  
ifeeelgoodさん: 俺の好きなアルバムたち
ハンドル名ifeeelgood さん
ブログタイトル俺の好きなアルバムたち
ブログURLhttp://oresuki.dreamlog.jp/
サイト紹介文好きなアルバムを自分勝手にダラダラ語る、ゆるいコンセプトのブログです。
自由文ロック・ジャズ・ソウル・J-POP、とにかく好きなアルバムを自分勝手にダラダラ語る、ゆるいコンセプトのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2014/07/03 21:30

ifeeelgood さんのブログ記事

  • 曖昧な形をした軽い絶望と虚しさ - 高橋幸宏 『Ego』
  •  1988年リリース、ソロデビュー10周年として企画された9枚目のオリジナルアルバム。鈴木慶一と立ち上げたレーベル「テント」が何やかやでフェードアウトしてしまい、心機一転となるはずだったアルバムである。 なるはずだったのだけど、アルファ〜YENのようなこじんまりしたレーベルならともかく、ポニーキャニオンが本腰を入れちゃったため、大きなバジェットからスタートしたテントは、自分の音楽以外のこともあれこれ考えなけ [続きを読む]
  • 音楽の女神は誰にでも見えるものではない。 - PSY・S 『Two Spirits』
  •  で、前回の続き。ほんとはこっちが本題だったんだけど、思いのほか前置きが長くなっちゃったので、2つに分けちゃった。 2枚目の『Pic-Nic』までは、フェアライト・マスター松浦によるジャストなリズムと、ピーク・クライマックスの薄いサウンド、そこにナチュラル・コンプの声質を持つチャカが、童謡歌手のようなフラットなヴォーカルを乗せるという、−何かこうして書いてると、味も素っ気もない、コンセプチュアルなサウンド [続きを読む]
  • 私は流行、あなたは世間 - PSY・S 『Different View』
  •  3年ほど前、松浦雅也のサウンドクラウドにて、PSY・Sの前身ユニット「プレイテックス」のデモ音源が公開され、往年のファンの間ではちょっと話題になった。今はもう公開終了してしまったけど、YouTube で検索すれば、一部はまだ聴くことができる。 それまでヴォーカルの入った音楽をほとんど手がけていなかった松浦が、何やかやの成り行きでチャカと出会ってユニット結成、当然、発売を前提とした音源ではないので、音質的には [続きを読む]
  • 正妻と愛人との狭間で - Herbie Hancock 『Magic Windows』
  •  80年代コロンビア・ジャズ部門の一端をリードしていたのが、新伝承派のWynton Marsalis一派であり、その対極でアブストラクトなキャラクターを放っていたのがHerbie だった、というところまで前回書いた。今回はその続きから。 70年代末からストリート・レベルで盛り上がってきたヒップホップは、80年代に入ってからしばらくはカウンター・カルチャーのポジションであり、当時はまだ知る人ぞ知る未知の音楽だった。「11PM」や「 [続きを読む]
  • もう「じゃない方」じゃない! - Branford Marsalis 『Mo' Better Blues』
  •  80年代のコロンビアのジャズ部門は主に、新伝承派のWynton Marsalisと、フュージョン(ていうか「Rockit」)のHerbie Hancockを主軸としていた、と前回書いた。今回はその続き。 フュージョンとヒップホップのハイブリッド・サウンドをレジェンド級のベテランが、対して懐古主義的な4ビート・ジャズを、全盛期を知らない若手が牽引しているという、こうして並べてみればチグハグな組み合わせだけど、それぞれ真逆のマーケットに応 [続きを読む]
  • 「俺の欲しい音わかるよな?」と脅して作らせた音楽 - Miles Davis 『Tutu』
  •  Milesが辿ってきた音楽的変遷というのは、要は「どれだけジャズというジャンルから逃がれられるか」の軌跡である。既存の枠にカテゴライズされることを忌み嫌い、「俺自身がジャンルだ」と気を吐くのは昔からのことで。やっぱJBとかぶるよな、こういうとこって。 とはいえ、本人がどう思おうが、Milesはどこまでもジャズの人である。ビバップ以降のジャズの可能性を広げたのは、どうしたってこの人だし。 30年もの間、所属して [続きを読む]
  • 「女」であり、「母」であるということ。 - Laura Nyro 『Mother's Spiritual』
  •  1984年リリース、前作『Nested』から6年ぶり、7枚目のオリジナル・アルバム。US最高182位という成績なので、正直、あまり知られてない作品である。彼女が精力的に活動していたのは60年代末から70年代にかけてなので、後期の作品はどうしても印象が薄い。 以前、初期のLauraの歌が苦手だと書いた。それは今も変わらない。 一般的にLaura Nyroといえばその初期のイメージが強く、「キリキリ張り詰めた切迫感」「むき出しの激情ソ [続きを読む]
  • 追悼 ウォルター・ベッカー ? Steely Dan 『Can’t Buy a Thrill』
  •  −60年代終わり、大学でDonald Fagenと出会い、Steely Danを結成したWalter Beckerが、日曜日(9月3日)亡くなった。67歳だった。 Beckerは体調不良のため、7月にアメリカで開かれた2つのフェスティバル<Classic West><Classic East>でのSteely Danのパフォーマンスに参加していなかった。 Fagenは先月初め、『Billboard』誌のインタビューで、病名などには触れなかったが、「Walterは回復しつつあり、すぐに元気になるこ [続きを読む]
  • ファン上級者向けの問題作 - 岡村靖幸 『Me-imi』
  •  2004年リリース、岡村ちゃんにとっては6枚目、そしてなんと9年振りとなるオリジナル・アルバム。前作の『禁じられた生きがい』が1995年で、こちらも5年のブランクがあってのリリースとなっており、その寡作ぶりは大滝詠一・山下達郎に匹敵する。みんな手間ヒマかける作風だしね。 デビューからずっとエピックに所属していた岡村ちゃん、まぁその、何やかやいろいろあって、『Me-imi』は設立されて日の浅いデフ・ジャムからのリ [続きを読む]
  • 俺(殿下)が思うところのロック - Prince 『Chaos And Disorder』
  •  1996年リリース、殿下にとって18枚目のオリジナル・アルバム。そして、18年に渡って在籍してきたワーナーでの最後のアルバムでもある。 チャート的にはUS23位UK14位、どの国でもゴールド・プラチナ認定さえされていない。なので、実売数は相当低かったかと思われる。まぁ言っちゃえば、契約消化のために作られたアルバムなので、売れようが売れまいが、どっちでもよかったんだろうな、お互いに。 逆に、これが下手にバカ売れし [続きを読む]
  • 邦題は『ブラックロック革命』(笑) - Earth, Wind & Fire 『Head to the Sky』
  •  1973年にリリースされた、4枚目のオリジナル・アルバム。前作『Last Day and Time』邦題『地球最後の日』がビルボード最高89位止まりだったのが、今回はいきなりビルボード最高27位をマークしたうえプラチナまで獲得、彼らにとって出世作となった。 それまではブラック・チャートでどうにかトップ40に食い込む程度、一般的には地味なポジションに甘んじていた彼らだったけど、突然何の前触れも下準備もなくブレイクしたわけでは [続きを読む]
  • 20代尾崎の中間報告 - 尾崎豊 『誕生』
  •  1991年リリース、前作『街路樹』より2年ぶり、5枚目のオリジナル・アルバム。今どき2年くらいなら普通のリリース間隔だけど、この時期の尾崎は表舞台に出ることが極端に少なかったため、「待望の」「久々の」という形容詞付きで紹介されることが多かった。 その2年の間、覚せい剤所持・逮捕による謹慎と、何かとトラブルの多かった前事務所からの移籍に絡んだブランクもあって、「尾崎っていま、何やってんの?」といった扱いだ [続きを読む]
  • 中島みゆき 『生きていてもいいですか』
  •  1980年リリース、みゆきにとって7枚目のオリジナル・アルバム。なんとオリコン最高1位をマークしており、年間チャートでも堂々17位にランクインしている。 ついに来た。みゆきの数々のアルバムの中でも異彩を放つ、ポッカリと空いた深淵の暗黒。フォーク歌謡的なサウンドからの脱却を図ったご乱心時代の作品も、ファンの間では何かと物議を醸してはいたけど、『生きていてもいいですか』においては、その物議を醸したレベルが段 [続きを読む]
  • 電気を使って何が悪い? - Miles Davis『Miles in the Sky』
  •  前回取り上げたGainsbourgが、「晩年のレコーディングはほぼ若手に投げっぱなしだった」と書いたけど、ジャズの場合はそれどころじゃないくらい、もっとアバウトだった。簡単なコード進行とアドリブの順番、テーマのフレーズを決めてチョコッと音合わせすると、もうとっとと本番である。何テイクか録ってしまえばハイ終了、その場でギャラを受け取って解散である。 場合によっては、レギュラー・バンドに匿名のゲストが参加する [続きを読む]