らすとるむ さん プロフィール

  •  
らすとるむさん: 万年筆おやじの備忘録
ハンドル名らすとるむ さん
ブログタイトル万年筆おやじの備忘録
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/nekopen23/
サイト紹介文万年筆の歴史や構造に興味深々なコレクター気質が抜けきらない愛好家です。最近はペン習字にも嵌る。
自由文ビンテージ万年筆が好きで、古いウォーターマンとペリカンが専門です。モンブラン、オノト、スワンは少々。
パーカー、シェーファーなどはそれなりに・・。
万年筆がメインですが。機械式時計、オンロード・ラジコン、西洋音楽などに興味を持っていました。
最近はペン習字に嵌っていますが、万年筆の調整から修理、大改造まで、万年筆のスペシャリストを目指します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1212回 / 365日(平均23.2回/週) - 参加 2014/07/01 18:49

らすとるむ さんのブログ記事

  • 綺麗な万年筆 ⑦ スティピュラー・エトルリア
  • 元々綺麗な万年筆は理屈抜きで好きだ・・・。特にイタリアの万年筆はデザインや色彩において自由というか野放し・・?しかし不具合に対してはかなりの柔軟性が求められますが・・・。痛まん特集スティピュラー・エトルリアニブは訳有ってあれれ?ニブがなんか変ですが・・・・。ボック製の汎用14K-585ニブに換装されています。まあ、純正ニブでもボック製の可能性が高いので・・・。元手991のうち777番目のようですね!ペンポイン [続きを読む]
  • えんぴつで枕草子 Vol.1-10
  • シャーペンの百人一首もひと段落したので・・・。新企画の「えんぴつで枕草子」を始めます。先日、紙様のお宅へ伺った際に「えんぴつ」を無理やり入手!本来のタイトルが「美しい文字で心やすらぐ枕草子」なんですが「えんぴつで枕草子」始めます。えんぴつで枕草子 Vol.1-10お手本です。さてさて、本日の万年筆関連の記事にビビっときて頂けたなら・・・・。迷うことなく、「趣味文具」と「人気ブログランキング」のバナーのクリ [続きを読む]
  • 癒しの塗り絵 花の国 26 ヴァンゴッホ60色
  • 最近見事に嵌った「塗り絵」・・・。やっぱり綺麗な色の花は自然とテンションが上がります。ヴァンゴッホの油性60色で描いた発色はどうだろうか?まあまあの感触デスなぁ〜〜缶の裏の画像です。さてさて、本日の万年筆関連の記事にビビっときて頂けたなら・・・・。迷うことなく、「趣味文具」と「人気ブログランキング」のバナーの をお願いします・・・・・・  してみると・・・人気投票に参加出来て・・・。   [続きを読む]
  • 綺麗な万年筆 ⑥ ネットウーノ・スパーヴァ
  • 元々綺麗な万年筆は理屈抜きで好きだ・・・。特にイタリアの万年筆はデザインや色彩において自由というか野放し・・?しかし不具合に対してはかなりの柔軟性が求められますが・・・。痛まん特集ネットウーノ・スパーバ限定数911のうち638本目911という数字が不明ですが・・・1911年創業かも?ニブは・・・14K-585シングルこのニブもドイツ製と思われますね!限定番号は胴軸に記載されていますペンポイントの記載は不明です。さて [続きを読む]
  • えんぴつで枕草子 Vol.1-9
  • シャーペンの百人一首もひと段落したので・・・。新企画の「えんぴつで枕草子」を始めます。先日、紙様のお宅へ伺った際に「えんぴつ」を無理やり入手!本来のタイトルが「美しい文字で心やすらぐ枕草子」なんですが「えんぴつで枕草子」始めます。えんぴつで枕草子 Vol.1-9お手本です。さてさて、本日の万年筆関連の記事にビビっときて頂けたなら・・・・。迷うことなく、「趣味文具」と「人気ブログランキング」のバナーのクリ [続きを読む]
  • 癒しの塗り絵 花の国 25 ヴァンゴッホ60色
  • 最近見事に嵌った「塗り絵」・・・。やっぱり綺麗な色の花は自然とテンションが上がります。コロリアージュを塗ってみた油性の色鉛筆で描いてみた。ロイヤルターレンスのヴァンゴッホ油性色鉛筆60色カラフルで良さそうですが・・・・。さてさて、本日の万年筆関連の記事にビビっときて頂けたなら・・・・。迷うことなく、「趣味文具」と「人気ブログランキング」のバナーの をお願いします・・・・・・  してみると [続きを読む]
  • 綺麗な万年筆 ⑤ カエサル(LF)
  • 元々綺麗な万年筆は理屈抜きで好きだ・・・。特にイタリアの万年筆はデザインや色彩において自由というか野放し・・?しかし不具合に対してはかなりの柔軟性が求められますが・・・。痛まん特集ですが・・・。レバーフィラー仕様のカエサル限定万年筆が流行っていたころの物です。コンバーター仕様に比べて価格的に上位に位置します。大型の18K-750の立派なニブですね!バイカラーがとっても似合っていますね!1999年の制作でしょ [続きを読む]
  • えんぴつで菜根譚 ④
  • このたび・・・鉛筆の書き易さを再確認!一番、私と相性の良い筆記具は・・・なぜか「鉛筆」でしたよ!だから、もう一つの新企画の「えんぴつで菜根譚」を始めます。そのまんま・・・えんぴつで菜根譚です。えんぴつで菜根譚 第四日目苦心の中に幸せがあるさてさて、本日の万年筆関連の記事にビビっときて頂けたなら・・・・。迷うことなく、「趣味文具」と「人気ブログランキング」のバナーの をお願いします・・・・・・ [続きを読む]
  • 画材の紹介 ⑪ Crayola(クレヨラ)50色
  • 「塗り絵」自体は『事』なのですが、それを描く画材(色鉛筆)は『物』どうしても、コレクターの性が疼きまくっています・・・(笑)もう色鉛筆はこれ以上あっても使いきれそうにありません・・・(泣)Crayola(クレヨラ)の油性の色鉛筆Crayola(クレヨラ)は安価な子供用の色鉛筆ただし、オーストラリア製なので・・・どれほどの品質なのか未知数デス。軸の造りは国産に比べてかなりチープで100均並み?カラーチャートを書いた限 [続きを読む]
  • 「号外」三度目の干し柿(百目柿)一週間経過
  • 美味しい干し柿を目指して・・・。三度目の今回も頑張ってみました。どうせやるなら気合を入れて・・・巨大な「百目柿」で・・・。約一週間経過したのがこの状態です。体積が大きいので・・・さしたる変化は感じられません。出来上がるまで40日かかるそうですが・・・。待ち遠しいです(笑)。さてさて、本日の万年筆関連の記事にビビっときて頂けたなら・・・・。迷うことなく、「趣味文具」と「人気ブログランキング」のバナーの [続きを読む]
  • 綺麗な万年筆 ④ カエサル
  • 元々綺麗な万年筆は理屈抜きで好きだ・・・。特にイタリアの万年筆はデザインや色彩において自由というか野放し・・?しかし不具合に対してはかなりの柔軟性が求められますが・・・。今回はデルタ特集カエサルのコンバーター仕様とにかく赤マーブルのレジンが綺麗なので大好きな万年筆ですね!限定品なのでペン芯はエボナイト製バイカラーの18K-750大型ニブは貫禄です。綺麗な赤マーブルのレジンが・・・いいね!ペンポイントは< [続きを読む]
  • えんぴつで菜根譚 ③
  • このたび・・・鉛筆の書き易さを再確認!一番、私と相性の良い筆記具は・・・なぜか「鉛筆」でしたよ!だから、もう一つの新企画の「えんぴつで菜根譚」を始めます。そのまんま・・・えんぴつで菜根譚です。えんぴつで菜根譚 第三日目名声を独り占めしないさてさて、本日の万年筆関連の記事にビビっときて頂けたなら・・・・。迷うことなく、「趣味文具」と「人気ブログランキング」のバナーの をお願いします・・・・・・ [続きを読む]
  • 画材の紹介 ⑩ ステッドラー・カラト 124 24色
  • 「塗り絵」自体は『事』なのですが、それを描く画材(色鉛筆)は『物』どうしても、コレクターの性が疼きまくっています・・・(笑)もう色鉛筆はこれ以上あっても使いきれそうにありません・・・(泣) ステッドラー・カラト 124 24色カラトだから水彩色鉛筆です。カラーチャート作ってみました。現行は125なので、124は・・・1世代前の品物のようですね!さてさて、本日の万年筆関連の記事にビビっときて頂けたなら・・・・。迷 [続きを読む]
  • 綺麗な万年筆 ③ 20周年記念
  • 元々綺麗な万年筆は理屈抜きで好きだ・・・。特にイタリアの万年筆はデザインや色彩において自由というか野放し・・?しかし不具合に対してはかなりの柔軟性が求められますが・・・。今回はデルタの特集です。オレンジマーブルはデルタの代名詞?20週記念万年筆も同じオレンジのレジンのようですね!ニブは18Kの金色ニブで金トリムと整合性が取れています。当時は気にもならなかったが・・・。レーザー刻印のようですね!天冠に20 [続きを読む]
  • えんぴつで菜根譚 ②
  • このたび・・・鉛筆の書き易さを再確認!一番、私と相性の良い筆記具は・・・なぜか「鉛筆」でしたよ!だから、もう一つの新企画の「えんぴつで菜根譚」を始めます。そのまんま・・・えんぴつで菜根譚です。えんぴつで菜根譚 第二日目一歩を譲る気持ちさてさて、本日の万年筆関連の記事にビビっときて頂けたなら・・・・。迷うことなく、「趣味文具」と「人気ブログランキング」のバナーの をお願いします・・・・・・ ク [続きを読む]
  • 画材の紹介 ⑧ 三菱鉛筆 ユニカラー 72色
  • 「塗り絵」自体は『事』なのですが、それを描く画材(色鉛筆)は『物』どうしても、コレクターの性が疼きまくっています・・・(笑)もう色鉛筆はこれ以上あっても使いきれそうにありません・・・(泣)三菱のユニカラー72色三菱鉛筆 ユニカラー 72色のカラーチャート 色番が501〜572と全くの連番です。鉛筆自体の外装は世界一の仕上がりでどこにも負けませんが・・・。一般的に評価はさんざんで・・・・硬くて色の乗りが悪い油 [続きを読む]
  • 綺麗な万年筆 ② ドルチェビータ
  • 元々綺麗な万年筆は理屈抜きで好きだ・・・。特にイタリアの万年筆はデザインや色彩において自由というか野放し・・?しかし不具合に対してはかなりの柔軟性が求められますが・・・。今回はデルタ特集か?デルタといえば・・・・このドルチェ当時は柔らかい書き味が好評だったように記憶しています。ペン芯はプラ製の一般的な物ですね。ペン先も当時のフルサイズのニブで…たぶんドイツ製。特に新興メーカーは軸だけ内製で・・・ペ [続きを読む]
  • えんぴつで菜根譚 ①
  • このたび・・・鉛筆の書き易さを再確認!一番、私と相性の良い筆記具は・・・なぜか「鉛筆」でしたよ!だから、もう一つの新企画の「えんぴつで菜根譚」を始めます。そのまんま・・・えんぴつで菜根譚です。えんぴつで菜根譚 第一日目晩年に輝くさてさて、本日の万年筆関連の記事にビビっときて頂けたなら・・・・。迷うことなく、「趣味文具」と「人気ブログランキング」のバナーの をお願いします・・・・・・  [続きを読む]
  • 画材の紹介 ⑨ ポリクロモス 80色
  • 「塗り絵」自体は『事』なのですが、それを描く画材(色鉛筆)は『物』どうしても、コレクターの性が疼きまくっています・・・(笑)もう色鉛筆はこれ以上あっても使いきれそうにありません・・・(泣)ハーバーカステルの油性色鉛筆の最高峰 ポリクロモスの80色ポリクロモス 80色のカラーチャート缶入りではなく木箱入りのちょっと高級品です。書き易いような形態の大型の箱入りです。でも、必ずしも使い勝手は良くないみたいだ [続きを読む]
  • 綺麗な万年筆 ① ドルチェ・ミニ
  • 元々綺麗な万年筆は理屈抜きで好きだ・・・。特にイタリアの万年筆はデザインや色彩において自由というか野放し・・?しかし不具合に対してはかなりの柔軟性が求められますが・・・。今回はデルタ中心の痛まん特集ドルチェ・ミニのセット昔々この万年筆が映画に出たらしく・・・当時は人気の万年筆であった。それの3本セットなので貴重かも?18Kの少し小さめのニブです。シルバートリムは普通サイズとおんなじですね!シャーペン [続きを読む]
  • えんぴつで枕草子 Vol.1-8
  • シャーペンの百人一首もひと段落したので・・・。新企画の「えんぴつで枕草子」を始めます。先日、紙様のお宅へ伺った際に「えんぴつ」を無理やり入手!使い道は自分で考えろ!・・・との事のようで・・・・。仕方がないので・・・これを書くことに決めました。本来のタイトルが「美しい文字で心やすらぐ枕草子」なんですが「えんぴつで枕草子」始めます。えんぴつで枕草子 Vol.1-1お手本です。さてさて、本日の万年筆関連の記事 [続きを読む]
  • 画材の紹介 ⑦ プリズマカラー 72色
  • 「塗り絵」自体は『事』なのですが、それを描く画材(色鉛筆)は『物』どうしても、コレクターの性が疼きまくっています・・・(笑)もう色鉛筆はこれ以上あっても使いきれそうにありません・・・(泣)サンフォードのプリズマカラー プレミア 72色 のはずなんですが・・・。プリズマカラー プレミア 72色のカラーチャートです。なんじゃこりゃ〜〜!!なんとも、怪しいです!プリズマカラーとはもともとべロール社のイーグル [続きを読む]
  • 綺麗な中国製万年筆って・・・? ?
  • 私の周囲の万年筆事情のトレンドとして・・・・。綺麗な万年筆、そして、中国製の万年筆なんですがこの際、両方の要素を足して・・・綺麗な中国製万年筆の特集です。全てREGALのスチールペン先の綺麗な万年筆・・・みんなスクリューキャップです。昨日の物とは色違い。ノーマルペン先とハートホール改造のペン先と・・・。個人的にはこちらの方が好きな柄になります。この個体はフォルカンを切って「筆でまんねん」にしています. [続きを読む]
  • えんぴつで枕草子 Vol.1-7
  • シャーペンの百人一首もひと段落したので・・・。新企画の「えんぴつで枕草子」を始めます。先日、紙様のお宅へ伺った際に「えんぴつ」を無理やり入手!使い道は自分で考えろ!・・・との事のようで・・・・。仕方がないので・・・これを書くことに決めました。本来のタイトルが「美しい文字で心やすらぐ枕草子」なんですが「えんぴつで枕草子」始めます。えんぴつで枕草子 Vol.1-1お手本です。さてさて、本日の万年筆関連の記事 [続きを読む]
  • 画材の紹介 ⑥ シャチハタ 24色 色鉛筆
  • 「塗り絵」自体は『事』なのですが、それを描く画材(色鉛筆)は『物』どうしても、コレクターの性が疼きまくっています・・・(笑)もう色鉛筆はこれ以上あっても使いきれそうにありません・・・(泣)なんと・・・・シャチハタ…?ドイツのファーバーカステルの赤缶はなぜかシャチハタの販売だ!という事は・・・という事で・・・。芯は太芯と謳っているしなぁ〜・・・・中身はファーバーカステルかも?と、思って買ったのですが [続きを読む]