永井麻生子 さん プロフィール

  •  
永井麻生子さん: ごきげん薬膳ごはん
ハンドル名永井麻生子 さん
ブログタイトルごきげん薬膳ごはん
ブログURLhttps://ameblo.jp/oasis-labo/
サイト紹介文大阪の国際中医薬膳管理師です。ごきげん薬膳&中医ライフを綴ります♪
自由文中国ビジネス書の翻訳&日本語教師をしています。ちょっとでも中国の文化に触れられたら,と思って始めた薬膳の勉強ですがすっかりハマってしまいました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2014/07/02 15:39

永井麻生子 さんのブログ記事

  • 大暑(7/23)の鴨は補薬に勝る!!
  • 今日は、大暑。中国には「大暑の老鴨は補薬に勝る」という言葉があるそうです。 ということで、鴨!『本草綱目』によると、肉は甘味、冷性、微毒とのこと。主治は補虚、除熱、調和臓腑と体内の液体の循環を順調にするとのこと。葱、豆豉と一緒に煮ると心中煩熱を取り除けるそうです。この時期、煮るのは嫌なので、炒めてみました(^^;)。 ランキングに参加しています。よろしければ お願いしますm(_ _)m にほんブログ [続きを読む]
  • キウイサラダ
  • キウイは中国語で「?猴桃」「奇異果」などと言います。『本草綱目』によると、他にも?猴梨、藤梨、陽桃、木子などとも呼ぶとか。酸、甘味で寒性、無毒。激しい渇きを止め、煩熱を解すとも書いてありますので、この時期、積極的に摂りたいですね。キウイを切ったらちょっと酸っぱめだったのでサラダにいれました! ランキングに参加しています。よろしければ してくださいm(_ _)mにほんブログ村 [続きを読む]
  • 冬瓜と干しエビの中華煮
  • 冬瓜を食べやすい大きさに切り、10分ほど下ゆでした後、重さにして冬瓜の1/20程度の干しエビを戻したものと戻し汁を入れて、ホタテスープ少々で味付けて煮ました。 『本草綱目』によると、冬瓜には甘味、微寒性、無毒。利小便、止咳などの効能があります。杵などでついて出た汁を飲むと消渇煩悶、解毒、益気耐老などの効能もあるとか。 ランキングに参加しています。よろしければ して下さいm(_ _)mにほんブログ村 [続きを読む]
  • 激うまエビの燻製@北新地某所
  • 友人が始めた飲み屋で頂いたエビの燻製。激美味でした。始めたばかりで、友人or紹介のみということなので店名はまだ未公表で。 『本草綱目』によると、海エビは甘味で平性、小毒あり。川エビは甘味で温性、同じく小毒ありです。 脾、腎経に入ります。主治は開胃化痰、補気壮陽、益気通乳など。 トマトと一緒に食べると心臓と肝臓の機能アップの効果が期待できるとか。 ランキングに参加しています。よろしければ お願 [続きを読む]
  • 昆布水
  • 朝起きた時に飲んでいる「昆布水」切り昆布をつけておくだけですが、ほんのり昆布の味がつきます。昆布は中国語で「海帯」で、咸味、寒性で無毒です。婦人病などによく、甲状腺肥大にもいいそうです。消痰軟堅、清熱利水、止咳平喘、去脂降圧などの効能もあります。 私は血圧も特に高くないのですが、「清熱」の効能は実感しています。この夏の異常とも言える暑さ、「清熱」は無視できません。 ランキングに参加しています。よろ [続きを読む]
  • 桃とモッツァレラチーズのサラダ
  • 桃の実は『本草綱目』によると辛、酸、甘味。熱性、微毒でたくさん食べると熱を生じさせるとのこと。スッポンと食べると瘧(おこり)を起こすとか…。(私はこの組み合わせはあまり考えられませんが)効能は養顔などで、「肺之果」と言われ、肺病の人が食べるといいそうです。 桃の種は苦、甘味。平性、無毒。瘀血や食積にいいとのこと。 ちょっと前に流行った桃とモッツァレラチーズのサラダにしました。オレンジビネガーとオリー [続きを読む]
  • 茄子の豚バラ巻き
  • 茄子の豚バラ巻。備忘を兼ねて分量も書いておくと…味付けは干し海老戻し汁&干し海老100CC、醤油大さじ1、味噌大さじ1、豆板醤小さじ2分の1、甜菜糖小さじ1で、縦2、横3にきった茄子を豚バラスライスで巻いて両面を軽く焼いた物を上記の調味料で軽く煮込みます。朝作っておいて、夜温めるだけでもOKなので帰りが遅くなる時にも重宝です。 豚肉は甘、咸味。平性。脾、腎経に入ります。 豚肉と茄子の組み合わせは、血管の弾 [続きを読む]
  • 目にいい?人参&〇〇炒め
  • 『本草綱目』によると、人参は甘、辛味で微温性。下気補中、食欲増進などの効能があります。 人参+ごま油で目を保護する働きがあるとのことなので、ごま油で人参の卵炒めを作ってみました! 味は塩胡椒だけのシンプルバージョンに少しだけマヨネーズをかけていただきました。 ランキングに参加しています。 していただけると嬉しいですm(_ _)mにほんブログ村 [続きを読む]
  • レンジで5分?とうもろこし
  • 最近、ネットで話題のとうもろこし調理法。皮のまま洗ってレンジで5分加熱するだけ!甘味も出てお勧めです。ひげが利水にいいとのことなので、ひげは乾燥させて(オーブントースターで低温でじっくり色づくまで加熱します)、お茶代わりに飲んだり、お茶に混ぜたりしています。 とうもろこしは平性、甘淡味。胃、腎経に入ります。卵と合わせると、風邪の予防や、目の乾きにいいとか。 ランキングに参加しています。 してい [続きを読む]
  • イワシのフリッタータ@G.Baccano
  • 鰯は中国語で「沙丁魚」。英語のサーディンからとったのでしょうね。平性,甘咸味で、肝、腎経に入ります。補五臓、滋肝腎などの効能があるそうです。中医学では腎と脳の関係が深いといわれるので、よく言われる「記憶力強化」という効能も「滋腎」から来ているのかな。 写真のフリッタータはG.baccanoで頂きました。美味しかった!! ランキングに参加しています。 していただけると嬉しいです。にほんブログ村 [続きを読む]
  • しめじの翡翠和え
  • シメジは中国語で「玉蕈」「真姫菇」などと呼ばれます。『本草綱目』では他のきのこ類と一緒に「香蕈」という項目に入れられていて、性味は涼性、甘味。腎、肺に入ります。 この日はきゅうりをおろして甘酢で和えました。暑さが身にしみる時期、ほっとします。 ランキングに参加しています。 していただけると嬉しいです。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 蒸し茄子と香り野菜の甘酢和え
  • 蒸し茄子、ミョウガ、大葉、カニカマの甘酢和え。『本草綱目』によると、大葉は辛味、温性。中医薬にも使われる植物です。解肌(汗を出し、肌の表面にある邪を取り除く)などの他に、補中益気、益脾胃、消痰利肺などの効能もあるようです。一般的には「気を巡らす」のが一番有名でしょうか。 ブログランキングに参加しています。 していただけると励みになります!にほんブログ村 [続きを読む]
  • ハトムギ青大豆ご飯?
  • 先日、5時間以上浸水できるときは玄米豆ご飯、と書きましたが、では、浸水時間が足りないときは?ということでそんな日の「白米ハトムギひたし豆(青大豆)ごはん」です。ひたし豆は浸水時間が2時間程度でいいので、重宝します。 ハトムギは、中薬としては「ヨクイニン」といわれ、甘味、微寒性。脾、肺、胃経に入ります。『本草綱目』に「健脾益胃、補肺清熱、去風除湿」の効能あり、とあります。筋肉の引き連れなどにもいいそ [続きを読む]
  • エビとエノキで「智力たまご」
  • エノキは中国語で「金針菇」といい、甘味で涼性。脾、胃、腎に入ります。別名で「智力菇」ともいうとのことで、エビと合わせると更に「益智」の効能が期待できます。ということで、エビとえのきだけの卵炒め。味つけは例のごとくホタテスープと牡蠣しお。香りづけに出汁醤油をちょっとだけかけました。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 小暑(7月7日)の三宝② もやし
  • 小暑に食べるべき三宝(タウナギ、レンコン、緑豆もやし)のうちの一つ、もやし。 もやしは甘味、涼性(資料によって寒性、平性などいろいろ)。心、胃経に入ります。熱毒、酒毒を解すという、お酒好きで身体が熱くなりやすい私にぴったりな食材です。 7月7日、小暑の今日、ゴーヤ、豚肉と一緒に豆豉炒めにしてみました。酒毒を解してくれるなら…ということで、ビールと一緒に(^o^) ランキングに参加しています。 し [続きを読む]
  • 小暑(7月7日)の三宝① れんこん 
  • 今年の小暑は7月7日。中国の民間の風習で「小暑に三宝を食べる」というのがあるそうです。で、その三宝とは、タウナギ、レンコン、緑豆もやし。 タウナギはちょっと敷居が高いけど、レンコン、もやしは超身近な食材ですね。 ということで、レンコンを厚めに切ってシンプルに塩胡椒焼きにしました。 レンコンは中国語で「蓮藕」『本草綱目』では、「果」部に収録されています。甘味、平性。瘀血を散じたり、下痢を止めたり [続きを読む]
  • おいしい玄米豆ご飯
  • 我が家のご飯は5時間以上浸水する時間があるときは基本的に豆入り玄米ご飯です。 豆は、適当にいれて、同量の水を足すだけ。 いろんな豆を入れますが、例えば黒豆は腎に入り、消腫下気、治風熱、活血解毒などの効能があります。満足感も高く、植物性タンパク質もたくさん摂れるのでお勧めです! いつも ありがとうございます。おかげさまで「薬膳料理」ブログの一位になりました!多謝!m(_ _)mにほんブログ村 [続きを読む]
  • 番外編☆二十四節気の絵本@中国
  • こんな記事を見つけました。https://globe.asahi.com/article/11631256 二十四節気について、子供さんに教えるために学者ご夫妻が書いた本!しかも250万部の大ヒット!!となれば興味がわきますね。 こんな本です↓https://cread.jd.com/read/startRead.action?bookId=30331200&readType=1 私が薬膳を始めたのは、中国ビジネス書の翻訳で、中国文化をもっと理解しないと…と感じることがあり、まず取っつきやすそうな食べ物から [続きを読む]
  • 蛋白質いっぱい!てきと〜サラダ
  • トマト、セロリ、ミックスビーンズ、チリメンジャコ、錦糸卵で、タンパク質たっぷりのサラダにしました。 セロリは寒涼性、甘味。シジミやハマグリなどとは食べ合わせが悪く、下痢の原因にもなるので気をつけて! ランキングに参加しています。 していただけると嬉しいですm(_ _)mにほんブログ村 [続きを読む]
  • コンソメスープの寒天ゼリー
  • サラダのトッピングにコンソメスープの寒天ゼリーを小さい賽の目切りにしたものを。ほかの材料も賽の目切りにしました。プチトマト、きゅうり、カラーピーマンです。 寒天独特の臭みがあるので、小さく切ったほうがいいですね。ちょっと入れるとアクセントにも彩りにもいいです。 寒天は咸味、寒性で血圧を下げる効能があるそうです。昔は寒天というと、溶けにくい、扱いが難しいというイメージでしたが、全然そんなことありませ [続きを読む]
  • 図らずも半夏生
  • 昨日、7月2日は半夏生(はんげしょう)でした。 半夏生というのは昔の暦で1年を72に分けた「七十二候」の一つ。「半夏(カラスビシャク)が生える」というところから来ています。「半夏」という名がついたのは、夏(立夏5月6日頃から立秋8月8日頃)のちょうど半分あたりだからだそうです。 日本では蛸を食べる風習がありますが、見たところ、日本独特の風習のようです。中国の書籍などでは特に記述は見当たりません。 半 [続きを読む]
  • ヘビロテ決定!!簡単卵黄ソース
  • 先日、テレビで見て、作ってみたかった「浅漬け卵黄ソース」「乳化させる」という言葉に、不器用な私はびびっていたのですが、思ったよりずっと簡単。テレビで見たレシピにみりんを足して甘めに仕上げました。番組では焼き魚にかけていましたが、私は冷奴にかけて。『本草綱目』によると、卵は甘味、平性、無毒。主治は、去熱、鎮心安神、止痢などです。 葱やニンニクと食べると力が出なくなる、と書いてあります。意外!!! また [続きを読む]
  • アボカド 柚子胡椒醤油
  • アボカドは中国語で鰐梨。牛油果、樟梨などともいうようです。性味は、涼性、甘味。メキシコと中央アメリカが原産というのもうなづけます。柚子胡椒を醤油で溶いて和えました。程よく熟れていたのでバランスよく頂けました。 ランキングに参加しています。よろしければ してくださいm(_ _)mにほんブログ村 [続きを読む]
  • 豆苗の胡麻和えホタテスープ味
  • 豆苗と竹輪、ちりめんじゃこをホタテスープで味付けてすりごまをかけました。 中華っぽい味が欲しいとき、身体が熱くなりやすい私は(特に夏は)鶏ガラスープよりホタテスープを使います。鶏は温性、ホタテは大寒性なので(^o^)『本草綱目』によると、ホタテ貝は中国語で、車渠、海扇。甘、咸味。潤五臓、止消渇、利関節などの効能があります。 ランキングに参加しています。 していただけると嬉しいですm(_ _)mにほんブロ [続きを読む]
  • PR☆二十四節気と十二時辰に関する講座をしています☆
  • 大阪市中央区の「サロン喫茶フレイムハウス」で二十四節気と十二時辰に関する講座をしています。二十四節気とは1年を24に分けた暦法で、「夏至」「立秋」などは有名ですね。その時期ごとに、生活や食事の留意点があります。 十二時辰というのは一日を12に分けた時間法で、日本でも「草木も眠る丑三つ時」などといいますね。丑というのは夜中の1時から3時の時間帯。丑三つというのは2時頃を指します。中医学では、その時間帯ごとに [続きを読む]