kaimon さん プロフィール

  •  
kaimonさん: Kaimon Island
ハンドル名kaimon さん
ブログタイトルKaimon Island
ブログURLhttp://kaimon.wpblog.jp/
サイト紹介文投資記録・小遣い稼ぎやアフィリエイト情報についてブログに残します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2014/07/03 07:56

kaimon さんのブログ記事

  • [簿記10] 経過勘定も厄介2
  • 仕訳例を見てみよう未払費用にみる仕訳翌年度支払う利息で考えて見ます。1.上半期の最終日に100万円借金。利息は10%を1年後に支払い現金100万 / 借入金 100万2.年度末になったタイミング10万の半分で5万円分を未払費用で計上します。これにより5万円分損金計算がされます。支払利息 5万 / 未払費用 5万3.新年度になったタイミング未払はあくまで、「今現在の年度中に支払わなかったもの」なので、新年度 [続きを読む]
  • [簿記9] 経過勘定も厄介
  • 取引は年度末に終わるとは限らない会計は一年間で締めて、税金を納めるというのが常識です。年度が始まり6ヶ月経った時点で、借金をし、1年後に返済をしたとします。例えば100%の利息だとすれば100万を借りたら翌年度に、利息を100万円返す必要があります。経過勘定は、年度末までで、経過した分をきちんと勘定に起こすことを指します。この場合、経過勘定をしない場合、借金をした年には利息50万円分は発生してない [続きを読む]
  • [簿記]8 厄介な敵、貸倒引当金
  • 貸したお金は必ず返ってくるとは限らないお金が返ってこないことはあります。返ってこない可能性があるとしたらそれは正しく資産を表しているとは言えないでしょう。簡単な例を示すならば、借金まみれで、滞納の常習犯に貸したお金と、十分な資産を持っている人がちょっと小銭が足りないので貸したお金が同じ価値ではないことを別物として認識した方がいいという話です。貸倒引当金の登場貸倒引当金は、売掛金などの資産を目減りさ [続きを読む]
  • [簿記]7 減価償却にまつわる話
  • 減価償却の説明あるある簿記の取得自体にはあまり関係ないですが、理解を深めるために少し深掘りしてみます。特に不動産投資・マンション投資でいわれることだと思いますが、減価償却がとても素晴らしいもののように語られていることが有ります。魔法の経費、などという言い方が多いです。「減価償却は現金出費を伴わないが利益を減らす(つまり税金を減らす)」という文面がまま見受けられます。この文句を使って、不動産投資を後押 [続きを読む]
  • [簿記]6 減価償却
  • 減価償却とは民間人としては関係ないので馴染みが薄い、でもビジネスではよく出てくる減価償却という言葉。馴染みがないだけにわかりにくい考え方です。減価償却自体の意味は決まっています。固定資産の利用できる範囲に費用按分することです。別の言い方をすると固定資産を手に入れたときに、法的に資産ごとに決められた年数で割った分だけ毎年費用計上すること、です。別の言い方で言うと、固定資産が減価(価値が減った)した分、 [続きを読む]
  • 3/31まで!Amazonギフト16%分
  • セゾン・UCカード VISAキャンペーン3,000円分利用で、500円分のAmazonギフトがもらえます。条件はこちらです。Amazonで3,000円分購入セゾン・UCのVISAカードを利用2018/3/31までエントリーをする正確な情報は公式サイトを参考にしてください。https://www.saisoncard.co.jp/cpn/amazon1802/購入額3,000円に対して500円分のAmazonギフトということで5003000=16.6%分のギフトが得られます。実質還元率 [続きを読む]
  • [簿記]5 それは資産?費用?
  • 資産とはなにか資産と聞くと一般的には不動産、有価証券(株式)、現金なんかが当てはまると思われると思います。これは大体理解があっています。なぜ、当たり前のことを書いているかというと、簿記でそれを忘れてしまうことがあるきがしたからです。私だけかもしれませんが・・・・。例えば、現金100万で有価証券を買ったときにそれは費用ではなく、資産の振替であるというのが正しい理解です。現金(資産)である100万が、有 [続きを読む]
  • [簿記]4 簿記はじめ 仕訳を少し詳しく
  • 仕訳には種類がある仕訳は前回書いたように売上・仕入・車両など色々あります。とりあえずどういう取引が何(勘定科目)になるのかは覚えるしか無いですですが、正直徐々にやっていれば分かりますし、3級では決して勘定科目は多くないです。覚えるしか無いとは言いましたが、あくまで一気に丸暗記ではなく、必要な勘定科目を順にケーススタディで理解していくのがオススメです。勘定科目の種類簿記3級で種類自体を直接問われること [続きを読む]
  • [簿記]3 簿記はじめ 仕訳に挑む
  • 仕訳は基本中の基本何かお金やモノが動くとき、それを記録する方法が仕訳です。仕訳を記帳し、それを元に、最終的に損益計算書やバランスシートが作られます。日々書く取引のメモと言ってもいいでしょう。書き方幾つか例を書きます。※例なので覚えなくていいです車を現金購入車両/現金商品を現金購入(仕入れ)仕入/現金商品を売却現金/売上株を現金購入有価証券 / 現金借金現金/借入金借金返済借入金/現金こんな感じです。書き方は [続きを読む]
  • テーマ株式投資のS株 Now!とFolio
  • 簡単なテーマ株式投資ができるサービステーマ株式投資というのは、投資する対象のテーマを選ぶ投資です。最近で言えば、「AI(人工知能)」だとか「自動運転」だとかテーマを決めてテーマに対して投資をする方式です。今回紹介するS株 Now!とFolioはどちらも、このテーマ投資を簡単にできるサービスとして出ています。簡単な紹介投資したいテーマを決め、それを購入指示します。それに応じてSBI証券(S株 Now!)やFolioが定めたテーマ [続きを読む]
  • 2017年06月 投資信託 運用成績
  • またしても一年ぶりの運用記録気づけば1年ぶりの運用記録です。前回記録前回はこうでした。非NISA(特定預かり)SBI資産設計オープン(スゴ6) 2010/03 積立開始 +55.98%ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型) 2010/09一括購入 -0.88%SMT 新興国株式インデックス・オープン 2010/12 積立開始+12.72%SMT 新興国債権インデックス・オープン 2011/01 積立開始+6.41%NISASBI資産設計オープン(スゴ6) 2014/01 積立開始+2. [続きを読む]
  • iDeCoもNISAも動きあり
  • イマイチなiDeCo?今年からスタートしたiDeCoですが盛り上がりに欠けているようです。「iDeCo、知らない」8割超 投資知識の不足も鮮明加速すべく証券会社でも動きがあり、SBI証券では昨日よりiDeCoの口座管理手数料が無料になります。以前記事に書きましたが、iDeCoの紹介サイトでも口座管理手数料について計算されていないなどの親切でない部分が多かったので、SBI証券の口座管理手数料無料化はよい手だと思います。過去記事 iDe [続きを読む]
  • ポンパレモールがポイントサイトから消えた
  • リクルート・ポンタ系のショッピングモールサイトがポンパレモールですがハピタスなどのポイントサイトでよくポイント還元が用意されていたので活用していました。しかし、数ヶ月前からどうやらポイントサイトとの提携はやめてしまったようでどこを探してもポイントサイトで見つけられませんでした。Yahoo!ショッピングや楽天市場はハピタスで1%還元があるので商品・送料が同じであれば、ハピタスで買う理由はかなり減ってしまい [続きを読む]
  • WealthNaviのシミュレーション結果に注意
  • WealthNaviとSBIが提携WealthNaviとSBI系金融が提携をしたそうです。WealthNaviはいわゆるロボアドバイザーサービスですが、SBI銀行やSBI証券の利用者の場合は、優遇が有り、通常100万円が最低投資金額なところ、30万円からの開始ができるようです。WealthNaviのシミュレーターを使ってみると・・・わずか6つの質問で、リスク許容度の診断と最適なポートフォリオの提案があるということで早速やってみました。WealthNaviとり [続きを読む]
  • 毎月分配再投資の利益の考え方にご注意!
  • 毎月分配再投資の利益毎月分配再投資の投信は以前ほどではないにせよまだまだ人気があるようです。私が買った投信は10,000円分買いました。今は評価額は18,000円です。つまり財布から10,000円だして、買ったものが、売ったら18,000円になる!つまり利益は8,000円・・・ と思いますよね。(思わない方はこの記事は無用です)証券会社のサイトでは赤字に・・・私の証券会社で損益表示をするとなんと5% [続きを読む]
  • [簿記] 1 簿記はじめ 小遣い帳とは違うんです
  • 簿記とは簿記(ぼき、英語: bookkeeping)とは、ある経済主体が経済取引によりもたらされる資産・負債・純資産の増減を管理し、併せて一定期間内の収益及び費用を記録することである。より平易な言い方をすると「お金やものの出入りを記録するための方法」とWikipediaにありますが、簡単にいうと帳簿を付けることです。簿記検定は人気資格の一つです。色々ポイントをまとめたい私も初学者なのですが、しばらく勉強していると「なる [続きを読む]
  • 株式・投資信託の複利効果
  • 株式・投資信託投資に複利効果はある?NISAなどの投資などを勧めるサイトでは、投資結果予測ツールを公開しているケースが多いです。果たしてこれは正しいのかというお話です。特に複利効果について触れているところが多く、「予測リターンを入力し、30年後にいくら」と表示するようなものが多いです。先に複利の説明複利は利息を投資にさらに組み入れて投資を継続することで得られる利息です。年10%複利投資100円投資して1年 [続きを読む]
  • 法人の場合、受取利息額と通帳の利息額はズレる
  • 通帳のリソク金額通帳にリソクと記載があった場合、その金額と、帳簿での「受取利息」の金額は異なります。ん?と思われるかもしれませんが、記載されている金額は所得税が源泉徴収された金額になっています。つまり80円とリソクの記載があった場合には実際には80円以上の金額が銀行から払われているが、税金を取られて手取りが80円、という意味になります。法人だとさらに重要な事がある所得税は法人にはかかりません。それ [続きを読む]
  • iDeCoで忘れられがちなコスト
  • 税制面でオトクなiDeCo年金型の個人型確定拠出年金の制度であるiDeCoが今年から始まりました。色々なサイトで取り上げられているので多くを書くことはしません。ポイント拠出した金額が所得から控除される要は、拠出した分、年収減として、所得税と住民税が減ります途中で売却(正確にはスイッチング)した場合に出た利益に税金がかからない60歳以降での受け取り時に税額控除があるという感じです。シミュレーションサイトも色々あ [続きを読む]
  • 2017年第二四半期 maneo 決算書
  • 基本的な財務諸表を見てみるmaneoの9月分財務報告を分析してみました。分析にはこちらを使っています。http://netconsul.sacnet.jp/anf/流動比率(%)  111.74当座比率(%)  111.74固定比率(%)   51.01固定長期適合率(%) 8.13自己資本比率(%)   6.72売上高総利益率(%) 49.94売上高営業利益率(%) 26.19売上高経常利益率(%) 26.34売上高純利益率(%) 26.34営業費率(%) [続きを読む]
  • ソニー銀行のFXを使ってドルを円に両替
  • ドルを預金で持っている人向けです。円安ムードにドルを円に変えたい銀行でドルを円に買えることはたいていの場所で出来ると思いますが、為替手数料に加え、被仕向振り込み手数料は振り込まれる側の銀行で取る手数料でメガバンクをはじめ多くの銀行でとられます。三井住友銀行の場合1.被仕向送金手数料 1,500円2.リフティングチャージ 送金金額の1/20%(0.05%)(最低2,500円または25ドル)がとられます。最低でも4000円を三井 [続きを読む]
  • MSNマネーがリニューアル
  • MSNマネーが少し更新以前から推し続けているMSNマネーですが更新がありました。大きく変わってはいないですが、ユーザインタフェースが少しいまどきな感じになりました。入力も銘柄ごとに複数入力できるようになったので積立投信でも入力がしやすくなりました。MSNマネーの機能の説明などの記事 [続きを読む]