Ai さん プロフィール

  •  
Aiさん: Art de 寄り道 回り路
ハンドル名Ai さん
ブログタイトルArt de 寄り道 回り路
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/livedaiza_101918aiza-livedaiza_101918aiza/
サイト紹介文美術を中心に芸術作品・美しいモノ・本との出逢い、自作品・様々な場所で見聞きしたことなどを紹介します。
自由文時々、自作油絵作品の紹介も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2014/07/03 21:48

Ai さんのブログ記事

  • 画家と話した、いろいろの事
  • ◆先日(7/3)、展覧会の搬入時に画家の十時孝好氏といろいろな話をした。⇒今回は特に…断片的でトリトメのない展開になりそうですが…“メモ”として残したいと思います。また、一つ一つの言葉遣いなど、私の記憶違いもあるかもしれません。ご容赦を願います。十時孝好作品集『動く風景』表紙.続きを読む [続きを読む]
  • 表現と鑑賞の間で[3/3]実験作?!
  • ◆「マトモな描写は無理だろう」と思って止めていた油絵…とにかく、描き始めてみた。 *自作油絵F20:描き出し②*両手両足・お尻・下腹から鼠蹊部の痺れ…そして突然襲われる腕や頸の痛み!!! 常時悩まされているけれど…何か、他のことに集中している時は、少しだけ忘れていられるようだ。続きを読む [続きを読む]
  • 西洋絵画との出逢い。そして…
  • *ズイブン遠回りをし、道草を食ってきたように思う。このブログも、自分の半生も?!?◆今回は、自分自身の“西洋絵画(≒油絵)”との出逢い・関わり(遍歴)を辿りながら…表現と鑑賞について考えるキッカケにしたいと思います。⇒私の高校生時代から学生時代、20代後半までの話になるかと思います。 *ゴーギャン〈キリスト像のある自画像〉続きを読む [続きを読む]
  • 自作の書と墨絵[3/3]墨絵
  • *《自作の書と墨絵》シリーズの3回目、今回が最終回で〈墨絵〉の紹介です。◆前回も説明しましたように…昨秋の手術後、四肢が麻痺して不自由な状態になってしまいました。その結果…写実的な絵を描くこと、俳句や日記・手紙を小さな字(フツーのサイズ)で書くこと、楽器を弾くことなど…それまでできていたことがほとんどできなくなりました。 *自作の墨絵-01〈蟹〉墨.続きを読む [続きを読む]
  • 自作の書と墨絵[1/3]俳句など
  • *前回も少しだけご覧いただきましたが… 今回から3回は、自作の書(のようなもの)と墨絵(のような)作品を紹介したいと思います。今回は文字数の多めの漢字仮名交じりの作品〜俳句など〜、2回目は漢字少字数の書、3回目は墨絵という順番で。◆「何を血迷ったか」…とご心配のムキもおられるでしょうが。素人の浅ましさ・ブログの気安さ…いや、無知の無恥さ…加減でしょうか。ご笑覧いただければ、有難いと思います。 [続きを読む]
  • さまざまな書との出逢い[2/2]
  • ◆前回は父の書をはじめ、良寛・中川一政・西田幾多郎・河東碧梧桐・金沢翔子など…10点ほどの作品を紹介した。◆今回は…前回とできるだけ重ならないように、私が魅力を感じる書と影響を受けた美術家などの書を中心に紹介したいと思います。 *兄の書〈山の音楽家〉◆はじめに兄の書から。これは、立派な額付きでいただいたもの。オノマトペがたくさんあり、歌のリズムを大切にして書かれたものだろうと思いま [続きを読む]
  • さまざまな書との出逢い[1/2]
  • ◆今年1月から2月にかけて…4回にわたって〈父の書〉を振り返り、自分のルーツのようなモノを探ってみた。◆「芸は身を助く」の語は、父がよく口にしていた言葉…。◆戦後まもなくの一時期…父は書道だけではなく、紙芝居をしたり珠算を教えたりもしていたという。昭和28年から住居だけは大きな寺に転居したことで、書道塾を始めた(やがて夏休みだけの民宿も!)。そんな経験から「芸は身を助く」という言葉を口にするようになっ [続きを読む]
  • ミュージカルコメディ“死神”
  • ◆先日(4/5)、イッツフォーリーブス公演《ミュージカルコメディ“死神”》を観てきた。 *《死神》ポスター ◆原作が今村昌平さんで、主役の葬儀屋⇒気功師を廣岡新太郎さん、ヒロインの死神を北川理恵さんが演じていた。 *ミュージカルコメディ《死神》より①⇒以下の画像はフリー画像による.続きを読む [続きを読む]