こだわりジャーナリスト さん プロフィール

  •  
こだわりジャーナリストさん: 平壌日記
ハンドル名こだわりジャーナリスト さん
ブログタイトル平壌日記
ブログURLhttp://kodawarijournalist.blog.fc2.com/
サイト紹介文日本人ジャーナリストによる北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の最新情報。写真も多数掲載。
自由文 フリーランスのジャーナリストとして長年にわたりさまざまな取材を行い、数多くのメディアで発表してきました。
 海外取材は200回近くで、そのうち北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)へは数十回です。現在、年1〜3回の訪朝をしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/07/04 23:49

こだわりジャーナリスト さんのブログ記事

  • 北朝鮮 猛暑の農作物への影響は
  •  世界的な猛暑が続き、8月3日にはスペインのエル・グラナドでは46・4度になった。日本海(東海)の海水温が高いため、それに面する日本や朝鮮半島では高温が続いている。平壌市内にある「紋繍(ムンス)遊泳場」で遊ぶ人たち(2018年6月27日撮影) 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の「労働新聞」2日付は、7月下旬から35度を超えるなど気象観測開始以来の高温を記録し、7月30日には慈江道(チャガンド)で40・7度に達したと伝え [続きを読む]
  • 北朝鮮 関空税関が朝鮮高校生徒の朝鮮土産を没収
  •  『週刊金曜日』2018年7月13日号に執筆した記事を掲載する。  ========================関空税関が朝鮮高校生徒の朝鮮土産を没収日朝交渉は後退必至 関西空港の税関は6月28日、朝鮮民主主義人民共和国(朝鮮)への修学旅行から戻った「神戸朝鮮高校」の生徒62人全員の荷物検査を実施。そのうちの18人から、民芸品や化粧品など多数を没収した。悔しくて、女子生徒は泣き叫び男子生徒は怒りを爆発させ [続きを読む]
  • 北朝鮮現地報告第2弾  人民軍兵士にインタビュー
  •   このブログは平壌(ピョンヤン)のホテルの自室から更新している。 29日は、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)側から板門店(パンムンジョム)へ行った。今までに約10回行っているが、南北首脳会談が行われた現場の変化を知るためだ。詳細はメディアでの発表前なので控えるが、いくつもの変化があった。インタビューにも応じた人民軍兵士(2018年6月29日撮影) 昼食は、開城(ケソン)市内の「民族旅館」で開城の伝統料理。 [続きを読む]
  • 3カ月ぶりの北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)取材
  •  3カ月ぶりの北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)取材に来ている。前回の取材のテレビで2本の特集番組と雑誌への掲載が終わったと思ったらもう次の取材なのだ。4泊した咸鏡南道(ハムギョンナムド)咸興(ハムフン)市から平壌(ピョンヤン)市へ戻った。朝鮮戦争開戦の日の記念行事に、咸興市の公会堂へ集まった人々(2018年6月25日撮影) 途中の車窓からは、田植えの終わった水田で除草している人たちの姿が見える。場所によっ [続きを読む]
  • 北朝鮮 里帰りを熱望する在朝日本人妻たち
  •  『週刊金曜日』2018年6月8日号に掲載した記事を紹介する。 朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)と米国との激しい駆け引きが続いている。一方で、朝鮮敵視政策を続けてきた日本政府は、交渉の糸口さえ見いだせずにいる。そうしたなか、日本への里帰りを強く望む人たちが朝鮮にいる。在朝日本人妻7人と1人の遺族を、首都・平壌(ピョンヤン)と地方都市で時間をかけた取材をした。咸興(ハムフン)で暮らす在朝日本人たち(2018年2月 [続きを読む]
  • 米朝首脳会談の日に北朝鮮監視衛星を打ち上げた日本
  •  6月12日の歴史的な米朝首脳会談の共同声明では、「トランプ大統領は北朝鮮への安全保障の提供を決意。金正恩委員長は朝鮮半島の完全な非核化への揺るぎない固い決意を再確認」としている。トランプ大統領はその後の記者会見で、米韓合同軍事演習の中止や拉致問題を提起したとも言及した。平壌の万寿台(マンスデ)に建つ最高指導者の銅像(2018年3月2日撮影) 首脳会談の報道をテレビで見ていたら「北朝鮮側の状況について現地 [続きを読む]
  • 北朝鮮 知られざる在朝日本人妻の実態
  •  『週刊金曜日』2018年6月8日号(同日発売)に「里帰りを熱望する在朝日本人妻たち」と題した記事を6ページで掲載する。咸興市で暮らす在朝日本人たち(2018年2月24日撮影) 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)が、米国との歴史的な関係改善に大きく踏み出そうとしている。そうした中、異常なまでの朝鮮敵視政策を続けてきた日本は交渉の糸口さえ見いだせず、首相と外相はなり振りかまわず米国詣でを続けている。北朝鮮や韓国・中 [続きを読む]
  • 「トランプタワー平壌」建設の可能性
  •  北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)と米国は互いに牽制しながら、6月12日の首脳会談での合意内容を固めようとしている。そうした中で、米朝関係改善後のさまざまな話が流れている。 その中に、平壌(ピョンヤン)に「トランプタワー」を建設するという話がある。4月26日、韓国の文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一外交安保特別補佐官は「北朝鮮が望む体制保障は、大同江(テドンガン)に「トランプタワー」が建ち、平壌市内に [続きを読む]
  • 北朝鮮 日朝交渉には新たな首相が必要
  •  6月12日の米朝首脳会談に向けて、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)が次々と行動を起こしている。南北首脳会談、2度の中朝首脳会談、そして今月23日〜25日には豊渓里(プンゲリ)の核実験場を廃棄すると5月12日に発表した。平壌市内のバス停の人々(2018年3月2日撮影) その廃棄作業の透明性を示すため、中国・ロシア・米国・英国、そして韓国のマスメディアの現地取材を認めた。米国メディアなどは、そのようすを現場から衛星 [続きを読む]
  • 歴史的な南北首脳会談の影で日本は?
  •  4月27日、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の金正恩(キム・ジョンウン)委員長と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との会談が、軍事境界線上にある板門店(パンムンジョム)で開催された。北朝鮮の「板門閣」から見た板門店の韓国側の施設。左の建物は「自由の家」で、その右側が首脳会談の行われた「平和の家」。その右奥には「開城工業団地」が見える。(2014年10月5日撮影) 北朝鮮側からは10回ほど、韓国側からも訪れ [続きを読む]
  • 北朝鮮 核・ミサイル実験中止で日本はリング外へ
  •  北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)は20日に開催された「朝鮮労働党中央委員会総会」において、核兵器開発が完成したとして、核実験と中長距離ミサイル・大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験の21日からの中止を決定した。そして使命を終えた北部豊渓里(プンゲリ)の核実験場を廃棄するとも表明。これに対して、米国と韓国は歓迎すると表明した。大陸間弾道ミサイル「火星(ファソン)12型」(2017年4月15日撮影) これ [続きを読む]
  • 北朝鮮 宋日昊大使が日本政府に返答を要求
  •  米朝首脳会談が発表される直前の2018年3月1日、平壌市内レストランで宋日昊(ソン・イルホ)・朝日国交正常化交渉担当大使と3時間半にわたって会食した。その時の大使の発言要旨を掲載する。                 * 北南(注:北朝鮮と韓国)関係は良好に発展している。日本の一般の人は良いこととみている。ただ日本政府の一部の人は芳しく思っておらず、和解の雰囲気を妨害している。安倍首相と河野外相は、制 [続きを読む]
  • 北朝鮮の日本人についての特番を放送
  •  私は昨年8月と今年2〜3月に、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)で暮らす残留日本人・日本人妻、そして「よど号グループ」を取材した。それを2018年4月13日26時32分(14日午前2時32分)から、大阪の朝日放送(ABCテレビ)で1時間の特番として放送する。以下はその番宣。================“楽園”の日本人 〜透ける北朝鮮の思惑〜2018年4月14日(土) 2:32 〜 3:32 北朝鮮には、実は多くの日本人が暮らしている [続きを読む]
  • 北朝鮮からの拉致被害者情報を政府が隠ぺい
  •  米国政府当局者が8日、金正恩(キム・ジョンウン)委員長が「朝鮮半島の非核化」について協議する意思があることを北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)当局から直接伝えられたことを明らかにした。5月末までに行なう予定の米朝首脳会談に向けての秘密接触の中で伝えられたようだ。平壌(ピョンヤン)市内でバスを待つ人々2018年3月2日撮影) 「朝鮮半島の非核化」は金日成(キム・イルソン)主席の時代から北朝鮮から提案されて [続きを読む]
  • 放送案内「一度でいいから 〜日朝をつなぐ家族の絆〜」
  •  北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)で、2月下旬から3月上旬にかけて日本人妻たちを取材。そのテレビでのドキュメンタリー番組を放送する。下記はその番宣と放送日・時間。寝込む残留日本人の荒井さんを気遣う日本人妻(2018年2月22日撮影) 北朝鮮に住む日本人妻の問題は、日朝間の重要な議題でありながら、ほとんどその実像が知られていない。フォトジャーナリストの伊藤孝司は、去年、今年と、日本人妻を取材する特別な許可を [続きを読む]
  • 日朝関係に翻弄された劇的な人生
  • 『週刊金曜日』2018年3月16日号に掲載した記事を紹介する。家族を思い、日本と朝鮮を行き来した平島筆子さん死去日朝関係に翻弄された劇的な人生 衝撃の事実を告げられ、私は思わず大きな声を上げた。朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の平壌(ピョンヤン)へ行ったところ、取材予定の女性が急死していたのだ。 平島筆子さん(中央)の還暦祝いでの家族写真。祝宴は朝鮮へ戻ってから、7年遅れで開かれた。孫のオ・チョンヒョクさん [続きを読む]
  • 日朝首脳会談の実現には政策転換が必要
  •  3月21日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、韓国・北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)・米国による三者首脳会談の可能性について言及した。咸興(ハムフン)市内を行き交うタクシー(2018年2月21日撮影) また韓国は、歌手やアイドルグループで構成する芸術団160人を、3月31日から4月3日まで平壌(ピョンヤン)へ派遣することを決めた。南北融和を進めようという文在寅政権の強い意志が表れている。 一気に動き出した北 [続きを読む]
  • 北朝鮮 平島筆子さん死去についての記事掲載
  • 『週刊金曜日』2018年3月16日号(同日発売)に「日朝関係に翻弄された劇的な人生」と題した記事を掲載する。北朝鮮へ戻ってから撮影された平島さんとひ孫。「2005年6月18日」の日付が入っている(ご遺族提供) 2月末、取材のために北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)を訪れたところ、会う予定の平島筆子さんが死去されていることが判明。急遽、ご遺族から話を聞いた。また帰国後、平島さんを支援してきた方からも話を聞いている。 [続きを読む]
  • 北朝鮮はなぜ南北首脳会談に同意したのか
  •  韓国大統領府は3月6日、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)との首脳会談を4月後半に板門店(パンムンジョム)で実施すると発表した。また北朝鮮は、軍事的脅威がなくなり体制の安全が保障されるならば、核を保有する理由はないと表明したという。ライトアップが続く黎明通り(2018年3月2日撮影) そして南北対話中は核・ミサイル実験をせず、米国と非核化や関係正常化に向けた対話をする意向があるとも表明した。 河野太郎外務 [続きを読む]
  • 北朝鮮切手を空港税関が3人がかりで没収
  •  3月3日に北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)から帰国。到着した日本のある空港の税関は、私が取材資料として持ち帰った北朝鮮切手20枚を没収した。税関が没収した切手(2018年3月3日撮影) 日本政府は北朝鮮への制裁として、輸出入を全面禁止している。「輸出入」と聞けば、誰もが数千万円とか数億円の規模と思うだろう。ところが北朝鮮から戻ってきた者に対して日本の税関は、価格が数円のものでさえ摘発しているのだ。 以前は [続きを読む]
  • 北朝鮮現地報告第3弾 韓国・米国との緊張に満ちた空気
  •  北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)取材は、今日で6日目。平壌(ピョンヤン)へ戻ったところで前半が終わった。昨日は馬息嶺(マシンリョン)スキー場で撮影をして、そこの高級ホテルへ宿泊。馬息嶺スキー場で、インストラクターから指導を受けるスキー客(2018年2月25日撮影) 日曜日ということもあり、スキー場は家族や学校でやってきた子どもたちでにぎわっていた。ここには10のゲレンデがある。山頂の上級者用ゲレンデで滑っ [続きを読む]
  • 北朝鮮現地報告第2弾 地方都市でも制裁の影響はない
  •  21日から咸鏡南道(ハムギョンナムド)咸興(ハムン)市に滞在している。この街は半年ぶりだ。そこにある高級ホテル「麻田(マジョン)ホテル」に宿泊している。 咸興の今日の気温は、最高気温4度、最低気温は−6度とまだまだ寒い。屋外を行き来する人たちは完全防寒をしている。しかし10日ほど前の最低気温は−18度だったことを考えれば、「春」の兆しが感じられる。 半年前と季節は反対だが、平壌(ピョンヤン)市内と同じよ [続きを読む]
  • 北朝鮮現地報告第1弾 厳寒の中でも活気のある平壌
  •  今の時期に、極寒の地へ来るのはためらいがあった。昨年8月から半年ぶりに、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)へ20日の夕方に入った。平壌の街を走る車(2018年2月20日撮影) 飛行機から見た川や湖は凍てつき、大地は寒々としていた。例年よりかなり寒いという。だが市内に入ると、誰もが厚着をしているもののいつもと変わらない活気のある光景があった。走っている自動車の数も、減っていないようだ。 ホテルの部屋は暑いほど [続きを読む]