フォトハイカー さん プロフィール

  •  
フォトハイカーさん: フォトサロン「四季風情」
ハンドル名フォトハイカー さん
ブログタイトルフォトサロン「四季風情」
ブログURLhttp://22qpy61.blog.fc2.com/
サイト紹介文四季が感じられる風景をカメラに収めていますが、特に花の写真を多く掲載しています。
自由文写真を重視したブログですが、写真についての説明や、撮影時の思いを色々な表現で紹介しています。そうすることで、更に写真を楽しんで頂けるかなと思います。これからも試行錯誤して参りますので、よろしくお願致します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供128回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2014/07/07 16:36

フォトハイカー さんのブログ記事

  • この木何の木
  • 今日は快晴の良い天気ですが、空気が冷たく感じます。これを冬晴れというのでしょうね。昨日写真仲間から面白い形の銀杏の木があると聞かされ、早速出かけて来ました。面白い形の銀杏の木は、お寺の境内にありました。ラグビーボールのような形ですが、広角で撮ると丸くなりました。少し離れて撮るとやや細身になります。撮影ポイントを変えると形が変わるので、この木だけでも色々撮れそうです。木の下の方から狙ってみると右方向 [続きを読む]
  • 晩秋の想い
  •  年の瀬は神様に一年を感謝、そして新年は神頼み、この時期は神社が慌ただしくなりますね。子供の頃には近所の神社でよく遊んだものだ。銀杏の葉っぱの絨毯を踏みしめ、かくれんぼや鬼ごっこをしたことを思い浮かべる。普段は訪れる人もなく、ひっそりとした地区の鎮守様も、これからは束の間ではあろうが、少しばかり慌ただしくなることでしょう。(12月3日撮影)近年は境内で遊ぶ子供たちの姿を見かけることもなく、銀杏の絨毯 [続きを読む]
  • まだまだ紅葉
  •  私の住んでいる近隣の公園や神社仏閣は今でも紅葉が見られます。紅葉が身近になって来ると、いよいよ晩秋から初冬の風景へと変わり、年の瀬が迫って来ます。(12月2日撮影)夕日を浴びたモミジも最後の舞を見せてくれます。全体を見渡すと枯れた葉っぱもありますが、部分部分はまだ絵になる葉っぱがあります。斜光の夕日がモミジをいっそう綺麗に見せてくれます。こちらは真紅のモミジです。光のなせる業というのでしょうか、撮 [続きを読む]
  • 国済寺
  •  今年ももう師走です。私のブログのカテゴリでは12月といえば冬ということになります。でもまだ紅葉は見頃の所もあり、風情的には晩秋の候ということでしょうか。秋旅京都シリーズで紅葉風景はもう見飽きたかと思いますが、今度は地元のお寺の紅葉も良いかなと、出かけて参りました。ローカルのお寺ともなれば、京都のような混雑はなく独り占めの撮影が出来ます。勿論三脚でゆっくりと。こちらは望遠にしてお堂とモミジをからま [続きを読む]
  • 秋旅京都最終回
  •  今回の秋旅京都も帰りの新幹線の時刻が迫って来ました。前回は西本願寺を参拝したので、今回は東本願寺を参拝して完結とします。京都の紅葉は和の風情が何とも言えません。来年の秋旅京都は何処にしようかな。いやその前に、桜の風情を味わいたいです。(*^_^*)立派な松に背景は立派な御影堂門です。ここは紅葉ではなく建物のスケールが味わえます。御影堂門に吊る下がっている大きな燈篭?です。望遠で引き寄せると、奥の御影堂 [続きを読む]
  • 秋旅京都その8
  •  今熊野観音を出るとまだ11時前です。今日の帰りの新幹線は午後3時頃の予定です。それまでには時間に余裕があるので、時間潰しに東福寺方面に行ってみようと思います。観光地図のルートを見ると近回りが出来そうなので、それを頼りに歩いて行くと、途中は車も通れないような超狭い路地に出くわします。それでも、ちゃんと手書きの案内板があるのです。本当に行けるのかと思いながら進むと、急に視界が開けた通りに出ます。そこに [続きを読む]
  • 秋旅京都その7
  •  泉涌寺の隣には「今熊野観音」があります。泉涌寺の総門の方から入ると、今熊野観音があり、その先が泉涌寺となっています。総門をくぐる道路は普通の舗装道路となっているのですが、これは泉涌寺の私道で、突き当りが大きな駐車場でした。 今回の私の紅葉旅で一番見事だったのが、これから紹介する「今熊野観音」でした。そんな訳で今回は10カットです。紅葉祭りは18日からですが、今日は16日、でも「見頃です」と書いて [続きを読む]
  • 秋旅京都その6
  •  いよいよ旅の最終日(16日)となりました。今日は京都駅からJR奈良線でひとつ目の東福寺駅に向かいます。この駅は当然ながら東福寺へ向かう客で混雑するのですが、ホームが狭いので余計に混雑してしまいます。駅を出ると通りには観光客でいっぱい、みんなで通れば怖くない、車道は通行人でいっぱい、通行の車ものろのろです。その人波は、東福寺めがけて動き始めます。道が分からなくてもその波に乗って行けば東福寺に着ける [続きを読む]
  • 秋旅京都その5
  •  貴船口へ戻って来ましたが、まだ時間があるので出町柳方面へ向かい途中の八幡前駅で降り、バスで実相院に向かってみることにしました。実相院は床もみじが見られるのですが、これをカメラに収めようという人たちに占領されてしまうことから、現在は室内での撮影が禁止されているとのことです。実相院門跡とあります。早速山門から紅葉が見られました。よく見るとまだ紅葉は始まったばかりのようです。その中に綺麗な黄葉のモミジ [続きを読む]
  • 秋旅京都その4
  •  鞍馬寺からの山道が通れないので、鞍馬駅からひと駅戻り、貴船口駅からバスで貴船神社へ向かうことにしました。高架にある駅を降りると直ぐにバス停がありますが、見通しの悪いカーブのところです。何故こんな危険なところにバス停をと思いましたが、駅前の広場が無いので仕方がないのでしょう。勿論安全のため誘導員が交通整理をしています。そのバスは大型バスの半分ほどで、直ぐに満車となってしまいます。でも、たった4分間 [続きを読む]
  • 秋旅京都その3
  •  旅の2日目(15日)は、叡山電鉄の始発駅出町柳から30分で終点鞍馬駅に到着です。時刻は9時、空気はひんやりとして、昨日の雨で木々には水滴が付いていました。逆光の朝陽が眩ゆく、とても清々しい境内です。この鞍馬寺から山越えで貴船神社に抜ける木の根道は台風の被害で通行止めとなっており、貴船神社へは鞍馬駅からひとつ駅を戻った貴船口駅で下車し、そこからバスで4分、歩いてでも行ける距離です。終点の鞍馬駅です。 [続きを読む]
  • 秋旅京都その2
  •  今年の秋旅京都は2泊3日の初日から雨でした。今回は少し標高の高い鞍馬寺と貴船神社に行って見ようと思い、平地の見頃時期より少し早めの日程で出かけて来ました。京都入りが午後になったので、今日(14日)は糺の森を歩いて下鴨神社などを散策しながら時間潰しをしようと思いました。案の定糺の森は、紅葉には程遠い青々した森の風景でした。そして散策の終わる4時頃になって、やっと雨が上がりました。明日はお天気も回復す [続きを読む]
  • 秋旅京都
  •  紅葉の撮影旅は京都でした。東京からの新幹線沿線の風景は、まだ木々が青々していました。関東以西の紅葉はこれからのようです。京都も郊外の山間部では見頃の所もありますが、町中の神社仏閣の紅葉はまだ始まったばかりです。でも、これから寒気が押し寄せるようなので、一気に紅葉が進むでことでしょう。霜で枯葉の紅葉にならないことを祈ります。初日の14日は生憎の雨でしたが、これはこれで、しっとりとした風情の紅葉が楽 [続きを読む]
  • 木陰の秋色
  •  紅葉はやはり晴天の透過光が綺麗ですが、曇天や木陰の紅葉は落ち着いた色彩で、また晴天とは違った趣が味わえるかと思います。そんな晴天の強い光を避けて、あえて木陰の渓谷を狙ってみました。岩石からの湧き水が作り出す小さな滝。岩を這うようにして流れ落ちる様は、滝の貴婦人の様です。苔むしている岩肌に流れ落ちるこの滝は、(群馬県神流町)「白水(しらみず)の滝」と名付けられています。緑が濃くなる夏場は苔の緑が鮮 [続きを読む]
  • 黄葉
  • 紅葉と言えば紅色の紅葉を思い浮かべますよね。でも黄葉も負けず劣らずの秋景色です。眩いイチョウの黄葉を背景にしてみました。イチョウの葉を透過光でねらいました。後で分かったのですが、偶然にも互い違いの枝が格子状になっているではありませんか。銀杏の幹に寄りかかりながら、広角で青空を背景に葉を見上げるように狙ってみました。広角レンズは距離感が誇張されるので、実際の高さより高く感じます。色味は露出(明るさ) [続きを読む]
  • 冬桜
  •  ブログのアップもしばらくご無沙汰してしまいました。かといってネタ切れではアップも出来ませんので、今日は冬桜の花見としゃれてみました。東京都の水がめである下久保ダムを見下ろす神川町の城峯公園では、今は紅葉と桜が一緒に楽しめます。そして夜にはライトアップも楽しめるようです。ここの冬桜は1〜2センチくらいの小さな花です。全体に白い花ですが、ちょっぴり淡いピンク色をしています。小さな花なので少しの風でも [続きを読む]
  • 四万川の紅葉
  •  四万温泉を流れる四万川の紅葉撮影は、深い渓谷を俯瞰で撮るのがお勧めです。奥深い人里離れた渓谷ではなく、温泉街なのでポイント移動も楽チンです。(11月1日撮影)渓流撮影は白波の立つ瀬が多いと雰囲気が出るかと思います。スローの流れを表現するためには、NDフィルターとPLフィルターの二段重ねで撮ると良いですね。NDフィルターでより一層のスローシャッターに、PLフィルターで水面反射や岩のテカリを調整し、 [続きを読む]
  • 四万温泉の紅葉
  •  昨日は、群馬県中之条町の四万温泉街を流れる四万川流域の紅葉撮影に出かけました。昨年は11月2日に訪れ、今年は一日早かったのですが、カメラマン目線で見る紅葉風景は、昨年とは全く違っていました。まさに一期一会を実感する一日でした。 平日といえど、やはり紅葉シーズンとあって温泉街は活気にあふれていました。この温泉街も塩原温泉と同じく、町中を流れる渓谷で紅葉が楽しめるのです。昼食に立ち寄った蕎麦屋さんで [続きを読む]
  • 塩原温泉の紅葉
  •  栃木県の塩原温泉には、中心部を深い渓谷の川が流れ、その渓谷に流れ落ちる沢山の滝もあり、紅葉の見どころが満載です。(10月25日撮影)「留春(りゅうしゅん)の滝」です。渓谷の紅葉も部分的(25日現在)に進んではいますが、このようにまだ青々しているところもあるので、長く楽しめそうです。ダム湖に直接落ちる「回顧(かえりみ)の滝」です。御覧の通り、周りの紅葉は色付きが始まったばかりのようで、見頃はこれか [続きを読む]
  • 那須高原
  •  台風21号が去った後の栃木県は那須高原の標高1,200mでは、紅葉が見頃を迎えていました。(10月24日撮影) 台風一過の晴天が続くかと思いきや、雲の多いお天気でした。でも台風の爪痕はなく、紅葉風景はとても綺麗でした。 紅葉撮影のお天気といえば、明るい色彩の晴天が良いかと思いますが、コントラストが強すぎてきついイメージになりがちです。それに引き換え、曇天時には軟らかなコントラストで、しっとりと落ち [続きを読む]
  • スッカン沢巡り
  •  台風が去ったあとの24日栃木県は那須塩原市のスッカン沢に出かけて来ました。この沢の水の色は「スッカンブルー」といわれ、最近俄かにSNSなどで有名になったとか。 アプローチの道は勿論舗装はしてあるのですが、台風が去った後で路面には沢山の落葉や小枝が散乱していました。それをよけながらゆっくりと車を走らせたので、予定よりかなり時間が掛かってしまいました。駐車場に車を置いて沢を眺めると、台風の後ということ [続きを読む]
  • 紅色の秋
  •  台風が去って行くまでは、お天気は回復しないとの予報です。せっかくの週末も窓から雨だれを眺めているだけで終わりそうです。そんな訳で久々にPCの写真を整理していたら、いくつかの鮮やかな紅葉風景を見つけました。埼玉県秩父市大滝の中津川渓谷の「女郎もみじ」です。紅葉は毎年綺麗に紅葉するとは限りません。一期一会を逃さないように心して撮ることを心掛けています。長野県八千穂高原は白樺とツツジ系の赤色コラボが面 [続きを読む]
  • 赤城山
  •  連日ぐずつきの天気が続いていましたが、今日は朝から秋晴れのお天気でした。でもこの晴天も束の間だとの天気予報で、そんな貴重な晴天を逃すまいと、群馬県の赤城山に出かけてみました。紅葉は標高1,400m〜1,500mくらいのところが見頃のようでした。やはり久しぶりの晴天ということで、平日だというのに沢山の車で混雑していました。天高く馬肥ゆる秋・・・・うろこ雲が綺麗です。標高が高くなると霧が立ち込めていま [続きを読む]
  • コスモス
  •  コスモスを漢字で書けば秋桜ですから、秋の花を連想しますよね。でも、7月8月の盛夏に咲く夏咲きという品種と9月以降に咲く秋咲きの品種に分かれるようです。コスモスも花模様は色々ありますが、写真に撮るなら背景などを演出して撮るのも面白いかと思います。花が沢山あるので絞りを開放にして、主役の花のシベにピントを合わせました。背景のボケ具合は・・・・・①絞りを開ければ開けるほど ②望遠系のレンズになればなる [続きを読む]
  • 乗鞍高原の紅葉 4
  •  一ノ瀬園地は標高1,500mの広大な草原で、湿原もありその中にはいくつもの池があります。そして、春にはミズバショウやレンゲツツジなどの花園になるとか。今は冬支度前の秋のファッションで訪れる人を楽しませてくれます。早朝の草原はひんやりと草むらには朝露が・・・でも上空には秋の雲が広がり、時々日射しを遮っています。朝露のキラキラ感を表現出来なくて残念です。背景奥には乗鞍岳の頂が見えます。風の無い水面が [続きを読む]