緑子 さん プロフィール

  •  
緑子さん: 損して徳取れ
ハンドル名緑子 さん
ブログタイトル損して徳取れ
ブログURLhttps://ameblo.jp/midoriko3216/
サイト紹介文両親の介護日記をはじめました。 アルツハイマー型認知症の父と脳梗塞による右半身不随の母。
自由文以前は大好きなオードリー(芸人さんの方です)のことを中心に書いていましたが、最近は・・・。
大好きはかわりませんけどね。


しばらくは、両親の介護日記にしたいなと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2014/07/09 16:02

緑子 さんのブログ記事

  • 父の発熱
  • 85歳の父。もうそんな年になるんだ〜。私が産まれたのは父が30代後半。当時にしてみると、遅い方だと思います。母も30代前半。2人ともバツイチ子無し同志、お見合い結婚。そんな2人、私が娘である事も忘れてしまっています。そのことが悲しいとは特に思っていない私自身が哀れ。冷たい娘だなと。スタッフさんも気遣ってくれるのですが、私はあまり気にしていないので申し訳ないです。そんなことを思っていると、施設からの電話。 [続きを読む]
  • 介護中でも楽しむ
  • 4月って忙しい。両親がいるグループホームにまったく足を運ぶ事が出来ず、少し心が痛む日々が続いておりました。心が痛みながらも、向かうことが出来ないって、まだまだ両親に対してのモヤモヤ感が消えてないんでしょう。久々に会うので、母の好きなミカンとイチゴを持って行きました。2人仲良くと言うわけではないけれども、並んで座っていました。父は見たことのある人が来たくらいの感覚。母は私のことを妹だと思っていました [続きを読む]
  • 自治会
  • 私が住んでいる賃貸マンションには20世帯ほど入居者がいる。その中で自治会に加入しているのは4世帯。どういうこと?ここに住み始めて18年にもなる。学校は近いし、図書館やホール、スポーツ施設もすぐ側にあり、住みやすい環境。ただ、住んでいるマンション住人のことは殆ど知らない。こんなものか?既に組長は3回した。他の役(昔風でいうところの婦人会)も2回した。今年、組長をしてもらえないかと言われたが、大変申し訳な [続きを読む]
  • ハローカゲロウ
  • 先日、神戸の叔母が両親に会いに来てくれました。日帰りで。有り難いことです。私が一人っ子で、両親がいなくなったら親戚もいなくなる状態を心配してくれています。嬉しいです。涙??両親は、元気。食事の管理もして頂いているので、問題なし。かと思われましたが、母の脈絡が40くらいしかなく、薬を飲んでもまったく変化なし。しばらく様子を見るということです。オリンピックも終わり、2週間が過ぎました。私は、フィギュアが [続きを読む]
  • 介護が必要な夫婦の生活3 〜食事〜
  • 母は料理が得意でした。人に教えたりすることもありました。父が50代で退職し家にずっといるようになってから、家事全般を父がするようになりました。料理もです。決しておいしくありません。でも、不味いなんて言うと怒り出し、おかずをゴミ箱に捨ててしまったりする人だったので、美味しいも不味いも言わず食べていました。介護が始まってからは、アルツハイマーの父は自分の分は、自分で作って、母は父の料理は食べたくない [続きを読む]
  • 介護が必要な夫婦の生活2 〜風呂〜
  • 介護が始まってから、自宅でお風呂に入ることはなくなりました。すべてデイサービスにお願いしました。当初は週2回でしたが、母の希望により、週3回になりました。お風呂場で転んだり、心筋梗塞をおこしたりなどの心配がなくなりました。それでも、母は自宅で入りたがりました。足が悪いし、目も左しか見えていないから、転んだりしたら大変なことになるからダメ!と言ってもしつこく言ってきて、最後にはケアマネさんに、娘がこ [続きを読む]
  • 父の皮膚科
  • 去年の5月に手術した耳にできた皮膚ガンの状態を3ヶ月に1回診せに行っています。特に問題なしです。傷跡は手術したの?と思うくらい綺麗で、耳の形がいびつになると思うと言われていましたが、綺麗な形のままで違和感なしです。グループホームのスタッフさんも、手術したの?と言われるくらい、分かりません。先生、ありがとうございます!おかげで、半年に1回の受診になりました。次は8月末です。暑い季節。今日の福岡は雪が舞い [続きを読む]
  • 介護が必要な夫婦の生活1
  • 母はポジティブで明るい人です。社交的で情に厚いところもあります。これだけ聞くとすごくいい人ですが、思ったことをすぐに口にしてしまったり、自分が一番正しいと思っているところがあり、上から目線の言葉が多いです。また、プライドが高いので、人の助言を聞こうとしません。私はこのような母と合わないんです。これは親子であってもどうしようもないことです。前向きな性格なので、リハビリも頑張ります。2014年夏、退 [続きを読む]
  • 振り回されないために
  • 2014年9月。入院していた病院から一旦施設に入り、リハビリ。9月の上旬に母が自宅に戻りました。週に2回デイサービス、週に1回掃除にヘルパーさんが来て頂くこととなりました。ベッドで寝るように準備していたのに布団で寝ていて、朝私が行くと布団の中にいて、父が「早く起きろ!」と怒鳴っていて、母は「痛くて起きられない!」と怒鳴り、地獄絵図のような状況が初日からありました。その1週間後くらいに私が腰椎圧迫骨折で入院 [続きを読む]
  • 「あんたがしっかりしてないから」
  • 介護が始まった2014年。実家となりの叔父叔母夫婦から「一緒に住めば良い、そしたら全て解決」みたいなことをよくいわれていました。家賃も浮くし、親の面倒もみられるし、どうして一緒に住まないのか疑問だったようです。何度も何度このブログでもかいているけれど、「自分たちにできるんだから、あなたたちにもできる」「子が親の面倒をみるのは当然だ」という言葉は私にとっては凶器でしかありません。その刃は私の心をグサグ [続きを読む]
  • 長女の修学旅行
  • 3泊4日で北海道スキーから帰って来ました。怪我なく帰ってきてくれたことが、一番有り難いです。17時には空港に着いていたはずですが、友達と遊んで帰って来るとLINEがあり、せっかく夕飯頑張ったんだけどなと、母は残念な気持ちでしたたくさんお土産買って来てくれました。食べ物ばっかり(???)大事にいただきます^_−☆ [続きを読む]
  • 私の2018年の目標は・・・後見人申請です
  • 昨年の私の目標は、 「何か新しいことをはじめる」 でした。一応、4月からステンドグラスの教室に月に2回通っています。楽しいです!2時間集中出来ます!嫌なことを考えずに済みます!はじめて良かったって思えます! 作品はまだ2つしかできていません明日、教室なんですが、3作品目が完成します。このブログで作品がアップ出来るような日が来るようにしたいですね。 今年は、 「両親の後見人申請」 です。正直、面倒だし、 [続きを読む]
  • 夫の祖母と義弟7
  • 夫の祖母が脳梗塞をおこし、病院に入院したのが12月のこと。左手にまったく力が入らず、移動もすべて車いすになりました。ご飯は自分で食べる事はできるし、99歳にしては頭もはっきりしています。はっきりしているからやばかったりもするんですけどその祖母が正月明けに退院し、施設に戻りました。しかし、その施設では手がかかり過ぎるとのことで、特養老人ホーム(経営者は同じ)のショートステイを利用することになりまし [続きを読む]
  • 介護に関して両親は恵まれている
  • 介護や闘病している方々のブログを拝見させてもらっています。両親は、介護スタッフさんにはとても恵まれているなとつくづく思います。経済的には厳しいのですが、今はお世話になっているグループホームもとても良心的な価格で助かっていますし、スタッフさんも良い方ばかりです。ブログを見ていて、人手が足りないのか、あまり良いとは言えない介護施設に親御さんを預けている方もいます。致し方ないことですが、気持ちを割り切 [続きを読む]
  • 施設探しと自宅介護
  • 2014年父 要支援2母 要介護4この頃、夫婦で入所できる施設を探していました。特養は一応、母だけ申込みしましたが、当然待ち人数も多く、いつ入所出来るか不明。実家のある市には特養は2件しかありません。隣接する市の特養にも申込みましたが、地元の人が優先されるようで、期待はできませんでした。民間の有料老人ホームは、お値段が高くて、夫婦でとなると年金だけでは足がでてしまう。両親の年金額が中途半端な金額 [続きを読む]
  • 主治医への不信感・リハビリ室長への不信感
  • 今まで介護保険の更新の時、診断書は精神科の先生に書いてもらっていました。しかし、グループホームに入所してから、精神科の先生から薬も変わっていないし、大きな変化も見られないから、循環器科の病院の先生の所で認知症の薬も処方してもらってはどうですか?と言われ、そのようにすることにしました。きっと病院に2件は負担があると考えた上での先生の配慮だったと思います。とても優しい物腰の先生で、何かあればいつでも [続きを読む]
  • お金の管理
  • 2014年7月この頃は父が通帳と印鑑、そして保険証を管理していました。介護が始まってから、お金の管理をどうしたらいいか、考えました。父に任せていてもいいのですが、すぐに無くすのです。置いた場所忘れてしまう。そして、通帳の印鑑も無くしてしまい、銀行に再登録をしに行きました。事情を説明し、私がすべて手続きをしましたが、書類は郵送で実家に届くと言われました。その書類を父がまた紛失してしまうかもしれない [続きを読む]
  • 父のお酒と母の浪費
  • 父のひとり生活が始まり1ヶ月ほどぢた頃、介護保険で家に手すりを取り付けてもらうことになりました。業者さんが来られて作業しているとき、父が水と間違えたのか、何なのかわからないけれど、お酒を飲んでいて、私が注意すると不思議そうな感じを出してきました。「これ、お酒よ、お昼からお酒とか飲んだらだめよ!」と言うと、「これ、お酒やったかね〜?」と言った具合です。業者さんもこのやり取りを聞いていて、心配してく [続きを読む]
  • 初めての徘徊
  • 【割引クーポン発行中】キルト風ボディのスーツケース キャリー バック かわいい Mサイズ 中型...¥4,980楽天母が脳梗塞で入院し、父1人の生活が始まった7月。その頃、父は毎日母の病院に自転車で行っていました。距離にすると6キロ〜7キロあるかと思われる距離を真夏の炎天下の中、自転車で!認知症って、暑いとか、きついとかいう感覚が鈍ってしまうのでしょうか?1人で行くなと言っても行ってしまうので、勝手にさせていま [続きを読む]
  • 日常へ
  • 2WAYスエード調ミニマルフラップバッグ・全5色・n47967 レディース【bag】【ミニバッ...¥2,656楽天夫の実家から自宅へ2日に戻って来ましたが、夫の実家が寒くて、風邪をぶり返してしまいました。やっと咳がが治まったのに、酷くなってしまいました31日に夫と義弟が祖母を迎えに行き、家に連れて帰ってきました。車いすのまま家に入れ、車輪を拭くこともなく、こたつのある部屋に連れて来てました。移動は全て車いす、トイレ [続きを読む]
  • 大晦日の介護
  • 午前中に私の両親がいる施設、そして実家に行き、鏡餅やお飾り、お花をセットし、夫の実家に向かいました。夫と義弟は祖母を病院へ迎えに行き、簡単な介護のレクチャーを受け帰って来ました。車椅子のまま家に入り、車椅子のまま家の中も移動。食事も刻み食だけど、夫はいなりをそのまま与えて、祖母はそれにかぶりつくし、何度注意してもダメで??♀?祖母もいつも以上に食べるから、ちょっと抑えるように言いました。トイレも [続きを読む]
  • 夫の祖母と義弟6
  • 夫の祖母が入院してどのくらいたっただろう。病院は29日にでも退院してもらっていいということでしたが、施設側が4日という希望で年明け4日に退院となりました。左腕が力が入らず、常に支えておかなくてはいけない状態。移動は車椅子。食事は刻みで、自分で食べてはいるようです。その祖母がお正月は家に帰るといっているらしく、義弟から夫に電話があっていました。義弟はニート状態なので、毎日祖母の病院には行ってくれて [続きを読む]
  • 臭い
  • 私の介護が始まったのは3年前の夏。実家には父がひとり。なんか、生魚が腐ったような臭いがして、生ごみを探すけれども見つからず、ファブリーズをしまくっていました。でも、臭うんです。そして見つからないという日々。が、見つかりました!臭いの元!父本人でした。夏で、おそらく風呂に入っていなかったんだと思います。デイサービスに行くようになって、週に2〜3回風呂に入るようになり、まったく臭わなくなりました。そ [続きを読む]
  • 「関わり合いたくない!」
  • この頃の両親は平日週3日デイサービスを利用していました。なので、家にいる日もあります。そんな時に母はやらかします。隣の叔父伯母に電話して、あれしてこれしてと頼むのです。たまーにであれば、叔父叔母も快くしてくれるでしょう。ただ、これが頻繁に続くと、高齢の叔父叔母も悲鳴をあげるのも仕方ありません。そのクレームはすべて私にきます。「お母さんがいろいろ言ってくるけど、こっちもね、年取ってきついとよ!そん [続きを読む]