緑子 さん プロフィール

  •  
緑子さん: 損して徳取れ
ハンドル名緑子 さん
ブログタイトル損して徳取れ
ブログURLhttps://ameblo.jp/midoriko3216/
サイト紹介文両親の介護日記をはじめました。 アルツハイマー型認知症の父と脳梗塞による右半身不随の母。
自由文以前は大好きなオードリー(芸人さんの方です)のことを中心に書いていましたが、最近は・・・。
大好きはかわりませんけどね。


しばらくは、両親の介護日記にしたいなと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供102回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2014/07/09 16:02

緑子 さんのブログ記事

  • 夫の祖母と義弟5
  • 10日、日曜日。夫の祖母が施設でよろよろと倒れたと夫の携帯に義弟から連絡がありました。意識はしっかりしているが、手足に力が入らないというので救急外来にスタッフさんが連れて行ってくれたそうです。脳梗塞をおこしていて、それは初めてではなさそうとのことでした。正月には家に帰らないかんと本人は言っているらしいので、それなりに今の状況は把握できているのだと思います。98歳という年齢なので、ICUに入れられ、点 [続きを読む]
  • 母退院翌日からのこと
  • 8月末、母が自宅に戻りました。要介護4の母と要支援2の父との生活の始まりです。この頃は、父が自転車で買い物に行き、料理もしていました。よくやっていたなと感心します。母は、よちよちではありますが、歩くことができるようになっていました。トイレもできていましたが、尿漏れパットはつけるようにしていました。起き上がりが不自由だったので、私が独身の頃に使っていたベッドを1階にまで持ってきて、トイレ近くの部屋を母 [続きを読む]
  • 母の退院に向けて
  • 母が入院している病院からは、早く次の所を見つけろとずっと催促されていました。「本当は1ヶ月くらいよ、置いておけるのは、でも、長い付き合いだから2ヶ月まではいい。早く次の所をさがしなさい!」と恩着せがましく先生から言われ、多少ムッとしながらも、ケアマネさんと相談し、一旦ショートで2週間ほど様子見ながら、自宅に戻れるようにしていこうということになりました。私と母はこの病院の先生が苦手で、病院変わる? [続きを読む]
  • 初めての徘徊
  • お世話になるケアマネさんも決まった頃のこと。7月だったと思います。毎日暑くて、熱射病で倒れる人が続出するような日々。その頃父は、病院へまでの道を覚えたらしく、午前中は私と一緒に母の所へ行き、午後からまた自転車で1人、母に会いに行っていたのです。私が何か言ってもすぐ忘れるし、機嫌も悪くなってしまうので、父の好きなようにさせていました。私も午前中に父と母のお見舞いに行くのは止め、仕事帰りに1人で寄る [続きを読む]
  • 暇らしい
  • 出勤前に両親の所へ行ってきました。2週間ぶり。2人とも変わらずです父は「帰る」という言葉もあまり言わなくなり、少しずつではありますが、慣れてきているようです。散歩に誘っても足が痛いとか、腰が痛いと言って行きたがらないみたいですが、先月の牧場見学は参加し、ソフトクリームも食べたそうです。お花を花瓶にいけてもらったら、スタッフさんたちの予想を超えた出来栄えで、驚いたと仰ってくださいました。ありがとうご [続きを読む]
  • 楽しみを見つける
  • 築50年になる実家。コンクリート造りで当時にしてはモダンな家だったと思います。父がケチだったので、補修なんかをまったくしていないまま何十年もたち、退職金でリフォームをしたっきり、何もしていない実家。物も多くて、片付けが今大変です。そんな片付けの中でも、楽しみは見つけたいなと思い、古い置物や花瓶なんかを、これまた古い書棚をリビングに持ってきて、そこに飾りインテリアを楽しんでいます。今度写真を貼ろう [続きを読む]
  • はじめての介護認定
  • 紹介してもらった「○○の家」から早速電話がありました。両親の面談をしたいということだったので、母の病院に来てもらうことにしました。まだ介護認定がおりていないので、母が退院してからのことをいろいろと話をし、是非お願いしたいということを伝えました。どういうところにお願いしていいのか、ちんぷんかんぷんの私には、目の前にいる管理者さんとケアマネさんにお願いするしかなかったのです。その時、私は一緒に住む気 [続きを読む]
  • 地域包括センターへ!
  • 母が入院している先生から「早く介護申請をしなさい、そしてすぐにでも施設を探しなさい!」と言われました。この先生、患者の話をあまり聞いてくれないんです。腕はいいみたいで患者さんは多いんですが、先生の人柄がイマイチで母も私も苦手でした。先生と患者の相性ってあるのかもです。早速、私は地域包括センターへ行きました。出勤前に父を連れて母を見舞い、その足で父と包括センターへ。両親の状態を説明し、私が困ってい [続きを読む]
  • アルツハイマー認知症
  • 病棟見学が終わり、待合室にいると父が戻ってきました。MRIがきつかったみたいで、苦笑いしていました。先生に呼ばれ診察に入り、説明を受けました。MRIの画像と長谷川式のテストから、典型的なアルツハイマー認知症であること、かなり進行していることを伝えられました。そんなに酷かったんだと少し驚いていまいました。他にも不整脈があるから循環器科を紹介しますと言われ、紹介状も頂きました。母に対しての暴力が酷くててが [続きを読む]
  • 病棟見学
  • 診察室に行くと優しそうな40代くらいの男性の先生がいました。いろいろ質問をされ、長谷川式と言われるテストをされました。時計を書いたり、3つのものを覚えさせられたり、出来たのは自分の誕生日、自分の年齢、他何があったかな〜時計の絵も描かされたけど、まったくダメだったし、野菜を3つ言って下さいという質問にも、1つも答えられなかったような気がします。現実を見せられた気がしました。こんなことになってたんだ [続きを読む]
  • 精神科病院へ 
  • 月曜日、父を連れて早速近所の病院に行きました。看護師さんに父の状態を説明すると、「おそらく認知症でしょう。でもここでは診断できないので、精神科に行かれて下さい」、と言われました。認知症の診断は精神科の先生でないと下せないらしいです。ただ、精神科は通常、予約制で2〜3ヶ月待ちは当たり前、そんなに待てないだろうからということで、予約無しで診てくれる病院を教えて頂きました。すぐに、今からでも行った方が [続きを読む]
  • 新たな現象
  • 母が入院して3日目。この日も朝から父の電話。この当たりから更に、言動があやしくなってきました。父「私、〇〇といいますが、うちの家内が帰って 来んで困ってます。帰って来るように言って もらえませんかね」一瞬???でしたが、どう言っていいかもわからず、すぐにそっちに行くからと言って電話をきりました。どこに電話しているのか、私が誰であるかも分からなかったのです。認知症が急に進行したのか、元々そうい [続きを読む]
  • 父と母の様子 現在
  • 週末にグループホームに顔を出すようにしています。母は相変わらず同じ事を聞いてきます。母 「お母さんどうしてる?」私 「13年前に亡くなったでしょ?」母 「はぁ〜!?」  と驚く。このお母さんは、私からすると祖母のことです。毎回このやりとりから始まり、孫はどうしているか、叔父(母の弟)はどこにいる?家はどうなったか・・・。をずっと聞いてきます。いろんな身内(名前は出てこない)のことも聞いてきます。 [続きを読む]
  • 確信と覚悟
  • 母が入院した翌日の朝、「お母さんが帰って来とらんが、どこ行ったか知らんね」と怒り口調で父から電話がありました。今からそっちに行くから待っておくように言い、出勤前に実家に行きました。実家で父に、昨日の出来事を再度説明。・母が脳梗塞で入院したこと・病院は○○脳神経外科であること・当分は父が1人暮らしになること父はかなり驚いていました。母の入院に驚いていたのか、自分が昨日のことを全く覚えていないことに [続きを読む]
  • 父からの電話
  • 母の入院手続きをし、父を実家に送り届け、自宅に帰った私、夕飯の準備でバタバタしている時に父から電話がありました。「お母さんが帰ってこんが、何処に行ったか知らんね?」はっ?ナニいってる?「入院したでしょ?一緒に病院に行ったやん!」父は病院に私と行ったことをまったく覚えていませんでした。たった2〜3時間前のことなのに…。この時初めて認知症という言葉が頭に浮かびました。とりあえず、父には、明日の朝行く [続きを読む]
  • ”★嫌われてもいい”
  • これが出来るようになって気持ちがかなり楽になりました。常にいい子でいる必要はないってこと、もっと自己主張していいってこと、教えてくれたあの人に感謝しています。 [続きを読む]
  • あの日
  • 2014年7月の第1木曜日。第1木曜日の朝はある勉強会に参加しています。自己啓発的なものです。勉強会後、「そういえば最近実家に連絡していなかったな〜」と思い、珍しく私から電話しました。母が出て、「ちょうどよかった!ちょっと、体調がおかしいから病院に連れて行って」と言われ、そのまま実家に向かいました。右の腕がしびれるというので、また脳梗塞かなと思いかかりつけの脳神経外科を受診しました。父はその時は [続きを読む]
  • アルコール依存?
  • 3年前まで、父のアルコール摂取量はたいへんなものでした。夕方の4時くらいから飲み始め、8時に寝るというのが日課になっていました。ビール500ml を本3〜5本、そのあと、焼酎か日本酒をどれくらい飲んでいたのかは分かりません。今振り返るとある意味、アルコール依存症だったように思えます。毎晩、記憶が無くなるくらい飲んでました。飲まないと寝られない、毎日酔っ払い、目がうつろ、認知症になった今の父の目と一緒 [続きを読む]
  • はじまり
  • あらためて、認知症が発覚した時の事を書いておこうと思います。5〜6年前からか、もっと前からか母がよく言うようになりました。「お父さんが同じことを何度も聞いてくる」父は耳が遠かったのでそのせいじゃないの?と言って私は気にもしていませんでした。その頃、母の実家は祖母が亡くなり、空き家状態でした。叔母たちも私も早く売却したら?と言うのですが、母は頑なに拒否するのです。なぜなら、実家が父から逃げられる唯 [続きを読む]
  • 入所13日目 父の様子
  • 仕事前に電動髭剃りを持って行ってきました。1900円位の安い物を購入しました。 父は私に気付いてくれました。環境が変わって忘れちゃってるんじゃない?って少し思っていたけど、大丈夫でした。私が娘だってことは分かっていないかもしれませんがね。別にそれでもかまいません。父が心穏やかに過ごせるのなら。 父はやっぱり家のことが心配みたいで、私が、「今行ってきたら綺麗にしていたよ」と言うと安心してはいました。 [続きを読む]
  • 空き家の整理
  • 実家は空き家。 先日、夫と草刈りをしてきました。草刈り機を以前購入していたので、それを使っての草刈りでしたがクタクタです。 家の中もいらない物を少しずつですが、片付けます。どんどん捨てます。どこまでやっていいのか分かりかねるのですが、きたない食器や鍋は処分。まずは小さい物からちょこちょこやっていき、最終的には布団と家具類です。これは業者にお願いすることになるでしょう。先は長いな〜。とりあえず、3袋 [続きを読む]
  • 父の様子
  • 今日は父がグループホームに入所して5日目。初日は個室から出て来ることもなく、食事も部屋で食べていたそうです。睡眠も寝てしまうと起きることなく、ちゃんと眠れているみたいです。怒りや不安があっても、お腹は空くし、眠くもなるんですね。食事は2日目の昼、母が声をかけてリビングに出て来て、皆さんと一緒に食べたみたいでホッとしました。とにかく、父がやりたいように今はさせてくれているようです。やっぱりプロの方に [続きを読む]
  • 不仲な両親を持つと
  • 私の両親も昔は仲が良かったんでしょうね。よく分からないけど。いつから母があんなに父を拒絶するようになったのか? お金のような気がする。父はお酒、ギャンブルが好きだったから、母が生活費として置いておいたお金を遊びに使っていたようです。私も父がガサゴソしているのを見たことがありますから、それは母の妄想とかではありません。ただ、母も金遣いは荒かったというか、今の私には考えられないような高いコートを買った [続きを読む]
  • 父入所
  • 10月1日父が母のいるグループホームに入所しました。娘2人と父と一緒に向かいました。 母がどういう反応を示すかなと思ったら、予想以上の嫌悪感で なんで連れて来るのよという態度だったため、スタッフさんもちょっとビックリ。だから、「優しく接してね」という言葉を優しく母に伝えました 1時間ほどホームにいましたが、娘たちの予定があり、そそくさと帰ってきました。昼食を終え、ゆっくりしていた時、ホームから電話。 [続きを読む]