安田隆夫氏の経営術を学びたい若者 さん プロフィール

  •  
安田隆夫氏の経営術を学びたい若者 さん: 安田隆夫|ドン・キホーテに学ぶ常識はずれの経営術
ハンドル名安田隆夫氏の経営術を学びたい若者 さん
ブログタイトル安田隆夫|ドン・キホーテに学ぶ常識はずれの経営術
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/okadamasaki20
サイト紹介文安田隆夫さんの著書をご紹介します。
自由文ドン・キホーテ社長:安田隆夫氏の著書等からビジネスに対する考えを紹介していきます。
新業態を生み出すことの苦労から楽しみまで味わい尽くした流通革命児の原点に迫りたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供253回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2014/07/11 11:19

安田隆夫氏の経営術を学びたい若者 さんのブログ記事

  • 安田?夫|「圧縮陳列」と「雑多陳列」はここが違う(1)
  • ドン・キホーテが実践している「圧縮陳列」は他の店舗の人が真似をしようとしてもできないしっかりとした理由とノウハウが詰まっていると思います。私は最初にこの「圧縮陳列」について耳にした時には、いろんな店舗が真似をしてしまい、差別化にならないのではないかと思ったのですが、そこには大きな違いが隠されているようです。本日のブログではこの違いについて記載を進めていきたいと思います。『「圧縮陳列」と「雑多陳列」 [続きを読む]
  • 安田?夫|「圧縮陳列」が売り場に“発見”の面白さを復活させた(2)
  • 前回のブログではドン・キホーテの「圧縮陳列」という手法によって、ドン・キホーテが売り場を面白くしているという事について触れてきました。売り場を水平方向だけでなく、垂直方向にまで商品を詰め込めるだけ詰め込んで、いわば商品のジャングル化をしたという手法でした。今回のブログでもこの圧縮陳列という手法についてさらに詳しくご紹介をしたいと思います。『実際にドン・キホーテを訪れたことのある人ならよくおわかりだ [続きを読む]
  • 安田?夫| 「CV+D+A」だから「お客さま第一主義」が可能となる(3)
  • 前回のブログではドン・キホーテのストアコンセプトの一つである、アミューズメントについて説明を行って来ました。買い物が本来持っているアミューズメント性について、そして買い物のアミューズメントとは何かについてブログで説明を行いました。一つは目的の商品を購入する事、選ぶことであると説明をしましたが、今回のブログでは更にこの点について深く掘り下げて、説明を進めたいと思います。『その面白さの中身のひとつに“ [続きを読む]
  • 安田?夫|深夜営業も陳列法もすべて苦肉の策だった(3)
  • ドン・キホーテという企業を見ると、徹底的な現場主義であることがよくわかると思います。なぜこれほどまでに徹底した現場主義を貫いているのでしょうか。それは安田氏が一番最初に独立した泥棒市場から答えを見つけることができます。本日のブログではこの泥棒市場について深く掘り下げ、ドン・キホーテの現場主義について迫っていきたいと思います。『閉店したあと、私はいつものように夜中に路上で段ボール箱を開け、店の中に汗 [続きを読む]
  • 安田?夫|深夜営業も陳列法もすべて苦肉の策だった(2)
  • 前回のブログは安田氏が始めた泥棒市場では、商品が売れず、売れないから仕入れができず、新たな売り場の活気を作ることができない状況にいたという点について触れてきました。それは本当に辛い体験だったと思うのですが、どうやってこの辛い状況から脱出したのでしょうか。本日はその点についてご紹介をしたいと思います。『廃番品やサンプルは売れたからといって同じ物は二度と手に入らず、金融処分品もその場限りの出物で段ボー [続きを読む]
  • 安田?夫|深夜営業も陳列法もすべて苦肉の策だった(1)
  • 前回のブログでは商品を仕入れたくても仕入れられない環境が安田氏にはあり、独立直後の苦労を紹介してきました。そして次はやっと仕入れられた後にどのような経験を安田氏がしたのか、その点についてご紹介をしたいと思います。『私は“売れないから仕入れができない。仕入れができないから商品も少なく、ますます売れない”という悪循環にどっぷりはまり込んでしまった。だが、今置いてある品物が売れない以上、売れそうなものを [続きを読む]
  • 安田?夫|資格・愛想なしで残った独立法が物販業(2)
  • ドン・キホーテという企業名を聞くと、大手の小売店だというイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。今やドン・キホーテは日本全国のどこにでも展開をしており、空白地帯がないくらいドン・キホーテは出店をしています。しかしながら、そのドン・キホーテを創業した安田氏は資格・愛想がなかったからこそ独立法として物販業しか残されていなかったというのはご存知でしょうか。ただ、そんな安田氏だからこそ創業当時は相当の [続きを読む]
  • 安田?夫|資格・愛想なしで残った独立法が物販業(1)
  • 前回のブログでは、安田氏の就職、そして倒産・事業の失敗と安田氏が歩んできた人生の仕事の初期について状況を説明してきました。確かに、このような状況をみると本当に安田氏の過去なのか?ドン・キホーテをこれほどまでの規模に導いた起業家の過去なのか?と疑う人もいるかもしれませんが、実際に安田氏に起きていた事実となります。今回のブログではその後どのような経緯を経て独立に踏み切っていったのかについて説明をしたい [続きを読む]
  • 安田?夫|会社倒産・独立失敗・失業で無頼の道へ(1)
  • ドン・キホーテは現在の状況からみると非常に優秀な企業に見えるのではないでしょうか。誰しもが認知している店舗であり、まさかこの企業がたった一代にして築かれたベンチャー企業であるという印象はあまりないのではないでしょうか。本日のブログでは、このドン・キホーテという企業が成り立つまでの創業者の安田氏の足取りについてご紹介をしたいと思います。『私が大学を卒業して就職した先は、不動産販売会社だった。私は天の [続きを読む]
  • 安田?夫|「店」は販売・経営手法の総体である(3)
  • ドン・キホーテは流通小売業としてスタートしましたが、差別化がよくできている店舗だと私は思っています。多くの人が思っている事かもしれませんが、小売業は非常に差別化が難しい業界です。それは、どこの店舗に足を運んでもだいたい同じような商品は陳列されている現代だからこそ、難易度が高いのだと思います。その中において、特徴のあるお店作りというのは、非常に難しい作業になると思っています。しかしながら、ドン・キホ [続きを読む]
  • 安田?夫|「店」は販売・経営手法の総体である(2)
  • 前回のブログでは、ドン・キホーテというお店について詳細を記載してきました。まだナイトマーケットが確立されていない時から、流通小売業として積極的にナイトマーケットへ進出し、少しずつ今のドン・キホーテになるよう形作りながら成長を重ねてきました。今回のブログでは前回に引き続き、ドン・キホーテについて紹介をしたいと思います。『私は知識ゼロ、経験ゼロで物販ビジネスのスタートをきった。これは誇張でも自慢でもな [続きを読む]
  • 安田?夫|「店」は販売・経営手法の総体である(1)
  • ドン・キホーテにとってお店は経営手法の総体であると安田氏はいいます。それはドン・キホーテを創業した安田氏が現場から全てのヒントを掴み取り、実際に今の企業規模まで成長をさせてきたからこそだと思います。今回のブログでは、このドン・キホーテというお店について話を展開したいと思います。『ドン・キホーテは、ナイトマーケットという沃野を発見し、本格的に開拓して、そこに物販・流通業態を成立させた。このナイトマー [続きを読む]
  • 安田?夫|深夜営業はコストを引き下げ収益率を向上させる(2)
  • 前回のブログでは深夜営業はお店の個体差によって売上げを上げられる店舗と、そうでない店舗が存在しているということについて触れてきました。その説明として実際にドン・キホーテの店舗を例にとって説明してきたので、これは納得ができる結果になったのだと思います。『人件費や光熱費は、確かに営業時間が長くなればそれに比例して増加する。これは売上拡大で吸収するしかない。しかし、営業時間の延長によって先のオープニング [続きを読む]
  • 安田?夫|深夜営業はコストを引き下げ収益率を向上させる(1)
  • 前回のブログでは深夜営業の労働環境について説明を行ってきました。今回のブログでは、深夜営業をすることによって、コストを引き下げて、収益率を向上させることができるという点について紹介をしたいと思います。『ナイトマーケットの開拓に従来の物販・流通業が消極的であった最大の理由は、端的にいえば、営業時間を延長しても儲からない、ということに尽きるだろう。人件費や電気代などのコストに対して売上げが拡大せず、収 [続きを読む]
  • 安田?夫|コンビニは本当に“開いててよかった”店なのか?(2)
  • コンビニが開いていて良かったと思える店なのかどうか。その点について前回のブログから検証をしてきました。実際に検証には東京商工会議所のアンケート結果を引用し、定量的な数値を持って、現状の一般消費者の方がどの程度不満を持っているのか可視化した内容について触れてきました。今回のブログでは、前回に引き続き、このコンビニについて再度記載を行なっていきたいと思います。『その後、コンビニでは、弁当などの独自商品 [続きを読む]
  • 安田?夫|深夜営業は暮らしの利便性と多様性を支援する生活応援業態(2)
  • 前回のブログでは、深夜営業は私たちの暮らしを応援してくれる生活応援業態であるということについて触れてきました。実際に生活を応援してくれるかどうかを冷静に考えてみると、どうしても夜間の買い物が当たり前になってきてしまった今日でいえば、夜間営業がなかった時に比べると利便性は飛躍的に向上しているのではないでしょうか。『現代は日中が活動時間で夜間は休息時間、という旧来の割り切り方では生活のしにくい環境にあ [続きを読む]