安田隆夫氏の経営術を学びたい若者 さん プロフィール

  •  
安田隆夫氏の経営術を学びたい若者 さん: 安田隆夫|ドン・キホーテに学ぶ常識はずれの経営術
ハンドル名安田隆夫氏の経営術を学びたい若者 さん
ブログタイトル安田隆夫|ドン・キホーテに学ぶ常識はずれの経営術
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/okadamasaki20
サイト紹介文安田隆夫さんの著書をご紹介します。
自由文ドン・キホーテ社長:安田隆夫氏の著書等からビジネスに対する考えを紹介していきます。
新業態を生み出すことの苦労から楽しみまで味わい尽くした流通革命児の原点に迫りたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供250回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2014/07/11 11:19

安田隆夫氏の経営術を学びたい若者 さんのブログ記事

  • 安田隆夫|チェーンストアが日本の商人文化を分断(3)
  • 前回までのブログでは、チェーンストアは効率を最大限に高める手法として、高度経済成長期の日本には当てはまったことをお伝えしてきました。しかしながら、需要と供給のバランスが逆転し、差別化が必要となった日本においてはあまり良いシステムではなくなってしまいました。このチェーンストアは何を我々流通小売業に与えてしまったのでしょうか。今回のブログではその点について触れていきたいと思います。 『わが国特有の優れ [続きを読む]
  • 安田隆夫|チェーンストアが日本の商人文化を分断(2)
  • 前回のブログで、チェーンストアと以前の流通小売業について話を展開してきました。実際にチェーンストア・システムが導入される前と後では、一般消費者が持っているイメージの違いは明確に存在しており、そのブランディングは大きく異なってしまったことについて触れてきました。今回のブログでも引き続き、日本の商人文化をチェーンストアが分断してしまったことについて触れていきたいと思います。 『チェーンストアが全盛とな [続きを読む]
  • 安田隆夫|チェーンストアが日本の商人文化を分断(1)
  • チェーンストア・システムは高度経済成長の日本を支えてきた効率的なシステムです。このチェーンストア理論こそが日本の商人文化を分断したと安田氏は説明しています。これは一体どのようなことなのでしょうか。今回のブログでは、チェーンストア理論と日本の商人文化について話を展開し、説明をしたいと思います。 『言うまでもなく流通小売業は、われわれ国民の生活に欠くべからざる機能とサービスを提供する、きわめて重要な社 [続きを読む]
  • 安田隆夫|素直な善性の発露こそ・・・(1)
  • ドン・キホーテを語ろうと思うと、「権限委譲」や「ナイトマーケット」などの大きな特徴がまずは頭に浮かんできますが、ドン・キホーテ自体が持っている企業としての特徴は本当に多くの数になると思います。本日のブログでは、いつもは隠れてしまっている、企業としての特徴について紹介をしたいと思います。 『当社のCSR活動は、決して一般受けするような派手なものではない。どちらかと言えば地味で目立たず、ひっそり行うという [続きを読む]
  • 安田隆夫|地域社会との共存共栄を最重視(1)
  • ドン・キホーテは地域社会との共存共栄を最重視していると言います。確かにドン・キホーテをイメージすると、当然のことながら流通小売業ですから地域社会と仲良くやっていこうとする姿勢を持っているのだとは思います。しかしながら、その流通小売業界においてドン・キホーテはこの点を強く守っている企業であるように思います。今回のブログではこの点について説明をしたいと思います。 『さらに当社では、地域の店舗ごとによる [続きを読む]
  • 安田隆夫|流通小売業のリソースを生かしたCSR(2)
  • 前回のブログでは、東日本大震災の時に、流通小売業のリソースを活かしたCSRをドン・キホーテが行ったことについて話を紹介しました。実際に、ドン・キホーテらしい応援の仕方であり、このような応援をすることによって東北の人も仕事がきちんと増え、良い支援をされた認識を持てたのではないでしょうか。今回のブログでも前回に引き続き、この流通小売業としてのCSRについて話を展開したいと思います。 『東京に持ってきたもう一 [続きを読む]
  • 安田隆夫|流通小売業のリソースを生かしたCSR(1)
  • 流通小売業のリソースを活かしたCSRというのは一体どのようなことなのでしょうか。東日本大震災の後に、ドン・キホーテがどのような動きを取ったのか、その点について今回のブログで紹介をしたいと思います。 『当社独自の震災復興支援事業として、2011年6月、被災地域復興応援のフラッグシップショップ、ドイト恋ヶ窪店(東京・国分寺市)をオープンさせた。同店の“元”は、ドイト仙台若林店である。仙台若林店はリニューア [続きを読む]
  • 安田隆夫|誇らしかった現場の有事対応力(3)
  • ドン・キホーテの有事対応力が誇らしいものであったことは前回のブログで紹介をしてきました。実際に現場の判断で被災地の方へ支援をしたことは、ドン・キホーテを経営する安田氏からすれば、よくぞその行動に出たと褒めたい部分なのではないでしょうか。ただ、このような行動がとっさに出たのにはやはり権限委譲が大きく関わっているように私は思います。常に自分の頭で考え、行動しているからこそ、有事の際にこのような対応がで [続きを読む]
  • 安田隆夫|誇らしかった現場の有事対応力(2)
  • 前回のブログでドン・キホーテの各店舗には有事対応力があるということについて話を展開してきました。今回のブログでも引き続きこの点について話をしたいと思います。 『被災地各店はまるで示し合わせたように、ほぼ同じ対処の仕方を見せた。すなわち、誰一人として持ち場を放棄することなく、たとえば生鮮三品や日配品、チルド、冷凍食品などに関しては、地域のお客さまにすべて無料でお配りし、一部店舗では炊き出しまで行って [続きを読む]
  • 安田隆夫|誇らしかった現場の有事対応力(1)
  • ドン・キホーテを創業した安田氏はドン・キホーテを作って、良かったと感じることが何点かあると言います。その一つとして、震災直後の現場スタッフの優秀な対応を例にあげています。それは一体どのようなことだったのでしょうか。今回のブログで記載をしたいと思います。 『2011年の東日本大震災で被災し、3月11日当日に営業休止を余儀なくされた店舗はグループ全体で65店を数える。震災直後、当社は即座に対策本部を立 [続きを読む]
  • 安田隆夫|誇らしかった現場の有事対応力(1)
  • ドン・キホーテを創業した安田氏はドン・キホーテを作って、良かったと感じることが何点かあると言います。その一つとして、震災直後の現場スタッフの優秀な対応を例にあげています。それは一体どのようなことだったのでしょうか。今回のブログで記載をしたいと思います。 『2011年の東日本大震災で被災し、3月11日当日に営業休止を余儀なくされた店舗はグループ全体で65店を数える。震災直後、当社は即座に対策本部を立 [続きを読む]
  • 安田隆夫|忌み嫌う言葉、それは偽物(1)
  • 偽善という言葉を聞いてみなさんはどのようなイメージを持つでしょうか。私は良い印象はなく、むしろ悪いイメージしか持っていません。そして、この偽善という言葉は安田氏がこの世で一番嫌いな言葉であるといっています。それはなぜなのでしょうか。その点について今回のブログで紹介をしたいと思います。 『私がこの世で最も忌み嫌う言葉―それは「偽善」だ。少なくとも、「偽善者」などという汚名を着せられるくらいなら、死ん [続きを読む]
  • 安田隆夫|面白くない店は店ではない(1)
  • ドン・キホーテに足を運んでみると、ドン・キホーテの魅力がすぐにわかります。他店舗と何が違うかというと、店舗に存在しているのは買い物をしている時のウキウキ感があるというところだと思っています。これは安田氏の著書の中にも記載があるのですが、ドン・キホーテはまるでアジアの露天商のような魅力を持っている店舗であると思います。買い物をするのが楽しく、特に目的なく売り場を歩いているだけで、時間が過ぎていってし [続きを読む]
  • 安田隆夫|今後ドンキはファミリーを取りにいく!(2)
  • ドン・キホーテにどのような層が訪れているかということをイメージすると、若者やシングル層が思い浮かびます。通常の流通小売業を営んでいる店舗と比較すると、そのターゲット層は全く違う印象を受けます。では、このドン・キホーテですが、今後はどのような層をターゲットに取り入れるのでしょうか。その点について説明をしたいと思います。 『最新の国勢調査(2010年)によれば、一人暮らしの単身世帯は32.1%と初めて3割を [続きを読む]
  • 安田隆夫|今後ドンキはファミリーを取りにいく!(1)
  • ドン・キホーテにどのような人が足を運んでいるかイメージが湧くでしょうか。私の個人的な見解としてはシングル層や若者を中心にしたターゲットとしていたのではないでしょうか。実際に夜間に店舗を訪れるとなると、ファミリー層ではなくシングル層という比較的動きやすい人物がターゲットになると思います。そして実際に今まではこのシングル層をドン・キホーテのターゲットにしていたことは間違いないと思っています。ただ、ドン [続きを読む]
  • 安田隆夫|“総合の罠”にはまってはならない(2)
  • 前回のブログで、総合の罠にはまってはいけないということについて触れてきました。小売店舗はある意味何を置いても良い店舗です。その陳列する商品が売れて利益の創出につながることが店舗としては良いことになります。しかし、コンセプトが明確でない店舗は後々になって苦労をするのが目に見えています。何を基準に自店の商品を陳列すればよいのか不明確になってしまうためです。今回はこの総合の罠について触れていきたいと思い [続きを読む]
  • 安田隆夫|“総合の罠”にはまってはならない(1)
  • ドン・キホーテは流通小売業の企業として、非常にユニークな店舗になっていると思います。ドン・キホーテが登場する前と後で、一般消費者が小売店舗に対して持つイメージが変わったのではないかと思うほど、その個性を主張していると私は思います。前回のブログでは、店が商圏を作ることを説明し、お店のMD力によって大きくその商圏を変えられることについて説明しました。今回のブログでは、このMDという点について記載をしたいと [続きを読む]
  • 安田隆夫|今は「店が商圏をつくる」時代だ(3)
  • 前回のブログではコンビニエンスストアなどはオーバーストアが叫ばれる中で、さらに店舗を構築していても良い業績を叩き出していることについて触れてきました。それは店舗の持つ商圏についての話になるのですが、少しこの捉え方が変わってきたからではないでしょうか。では一体商圏というものがどのように変わってきたのでしょうか。その点について記載をしていきたいと思います。 『何が言いたいのかと言えば、今は、「商圏が店 [続きを読む]
  • 安田隆夫|今は「店が商圏をつくる」時代だ(2)
  • ドン・キホーテは商圏の考え方を覆してしまった企業ではないでしょうか。多くの小売店舗は決められた商圏にしたがって売上や利益、そういうものを考えていました。しかしながら、ドン・キホーテは深夜営業を始めることによって、車で移動する人を対象として、その商圏を大きく拡大したのです。それは商圏を店が作り出したということに他なりません。今回のブログではこの商圏について話を展開したいと思います。 『この業界で「オ [続きを読む]
  • 安田隆夫|今は「店が商圏をつくる」時代だ(1)
  • 店が商圏をつくるという言葉を聞いて、どんなイメージをするでしょうか。通常であれば、商圏範囲内というのはある程度定まっており、その商圏範囲に住む人間が車なのか徒歩なのか、移動手段によってその商圏は広がったり、狭まったりしています。しかしながら、これは商圏範囲優先の考え方であり、安田氏はお店が商圏範囲を生み出すという話をしています。それは一体どのようなことなのでしょうか。今回のブログではこの点について [続きを読む]
  • 安田隆夫|課題は女性パワーの活用と海外進出(3)
  • ドン・キホーテは女性の雇用について積極的に社員の意見や女性にとって良い会社とは何かを取り入れ、組織として女性が働きやすい環境を構築していることについて紹介をしてきました。また、女性だけでなくドン・キホーテは海外進出をどのようにして行うのか、そういった点についても早い段階から進めています。今回のブログではこの海外進出について話をしたいと思います。 『当社も他の有力流通企業同様、中国はじめ海外(アジア [続きを読む]
  • 安田隆夫|課題は女性パワーの活用と海外進出(2)
  • 前回のブログでは、ドン・キホーテにおいて女性の進出があまり進んでいないことを紹介してきました。様々な要因がありますが、業界自体あまり女性が積極的に参入したいと思わない可能性もあることを記載しました。今回のブログでは前回に引き続きこの女性の活用、そして海外進出についての考え方について話をしていきたいと思います。 『当社では新たな施策として、女性社員による「井戸端会議制」や「エキスパート社員制度」など [続きを読む]
  • 安田隆夫|課題は女性パワーの活用と海外進出(1)
  • ドン・キホーテには女性従業員のイメージがあまりありません。そもそも流通小売業という業界自体があまり多くの女性進出のイメージがないのだと思います。女性の進出についてドン・キホーテでさえも問題にしているのだと思います。今回のブログではドン・キホーテが女性問題や海外進出についてどのように向き合っているのか、その点について紹介をしたいと思います。 『人材開発面で今、大きな課題になっているのは、やはり女性パ [続きを読む]
  • 安田隆夫|草の根集団がミラクル集団に変わるとき(2)
  • 前回のブログでは、以前のドン・キホーテと今のドン・キホーテでは採用できる人材層の違いがあるということについて触れて来ました。もちろんどちらの採用が良かったかという話ではなく、ドン・キホーテ自体が良い人材からも求められる企業になったこと、昔の方が良い人材こそ来てくれなかったものの、大化けする確率が高い社員がいたことなどが挙げられます。 『彼らが現場で大きな権限を委譲され、さらに一つのベクトルにまとま [続きを読む]