安田隆夫氏の経営術を学びたい若者 さん プロフィール

  •  
安田隆夫氏の経営術を学びたい若者 さん: 安田隆夫|ドン・キホーテに学ぶ常識はずれの経営術
ハンドル名安田隆夫氏の経営術を学びたい若者 さん
ブログタイトル安田隆夫|ドン・キホーテに学ぶ常識はずれの経営術
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/okadamasaki20
サイト紹介文安田隆夫さんの著書をご紹介します。
自由文ドン・キホーテ社長:安田隆夫氏の著書等からビジネスに対する考えを紹介していきます。
新業態を生み出すことの苦労から楽しみまで味わい尽くした流通革命児の原点に迫りたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供248回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2014/07/11 11:19

安田隆夫氏の経営術を学びたい若者 さんのブログ記事

  • 安田隆夫|1号店立地は無理してでも理想を貫け(3)
  • ドン・キホーテは1号店の選定に関して決して妥協をしなかったと言います。それはドン・キホーテを今後展開していく上で、きちんと自分のやりたいことが充たせる店舗条件でしか出店をしたくなかったという安田氏の大きなこだわりなのではないでしょうか。今回のブログでは、どのようにして最初の店舗を出店したのか、その点について記載を進めたいと思います。 『立地に関しては決して妥協しなかった。気持ちは早く(1号店を)出 [続きを読む]
  • 安田隆夫|1号店立地は無理してでも理想を貫け(2)
  • 前回のブログでは、安田氏がドン・キホーテ1号店にとことんこだわった話を記載してきました。実際に1号店を出店するまでに2年もの月日がかかり、自分のやりたいことが本当に実現できるのか、その点にこだわり続けた結果の期間だったように思います。今回のブログでは、このこだわりについて話をしたいと思います。 『その基準とは、「(当時の大店法にかからない)150坪の平屋店舗の建築が可能な首都圏の基幹ロードサイド立 [続きを読む]
  • 安田隆夫|1号店立地は無理してでも理想を貫け(1)
  • 安田氏は自分の理想を追求する経営者だと思います。また、その理想がはっきりとしているから、これだけ一般消費者に支持される店舗を構築することができたのではないでしょうか。通常であれば、周囲の意見などに惑わされたり、他の人がやっていることが優れて見えたりと、ビジネスには多くの誘惑が存在しています。それを安田氏は、ヒントは現場にあると信じ続け、そのビジネス人生を終えるまで消費者へのサービスを追求し続けたか [続きを読む]
  • 安田隆夫|篤農家をリスペクトする農園主(3)
  • 安田氏は篤農家をリスペクトしていると言います。それは実際に自分の会社として置き換えた時にも同じように敬っているのがよくわかるのではないでしょうか。エピソードの一つとして、安田氏は現場を第一に考えています。本部はあくまで現場のサポートであって、現場が物事の判断を下すべきという組織体系をきちんと構築しています。これは本当に篤農家を尊敬しているという言葉の通り、本気で思っていない限りできることではないと [続きを読む]
  • 安田隆夫|篤農家をリスペクトする農園主(2)
  • ドン・キホーテの安田氏は非常に優秀な経営者であり、非常にユニークな経営者だと私は思います。非常にユニークなところとして「権限委譲」をしっかりとすることが出来るからです。実際に経営者の多くは自分の力をきちんと認識しており、自分のリーダーシップで物事の解決に当たっていった方が早く問題が解決し、サービスの品質が上がると思っている人は多いのではないでしょうか。もちろん、既に出来上がった組織なら話は別なのか [続きを読む]
  • 安田隆夫|篤農家をリスペクトする農園主(1)
  • ドン・キホーテの経営はどのようなものをイメージできるでしょうか。私は、ドン・キホーテこそ自由な従業員の働き方ができる場所ではないかと思っています。今回のブログでは、このドン・キホーテの働き方について話をしたいと思います。 『ところで経営者にも、欧米系に多い「狩猟型」と、日本に多い「農耕型」というタイプが存在する。私自身は農耕型ではなく、どちらかと言えば欧米系の狩猟型に近い。農耕と狩猟の間を取って「 [続きを読む]
  • 安田隆夫|100億円の投資が当たり前にできるか(2)
  • 前回のブログでは、昔の日本にはかなり強い世界的な企業を作った経営者が大勢いたこと、最近の日本経営者は世界的な競争で遅れを取ってしまっていることなどについて話を展開してきました。今回のブログでは、経営者としての資質について話をしたいと思います。 『ところで私は、リスクテイク型の冒険心旺盛な経営者と、周りから見られているようである(笑)。たしかに、(ドン・キホーテがまだ数店規模のときに)いきなり新宿の [続きを読む]
  • 安田隆夫|100億円の投資が当たり前にできるか(1)
  • 100億円の投資と聞くと、まずその金額の大きさに驚く人は多いのではないでしょうか。実際に私も100億円もの大きな金額に関わるビジネスなどしたことがありませんし、多くの人にとってはこの規模の金額を動かしたことがない人がほとんどだと思います。しかしながら、この100億円の投資がきちんと出来るかどうかによって、経営者としての素質が問われるということになるようです。それは一体どのような意味なのでしょうか。その点に [続きを読む]
  • 安田隆夫|勝つ企業は「AND」を目指して悩み続ける(3)
  • 前回までのブログで「AND」という特性を持っている企業はきちんと勝ち続けているということについて触れてきました。厳しい競争環境の中で、何かしらの優位性を一つ持つのではなく、もっともっと顧客に対して優良なサービスを展開しようと「AND」を企業の体質として持っている方が勝ち続け安いのはなんとなくイメージが湧いたのではないでしょうか。今回のブログでも、前回に引き続きこの「AND」の特性について記載を進めたいと思 [続きを読む]
  • 安田隆夫|勝つ企業は「AND」を目指して悩み続ける(2)
  • 前回のブログでも記載をしましたが、企業として強い体質を持っている、また厳しい社会環境の中で勝ち残ることができる企業は「AND」の特性を持っているということについて話をしてきました。実際、何かしらの優位性を持とうとした時に、どちらか一方のみを選択するのではなく、両方とも実現するのにはどうしたら良いのかを考え、そしてその考えを実行し、常に改善をしている企業が強いという意味合いだと思います。今回のブログで [続きを読む]
  • 安田隆夫|勝つ企業は「AND」を目指して悩み続ける(1)
  • ビジネスの世界は非常に厳しい競争の社会です。同じ場所に留まっていて、進化を止めてしまったのでは競争している他社にあっという間に追いつかれ、追い越されていってしまいます。それくらい資本主義社会下での競争は難易度が高いものになっています。そんな厳しい社会を勝ち残って行くのには何が必要なのでしょうか。今回のブログではその点についてドン・キホーテを創立した安田氏の言葉を借りて説明をしたいと思います。 『事 [続きを読む]
  • 安田隆夫|果敢なチャレンジと迅速な撤退(1)
  • 果敢なチャレンジはビジネスマンにとって非常に重要なことだと思います。なぜかというと、チャレンジ無くして新しい市場の創造、業態の創造はすることが叶わず、既存のビジネスがいつか枯れてしまう事を考えると、チャレンジ無くして発展もないということがわかるからです。だからこそ、企業は果敢なチャレンジを推進し、そのチャレンジがしくじった時には迅速に徹底する勇気を求めているのではないでしょうか。今回のブログではこ [続きを読む]
  • 安田隆夫|常に「顧客親和性」を担保せよ!(2)
  • 前回のブログでは、ドン・キホーテは顧客親和性を非常に大切にしているという事を紹介してきました。そして、実際に顧客親和性を担保しないことにはせっかくの業態開発も無駄になってしまうという例を挙げて紹介しました。では、実際にドン・キホーテではどのような担保の仕方をするのか、その対策について認識を紹介していきたいと思います。 『たとえば当社でサーファーファッションの新業態を開発したとする。担当者は当然、顧 [続きを読む]
  • 安田隆夫|常に「顧客親和性」を担保せよ!(1)
  • 顧客親和性という言葉をドン・キホーテは大切にしています。それは、顧客最優先主義を掲げているからこそ、顧客親和性を持ち続けなければならないと思っているのでしょう。逆に言えば、それがないことにはドン・キホーテは成立しないということになります。今回のブログでは、この顧客親和性について記載を進めたいと思います。 『第二は「顧客親和性」だ。要するに、想定顧客に最も近い年代、ライフスタイル、テイストを有する社 [続きを読む]
  • 安田隆夫|PB「情熱価格」はパッションブランドだ!(1)
  • ドン・キホーテのPB商品を見たことはありますでしょうか。実際に店舗に足を運んで見ると、その商品の面白さ、お得さに目を見張るものがあると思います。個人的には情熱価格の歯ブラシや体重計などは優秀すぎるくらいの商品であると思っており、実際に家でも利用しています。この情熱価格はプライベートブランドではなく、パッションブランドだとドン・キホーテの安田氏は説明をしているのですが、これは一体どのようなことなのでし [続きを読む]
  • 安田隆夫|独自のマトリックス経営とは?(2)
  • 前回のブログでは、ドン・キホーテが実現して来た多店舗化と権限委譲の両立について話をして来ました。実際にその両立をする中では、一括商談という仕組みがドン・キホーテの中には定着しており、これによって商品を潤沢にしているということを紹介しました。今回のブログでは、ドン・キホーテが実行しているマトリックス経営について話をしたいと思います。 『マトリックス経営とは、店単位、エリア(ブロック)単位で縦に単独完 [続きを読む]
  • 安田隆夫|独自のマトリックス経営とは?(1)
  • ドン・キホーテが急成長してきた背景には様々な要因があります。その中の一つとして、多店舗化と各店舗での仕入れ権限を同時に実行できたことが大きな要因になっているのではないでしょうか。多店舗化を急速に進めてしまうと、実際には権限委譲をした各店での仕入れが成立しないなどが発生してしまいます。しかしながら、それを同時に実現しない限り魅力ある店舗が作れません。この矛盾を解決しながら店舗を拡大したから、ドン・キ [続きを読む]
  • 安田隆夫|ラックジョバーのフル活用(2)
  • 前回のブログではドン・キホーテはラックジョバーを有効活用しているという点を説明してきました。そしてこのラックジョバーの有効活用があったからこそ、ドン・キホーテの成長がさらに加速されたようにも個人的には感じています。今回のブログでは前回に引き続き、このラックジョバーの活用という点について説明をしたいと思います。 『当社はこうしたパートナーを重視することで、店マーチャンダイジングと問屋マーチャンダイジ [続きを読む]
  • 安田隆夫|ラックジョバーのフル活用(1)
  • ドン・キホーテは間違いなく右肩あがりの成長を実現してきました。そして、それはドン・キホーテが実現してきた数値によって証明されているのではないでしょうか。そしてその成長要因の一つとしてラックジョバーの活用が挙げられます。今回のブログではこのラックジョバーの活用について話を進めていきたいと思います。 『現場に権限を与える属人的なシステムでありながら、各店がてんでバラバラになることなく、順調な多店舗展開 [続きを読む]
  • 安田隆夫|プロは「脇役商品」を「主役」にする(2)
  • 前回のブログでは、プロは脇役商品をしっかりと主役にすることが出来るという点について記載を進めてきました。脇役商品というのは、安かろう悪かろうという商品ではなく、安いけれどもしっかりとした中身が備わっている無名ブランドの商品を指しています。そしてそれらを届けることに重要視を置いているとドン・キホーテの安田氏は言っています。今回のブログでは前回に引き続き、この脇役商品を主役商品にするという点についての [続きを読む]
  • 安田隆夫|プロは「脇役商品」を「主役」にする(1)
  • タイトルにある通りなのですが、流通業のプロは脇役商品を主役にすることが可能です。そんなことが実際にできるのでしょうか。そもそもここで安田氏が言う脇役商品とは一体どのような商品なのでしょうか。その点について記載を進めていきたいと思います。 『ここで言う「脇役商品」とは、明らかに品質や機能が劣るような、いわゆる「安かろう悪かろう」的商品ではない。むしろその逆で、無名だが中身はしっかりした価値ある商品を [続きを読む]