安田隆夫氏の経営術を学びたい若者 さん プロフィール

  •  
安田隆夫氏の経営術を学びたい若者 さん: 安田隆夫|ドン・キホーテに学ぶ常識はずれの経営術
ハンドル名安田隆夫氏の経営術を学びたい若者 さん
ブログタイトル安田隆夫|ドン・キホーテに学ぶ常識はずれの経営術
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/okadamasaki20
サイト紹介文安田隆夫さんの著書をご紹介します。
自由文ドン・キホーテ社長:安田隆夫氏の著書等からビジネスに対する考えを紹介していきます。
新業態を生み出すことの苦労から楽しみまで味わい尽くした流通革命児の原点に迫りたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供248回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2014/07/11 11:19

安田隆夫氏の経営術を学びたい若者 さんのブログ記事

  • 安田?夫|商人にとっての究極の能力とは?(1)
  • ドン・キホーテは日本において空白地帯がないといわれるくらい、全国的な展開をする店舗へと成長を遂げました。それはお客さまの潜在的なニーズを掘り起こし、具体的な方法を伴い売り場へと反映させ、その反映によってお客さまからの多くの支持を得たからに他なりません。もちろん、このような成長を一瞬でもたらせたわけではありませんし、苦労の連続であったとは思いますが、それでもドン・キホーテは毎年のように成長し、右肩上 [続きを読む]
  • 安田?夫|「プライシング」の再考(1)
  • ドン・キホーテは「プライシング」について検討をしているようです。実際にドン・キホーテというと価格が全体的に安いというイメージが定着していると思うのですが、安田氏は一つひとつの商品に対してプライシングを徹底していた過去を持っています。そしてその「プライシング」について現在再考の必要性があると言っています。それは一体どのような理由からなのでしょうか。その点について今回のブログでは紹介をしたいと思います [続きを読む]
  • 安田?夫|サプライズと意外性のある安さで勝負(2)
  • 前回のブログでは、もしかしたら書けないボールペン10円の話をしました。確かに売り場にもしかしたら書けないけれども10円で買えるという商品が陳列していれば面白いなと思うのではないでしょうか。しかしながら、このような仕掛けこそ私たち一般消費者が待っているアプローチなのではないでしょうか。今回のブログでは前回に引き続き「サプライズと意外性のある安さで勝負」について触れていきたいと思います。 『たとえば、 [続きを読む]
  • 安田?夫|サプライズと意外性のある安さで勝負(1)
  • ドン・キホーテの得意技は一体なんなのでしょうか。ドン・キホーテは特徴を挙げればきりがありません。権限委譲や夜間営業、POP、売り場の作り方など、本当に多くの特徴を持っています。しかしながら、ドン・キホーテには得意なことがあると創業した安田氏が言っています。それは一体どのようなことなのでしょうか。その点について記載を進めていきます。 『ドン・キホーテが最も得意とするディスカウントは「サプライズのある安さ [続きを読む]
  • 安田?夫|「驚安感」を演出するプライスコントロール(1)
  • ドン・キホーテにみなさんはどのようなイメージを持っていますでしょうか。私はドン・キホーテといえば安い価格で商品が販売されており、売り場が乱雑に仕上がっていて、コスプレ衣料が豊富に揃えてある。また夜中までお店が開いているなどのイメージを持っています。本日のブログではドン・キホーテが実行しているプライスコントロールについて話をしたいと思います。 『ドン・キホーテが目指すのは、単に顧客の生活防衛ニーズを [続きを読む]
  • 安田?夫|「教育」と「競育」(1)
  • ドン・キホーテは人材の育成に非常に力を入れている企業だと思います。それは人材が企業の未来を明るく照らしてくれることを安田氏が知っていて、人材によって企業の成長速度が速くなる事を知っているからだと思います。今回のブログではそんなドン・キホーテの教育について話を展開したいと思います。『ところで、伝統的に当社では、OJT(現場研修)方式をベースに、社員を互いに競わせ切磋琢磨させる、「教育」ならぬ「競育」を [続きを読む]
  • 安田?夫|自分の葬式を見てみたい!?(2)
  • 安田氏が自分の葬式を見てみたいと言っているのは、それも会社を思っての事でした。実際に自分がいなくなったらどのようになるのか、そういった点を気にしているのだと思います。それが創業者であり、責任を持ってここまでドン・キホーテを引っ張ってきた責任感なのではないでしょうか。今回のブログでは前回に引き続き自分の葬式という点についてご紹介をしたいと思います。 『心から悲しみ、涙を流す者もいれば、単に慌てふため [続きを読む]
  • 安田?夫|自分の葬式を見てみたい!?(1)
  • タイトルからしますと、安田氏は随分と突飛なことを言っているなと思います。しかしながら、このように思う裏側にはどのような思いがあるのでしょうか。実際、ドン・キホーテを創業してその後もずっと仕事を成功させるために様々なチャレンジをしてきた安田氏です。ドン・キホーテにかける思いは並々ではないと思います。そんな中で自分の葬式を見てみたいというのはドン・キホーテに何かしら話題が絡んでいるのは間違いありません [続きを読む]
  • 安田?夫|解決すべき2大重要課題(2)
  • 前回のブログでは、安田氏が今取り組んでいることは創業期よりも忙しさを伴うような大きなチャレンジであるという事について触れてきました。当然それだけ時間を費やすという事は大きなチャレンジであり、それほど難易度がある事に着手しているのであると思います。前回紹介しましたが、それは構造不況を持っているGMS業界の変革であり、MEGAドンキの成功への挑戦です。さらに、並行して取り組んでいる課題があるようです。それは [続きを読む]
  • 安田?夫|解決すべき2大重要課題(1)
  • ドン・キホーテという企業をどのような企業であるか考えてみると、常に挑戦をし続けている企業ではないかと思います。実際に素人が流通小売業に参入し、流通小売業に精通したスタッフを雇い入れることなく、今の地位までドン・キホーテを成長させてきました。それもたった一代で成し遂げたのです。また、構造不況が叫ばれているGMS産業にも風穴をあけるべく、MEGAドン・キホーテの着手もしています。このように、様々なチャレンジ [続きを読む]
  • 安田?夫|集団後継体制の確立(1)
  • ドン・キホーテは安田氏が創業をして最前線で陣頭指揮をとってきました。もちろん、かなりの経営手腕を披露しドン・キホーテをここまで成長させた安田氏の功績はすごいものがあります。しかしながら、たった一代でこれだけの規模の会社を作り上げてしまうと、大変になってくるのは後継者の問題ではないでしょうか。実際に今までは安田氏がいたからこそ成長できたと思う人も多くいると思います。今のドン・キホーテを見ると、安田氏 [続きを読む]
  • 安田?夫|ドンキが目指すモノづくりの方向(1)
  • ドン・キホーテは流通のプロという企業であり、実際に流通業としての役割を大きく担っています。しかしながら、最近のドン・キホーテはPB商品の開発にも積極的であり、お客様の潜在的なニーズを吸い上げ、そのニーズを具現化している商品をどんどんリリースしています。では、そのようなドンキが目指しているモノづくりの方向というのはどのようなものなのでしょうか。今回のブログではその点について記載を進めたいと思います。 [続きを読む]
  • 安田?夫|なぜPB「情熱価格」を開発したのか?(2)
  • 前回のブログではなぜドン・キホーテが情熱価格というPB商品を開発したのかという背景について触れて来ました。しかしながら、見てきたところとしては、安田氏は以前PB商品については取り組もうとしていなかったという事、そして流通に強みを持つことが企業を強くする道であったと捉えて来たという点について紹介してきました。しかしながら、実際にドンキはPB商品の開発を行っています。それは一体どのような理由からだったのでし [続きを読む]
  • 安田?夫|なぜPB「情熱価格」を開発したのか?(1)
  • ドン・キホーテの今までの運営を考えて見ると、全くPB商品というジャンルには手をつけていませんでした。それは、流通としてのプロであるのだから、商品を開発するのは開発のプロに任せておこうという一つの安田氏のポリシーだったように思います。では、ここに来てなぜ「情熱価格」というPB商品を開発していっているのでしょうか。本日のブログではこの点について紹介をしたいと思います。 『このように、既存の仕組みやシステム [続きを読む]
  • 安田?夫|「従来型ドンキ」の役割は終わりかけている?(1)
  • ドン・キホーテは私がまだ学生の頃、非常に面白いという評判で足を運んだのがきっかけでした。実際に初めて足を運んだ時はその陳列方法の新しさ、置いている商品の充実度、POPの面白さなど様々な事が新鮮で非常に面白い店舗を見つけたものだとウキウキしたのを覚えています。ただ、安田氏は従来型のドンキの役割は終わりかけていると言っています。これはどのような事なのでしょうか。その点について今回のブログで説明をしたいと [続きを読む]
  • 安田?夫|草の根のエースを引き上げよ(1)
  • ドン・キホーテは安田氏が売り場に出て、現場からヒントを見つけ出し、大きな企業に育てあげた店舗です。ただ安田氏一人が優秀だったからといって、これほどまでの大きな企業になることは不可能だと思います。では、成長に際してどのような事があったのでしょうか。その点について今回のブログでは見ていくことにしましょう。『話は変わるが、数年前、東北の某都市に出店しているドン・キホーテで、やたらとやる気のある買い場(売 [続きを読む]
  • 安田?夫|ノーマルなドンキなんて、面白くも何ともない!?(2)
  • 前回のブログでは、ドン・キホーテを始め、様々な企業が格安ジーンズを発売し、世間を賑わせたということについて触れてきました。ここで衝撃的だったのは、ドン・キホーテが発売したジーンズの価格です。その価格がなぜこれほどまでに極端だったのか、その点について安田氏の話を引用し紹介したいと思います。『当社の場合はどうか。私の指示は「この勝負に決着をつけよ」である。つまり競合相手が呆れて戦意を喪失するような低価 [続きを読む]
  • 安田?夫|ノーマルなドンキなんて、面白くも何ともない!?(1)
  • ドン・キホーテという企業にみなさんはどんなイメージを持っていますでしょうか。私はお店自体が非常にユニークであり、買い物自体が面白いと思える店舗のイメージを持っています。もちろん、人が持つイメージは様々なので、多くのイメージがドン・キホーテにあることと思いますが、一つだけ共通しているのはその企業のユニークさ、つまり独自性だと思います。今回は、ドン・キホーテのユニークさが伝わる点について紹介をしたいと [続きを読む]
  • 安田?夫|組織も個人も戦闘モードを高めよ(1)
  • ドン・キホーテは小売業界が不況といわれている中で成功を納めた企業の一つです。では、一体なぜドン・キホーテは不況時代に成功を勝ち取ることができたのでしょうか。今回のブログでは、ドン・キホーテが強い企業である理由について触れていきたいと思います。『今のような乱世にあっては、経営者の安心感ほど危険なものはないだろう。結果として企業が安定するのはよいが、経営者は常に危機感を持ち続けなければならない。傍から [続きを読む]
  • 安田?夫|苛烈なパイの奪い合いが始まった!(2)
  • 流通小売業にとってパイの奪い合いは生き残るための手段であり、今の時代にあっては向き合わなければならない課題です。ドン・キホーテを創業した安田氏は苛烈なパイの奪い合いが流通小売業にて始まったという旨の意見を述べています。これは一体どのような事なのでしょう。この点について記載をしたいと思います。『当時の小売業にとって、何よりも重要なのは、とにかく一人でも多くの人員を確保することだった。ちなみにその当時 [続きを読む]