安田隆夫氏の経営術を学びたい若者 さん プロフィール

  •  
安田隆夫氏の経営術を学びたい若者 さん: 安田隆夫|ドン・キホーテに学ぶ常識はずれの経営術
ハンドル名安田隆夫氏の経営術を学びたい若者 さん
ブログタイトル安田隆夫|ドン・キホーテに学ぶ常識はずれの経営術
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/okadamasaki20
サイト紹介文安田隆夫さんの著書をご紹介します。
自由文ドン・キホーテ社長:安田隆夫氏の著書等からビジネスに対する考えを紹介していきます。
新業態を生み出すことの苦労から楽しみまで味わい尽くした流通革命児の原点に迫りたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供248回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2014/07/11 11:19

安田隆夫氏の経営術を学びたい若者 さんのブログ記事

  • 安田?夫|最も重要なのは「変化対応能力」
  • 企業が成長していくためには、様々な要素が求められています。それは、個人の強さであったり、経営者の判断能力であったり、組織としてのチーム力であったりと要素は様々なものがあります。そんな中で、最も重要だと言えるものは一体何なのでしょうか。その点について今回のブログでは説明を進めていきたいと思います。『ところで近年は、長崎屋やホームセンターのドイト(いずれも2007年買収)などの売上も加わり、すでに当社 [続きを読む]
  • 安田?夫|個と全体のクロスポイント(2)
  • 前回のブログでは、個店の強さが集まって、全体の強さを引き上げることについて話をしてきました。流通小売業の観点から話すと、全体を見渡せる本部が強くても余り意味がありません。本部がどれだけのブランド力を持っていようと、結局はその地域での戦いになってしまうので、白兵戦を制する店舗がその地域では成功を収めることができるのです。本部だけが強くても個店が強くなければ構図は成り立たず、逆に個店が強いからこそ、そ [続きを読む]
  • 安田?夫|個と全体のクロスポイント
  • 前回のブログでは、個店の強さ、つまり部分最適化があるからこそ、チェーンストア全体の最適化がはかれると説明を行なってきました。今回のブログでは、その点をさらに掘り下げるために、個と全体のクロスポイントというテーマを本ブログで説明をしていきたいと思います。『ただし、単に強い個店がバラバラと集まるだけでは、チェーン企業でも何でもなくなる。それならいっそ、暖簾分けやフランチャイズチェーンにして独立させるほ [続きを読む]
  • 安田?夫|強いのは「毎日創業」ができる企業(2)
  • 強い企業を作りたいと思うのは、多くの経営者の願いではないでしょうか。強い企業が出来上がれば、厳しい競争社会を生き抜いていけるからです。弱体化された組織よりも強い組織を求めるのは当たり前なんだと思います。では、一体どのような企業が強いといえるのでしょうか。その点について今回のブログでは様々な紹介をしていきたいと思います。『今後のわが国は、消費全体のパイが伸びないどころか縮小する一方である。ならばほか [続きを読む]
  • 安田隆夫|強いのは「毎日創業」ができる企業(2)
  • ドン・キホーテに限らず、生き残っていける企業というのは、どのような体質を持っている企業なのでしょうか。私が思うに、企業に属する一人ひとりが企業の成長を思い、責任を持って仕事に積極的に取り組むことができれば企業は成長できるのではないでしょうか。今回のブログでは、安田氏の考えではどのような企業が強いのかという点について紹介をしたいと思います。『結局、今いちばん強い小売業は、「毎日創業」ができる企業であ [続きを読む]
  • 安田?夫|強いのは「毎日創業」ができる企業(1)
  • 過去の小売業は時代の背景もあってかモノが不足していることもあってか、店舗を構築すれば儲けられる時代があったと思います。しかしながら、今の日本は消費不況と言われており、消費者の財布の紐は非常に固く、モノが溢れている時代となりました。では、そんなモノが溢れている時代にどのような企業が勝ち残っていけるのでしょうか。その点について今回のブログではご紹介したいと思います。『多くのGMS企業が、かつての長崎屋と [続きを読む]
  • 安田?夫|業態論ではなく、組織のありよう
  • ドン・キホーテは流通小売業として非常に優秀な成績を残し、右肩上がりに成長してきました。しかしながら、なぜこれほどまでにドン・キホーテのみが成長することができたのでしょうか。というのも、他の小売業の多くは不況という時代になってしまっています。その中でも右肩上がりの成長ができたというのは、何かしら秘訣があると思います。今回のブログではこの点について話をしていきたいと思います。『今、わが国流通業界では、 [続きを読む]
  • 安田?夫|信じて頼む
  • ドン・キホーテは小売業において非常に強い成長をしてきた企業だと思います。では、何を持ってドン・キホーテは成長してきたのでしょうか。今回のブログでは、ドン・キホーテの成長の秘訣について紹介をして行きたいと思います。『もっとも、権限を委譲して、仕事をゲーム化する上での最大要件は、「人を信頼すること」―これに尽きる。社員を信頼し、仕事を任せれば、皆一生懸命になる。さらに仕事がゲーム化することで社員には「 [続きを読む]
  • 安田?夫|仕事のゲーム化
  • ドン・キホーテの安田氏は流通小売業界に革命を起こしたといっても過言ではないのではないでしょうか。その安田氏がドン・キホーテを成長させるために、どのような事に注力をしてきたのでしょうか。そのような内容について今回のブログでは紹介をしたいと思います。今回はドン・キホーテの人間が一気に働く人間へと進化した瞬間に何があったのかを紐解いてみようと思います。『なぜ、そのように変化したのだろうか。それは、仕事が [続きを読む]
  • 安田?夫|徹底した権限委譲
  • ドン・キホーテという企業をイメージした時に、ビジネス的な側面から捉えると「権限委譲の徹底」が浮かんできます。これは、従業員の一人一人に様々な権限を付与していることに他ならないのですが、実際にはこの権限委譲をスタートする時には相当悩んだのではないでしょうか。今回のブログでは、この権限委譲のスタートについて話を説明したいと思います。『悩み苦しんだ末、最後に行き着いた解が徹底した権限委譲である。私が泥棒 [続きを読む]
  • 安田?夫|原体験の未共有による意識の乖離
  • ドン・キホーテは1号店にして、やはり課題にぶち当たることになります。もちろん、経営の全てが順風満帆な企業などどこにもないと思いますが、大いなる自信と共にドン・キホーテを開業したわけですが、この課題に直面したという点は安田氏からしても相当険しい道のりになった瞬間だったのではないでしょうか。『ドン・キホーテを始めてすぐ、難題にぶち当たった。実際の店づくりに関して、雇った社員たちが私の言うことを全然聞い [続きを読む]
  • 安田?夫|ドン・キホーテの誕生
  • これまでのブログでは「泥棒市場」、「株式会社リーダー」についての背景を見てきました。そしていよいよ安田氏がその生涯をかけて構築してきたドン・キホーテについて話は変わっていきます。今回のブログではどのようにしてドン・キホーテが誕生したのか。その点について話を展開したいと思います。『私は、泥棒市場で培った創業の原点、リーダーで培った資金力と商品力―この3つを融合させ、再び小売業に打って出ることにした。 [続きを読む]
  • 安田?夫|電話セールスの成功
  • ドン・キホーテを創業し成功を収めた安田氏には固定概念というのはあまりないのかもしれません。もちろん、持っているとは思いますが、意識的にその概念を覆す思考を繰り返しているのではないでしょうか。そうした時に、卸でもその思考が試される時がやってきました。それが電話セールスです。では一体どのような内容を卸に取り入れたのか、その点について紹介をしたいと思います。『しかしそうした業界常識は、彼らの思い込みにす [続きを読む]
  • 安田?夫|卸の専業化
  • 安田氏はドン・キホーテを開業する前に、「泥棒市場」、「卸売企業」という2つの企業を展開しています。それは日々の努力から派生した商売の流れだったのですが、どのようにして泥棒市場から卸の専業になっていったのでしょうか。その点について今回のブログでは紹介をしていきたいと思います。『大量に商品を仕入れる機会も増えてきた。しかし、自分の店だけではとても捌ききれない。そこで、その頃はけっこう人脈もできていたの [続きを読む]
  • 安田?夫|卸の専業化
  • ドン・キホーテを深く知っている人は、安田氏が泥棒市場という小売業から起業を初めて、その後一度卸売業の世界に身を投じた事があることを知っている人もいるのではないでしょうか。しかし、なぜ卸売業に身を投じたのか、その理由まで明確に知っている人は少ないと思っています。今回のブログでは、この卸売業に身を投じるきっかけになったことについてご紹介をしたいと思います。『店名は泥棒市場である。「泥棒市場で働いてます [続きを読む]
  • 安田?夫|従業員が定着しない!
  • ドン・キホーテの安田氏は、たった一代でドン・キホーテという巨大企業を築き上げた優秀な経営者です。安田氏は常に現場に立ち、様々な課題を解決し、課題解決によって店舗を大きくし続けた経営者ではないでしょうか。そんな中で、どういった課題があったのか。その点についてご紹介していきたいと思います。また、冒頭では、前回のブログの続きであるメディアの取材時にどのような事が実際に起きたのか、その点について紹介をした [続きを読む]
  • 安田?夫|深夜営業の開始とブレーク(2)
  • 前回のブログでは、ドン・キホーテの特徴となっている深夜営業のヒントをどこから安田氏が得たのかという点について説明をしてきました。実際に、店舗として倉庫などがなく、お店の中は在庫商品でいっぱいで、様々な作業を店舗の外でしている中で見出したヒントでした。もの凄く小さなヒントなのかもしれません。ただ、それにしっかりと自分としての確信を持ち、深夜営業を強めるところが、安田氏が優れている経営者だったところだ [続きを読む]
  • 安田?夫|深夜営業の開始とブレーク
  • 前回のブログでは、ドン・キホーテの前身である「泥棒市場」時代に安田氏が経験した売れ筋商品がどんどん売り場から消えてしまって、店内が死に筋商品で溢れてしまうという状況になってしまったこと、そしてそこから先にどのようにしてお店の売り上げを伸ばして良いのか光が見えなくなってしまったことについて触れてきました。今回のブログではこのもがいている中でどのようにして光を見出したのか、その点について話を進めたいと [続きを読む]
  • 安田?夫|「売れ筋自然減」への対応
  • ドン・キホーテの過去を紐解いてきましたが、実際にドン・キホーテの前身である「泥棒市場」は仕入れた商品が売れなくて困った時期がありました。もちろん以前にも説明した通り、安田氏は流通小売業が素人ですので、何かしら小売業のノウハウを持っている訳ではありませんでした。普通であればわかることも、日々の課題として乗り越えていく毎日だったと思います。今回のブログではこの点について話をしていきたいと思います。『そ [続きを読む]
  • 安田?夫|設立9年で売上げ300億円を達成(後編)
  • ドン・キホーテは今となっては流通小売業として非常に有名な店舗であり、日本全国にその店舗網を持っているのですが、かつては非常に小さな店舗から始まったベンチャー企業であったのをご存知でしょうか。もちろん、誰かが始めた時など当たり前のように小さなお店なのですが、このドン・キホーテという店舗はたった一代で築き上げられた店舗なのです。それくらい凄まじい成長速度で進化を遂げてきました。『実はこの躍進ぶりは、流 [続きを読む]
  • 安田?夫|設立9年で売上げ300億円を達成(中編)
  • 前回のブログでは、ドン・キホーテの成長について、まずはドン・キホーテがどれくらい個性的な店舗であるのかという点について話を触れてきました。今の時代、流通小売業は同じような商品ばかりを取り扱っており、面白みがない店舗ばかりという印象を持たれているのも事実ではないでしょうか。その面白みという点においてドン・キホーテは非常に個性的であり、差別化を図っている店舗と言っても間違いないと思います。今回のブログ [続きを読む]
  • 安田?夫|設立9年で売上げ300億円を達成(前編)
  • ドン・キホーテは急成長を遂げた企業です。もちろん、様々な著書でもドン・キホーテの成長ぶりについて話を展開されていますので、知っている人も多いかと思います。しかしながら、実際にどれくらいの期間でどの程度まで成長をしたのか。そういった具体的なことについて理解が乏しい人もいらっしゃると思いますので、今回のブログではドン・キホーテの急成長について触れたいと思います。『急成長企業ドン・キホーテ、といっても流 [続きを読む]
  • 安田?夫|処分品仕入れで一息つく(1)
  • 泥棒市場という店舗を知ることで、ドン・キホーテの原点を知る事が出来るのではないかという事で、前回から泥棒市場、つまり安田氏が初めて起業をした店舗についてご紹介を行なってきました。今回は、店舗に閑古鳥が鳴いてしまっている状態からどのようにして、店舗を切り盛りしていたのか、その点について紹介をしたいと思います。『「このままじゃ潰れるしかない」―追い詰められた私は一計を案じた。そもそも、金も信用もない私 [続きを読む]