安田隆夫氏の経営術を学びたい若者 さん プロフィール

  •  
安田隆夫氏の経営術を学びたい若者 さん: 安田隆夫|ドン・キホーテに学ぶ常識はずれの経営術
ハンドル名安田隆夫氏の経営術を学びたい若者 さん
ブログタイトル安田隆夫|ドン・キホーテに学ぶ常識はずれの経営術
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/okadamasaki20
サイト紹介文安田隆夫さんの著書をご紹介します。
自由文ドン・キホーテ社長:安田隆夫氏の著書等からビジネスに対する考えを紹介していきます。
新業態を生み出すことの苦労から楽しみまで味わい尽くした流通革命児の原点に迫りたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供248回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2014/07/11 11:19

安田隆夫氏の経営術を学びたい若者 さんのブログ記事

  • 安田?夫|自分の葬式を見てみたい!?(1)
  • タイトルからしますと、安田氏は随分と突飛なことを言っているなと思います。しかしながら、このように思う裏側にはどのような思いがあるのでしょうか。実際、ドン・キホーテを創業してその後もずっと仕事を成功させるために様々なチャレンジをしてきた安田氏です。ドン・キホーテにかける思いは並々ではないと思います。そんな中で自分の葬式を見てみたいというのはドン・キホーテに何かしら話題が絡んでいるのは間違いありません [続きを読む]
  • 安田?夫|解決すべき2大重要課題(2)
  • 前回のブログでは、安田氏が今取り組んでいることは創業期よりも忙しさを伴うような大きなチャレンジであるという事について触れてきました。当然それだけ時間を費やすという事は大きなチャレンジであり、それほど難易度がある事に着手しているのであると思います。前回紹介しましたが、それは構造不況を持っているGMS業界の変革であり、MEGAドンキの成功への挑戦です。さらに、並行して取り組んでいる課題があるようです。それは [続きを読む]
  • 安田?夫|解決すべき2大重要課題(1)
  • ドン・キホーテという企業をどのような企業であるか考えてみると、常に挑戦をし続けている企業ではないかと思います。実際に素人が流通小売業に参入し、流通小売業に精通したスタッフを雇い入れることなく、今の地位までドン・キホーテを成長させてきました。それもたった一代で成し遂げたのです。また、構造不況が叫ばれているGMS産業にも風穴をあけるべく、MEGAドン・キホーテの着手もしています。このように、様々なチャレンジ [続きを読む]
  • 安田?夫|集団後継体制の確立(1)
  • ドン・キホーテは安田氏が創業をして最前線で陣頭指揮をとってきました。もちろん、かなりの経営手腕を披露しドン・キホーテをここまで成長させた安田氏の功績はすごいものがあります。しかしながら、たった一代でこれだけの規模の会社を作り上げてしまうと、大変になってくるのは後継者の問題ではないでしょうか。実際に今までは安田氏がいたからこそ成長できたと思う人も多くいると思います。今のドン・キホーテを見ると、安田氏 [続きを読む]
  • 安田?夫|ドンキが目指すモノづくりの方向(1)
  • ドン・キホーテは流通のプロという企業であり、実際に流通業としての役割を大きく担っています。しかしながら、最近のドン・キホーテはPB商品の開発にも積極的であり、お客様の潜在的なニーズを吸い上げ、そのニーズを具現化している商品をどんどんリリースしています。では、そのようなドンキが目指しているモノづくりの方向というのはどのようなものなのでしょうか。今回のブログではその点について記載を進めたいと思います。 [続きを読む]
  • 安田?夫|なぜPB「情熱価格」を開発したのか?(2)
  • 前回のブログではなぜドン・キホーテが情熱価格というPB商品を開発したのかという背景について触れて来ました。しかしながら、見てきたところとしては、安田氏は以前PB商品については取り組もうとしていなかったという事、そして流通に強みを持つことが企業を強くする道であったと捉えて来たという点について紹介してきました。しかしながら、実際にドンキはPB商品の開発を行っています。それは一体どのような理由からだったのでし [続きを読む]
  • 安田?夫|なぜPB「情熱価格」を開発したのか?(1)
  • ドン・キホーテの今までの運営を考えて見ると、全くPB商品というジャンルには手をつけていませんでした。それは、流通としてのプロであるのだから、商品を開発するのは開発のプロに任せておこうという一つの安田氏のポリシーだったように思います。では、ここに来てなぜ「情熱価格」というPB商品を開発していっているのでしょうか。本日のブログではこの点について紹介をしたいと思います。 『このように、既存の仕組みやシステム [続きを読む]
  • 安田?夫|「従来型ドンキ」の役割は終わりかけている?(1)
  • ドン・キホーテは私がまだ学生の頃、非常に面白いという評判で足を運んだのがきっかけでした。実際に初めて足を運んだ時はその陳列方法の新しさ、置いている商品の充実度、POPの面白さなど様々な事が新鮮で非常に面白い店舗を見つけたものだとウキウキしたのを覚えています。ただ、安田氏は従来型のドンキの役割は終わりかけていると言っています。これはどのような事なのでしょうか。その点について今回のブログで説明をしたいと [続きを読む]
  • 安田?夫|草の根のエースを引き上げよ(1)
  • ドン・キホーテは安田氏が売り場に出て、現場からヒントを見つけ出し、大きな企業に育てあげた店舗です。ただ安田氏一人が優秀だったからといって、これほどまでの大きな企業になることは不可能だと思います。では、成長に際してどのような事があったのでしょうか。その点について今回のブログでは見ていくことにしましょう。『話は変わるが、数年前、東北の某都市に出店しているドン・キホーテで、やたらとやる気のある買い場(売 [続きを読む]
  • 安田?夫|ノーマルなドンキなんて、面白くも何ともない!?(2)
  • 前回のブログでは、ドン・キホーテを始め、様々な企業が格安ジーンズを発売し、世間を賑わせたということについて触れてきました。ここで衝撃的だったのは、ドン・キホーテが発売したジーンズの価格です。その価格がなぜこれほどまでに極端だったのか、その点について安田氏の話を引用し紹介したいと思います。『当社の場合はどうか。私の指示は「この勝負に決着をつけよ」である。つまり競合相手が呆れて戦意を喪失するような低価 [続きを読む]
  • 安田?夫|ノーマルなドンキなんて、面白くも何ともない!?(1)
  • ドン・キホーテという企業にみなさんはどんなイメージを持っていますでしょうか。私はお店自体が非常にユニークであり、買い物自体が面白いと思える店舗のイメージを持っています。もちろん、人が持つイメージは様々なので、多くのイメージがドン・キホーテにあることと思いますが、一つだけ共通しているのはその企業のユニークさ、つまり独自性だと思います。今回は、ドン・キホーテのユニークさが伝わる点について紹介をしたいと [続きを読む]
  • 安田?夫|組織も個人も戦闘モードを高めよ(1)
  • ドン・キホーテは小売業界が不況といわれている中で成功を納めた企業の一つです。では、一体なぜドン・キホーテは不況時代に成功を勝ち取ることができたのでしょうか。今回のブログでは、ドン・キホーテが強い企業である理由について触れていきたいと思います。『今のような乱世にあっては、経営者の安心感ほど危険なものはないだろう。結果として企業が安定するのはよいが、経営者は常に危機感を持ち続けなければならない。傍から [続きを読む]
  • 安田?夫|苛烈なパイの奪い合いが始まった!(2)
  • 流通小売業にとってパイの奪い合いは生き残るための手段であり、今の時代にあっては向き合わなければならない課題です。ドン・キホーテを創業した安田氏は苛烈なパイの奪い合いが流通小売業にて始まったという旨の意見を述べています。これは一体どのような事なのでしょう。この点について記載をしたいと思います。『当時の小売業にとって、何よりも重要なのは、とにかく一人でも多くの人員を確保することだった。ちなみにその当時 [続きを読む]
  • 安田?夫|苛烈なパイの奪い合いが始まった!(1)
  • 流通小売業は非常に不景気な時代に突入しています。それは昔のようにモノが不足している時代、つまり高度経済成長期ではない時代に突入してしまい、モノが溢れ返っている時代に突入しているからです。いつの間にか消費者はモノを多くの中から選択できるという豊かな時代が当たり前となり、本当に必要な商品という位置付けになるのにはメーカーも相当の苦労をしなければならない時代になりました。また、流通小売業の立ち位置で言い [続きを読む]
  • 安田?夫|社員の“滅損会計”を実施!?(1)
  • ドン・キホーテはものすごいスピードで右肩上がりの成長を実現してきた企業です。だからですが、中途社員と創業から社内に存在している人の給与バランスが物凄く悪い企業であったようです。そのため滅損会計を実施するような発言が安田氏から出ました。では、実際になぜこのような状態になったのか、安田氏の意見を引用し紹介をしたいと思います。『私は創業経営者だから、部下に何も気兼ねすることなく、言いにくいことも平気で言 [続きを読む]
  • 安田?夫|自ら降格宣言をせよ(1)
  • 安田氏の著書に「自ら降格宣言をせよ」と記載されていますが、これは随分と自分にとってダメージのある事だと思います。なぜこのような事を宣言する時がやってくるのでしょうか。このようなケースについて話を展開したいと思います。『よく酒を飲んで盛り上がって、「あいつが何ほどの者だ、俺が何とかしてやる」などと勇ましいことを言っておきながら、いざとなったらからきし頼りにならず、「あの威勢はいったいどこに行ったの? [続きを読む]
  • 安田?夫|真のリーダーの資質とは?(1)
  • ドン・キホーテを創業した安田氏は非常に強いリーダーシップを持っているように見えます。それは従業員を信頼して、しっかりと権限を委譲することができたからに他ならないのですが、実際相手を信頼して仕事を任せる難しさというのは相当なものだと思います。ましてや仕事の責任や任せる仕事によって動く金額が大きければ大きいほど怖いものではないでしょうか。ただ、そういった難しいことが実現したからドン・キホーテは右肩上が [続きを読む]
  • 安田?夫|真のリーダーの資質とは?(1)
  • ビジネスの世界に身を置いた以上、必ずと言っていいほど出世をし、会社のリーダーになりたいという欲を持つ人が多くいるのではないでしょうか。では実際にリーダーになりたいと願っている人に対して、何を持っていればリーダーになれるのか、そんなことを今回のブログではお話したいと思います。『「男気のある社員をつくりたい」というのが、人材育成における私の率直かつ理想的なイメージである。近年のように女性が強い時代に、 [続きを読む]
  • 安田?夫|孤独は人間を成長させる最良の教師である(3)
  • 仕事を遂行する上でスキルアップというのはどのビジネスマンにも求められることです。実際にいつまでも上司から指示されていたことを遂行するだけでは、仕事における成長など望めるわけもありません。ではドン・キホーテという企業ではどのようにして従業員の成長を手助けしているのでしょうか。ドン・キホーテの創業者である安田氏の思いについて今回のブログでは紹介をしたいと思います。 『私の目からは、近年の現場業務におけ [続きを読む]
  • 安田?夫|孤独は人間を成長させる最良の教師である(2)
  • 前回のブログは仕事に対する恐怖感から人間は感性を研ぎ澄まさせ、研ぎ澄ますことによって仕事の質を向上させるということをご紹介してきました。実際に仕事に対する様々なイメージを具体的にもち、もっと質を向上させなければ、良い提案をしなければと仕事に一定の恐怖感を持っている人の方が成長していくのだと思います。今回のブログでは、この仕事の質を向上させるという点をさらに詳しく説明したいと思います。 『結論から言 [続きを読む]
  • 安田?夫|孤独は人間を成長させる最良の教師である(1)
  • 経営者は孤独であると多くの起業家が言っているのを聞いたことがありますでしょうか。それはその通りです。この会社をなくしてはいけない、この会社しか自分にはないと思える人間は創業を共にした人くらいではないでしょうか。それくらい経営に携わり法人を永続的に存続させるということは熱意がいることであり、多くの他の従業員はそれくらいの熱意を持てないでいます。しかしながら、孤独は圧倒的にビジネスマンのスキルを向上さ [続きを読む]
  • 安田?夫|ドンキ最大のDNAは「ファイティングスピリッツ」(2)
  • ドン・キホーテが成長してきたのには理由があると思います。その成長理由はドン・キホーテであるための根幹になっているのではないでしょうか。ドン・キホーテを創業した安田氏はこの点についてどのように捉えているのか、本日のブログではこの点を記載したいと思います。『格闘の仕方は千差万別だが、いずれにせよ戦う心だけは忘れてはならない。問題に向かって敢然と戦うこのファイティングスピリッツこそ、何が何でも継承しなけ [続きを読む]
  • 安田?夫|ドンキ最大のDNAは「ファイティングスピリッツ」(1)
  • ドン・キホーテの特徴を表現しようとした時に必ずといっていいほど挙がってくるのは「圧縮陳列」や「権限委譲」という言葉ではないでしょうか。確かにドン・キホーテはこのような革新的な事を実行し、面白い独自の進化を遂げて成功を掴んだといっても過言ではありません。しかしながら、ドン・キホーテに脈々と受け継がれているのは実は今回紹介する「ファイティングスピリッツ」なのではないかと思います。もちろん、精神論に近い [続きを読む]