fumipenga さん プロフィール

  •  
fumipengaさん: 北九州ペン画風景紀行
ハンドル名fumipenga さん
ブログタイトル北九州ペン画風景紀行
ブログURLhttp://fumipenga.blog.fc2.com/
サイト紹介文ペン画で北九州の町並みや風景を描いています。他、SPレコード、鉄道など多岐に亘る趣味についても記載
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2014/07/11 16:10

fumipenga さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 頑張れ 僕らの銀釜機関車
  • 国鉄時代から今も現役で走っている銀色の電気機車が  EF81303 です。関門トンネル専門車両として海水に強いステンレス製です。今は仲間の銀釜は走っておらず日本の中では この1両のみという。時々 富山の方へ応援にいくらしい。北九州で時々見かけるその姿は、古き良きお父さんという感じです。尚、おじいちゃんにあたる初代 銀釜号が 門司港トロッコ列車(潮風号)の終点の 和布刈公園駅の芝生広場に静態保存され列車内でコー [続きを読む]
  • # 『 とある駅の風景 』
  • 今まさに春爛漫 JR採銅所駅2018年3月31日(晴)田川市採銅所駅は桜満開になりました。 北九州は南の金辺峠のトンネルを超えると次がJR採銅所駅になります。写真にて満開の桜とディーゼル車をお楽しみ下さい。今まさに入線 小倉発添田行下りが入線です。エンジン音が高くなり 汽笛一発山々に響いて軽やかに出発です。春の一日をお楽しみください。写真: MASATO [続きを読む]
  • 門司港レトロ 山の手庄司町ラビリンス
  • 門司港レトロから山の手に旧庄司小学校が見える老松公園、中央市場から大きな道を登っていくとやがてたどりつく。門司港が一望できる景色の良いところです。私の小学時代の夢の舞台でした。【旧庄司小より一直線に広い下り坂がある この道に横丁が広がる】道路を繋ぐ横丁や路地が多く まるでラビリンス(迷路)のようです。狭い石垣を伝い、板塀に挟まれ、暗い狭い道をぬけると屋根の向こうに庄司山の緑と青空が迎えてくれ ホッと [続きを読む]
  • 門司港レトロのとある場所でSPレコードの響あり
  • 旧門司税関の近く、ポストのあるレトロ寄道館の入り口で、時折SPレコードをかけている。美空ひばり、石原裕次郎の昔懐かしい響が聞こえてくる。 風が吹けばレコードさえクルクルと回りながら飛んでいく。何枚割れたことだろうか。傍らのポストがやさしく見守ってくれる。陽だまりの中に古い音楽がなりひびく。道行く人が足を止め熱心に聴いてくれる。昔の会話に花が咲く。「懐かしいね」の一言がうれしい。もっと多くの人に聴いて [続きを読む]
  • 北九州市のとある峠のトトロの似合うバス停
  • 今は旧道になり 行き交う人も車も居ない。只、西鉄の猫バスが健気にもやってくる。門司駅と新門司を結ぶ峠越えのバイパスの脇道を入った所。あたりはヒッソリと静まりかえり鎮守の森のそば、外灯ひとつの下にバス停がある。うしろに椎の木やシダが生えている。ここはまるで「トトロバス停」だ。あたりが暮れかかるとポッと外灯が点燈する。バス停が寂しく1人立っている。すると、下の方からエンジン音とともにライトを点燈したバス [続きを読む]
  • 頑張れ 留辺蘂(るべしべ)郵便局! 北九州より健闘祈る!
  • 蘂(しべ)北海道らしい珍しい名前で引かれました。北海道のほぼ中央にそびえる大雪山系がある。その山中から東の網走へと続きます。 山からずっとずっと下って行くと池や原生林が延々と続きます。さすが北海道 雄大です。笹と白樺林ばっかりで やっと人家が見えた時はホッとしました。そしてカーブの所に小さな郵便局が建っていました。この北の片隅にも立派な郵便局がある。健気な業務を思うと 切手一枚で日本中に手紙が届く事に [続きを読む]
  • 過去の記事 …