fumipenga さん プロフィール

  •  
fumipengaさん: 北九州ペン画風景紀行
ハンドル名fumipenga さん
ブログタイトル北九州ペン画風景紀行
ブログURLhttp://fumipenga.blog.fc2.com/
サイト紹介文ペン画で北九州の町並みや風景を描いています。他、SPレコード、鉄道など多岐に亘る趣味についても記載
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2014/07/11 16:10

fumipenga さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 門司港レトロ 山の手庄司町ラビリンス
  • 門司港レトロから山の手に旧庄司小学校が見える老松公園、中央市場から大きな道を登っていくとやがてたどりつく。門司港が一望できる景色の良いところです。私の小学時代の夢の舞台でした。【旧庄司小より一直線に広い下り坂がある この道に横丁が広がる】道路を繋ぐ横丁や路地が多く まるでラビリンス(迷路)のようです。狭い石垣を伝い、板塀に挟まれ、暗い狭い道をぬけると屋根の向こうに庄司山の緑と青空が迎えてくれ ホッと [続きを読む]
  • 門司港レトロのとある場所でSPレコードの響あり
  • 旧門司税関の近く、ポストのあるレトロ寄道館の入り口で、時折SPレコードをかけている。美空ひばり、石原裕次郎の昔懐かしい響が聞こえてくる。 風が吹けばレコードさえクルクルと回りながら飛んでいく。何枚割れたことだろうか。傍らのポストがやさしく見守ってくれる。陽だまりの中に古い音楽がなりひびく。道行く人が足を止め熱心に聴いてくれる。昔の会話に花が咲く。「懐かしいね」の一言がうれしい。もっと多くの人に聴いて [続きを読む]
  • 北九州市のとある峠のトトロの似合うバス停
  • 今は旧道になり 行き交う人も車も居ない。只、西鉄の猫バスが健気にもやってくる。門司駅と新門司を結ぶ峠越えのバイパスの脇道を入った所。あたりはヒッソリと静まりかえり鎮守の森のそば、外灯ひとつの下にバス停がある。うしろに椎の木やシダが生えている。ここはまるで「トトロバス停」だ。あたりが暮れかかるとポッと外灯が点燈する。バス停が寂しく1人立っている。すると、下の方からエンジン音とともにライトを点燈したバス [続きを読む]
  • 頑張れ 留辺蘂(るべしべ)郵便局! 北九州より健闘祈る!
  • 蘂(しべ)北海道らしい珍しい名前で引かれました。北海道のほぼ中央にそびえる大雪山系がある。その山中から東の網走へと続きます。 山からずっとずっと下って行くと池や原生林が延々と続きます。さすが北海道 雄大です。笹と白樺林ばっかりで やっと人家が見えた時はホッとしました。そしてカーブの所に小さな郵便局が建っていました。この北の片隅にも立派な郵便局がある。健気な業務を思うと 切手一枚で日本中に手紙が届く事に [続きを読む]
  • あそボーイに乗ろう!
  • パノラマ展望車に乗ってみた。運転手の感覚100パーセント、ゆっくりとガタゴト・ガックン昔のままのゆったり、のんびり ミニ旅行だった。運転席は2階だった。三枚窓の先頭車両には前方の田んぼ・山・トンネルが広がり左右に流れる。列車はレトロでお洒落だった。車両のつなぎ目は幌でかこわれて、つなぐ鉄板はギシギシとゆれ、すき間から線路が見えている。上に立つとゆれるが、流れる音や風が体にまとわりつく貴重な体験だっ [続きを読む]
  • 『 シジュウガラ 』
  • 旧和布刈山荘 前で元気よく さえずるシジュウガラ、混群 : メジロ、ヤマガラ、エナガ、コゲラ等が混じって 木から木へと移っていく。懐かしい風景である。ランキングに参加しています。よろしければお願いします。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村  [続きを読む]
  • 門司港レトロ 『国際友好図書館』
  • 門司港レトロの中心に 赤レンガのかわいい建物がある。童話の中に出てくるような瀟洒で小さくまとまっているので人気がある。これをバックに記念撮影する人が多い。下からみあげると 天窓に青空が映え特に美しい。その青空に渡り鳥が飛んでいく。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 過去の記事 …