rainbow−shell さん プロフィール

  •  
rainbow−shellさん: 虹の祈り
ハンドル名rainbow−shell さん
ブログタイトル虹の祈り
ブログURLhttps://ameblo.jp/rainbow-shell/
サイト紹介文双極性障害2型を持つクリスチャン女性のブログ。祈りながら、自分の思いを綴って行こうと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供139回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2014/07/12 15:03

rainbow−shell さんのブログ記事

  • 目覚まし時計
  • 目覚めたい。ほんとうのことに、目覚めたい。でも、自分の努力で目覚めるのは多分無理なのかな?肉体的に、朝何時に起きると決めて目覚まし時計をセットすることなら出来る。でも、「こころの目覚め」は、自分で目覚まし時計をセットすることが出来ない。いつ目覚めるのか自分では計画出来ない。わたしを起こすことが出来るのは、神さまだけなのだろう。神は、長い沈黙をなさっているように感じることがある。それと同時に 実は、 [続きを読む]
  • わたしの船
  • ずっと雨が降りしきる日曜日だった。 寒くなってきたので、すでにこたつを出している。 あなたは、どう?風邪とか引いていないかな? この家に閉じ込められている感じがすることがある。 家人の血圧が高くなり、頭が気持ち悪いと言うので、焦った先週。高齢者は急変することがある。脳卒中や脳梗塞だったら、速やかな対応が必要だ。かかりつけの病院に深夜電話したりして。翌日、診察に行った。 大丈夫だろうと言うことだ。 良か [続きを読む]
  • 息が出来ないくらい愛している
  • 昨夜、食事の後で、吐いてしまった。 最近2〜3週間ほど、下腹や胃が、時折「キリリ」と痛むことがあった。食欲がなくて、吐き気がしていた。この吐き気は、いわゆる胃から来るときのあの感じとは違い、何処から来ているのかわからない。膨満感やひきつる感じ。 下腹の痛みと言えば、子宮や卵巣のあるあたり・・・でも、わたしの場合、7年近く前の癌ですべて摘出されているので、婦人科系のこととは関係ないと思う。術後に腸閉塞 [続きを読む]
  • ため息
  • 最近、気分が上がってしまっているかもしれない。それならいろいろなことが出来そうなものだ。でも、頭の中が言葉でいっぱいで疲れる。昨朝は、顔を洗う気力がなかった。気分の上下、動いたり出掛けたり家事をしたりする意欲、そして思考の活発さ、すべての程度がある程度、比例、一致していれば、分かりやすい。でも私は一致しない。もう毎度のこと。今日は、健康診断予約をしてきた。その病院は医師も看護師も事務の職員も、とて [続きを読む]
  • 紙切れ一枚のプライド
  • おーい、生きてるかい?例によって、地味な双極暮らしのJimmyです。(いつの間にかHNになっちゃった?)昨日、深夜にここで書いた後、ふと思い出した曲があった。りーりトナー(Lee Ritenour)の「Feel the Night」。高校時代よく聴いたLeeのギター。あの頃は、ipodやスマホではなくて、カセットテープを入れたウォークマンのヘッドフォンや、LPレコードの上を走る蓄音機の針のザザ音と一緒に聴 [続きを読む]
  • なんやねん
  • 世の中は相変わらずの大騒ぎ。わたしは相変わらずの地味な暮らしをしている。Jimmyは、目覚めたときの虚無感に襲われる。なんのために起きるのか?なんのためにって、いつも毎朝思う。 Jimmyは、目的や意味づけがないと生きられない、未だに生きられない、不自由な人間。人間には何かを意識したり考えたりする能力があるので、いつも出来事や人や人生や、そういうことをまとめたり、整理したりして、ファイリングキャビネットに [続きを読む]
  • わたしの聖堂
  • たそがれの10月になった。 朝と昼、明るい間は気分が落ち込み、悲しさや寂しさでいっぱい考えることもひたすら暗いもうすべて終わってしまったみんな死んでしまった(好きだった人達)もうだめかもしれない天涯孤独だ・・・そんなことを思う 夜になると、少し気分が楽になって来て、少しやる気が出て来る感じこころの風見鶏は、感謝の風の方角を向いている 深夜は眠れなくて焦ってしまうちゃんとした生活をしていないみたいで妙 [続きを読む]
  • 神さまの愛の話が聴きたい。
  • 9月最後の土曜日の晩、教会へ行った。かなり久しぶり。 1時間のミサ中、ほとんど目を閉じて座っていた。体がきつくてしんどくてね。 聖歌を歌う元気もなく、立ったり座ったりすることもほとんど出来なかった。でも、心を込めて聖書に聴き、祈った。 喜びも安らぎも感じなかった。かと言って、別に不快感も感じなかった。ただそこにぐったり座りながら、そこに来ていた他の信者さん達と祈った。心の中は、無味乾燥状態だった。どう [続きを読む]
  • 三日月のこころ
  • 今日の起床は、午後1時!この頃、睡眠誘導剤が効かなくなってしまった。10年以上も上手く寝つける助けとなっていた薬、アモバンテス(ジェネリック名ゾビクロン)が、昨年8月ぐらいに突然効かなくなった。ちょうど、母の入退院で緊張が続いていた頃だった。アモバン10mgをルネスタ3mgの処方に変更。ルネは月、スタは星を意味していて、なかなか夢のある薬剤名だと思っているが、効いたり効かなかったり・・・。深夜2時 [続きを読む]
  • その前に
  • ある著名で高齢の脚本家が、自分の死に方は自分で決めたいということで、「その時」が来たら、安楽死を望むと言っていた。 一人っ子で、夫もずっと前に亡くなり、子供もなく、親戚もいないので、天涯孤独だと言っていた。そのような中、自立した女性として教育を受け、働き、世間的に大成功をおさめて来た。独りで生きて来たのだと言っていた。人に迷惑をかけたくないと。 強くたくましくプライドを持って生きて来た女性。仕事で大 [続きを読む]
  • 星のかなしみ
  • 本当に、人間は罪深い生き物だと思う。ミサイルが飛んだり、核実験が行われたり、この星が持ち堪えられず、そのうち住めなくなってしまう可能性がある。本気でそういうことを考えた方が良い。 色々な情報―不安や恐れや憤りを喚起するようなものがほとんど―が耳に入って来る。現状を把握しておかないといざというとき困るのだけれど、一般国民として、特に何か出来るわけでもない。だんだんイライラして来て、さっさと決着をつけ [続きを読む]
  • 「ふつう感」の新鮮幸福感
  • 今、コンビニのイートンで遅い昼食をとったあと、野菜ジュースを飲みながら、これを書いている。外でブログを書くのは初めて。凄く新鮮だ。ずっと、とてもとても具合が悪かった。やっと昨日ぐらいから、普通の感じが戻って来た。一日1000歩を目指している。一キロあるかないかぐらいの距離だが、自分にはなかな大変なのだ。コンビニで、揚げたてのポテトとツナマヨネーズおにぎり、野菜ジュースを食べながら、窓の ...上記まで書い [続きを読む]
  • 誰のために生き長らえるか?
  • 子ども達の自死問題を心配していたが、今日のわたしは、かなり危なかった。ヒドイ鬱で、一日中寝ていた。まだ昼ご飯も食べていないとき、母に給湯器の具合が悪いから業者を呼ぼうと言われて、イライラしてしまった。このような重度のうつのとき、人に来られることも、手順を考えることも、かなりキツいのだ。 母は、次々と自分のペースで思ったことを言う。予想外の行動をとる。それは、私にとってはかなりのストレスだ。 めまいが [続きを読む]
  • 子供たちを守って
  • 9月1日は、日本の18才以下の子達が、1年のうちで、最も多く自死するという。自死する原因は様々だから、単純に言えないが、長い夏休みが明けて、いじめ、人間関係、勉強、受験、学校行事などの現実が迫って来て、追い詰められる子が多いらしい。実際、あちらこちらで、自らいのちを絶つ子供たちの痛ましいニュースが毎日のように入って来る。学校がこれほどまでに辛いというこの国の状態は異常だと思う。死ぬくらいなら学校に行 [続きを読む]
  • 冒険
  • 今日もほんとうに具合が悪くて、うつの痛みがひどくて、オイオイと子どものように泣いてしまった。卵ごはんと桃??を食べて、再び、コンビニ旅に挑戦した。家からほんの5分のところにあるコンビニへ行くために、決意と勇気がいるとは!当たり前にしてきたことが難しくなったとき、その現実に愕然としながらもやろうとするのは、アマゾンの熱帯雨林に行くよりも(通販のアマゾンではないよ)冒険力が要るのかもしれない。真新しい [続きを読む]
  • 耐えられない
  • 死にたい。近所の盆踊り大会。太鼓の音が聞こえる。母のことでのストレスで疲れ果てて、2日間ほとんど寝たきりだった。さっき、コンビニに支払いをしに行ったあと、何とか盆踊りも見に行けないかなと思って家を出ようとした矢先、母のひと言。それでどっと具合が悪くなり、一度家を出たものの、ひどい気分になり、うつのあの痛みで歩けなくなり、結局、戻って来た。盆踊りにも、コンビニにも、行けなかったよ。こんなこともまとも [続きを読む]
  • 船に乗らない
  • 蚊帳の外、世間から忘れ去られたような境遇にいるようになって久しい。でも、そのことが、世界で何が起こっているのかを敏感に感じさせるところもある。今に限ったことではないが、この世の中は、ガンのような病気に冒され続けていると感じる。諸悪の根源は、あの国、あの宗教、あの民族、あの思想、あの指導者だといって、それさえ排除すれば平和がやって来ると単純に考えているように見える。しかも、真の原因「原発巣」はそこで [続きを読む]
  • 勇気を出して
  • これから、何とか、勇気を出して、コンビニに行き(別にコンビニに猛獣やゾンビがいるわけではない)いろいろ買い足して来ます。東京もかなり暑いです。これを見ているあなたも、気をつけなね。 [続きを読む]
  • 糸を紡ぐグレートヒェン
  • 今日は、あまりに具合が悪くて、結局、一日中、干し魚のように横になっていた。さっき、やっとシャワーを浴びた。その後、涼みながら、久しぶりで、キーシンのピアノを聴いた。シューベルトの「糸を紡ぐグレートヒェン」という曲。グレートヒェンは、ゲーテの「ファウスト」に出て来る乙女の名前だ。ファウスト博士が、若さを取り戻すのと引き換えに、悪魔に魂を売ってしまう。青年に戻ったファウストが恋した清純な乙女グレートヒ [続きを読む]
  • これもわたしなんだから
  • 昨晩、動悸と息切れがあったのだけれど、外の空気を吸おうと、家の前の坂道をゆっくりゆっくりと上って下りた。 もう秋の虫が歌っている。 こおろぎ、かねたたき、すずむし・・・ 小さないのちを、あちらこちらに灯して、歌っている。 やわらかいひかりに包まれているように感じた。 今年の夏は、ほんとうに堪えている。これまでの人生で、これほどに孤独を感じたのは初めてだとさえ思った。 前髪を自分で切った。最後に美容院へ行 [続きを読む]
  • 人間として生きること
  • 神さま、日曜日は苦手です。教会に行けず、独りぼっちだと感じでしまうからです。寂しいです。でも、寂しいと感じる心を持てること、本当に良かったです。人間らしい、いのちの感覚を持てなくなったら、そこにあるのは、狂気か病気でしょう。いつも幸せいっぱいのほうが、異常だと思うのです。これだけ、たくさんの人々が悲しみに、痛みに、孤独に、恐れにあるこの世界のただなかで、幸せいっぱいだったら、私は人間ではないです。 [続きを読む]
  • プレスティシモな世界 
  • うつがつらい。バルセロナのテロのニュース、やりきれない悲しみを覚える。 昔の時代のほうが良かったとは言えないが、一つだけ昔と違うのは、物事の動き方が超高速になっていることかもしれない。 日本の戦国時代のいくさは、合戦する場所まで馬や徒歩で行くのに何日もかかったわけで、あっという間にミサイルを落とすとか、車で人だかりに突っ込むとかいう「速さ」はなかったのではないかと思う。 すべてが速い。速いのがいつも [続きを読む]
  • ハ−ブワイン
  • 昨日、血圧の急降下らしい症状で、晩になっても改善しなかった。昨夜は情け容赦ない感じだ。ふと家に赤ワインが一本だけ残っていたことを思い出し、ひとくち飲んでみたら、少し血の気が戻った。精神科の薬を飲んでいる者として、お酒は飲まなかったが、養命酒くらいなら飲んでも大丈夫だと医師に言われたので、ワインをひとくち飲んだ次第である。亡き父がお酒の会社に勤めていた関係で、以前は、ウィスキー、ブランデー、リキュー [続きを読む]
  • さよなら的、気分の悪さだわ
  • 急に肌寒くなりました。昨日は、死にそうに気分が悪かったけれど、何とか母に付き添って傷の消毒に行って来ました。もし祈ってくださった方がおられたなら、ありがとうございます。今日は、血圧がかなり下がっているのか、死にそうに気分が悪くて、顔から血の気が引いていくような感じです。めまいはするし、動悸や息切れはするし、キツいわぁまあ、母の傷口の処置は家で出来るようになったので、病院に出掛けなければならないプレ [続きを読む]
  • 病病介護はつらい。
  • 今日はずっと横になっていた。鬱とずつうがひどい。綿のように疲れ切っている。でもこれからまた母に付き添って病院へ。話すのも辛いくらい気分が悪い自分が自分以外の人の病院付き添いとは、考えると情けなくなってくるわ。今日は、家で今後していく傷口消毒のやり方も教えてもらう。私が行くしかない。神さま、一緒に行ってください。助けて下さい。もうボロボロなのです。主イエスキリストの御名によって祈ります。Amen. [続きを読む]