rainbow−shell さん プロフィール

  •  
rainbow−shellさん: 虹の祈り
ハンドル名rainbow−shell さん
ブログタイトル虹の祈り
ブログURLhttps://ameblo.jp/rainbow-shell/
サイト紹介文双極性障害2型を持つクリスチャン女性のブログ。祈りながら、自分の思いを綴って行こうと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2014/07/12 15:03

rainbow−shell さんのブログ記事

  • うつのときの鉄則
  • 行方不明だった男の子が見つかってほんとうに良かったです。 昨日ぐらいから、うつが出ています。明け方まで眠れなかったり、母の予測外の行動にストレスがたまったり、急に涼しくなったりしたことも、関連しているかもしれません。 今も胸が苦しくてね。 うつが来ているなと感じたときの鉄則 1休む。絶対に無理をしないこと。と言っても予測外のことがあれば、無理をせざるを得ないのだけれど。それでも可能な限り休む。 2自分 [続きを読む]
  • 夏の朝
  • 眠れずに朝夏の朝行方不明の幼子が無事にお母ちゃんのところへ帰って来ますように。神さま、どうかお助けください。お守りください。海で行方不明の方達が、無事に見つかりますように。神さま、どうかお助けください。台風から、暑さから神さま、私達みんなをお守りください。あまりにも多くの人がこの夏、豪雨と熱中症で亡くなりました。主イエスキリストの御名によって祈ります。アーメン。今これを読んでくださっているあなたも [続きを読む]
  • カルピス
  • さっき、氷をたくさん入れたグラスに、カルピスを入れました。スプーンで混ぜると、カランカランと音がしました。すがすがしくて、なんだか妙に懐かしい音だなあって思いました。この頃は、朝、目覚めたとき、病歴14年というあっと言う間に過ぎ去った長い年月が、山崩れのようにのしかかって来て呻きそうになります。その後、虚しさがカランと音を立てます。その「カラン」は、カルピスのカランカランとは違ういやーな感じの音で [続きを読む]
  • 不思議なのですが
  • 強制不妊手術の対象に、そううつ病も入っていることを知りました。90年代半ばまで行われていた手術らしいので、まだ最近のことですよね。自分も受けさせられていたかもしれないのだなと思いました。やまゆり園で19人もの障がい者の方が命を奪われたあの痛ましい事件から2年経ちました。犯人は未だに意思疎通不可能な障がい者は心失者だから殺すべきだと思っているとのこと。世間にも犯人に共感する人達が思いのほかいることを [続きを読む]
  • 生産性
  • 人の存在価値を目に見える「生産性」によって測るというのは、貧しい精神性だと思う。でも、残念ながら、これは、遠い昔から、人間社会にはびこる価値観だ。何か目に見えるものを生み出すことがいけないと言うのではない。ただ、独りの人間の存在価値は無条件無限だ。これを言えば、日本人の多くがすぐに、少子高齢化社会、増え続ける医療費、出生前診断、障がい者、老老介護、安楽死、税金、などなどのことを引き合いに出して来る [続きを読む]
  • かなしみ
  • 今、この世で地獄を見ている方達、絶望している方達のことを思う。真面目に頑張っても、努力しても、何を成し遂げても、すべてが奪われ無にされてしまうのがこの世なのだろうか?死ぬときは、なんにも持って行けない。愛する人々とさえ、別れなければならない。 自分が苦しむのもつらいが、自分以外の方達が苦しんでおられるのを見るほうがつらいときもある。 地球と言う星の歴史の中で、はかないいのち。その短い時間も、常になに [続きを読む]
  • この世に生きること
  • この世に生きるとは悲しみ、哀しみ苦しみに満ちている生きている限り、次々と大切な人を大切なものを失い続ける自分もみんなも死に続ける私の目にこの世は悲しみに満ちているそれなのにこの世は美しいものに満ちているどうしてかしら?戦場で疲れ果てた兵士のように一日を終えながらべつの戦場で夜を迎えている友に想いをはせるあちらこちらから人の慟哭、または泣くことさえ出来ない悲しみに血の気を失った沈黙が、わたしの心に押 [続きを読む]
  • 美しい!
  • ワールドカップ、日本?セネガル、感動した。いつも午前3時、4時になっても寝付けないから、ライブ観戦した。とても美しい試合だった。あそこまで、信頼し合ってひとつになれるなんて凄い。あのラモスさんが、日本代表選手達を誇りに思うと言っていた。精神力も集中力も、素晴らしい。ハラハラする場面もあったが、うなるような巧みなプレーの数々。久しぶりに感動した。ありがとう!美しい試合だった。 [続きを読む]
  • 死よりも
  • 地球が所属している銀河には、数千億の星がある。数千億の星を抱く銀河が、宇宙全体で、数千億ある。この宇宙にある星の数は、数千億の数千億倍あることになり、それは地球にある砂粒の数よりも多いのだそうです。 神さま、あなたは、どうしてこれほどたくさんの星をお創りになったのでしょう?その一つひとつの星の一生を、すみずみまでご存知の神さま。 誰にもその存在を知られることなく生まれて散って行く星々がほとんどです。 [続きを読む]
  • 五時の祈り
  • 天のお父さま五時です。今、それぞれに、夕方五時を向かえている方達お一人おひとりを祝福し平安をお与えください。今、どこにいて、どんな状況にあり、どんな思いでいてもあらゆる御助け、癒し、勇気、希望、お導きをお与えください。今これをご覧下さっているこの方をお守りください。平安がありますように。温かい夜を迎えられますように。主イエスキリストの御名によって祈ります。アーメン。 [続きを読む]
  • やすらかに
  • 天の父なる神さま 今、苦しみ、悲しみ、孤独にあるすべての方達、お一人おひとりを急いで助けに来てください 助けてください。 力づけてください。 慰め癒し平安を どうかお与えください。 亡くなられた方達をあなたの御腕に抱きしめてください。 もう痛みも恐れも悲しみも心配もないあなたの御国で永遠に憩わせてください。 主イエスキリストの御名によってお祈りいたします。アーメン。 大阪で大きな地震がありました。今、これ [続きを読む]
  • 生きる価値
  • 自分の生きる価値とか考えると、人間ろくなことがない。比較するだろう。自分のみならず、他者にも優劣をつける。嫉妬する。目に見えることで自分を満たそうとする。残るのは空しさばかりなり。それどころか、自分への否定や攻撃が、他者に向けられて取り返しのつかないことをしてしまうことさえある。生きる価値がないと世の中に思われようと、人を傷つけることなく、今ここに在ればいい。ただ存在しているだけで、ひとりの人間は [続きを読む]
  • それがすべて
  • ほぼ何も出来ないままで、時間が夢のように過ぎていく。この長い長い夢から覚めるときは来るのかしら?死んでこの世を去るのは、眠りにつくのではなくて、長い夢から覚めるときなのだろう。自ら命を絶った人が、私と同じ病気に苦しんでいたとか、自分の病気を恐れて医者に行かないままだったとかいうニュースを聞くと悲しい。双極性障碍の自殺率はかなり高いのだ。その衝動性が私にもよく分かる。私にもそれがあるということも痛い [続きを読む]
  • 風変りな安心感
  • ずっと動悸で胸が苦しくてね、立ちくらみもするし、うつも出るし・・・昨日の朝は、おいおい泣いてしまったよ。泣けて良かった。ずっと泣きたかったのだけれど、泣けなかった。 ミッシングワーカーと呼ばれる方達がおられるというのを、2〜3日前に、NHKスペシャルで特集していた。40代、50代独身男女の6人に1人が、働いておらず、就活もしていないという。失業者としては数えられていない。その数、全国で100万人以 [続きを読む]
  • それでも
  • だからこそ私は生きると思っているときよりも、それでも私は生きると思っているときのほうが、生きるのはつらい。日本人は、障碍者や老人に対してよりも、動物たちに対して優しいみたいだ。動物たちが、わたしも大好きだから、優しくしたい。でも、その温かく慈悲深い眼差しを、人間にも向けられたらいいのにね。 [続きを読む]
  • 進化したくない
  • 昨日、ひたすら休んで、夕方、人間らしい感覚を取り戻していた。人間らしい感覚とは何かと言われても上手く言えないが・・・心が痛いとか(比ゆ的な意味ではなく本気で痛い)心の中に黒煙が蔓延しているような嫌な感じとか、そういうものがない感じ。 理由のない苦痛、言葉に表現出来ないような苦痛ではなく頭が痛いとか、猫にかまれて痛いとか、誰にでも想像しやすいような痛みは、痛くても人間らしい普通の感覚なのかもしれない [続きを読む]
  • 痛み
  • 今、死にたいと思ってしまう。衝動的に、死んでしまいそう。 あまりにもうつがひどい。憂鬱とかそういうレヴェルではなくて、ただ、こころが肉体を持っていて、切り刻まれているような焼かれているような激痛。こころがどこにあるのかもわからない。ましてやこころが血を流すと言ってもね。 こころが脳を意味するとしてさえ(わたしはそうではないと思うが)脳が切り刻まれているのでも焼かれているのでもない。 ただこの苦痛から [続きを読む]
  • 竜巻の中に
  • ずっと胸が苦しくて、不整脈で、動けない。時間が夢のように過ぎていく。竜巻みたいに。恐ろしい。寂しくて心細い。悲しい。おきざりにされてただ死んだように転がっている自分。どうして、何も出来ないままで、時間が、歳月が過ぎていくことを、恐れるのかしら?わたしをあなたをおつくりになられた創造主はおられる時間の竜巻の中心の静けさの中に神さまはおられる [続きを読む]
  • 守ってください
  • 今、リビングのこたつでこれを打っている。自室に上がって寝ようとしているところだが、動けない。少しここで。外は雨。冷たい雨の中、肩をすぼめて歩く人をお守りください。あたたかな寝床をお与えください。父なる神さま。神さま、すべての子どもたちをお守りください。悪しき大人たちから、あらゆる危険から。どうかお守りください。尊い命を奪われた子どもたちを、神さま、あなたの御腕に抱きしめてください。我が子、家族を、 [続きを読む]
  • 作者の計画
  • 月曜日のうつは、凄まじいものだった。食事をすることさえつらくて。頓服薬のワイパックスを飲んで、ただよこになって、じっと耐えるしかなかった。ひどい心の痛みに叫びたくなる。自分の状態を映し出しているかのような激しい雨が降っていた。夜8時ぐらいになって、少し普通の気分になって来て、だらだらとテレビなど観ていた。私がこの双極性障碍と付き合っていくのは、クリスチャンとしてだけれど、そういうことを相談したりす [続きを読む]
  • 見えない苦しみ
  • 神さま、今日のうつの痛みは、それはそれはひどいものでした。日付が変わったので昨日の日曜日ということになりますね。土曜日に、庭の雑草対策のシートを広げて敷き、地面に杭で留める作業をしていました。蚊が出て来る季節になる前にしておかねばと。でも急にひどい気分に斬りつけられる感じになりました。大声を出して叫びたいような心の痛み。比喩表現ではなくて、心が肉体になってわしづかみにされているような痛みを感じまし [続きを読む]
  • それだけで
  • うつがひどい。例の心の痛みはあまりないようだ。でもほとんど動けない。また深夜2時前になってしまった。まったく何もする気がせず、食事をすることさえ億劫だ。頭が気持ち悪い。こんなときは、「ただ在ること」しかできないね。生きようとさえ思えず、恐ろしいような速さで時が流れて、また金曜日を迎える。でも、神さまがわたしをおつくりになったのだ。わたしはここにいて、ここに在るだけでいい。それを望んでくださっている [続きを読む]
  • 不思議な広告と思いきや
  • さっき、広告を見ていて、「魔法の学習会」というのが目に留まった。へぇーっと思って見直したら、「憲法の学習会」の見間違い!でも、以前より明るい間違え方をしているのかもしれない。通販サイトからのDMで「再入荷」とあれば「再入院」に見えてしまう。「年末年始のわら細工教室」とあれば、「わら人形教室」。恐ろしい!「ネイティブスピーカーによる英会話」を 「ネガティブスピーカー」と読んでいた。発想も見間違え方も [続きを読む]
  • にゃーす、まーすなGWの始まり
  • 先週、うちの猫メロディが何度か吐いて、吐くものがなくなると白いつばまで吐き始めた。猫はよく吐くのだけれど、好物のおやつのササミも食べないし、水を飲まない。 人間もそうだが、動物は、食べなくても簡単には死なない。ただ、脱水は恐ろしい。それで、タクシーでかかりつけの動物病院へ。 吐き気止めと抗生剤の注射と、水分補給点滴。今は、家中を走り回り、すこぶる元気である。 さて、もう、メロディのにゃーす(ナース) [続きを読む]