お世話係おき さん プロフィール

  •  
お世話係おきさん: ヤモリといっしょ
ハンドル名お世話係おき さん
ブログタイトルヤモリといっしょ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/oki_gecko/
サイト紹介文ニホンヤモリとガーゴイルゲッコーのお世話をしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2014/07/12 22:07

お世話係おき さんのブログ記事

  • ガゴたんの産卵(2018年5回目)
  • 夏レプから帰宅すると、ガゴたんが珍しいところに陣取っています。そろそろ産卵が近いようです。タイミング的にもそろそろかと思い、産卵床はすでに入れてあります。なのにガゴたん、産卵床に陣取るものの、なぜか産む気配がありません。二日ほどあっちに貼りつき、こっちで立ち上がりを繰り返して、やっと産卵したようです。8月8日、わかりやすく産んだ痕があります。産卵床ではなく、床材を掘っていた痕跡もありました。ここは前 [続きを読む]
  • ネフの産卵(2018年4回目)
  • 抱卵中のネフ子さんが、恒例のほっそりした姿で現れました。うーん、前回から1カ月くらいだから、サイクル的にはアリなんだろうけれど…お腹から透けて見える卵はまだあまり大きくなかったので、もう1~2週間先かと思っていました。恒例の埋蔵卵探しです。そのままにしておこうかとも思ったんですが、冷房で乾燥するのか、意外に赤玉土が乾きやすくなっているので念のため。恒例のシェルタの下を探しますが…ない。コルクの下も…な [続きを読む]
  • 2018年の子ネフ初仔、産まれました
  • 6月5日に産卵されたネフ―ババイヤモリの卵二個。7月30日にひとつめの卵から産まれてきました。相変わらずちーちゃいベビーです。こちらはストライプでした。これこれ、その卵にはまだきょうだいが入ってるんだから、乗るでない。(`・д・´)我が家には同クラッチの卵でも、めったに同日に孵化しないというジンクスがありまして、今回もそうでした。翌7月31日、2個目の卵からベビーが出てきました。こちらはブロッチの仔。親はどち [続きを読む]
  • マモノの新入りちゃん
  • ガーゴのちびっこをドナドナしたと同時に、マモノの新入り♂がやってきました。既にいる女子、ブライアン子のお婿さん(候補)です。名はまだありません。連れ帰ってケージに引っ越しする際に、「きゃっ」とかわいく鳴いて、私の指を噛んで跳んでいきました。照れているのかい?かわいいね(●´ω`●)で、この新入りマモノくん。黒い。そして動かない。ブライアン子が好奇心旺盛で「なになになにしてんの〜(●´ω`●)」と動き回 [続きを読む]
  • 練り餌はうんこをゆるくするのか?
  • 仕事がらみで夜中に帰ってきたら、ヤモリ部屋がくっさい。疲れ果てて帰ってきてのうんこ処理に心がやさぐれて、ツイッターでこんな質問(アンケート)をラコダクの飼い主さんにさせていただきました。おき@ヤモリとお造り@okizukuri【拡散希望】ラコダク(旧含む)を飼育されてる方にお伺いしますおたくのラコダクさんは練り餌を食べた後のうんこの調子はどうですか?2018/07/21 23:15:15うちのラコダクさんたちはイエコを食べた時は [続きを読む]
  • ニホンヤモリのお嫁さん募集中
  • 近頃、ベランダにニホンヤモリの糞が落ちています。どうやら野良ニホンヤモリがパトロールしているようです。見ないけど。うちにはニホンヤモリの男子が2匹います。自宅マンション由来のCHなきょうだいです。なので、できたら地域の同じ自宅マンション由来の女子をお嫁さんに欲しい。そう言い続けて1年以上経過してしまいました。今来ている野良ニホンヤモリが女子ならそのまま拉致してお嫁さんにしてしまいましょう。まずは餌付け [続きを読む]
  • 2018年のガーゴ初仔
  • 7月11日夜、4月15日に産卵されたガーゴの卵のひとつが汗をかきはじめました。翌12日の朝、ガーゴのちびっこが孵化していました。1801号です。去年の仔が1~8号だったので、今年は頭に18がつきます。で、この子。朝から産まれたてからめっちゃ怒る。シャーとガラガラうがいを足して2で割ったような、「ジャー(ガラガラ)」みたいな声で口をあけて威嚇してきます。うーん、こんなに怒るのは今までの仔では去年の5号くらいで、5号はそ [続きを読む]
  • ネフの産卵(2018年3回目)
  • ゲッコ―マーケットから帰ると、抱卵していたネフ子さんがほっそりした姿で現れました。ご産卵あそばされたようです。前回が6月5日だったので、一カ月ちょっとで次の卵を産んだ事になります。おのぼりさんはゲッコ―マーケットで疲れたので、翌日の夜に恒例の卵探索をしました。といっても、もう傾向はつかめました。シェルタにしているジフィーポットの下です。今回は床材が赤玉土なので、探すのも簡単なはず。土をピンセットでの [続きを読む]
  • ゲッコーマーケットに行ってきました(2018年)
  • 「ヤモリに特化したイベント、『Gecko Market』が開催されます」という情報を得たのが今年の春。開催日の7月8日(日)は大阪でレプタイルズフィーバーも開かれています。大阪の方が立地的に近いし、交通費も30倍くらい違います。でも、ヤモリしかいないイベント。9割がレオパかもしれませんが、1割でもいろいろなヤモリを見てみたい。(私は健康なレオパやニシアフのしっぽが苦手。顔や動きはかわいい。)というわけで、ゲッコーマ [続きを読む]
  • ガゴたんの産卵(2018年4回目)
  • ケージの前側にはほとんど出てこないガゴたんが、ケージ前側に陣取るようになりました。(●´ω`●)なになに、やっとお世話係にココロ開いてくれたの?(`・ω・´)ちがうわ、そろそろ産卵やわ。産卵床はまだかと無言アピールしていたようです。で、産卵床を入れたその日に何度か掘り返し、卵を産んだご様子。きっちりならしてある几帳面なガゴたん。産卵床を取り出すと、なんだかケージの中から無言の圧力を感じます。にらまれてい [続きを読む]
  • ヤモリハウス
  • 100円均一で売っている、木製の家型インテリア。家守なヤモリにぴったりだと、中をしきってニホンヤモリのケージに入れていあります。ニホンヤモリのゆうじ。これが初めて作った家ですね。彼はこの家をたいそう気にいってくれており、日中はほぼここで寝ています。ただ、広い幅の仕切りには入らないで、両端の一番細い幅の仕切りにしかいません。ここで、「もしかして、狭い所の方が好きなの?」とうすうす気づいているんですが、 [続きを読む]
  • ヤシガラおふとん
  • 登場回数が少なめのネフーババイヤモリさん。そんな少な目なヤモリは写真が撮りにくいのです。ネフさんの、昨年生まれのベビー、子ネフ4匹。お住まいの床は今まで細かいヤシガラを2~3cm厚さで敷いていたんですが、今回は粗いヤシガラを1~2cm厚さで敷いてみました。細かいヤシガラの在庫切らしちゃいまして。で、ある日の昼間に子ネフのプラケを覗いてみると、一匹がシェルタの中にいるだけです。子ネフといえばプラケの隙間から脱 [続きを読む]
  • ちびっこガーゴの身体測定(18回目)
  • ちびっこガーゴたちの体重を6月15日に測定しました。前回が4月15日だったので2カ月ぶりです。たまには年若い8号から量りましょう。〇ちびっこ8号 26.9g(前回比+8.6g)よく食べる8号はよく増えます。食べるしケージの中でわきゃわきゃ動くし、ハンドリング時もばたつかないし、いいガーゴです。ぽっちゃり体型…。後ろ姿は母親ガゴたんそっくりですね。〇ちびっこ7号 28.3g(前回比+6.3g)練り餌ならよく食べる7号。6号7号は [続きを読む]
  • ケージの地震対策
  • 大阪北部地震、被災された方にはお見舞い申し上げます。当日は出勤前で自宅におりまして、揺れた瞬間に机の下に潜り込み、揺れてる中に頭上に緊急地震速報が鳴りだしたのを「わかってるって!揺れてるもん!」と思ったものです。揺れが収まってからヤモリたちのケージをチェックしましたが、ケージは無事でケージ内のレイアウト品も固定してあるものが多いのでほぼ無傷。ケージ内に立ててある土管だけが倒れていました。ケージ外に [続きを読む]
  • ネフの産卵(2018年2回目)
  • 暖かくなったらよく動くネフ子さん。写真も移動時のパックに入れてる時しか撮れないですよ('д` ;)なお、普段はシェルタに籠りきりで、全然うごかない漢、ネフ男も移動の時は活性化するので捕まえるのが大変です。そんなネフ夫妻の卵が産み落とされましたので、恒例の埋蔵卵探索です。前回、「もう掘り出さずにそのままにしておこうか…」と弱気な事を言っていましたが、ケージが生活感あふれる汚れ方をしているので、掃除も兼ね [続きを読む]
  • 白い物
  • 仲良しコモチさん引っ越した大きなケージのレイアウトにもだいぶ慣れてきたようです。梅雨に入って雨のふる、ある日。3匹ほどのヤモリが脱皮スタンバイになっていました。しばらくするとみんなピカピカのヤモリになっていたので、無事に脱皮が終わったようです。翌日、コモチミカドのケージを覗くと、白い楕円形のような、ラグビーボールのような何かが落ちている。一個だけだし、無精卵かな〜(´ω`)無精卵だと一個ずつだったり [続きを読む]
  • ガゴたんの産卵(2018年3回目)
  • ガゴたんがケージの前面で貼りつくようになりました。ガゴたんとのお付き合いももう4年近くになります。ガゴたんの考えている事なんてまるっとお見通しです。この行動の意味する所は「もう卵産むからね。産卵床用意して。」です。なお、これ以外の考えている事はハンドリング中の「うざっ!は〜な〜せ〜!(*`Д')」だけわかります。試し掘りされた産卵床。ガゴたんは前面貼りつきするまでは、産卵床を荒らしません。今回も10日ほど [続きを読む]
  • 新入りヤモリ
  • こっそり新入りさんこの顔。丸い鼻先の上にのったごつごつした皮膚、きょとんとした大きな丸い目、にっこり口。コモチミカドヤモリ(小)さんです。おまけにペアです。アライブさんからお迎えしました。「コモチミカド飼うぞー」と家庭内宣言したのがちょうど1年前。それからケアシートや飼育されてる方のSNSなど見ていたんですが、情報は少ないですね。うちにいるヤモリのケアシートなどは検索するんですが、数の多さは ガーゴ> [続きを読む]
  • (ネタ)ニホンヤモリくん旅にでる
  • 真工房さん(@masayaredick)ちのニホンヤモリ根付をインドネシア旅に連れて行きました。ニホンヤモリくん、フローレス島のコモド空港に降り立つ「暑くて活動的になれそうです」ニホンヤモリくん、早朝のワエレボ村で起こされる「さむくてうごけません」ニホンヤモリくん、食堂でインドネシアスタイルのコーヒーを味見「粉が口に残るけど、おいしいですね」ニホンヤモリくん、ビールをのむ「だいたいね〜こっちのヤモリは動きが速 [続きを読む]
  • コモドドラゴンを見に行ってきました(7終)
  • 6日目ラブアンバジョの朝も早い。ベランダ警備員のヤモリたちも早朝ならまだ勤務時間。朝日を浴びる船たちがまぶしく、今日も良い天気になりそうです。昨晩、トッケイの完尾ちゃんがいた小屋がこちら。物置小屋のようです。朝にはもういませんでした。トッケイの再尾ちゃんがいたのはこちら。スタッフルームとされていましたが、夜も電気は付いていなかったし、だいぶ朽ち果てている様子から使われていないようです。この日はフロ [続きを読む]
  • コモドドラゴンを見に行ってきました(5・コモド島)
  • リンチャ島を出て、コモド(Komodo)島へ移動します。コモド島には、有名なピンクビーチという観光名所の浜があります。海底のピンク色のサンゴが砕けて打ち上げられ、ピンク色になっているのです。一応、ツアーのコースには入っているのですが、私たちはあまりマリンレジャーに興味がありません。ガイド氏「コモド島に行く前にピンクビーチ寄るけど?」我ら「いやー、ビーチ興味ないし、その分国立公園のトレッキングに時間取りた [続きを読む]
  • コモドドラゴンを見に行ってきました(4・リンチャ島)
  • 4日目コモドドラゴンを見に行くツアーの始まりです!ホテルに8時にお迎えに来てもらい、ラブアンバジョの港へ向かいます。乗せてもらう船。写真が多すぎてタテにならないのでご了承ください。キャビンの中はこんな感じ。2段ベッドで、一段に最大2人。枕とブランケットが1段に2つずつ置かれていますが、ブランケットの一つがめっちゃくさい。キャビンが2室あるので、この船の客員は最大8名です。この船を我ら二人とガイド氏の3人で [続きを読む]
  • コモドドラゴンを見に行ってきました(3・ワエレボ村帰り)
  • 3日目ワエレボ村の朝は早い。なぜなら早朝からスマホのアラームをスヌーズで何度も鳴らし、まったく止めない客がいたから。なぜなら5時前から外でドローンを飛ばすアホがいたから。静かな山の中ではドローンの「ぶーん」という音はよく響き大変耳障りです。建物の気密性ゼロなので、外の音がよく聞こえるのは昨晩だけでなく今朝も実感できました。まぁ、そのおかげで早起きできました。ドローン2台がぶんぶん飛び回っている横で [続きを読む]