みやび さん プロフィール

  •  
みやびさん: お箏好き・猫好きのインテリアコーディネーター
ハンドル名みやび さん
ブログタイトルお箏好き・猫好きのインテリアコーディネーター
ブログURLhttps://ameblo.jp/matsuyamamiyabi/
サイト紹介文松山市に住むお箏好き・猫好きのアメーバブログです。本業は住宅リフォームアドバイザーです。
自由文お箏を始めて8年になりました。宜しくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供458回 / 365日(平均8.8回/週) - 参加 2014/07/15 06:15

みやび さんのブログ記事

  • お箏の糸が切れました
  • 今日は嬉しいお電話がありました。うちのお箏をお貸しして1週間の女の子のお母さんからで、糸が1本切れました、ということでした。お貸しする時に、糸が毛羽立っていたり、切れ目が無いことは確認していましたが、よもや1週間で切れるとは。きれいなフォームでしっかりとした音で弾かれていましたが、ずいぶん熱心に練習をされたのですね(*^_^*)。 恐縮されるお母さんに、お琴屋さんで1本だけ糸を替えてもらってくださいとお [続きを読む]
  • お箏練習用DVD
  • 小っちゃいお箏が手に入ったので、有意義な日曜日を過ごそうと、今朝からお箏DVDを見ています(*^^*)。ただ画面を見ているのと、手元にお箏があるのでは、ちょっと意識が違います。 お箏を弾く人には、ビジュアル的に可愛い系とカッコイイ系の人がいますが、大平先生は可愛い系ですね。みやびも、できればこちら系の人でありたいと思っています。 ご本人の手元を、弾く側の視線で見ることができるのがミソです。 このDVD [続きを読む]
  • 人生3大がっかり
  • シンガポールのマーライオン、高知のはりまや橋、というのは見たらがっかりするものの代表格のようですが、今日はそれを見た時と同じ気分を味わいました。 愛媛県庁のてっぺんの丸いドームの中って、どうなっているのかご存知ですか? みやびのイメージとしては、こんな感じでした。 プラネタリウム。 愛媛県庁の見学会で、そのドームの下に行くことができました。わくわくしながら天井を見上げてみれば・・・ 平天井のジプト [続きを読む]
  • 花の写真のカレンダー
  • 勤務先・アンズリフォームの来年のカレンダーを印刷中です。 会社の目の前の席にプロカメラマンの森眞理(もりまこと)さんが座っているもので、「来年もよろしくお願いします」と期待を込めてささやくだけで、過去に撮りためた中から素敵な写真をセレクトしてくれます。そして、プロフェッショナルが撮った完璧な写真を見ながらも、「いいんですけど、これ、ちょっと地味ですね。もうちょっと色が欲しいです〜。5月は藤にしませ [続きを読む]
  • 栗ご飯と思い出
  • 会社の人に栗を沢山もらいました。 これは年に1度のくりご飯の出番です(*^^*) お米3合と栗3カップと水3メモリ強、食べられる昆布は入れたまま、それにお塩とお酒とお醤油を少し加えます。昨晩栗の皮剥きをしたら、朝目が覚めたら右手がとても疲れていました。吉崎先生レッスンの前に皮を剥かないで正解でした。手を滑らせて怪我でもしたら大変だと、そこは自重していたのです。 食べられる昆布を教えてくれたのは山田の先 [続きを読む]
  • 吉崎先生レッスン 
  • 昨日は吉崎克彦先生のレッスンでした。「祭花」の2箏は基本的な弾き方が網羅されているようで、一応これで終わりとなりました。 一応、というのは、まだまだ弾けてないところもあるのですが、それは指の筋肉が付かないと弾けないそうで、筋肉を付けるための練習方法も教えていただきました。お箏をちゃんと弾く人は普段こういう練習をしているのかと、感心するばかりのみやびです。 次のレッスンでは何が学べるでしょう。とても [続きを読む]
  • 歴史の陰に女中あり
  • NHKの朝ドラ「わろてんか」を見ながら思いました。主人公のてんのお付きの女中さんが、年若いトキさんでなくて、もっと年上のしっかりした人だったら、てんの人生も違ったのではないだろうかと。少なくとも蔵の中に怪我をした男をかくまうなんてことはしなかったろうし、老舗の跡取り娘のてんからは悪い虫を遠ざけたろうなと。 てんと妹とおトキの3人集まれば、「運命の恋」とか「禁じられた恋」などと娘ごころにうっとりしな [続きを読む]
  • 小さいお箏とDVD
  • オークションで長さ90cmの小さいお箏を手に入れました。かさついた糸を取り換えてもらいにお琴屋さんに行くと、ちょっとびっくりされましたが、きちんと仕上げてもらいました。家じゅうのお箏の小柱とチビ柱をかきあつめて並べてみるとこんな風になりました。 かねがね、リビングでお箏の練習用のDVDを見ながら指を動かしたいと思っていたのです。でも、うちには3匹の猫がいて、ちょっと目を離した隙にお箏の上に乗ったり引 [続きを読む]
  • 小学生のお箏 その後
  • 昨日うちのお箏を持ってかえった小学4年の女の子。その後お母さんから、ちゃんと自分で琴柱を立てられたとのご報告をいただきました。そして、「お雛様」を弾いている画像を貼付してくれました。 頑張って、しっかり大きな音で弾いてくれていて嬉しいです。次回のお箏教室では、上達ぶりに先生もびっくりされることでしょう うちのお箏も一面減って部屋が広くなったかと思いきや・・・押入れから一面出てきたので変わりません( [続きを読む]
  • 4年生
  • FBフレンドさんと小学4年生のお嬢さんがうちに来られました。 実は、4か月だけうちのお箏「桜」をお貸しすることになったのです。夏休みの間、松山市が募集したお箏教室に通ってお箏が好きになったお嬢さんは、10月から三曲協会主催の4か月のお箏教室に通い始めました。でも、琴爪があっても楽器がないのでは練習ができません。かといって4か月のために楽器を購入されるのは親御さんは大変でしょう。というわけでうちの [続きを読む]
  • 木製かどうかの見分け方
  • 最近また琴爪箱が増えています。いただいたり、オークションで落としてみたり。そして中には下地が木製なのか樹脂なのかわかりにくいものがあるのですが、簡単に見分ける方法を知りました。たっぷりはった水に沈めてみるのです。すると木製のものは浮き上がりますが、樹脂のものは沈んだままです。お弁当箱がそんな感じですよね。 (一目瞭然です) でも、自分の物ならそれでいいですが、よそではそういうわけにはいきませんよね [続きを読む]
  • 角爪
  • 山田の丸爪と生田の角爪、現在その2種類を使い分けているみやびですが、角爪にもいろいろあるんだな〜と思った昨日です。 というのも、オークションで落札できた琴爪箱が届いたのですが、中に一組の角爪が入っていました。それは、爪の厚みが山田並に厚く、そして爪の先のほうが根元よりも広いというものでした。ただ、ビロード地の輪っかが私の指よりもだいぶ太いもので、はめて弾いてみるとズレ落ちてしまい、本当の弾き心地を [続きを読む]
  • インスタグラム
  • 勤務先アンズリフォームの名前でインスタグラムをしていますが、遡って写真を見れば、リフォームの写真が1枚もありませんでした(笑) 好きな物、綺麗と思ったもの、面白いと思ったものだけをアップしています (リフォーム現場も好きなのですが・何故?) というわけで、それならば見てみようかな?と思われたかたは、ご覧になってください(*^^*)最近は琴爪箱コレクションををじわじわとアップしています。ブログと違って文章 [続きを読む]
  • むかし着物古布創作展
  • 昨日から、萬翠荘では「ふでわき伸子のむかし着物古布創作展」が始まりました。こういうものが大好きなみやびはさっそく出かけていきました。 昭和初期の着物から作られた柿渋染めのバッグが多数。 髪留めやブローチ、スカーフが多数。 人形の着物や、総刺繍の白無垢の展示。 色々と楽しめました。 うちにも古い人形があるのですが、彼女たちに似合う着物をあつらえてあげてはどうでしょう。今度連れて行ってみようかしら、な [続きを読む]
  • 未来へ
  • FBフレンドさんの小学生のお嬢さんが、三曲協会主催の4か月のお箏教室に通い始めました。それだけれも嬉しいと思うのに、何と仲良しの男の子3人に声をかけて、4人で一緒に行きはじめたそうです。素晴らしい!お姫さまと3人の騎士の構図ではありませんか(女子力高いな〜) お箏は女の子の習い事のイメージが強かったのに、変わってきているのでしょうか?。男性のカッコイイ若手プレーヤーも増えていますものね。4か月とい [続きを読む]
  • 3尺箏
  • オークションで目についた、90cm長さのお箏が格安で落札できてしまいました。付属品がなかったせいだと思うのですが、他に入札した人がいませんでした(*^^*)。 演奏に使うわけではないのです。うちのリビングに置いて、お箏の1人レッスン用DVDを見ながら指を動かすのにちょうどいいかなと思ったのです。普通のお箏の長さは185cmくらい、それをリビングに置くとものすごく生活が不自由になる上に、3匹のニャンコの爪被 [続きを読む]
  • ちゃぶ台がつなぐご縁
  • 今日はいいことがありました。丸いちゃぶ台を手放したがっているお客様がいて、貰ってくれる人をさがしていたのですが、それをとても大切に使ってくれるだろう人にお渡しすることができました。 このかたは、以前うちに古い漆器を取りに来られたことがあります。そして、そのときに、私はお箏を弾いてさしあげたそうなのです。言われてはじめてそうだったかと思うほどの記憶なのですが、それからお箏の音が忘れられないとまで言 [続きを読む]
  • 吉崎先生コンサート
  • うちの夫はかなりのインドア派です。無理やり外に連れ出すと、私の知人に会っても不愛想この上ありません。もし二人でいる場所に出くわしてしまったかたは、置物として無視してください(-_-;) その夫が外出について語ると「外に出るとカネをつかうし」・・・う〜ん、そうかな?家の中にはパソコンがあって、ポチれば、あんなものやらこんな物やらが買えてしまうんだから、そのほうが散財の危険があるような? と、フェイスブック [続きを読む]
  • 箏と大正琴
  • ときどきお箏と勘違いされるものに、大正琴というものがあります。見た目も大きさも違うのに、なぜだろうと思うのですが、慰問に行った先で「テーブルを出しましょうか?」と聞かれたことがあって、ああこれは絶対間違えられているのだろうなと思いました(笑) ヤフーオークションで、1000円くらいから沢山の大正琴が出品されています。この楽器はどうしてここにあるのだろう、と思ったときに、ちょっと切なく感じます。 ち [続きを読む]
  • 今夜も観月会
  • 秋になるとお箏を聴く機会が増えます(*^^*)昨夜の内子に続いて、今夜は市内の庚申庵史跡庭園の観月会に行ってきました。庚申庵倶楽部の理事長の松井忍先生が私が短大生の時の先生で、そして7月に内子で私のお箏に尺八を合わせていただいた大萩さんが出演されるのだから、見逃すわけはありません。 (尺八の大萩康喜さんと理事の松井忍先生) (愛媛和楽器集団のみなさま) 邦楽を知っている人も知らない人も楽しめる、素敵なライ [続きを読む]
  • 内子町 観月会に行きました
  • 一応はお箏ブログを書いているつもりなので、お箏の話題が続くと自分でも嬉しくなります。今日は夕方から内子町の観月会に行ってきました。 明かりが灯されて明るい建物もありますが (重要文化財 上芳我邸) 大半は暗めです(-"-)  でも、そのなかにも、通り沿いの窓を解放して、お箏の演奏がされている家があります。 タコ焼きも、イカ焼きも、綿菓子も大判焼きも、屋台の何一つない、町の催しです。普段は夕暮れ以降は外に [続きを読む]
  • 「わろてんか」のお箏
  • NHKドラマには時々さらりとお箏が登場します。「わろてんか」は京都の裕福なお家が舞台だからもしかしたらとは思っていましたが、キャラ的には出ないかなと思っていました(笑)でも、お嬢様のお習い事として、お茶・お花に続いてお箏がでてきました。嬉しいです(*^^*)もちろん時代考証も考えて木の琴柱だし、お金持ちだから長磯のお箏です。姉妹の着物もひんぱんに着替えています。 こういうところをちゃんと見せてくれるか [続きを読む]
  • 弾き散らかす
  • 昨日はあれやこれやとお箏を弾きました。久しぶりに弾く曲は指使いがあやしいものもあれば、意外に手が動いてくれるのもあったりします。新しい楽譜は、どうしてそれが弾かずにしまわれていたのか思い出したりしていました。難しすぎるとダメ。二重奏もダメ。元気な曲相の曲もイマイチ。これは〇〇さんとかぶるからダメ。などとアレコレ選んでいた結果、弾かない楽譜がたまってしまいました。 その中に「夕月」がありました。これ [続きを読む]
  • 打爪
  • 今日は特別に出かける予定がなかったので、午後からは真面目にお箏を練習しました。普段は長く時間がとれないので、次の慰問にむけた練習で精一杯になってしまうのですが、今日は最近弾いていない曲や、買ったままになっている楽譜を弾いてみたりしていました。 その、買ったままの楽譜の中に「打爪」の文字がありました。 これは爪で糸を打つという記号なのですが、ここで考えます。「打爪」の場合は、生田爪よりも山田爪のほう [続きを読む]
  • 塀の手入れ
  • 今朝は6時から8時まで裏の塀の手入れをしました。この道路に面している人たちの希望は、うちの塀のツタが地面を這わないことなのです。 というわけで、ツタが道路に接する部分を取り除きます。 が、ご近所さんは接地部分が気になろうとも、こちらが気になるのはむしろ壁面のほうで、必死で整理していって、やっとこんな感じです。 でも、手前半分の上のほうは好き勝手に伸びています。頑張らねば。 もともとアウトドア派とは [続きを読む]