寿芳 さん プロフィール

  •  
寿芳さん: 横着遍路の珍道中
ハンドル名寿芳 さん
ブログタイトル横着遍路の珍道中
ブログURLhttp://juhou33.blog.fc2.com/
サイト紹介文傘寿を迎えて、全国千観音霊場満願の思い出を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2014/07/15 12:54

寿芳 さんのブログ記事

  •   遠い〜遠い・・・昔の思い出
  • にほんブログ村         東光山 花山院・ご住職のお話で、遠い昔を思い出し調べる楽しさを知りました。                              ↓●●●●●↓   京都伏見稲荷の祭礼・大山祭り一月五日・昭和十六年頃(1941年)京都伏見稲荷講のお話です。玉屋さんに電話でお聞きしたら、古い話は分からないので、お稲荷さんの社務所でお聞きになられたらと・  すぐに京都伏見稲荷大社に電話を [続きを読む]
  •    東光山花山院
  • にほんブログ村     2018年11月2日・智積院の事を調べていても分からなくて、花山院に電話を掛けました。 ご住職は、千二百年祭の事で高野山にお出かけですが、明日の夜には帰られますと、奥様に昭和五十七年十一月二十二日・の護摩供養の事をお尋ねしたいと伝えました。ご住職は、前の年から善通寺で弘法大師の誕生千五百年祭が行われて居たので、智積院でも、護摩供養が有ったのでしょうとお答えは頂きましたが、私 [続きを読む]
  •        感謝して居ます
  •    昭和五十八年六月九日・亡き兄の友達の裏切りで、津和野から帰りました。次女が、美術の講習で・東京のホテルに泊まって居たので、会いに行き。   浅草寺の張り紙で・一人巡礼に・お江戸三十三観音霊場地下鉄で・鎌倉三十三観音霊場江ノ電で・ 一人巡礼の寂しさを知りました・武蔵野観音霊場は個人タクシで・日帰り二日・武蔵野観音は、           主人の会社の人が一緒に行って呉ました。   寿芳は、遍路 [続きを読む]
  •    有難うございました。
  • にほんブログ村 ?お久しぶりです! お元気ですか?季節の変わり目、健康には気をつけて下さいね?       ?今日、竹寺の紅葉に行ってきました。綺麗だし、静かでとても素敵でした!( *´艸`)クスクス?   ?糸川先生有難うございます。此の紅葉は、先生に、教えて頂いた・紅葉の写し方の練習結果です?                ?今後とも宜しくお願い致します。竹寺へ健康祈願をありがと [続きを読む]
  • 月夜に狸が・・・
  • にほんブログ村     真っ赤な月が見えたが、何か有るのかな・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      ??オペラグラスで、覗いたらウサギがお餅を突いて居ました。悪戯して??     合掌 寿芳にほんブログ村 [続きを読む]
  • 観音正寺  智積院様  喜び
  • にほんブログ村   私は・平和子・と書きまして【ひらかずこ】と、呼びます。2017年に名古屋清心講の全てを、納の札所・第八十八番・大窪寺へ納めて参りました。  何も無い、私をブログに載せたと聞いた途端に、三十数年の苦しさから解放されて、泣きました。鳴門大橋を渡る事無くお二人の添乗さんは、旅立たれた時に、寿芳様の応援で、鳴海観光社長・何も知らない  運転手と千百五十年祭を頂いた時に、三人が一緒の道を歩い [続きを読む]
  • 観音正寺・・・智積院   幻の護摩供養
  • にほんブログ村   昭和五十七年十一月二十二日・解りました。前の年から、善通寺で弘法大師の誕生・千五百年祭が行われて居たので、智積院でも、護摩供養が有ったのでしょうとお答えを、戴きました。  最後の大先達・平和子・大窪寺へ昨年・清心講を収めたとの事・護摩供養が知りたければ二十八日に・ 成田山名古屋別院へ行きなさいと、言われましたが違います。智積院での護摩供養は・心の奥で燃えています・        [続きを読む]
  • 観音正寺      智積院
  • にほんブログ村             ・・・書き忘れて御免なさい・・・第二章では有りません(>_ 初めてのバス巡礼・名草観光市川添乗員・観音正寺で母が、手を折り智積院の宿坊でお世話になったのは、前記事でしました。それ以来、観音正寺には縁がなく・  昭和58年8月27日・参拝しないで御朱印を戴きました。西国霊場一千年祭前に・中山タクシーに、お願いして日帰りで、観音正寺正面の険しい石段を登る。、  母が骨折 [続きを読む]
  • 観音正寺・・・京都智積院   第一章
  • にほんブログ村             北海道地震・台風の前に電話でお願いしましたが、諦めていました。  遍路・巡礼の時は携帯電話もカーナビも無く困りましたが、今は、必ず許可を得て掲載しています。 発作の薬のすぐ後に携帯が鳴りました。娘に、代わってもらいお話を聞いてもらいました。其の時の声は、修行された声・・・遠い昔を思い出しました。智積院に、今一度訪ねたいと思った!!   ?途端に体が軽くなりま [続きを読む]
  • 約十年お世話になっております。
  •         ?ブログ村に、お世話になって・・約十年光陰矢の如し・・感謝して居ます?            ?未完成なハロウィンも・夜遅くまで楽しみに頑張りました?  ?小さなエンジェルが、(私のもとに訪れたのは、娘が手編みドレスで応募して呉れた時に賞品として、              頂いた天使です。怖がる私の病室にも来てくれました)?                ?此処に載せたのは・・・・ [続きを読む]
  • 未完成なハロウィン
  •          ?マーガレットのお花の中で眠る・バル子は、知らなかった(-_-)zzz             ?マーガレットの花言葉・・・優しい思い出・・・私を忘れないで・・・?            ?ナツちゃん、何かあったの・怖いよ〜〜助けてくれ〜        ?ハロウィンの「かぼちゃ」ジャック・オー・ランタンが居なくて・・・コウモリが〜〜       ?バル子ちゃん・・早く行って、寿芳が前歯で [続きを読む]
  • 遅くなって御免なさい。
  •    皆様のブログ訪問が遅くなり申し訳ございません。メガネが嬉しくて夜明けを、写しましたが夕方から点滴治療で遅くなりました。今夜も眠れないので、駆け込みでお邪魔しました。       合掌 寿芳にほんブログ村 [続きを読む]
  • 北海道巡礼の旅 登別地獄谷
  •    ?昭和六十年の北海道登層雲閣グランドホテル・朝一番でホテルの隣から、ロープウェイで、クマ牧場に行きましたが、此の時は、クマ牧場は臭いませんでしたが。                     ?アヒルの競争で、楽しく過ごしました?                       ?母のカメラマンに、皆が笑う?        ?綺麗に写してネ。  何時も、富田運転手と、寿芳は降りない事は母は知って居 [続きを読む]
  • 北海道の巡礼旅  隠岐の島
  • にほんブログ村              ?昭和六十年の北海道の巡礼旅?                  ?利尻町仙法御埼海岸へ到着しました?                           ?霧多布岬?                    ?霧多布岬 観音岩がバスをお迎え?                       ?国定海岸 霧多布岬?                     ?隠岐 [続きを読む]
  •  贅沢観光・巡礼 バスの旅  
  • にほんブログ村                     ?昭和六十年六月二十八日?                 ?しらおいボロトコタン「アイヌ民族博物館」?     ?たくさんの写真で、写し直したのを捨てるのが出来ません。我慢して後少し見て下さい?      ?ブロ友さんのお蔭で、思い出を書けますが、大切な私のファンが、痴呆症と聞き涙? ?何も無い、しらおいボロトコタンでした。此処には三度訪れ [続きを読む]
  • 北海道巡礼  襟裳岬  摩周湖
  • にほんブログ村                        ?襟裳岬に着きました??襟裳岬レストハウスに到着しました。バスにお店の方が、スズランの花束を持って出迎えて呉れました。栗田添乗さんが、其れは寿芳か頂きなさいと言われて、受け取りました。毎日、お水を変えて名古屋まで帰りましたが、長い旅で我が家恋しく、バスに置いたまま降りてしまいました?               ?スズランは、偉い人の退 [続きを読む]
  • 観音霊場のおまけが 網走番外地
  • にほんブログ村     ?北海道三十三霊場・第二十四番・大慈山 弘道寺・ご本尊様「大日如来」霊場の御本尊には・・・ 十一面観音菩薩が祀られております。寺宝として、高村光雲作「阿弥陀如来像」が所蔵されていますと、    本に書いて有りましたが・霊場・が昭和六十年九月によみがえった霊場と・書いて有りましたが、          私達は、六十年六月に北海道三十三霊場に巡礼の旅でした?  ?電話番号が違い [続きを読む]
  • 豪華バスの旅  しおかぜ公園
  • にほんブログ村    ?偉い人のサロンカーは、北海道のみです。其の後は、富田運転手のバスでしたが日本一周も、 坂東霊場の千葉からフェーリーで横浜に降りた時で終わりました?   ?昭和の大俳優・森繫久彌が主演した「地の涯(はて)に生きるもの」は、昭和35年羅臼が舞台となった映画・・・原作者・戸川幸夫「オホーツク老人」は、知床半島の番屋で、猫と暮らす老人の物語演技力   の強い森繫久彌に映画館で涙を流し [続きを読む]
  • 西国巡礼・第一番青岸渡寺
  • にほんブログ村               ?昭和六十二年一千年祭には、二度のお招きを頂きました?   ?中山タクシー四泊五日・同乗者は変わりました。この時は、能見夫妻・横井さん・寿芳でした。         能見のお父さんが、五重塔に入ると言い出した時、チョットためらいました?   ?(此れもお与えと言われましたが) 五重塔から出てきたら、お寺からお茶のお接待を、頂いて居た時の写真を捜しましたが、 [続きを読む]
  • 大相撲夏場所の絵番付
  • にほんブログ村    ?平成二十一年・名古屋場所【2015/5/04 前記事・秋葉山慈眼寺の思い出】をお読み下さい・・・・・  機械音痴の寿芳には、飛ぶ事が出来ません?                   ?懐かしい絵番付&ストラップを見つけました?           ?大きいので、腰掛の上に乗って写しました。しわも愛嬌と笑って下さい?    ?日馬富士の断髪式を見て、安馬関の細い体と絵筆を持って居る姿が [続きを読む]
  • 豪華バスの旅   ニシン御殿
  •   にほんブログ村                ?昭和六十年の美しい自然の北海道を、見て下さい。?        合掌 寿芳〜〜〜  〜〜〜  〜〜〜  〜〜〜  〜〜〜  〜〜〜  〜〜〜  〜〜〜  〜〜〜  〜〜〜  ヤーレンソーランソーラン ヤーレソーランソーラン ハイハイ・男度胸は五尺のからだぁドンと乗出せぇ波の上 チョイ・ヤサエンエンヤーーーァサーのドッコイショ はドッコイショドッコ [続きを読む]
  • 豪華バスの旅  愛国駅〜幸福へ
  • にほんブログ村                 ?北海道地震の、お見舞い申し上げます。昭和六十年の北海道を見て下さい?    合掌 寿芳   ?愛国駅は、北海道愛国町に有った。(国鉄帯広線の駅) 愛国の地名は、【愛国青年団】と、云う名の開拓者が有ったことによると、書いて有りました・「愛国から幸福へ」のキャッチフレーズと、ともにブームを巻き起こした。   (夏に身辺整理をした時、何処かに入れたと思いま [続きを読む]
  • 豪華バスの旅 偉い人の帽子
  •       ?北海道地震のお見舞い申し上げます。昭和六十年の北海道を見て下さい?                ?昭和六十年六月十七日夜行バスで、十八日には、函館港に着きました?    ?すれ違うバスが、必ず挨拶をするので不思議に思い、栗田さんに聞きました。(当時の事今は?)(凄く偉い人?名古屋駅長クラスと聞きました)退職されるので、富田運転手が助手だと聞き納得しました?   ?富田運転手は、母達のお [続きを読む]
  • 豪華バスの旅  予定表
  •   ?身辺整理をして捨てたと思い・栗田添乗員の予定表が無く初めから、困って居ました。予定表が、できた日に地下鉄駅まで、持ってきて見せて下さいました。  ?【驚きました。又、不思議なことが起きました。日本一周バスの贅沢旅行も・郵便局の通帳も・・・・・            栗田添乗員さん・・が見守って呉れたのか出てきました】?                 ?(手書きの予定表 2015/3/28/に掲載)?  [続きを読む]
  • 豪華バスの旅 出発
  • 昭和東南海地震(しょうわとうなんかいじしん)は、1944年(昭和19年)12月7日午後1時36分から、紀伊半島東部の熊野灘、三重県尾鷲市沖約 20 km (北緯33度8分、東経136度6分)から浜名湖沖まで破壊が進行した(震源としては「熊野灘」)M7.9のプレート境界型巨大地震・・・←・寿芳の10歳の時でした。私が、集団疎開で地震の恐怖を調べて分かりました。お寺の炊事場が倒れ、眼医者さんに机の下に入れて頂き、地面が割れるのを見て [続きを読む]