lufie さん プロフィール

  •  
lufieさん: The JEANIOUS!?
ハンドル名lufie さん
ブログタイトルThe JEANIOUS!?
ブログURLhttps://yom-j.blogspot.jp/
サイト紹介文復刻のデニムやジーンズなどを中心に「アジのある洋服」を語るブログです。釣りや写真など趣味や雑記も。
自由文復刻服やアジのある洋服の良さを伝え、普及を目指す個人のブログです。更新は気まぐれですが、よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2014/07/15 19:36

lufie さんのブログ記事

  • カメラバッグ沼
  • 人生には、いろいろな沼が待ち構えています。受験、女性、就職、デニム…いったんハマると、なかなか抜け出せない厄介な問題ばかりです。ジーンズなんて一時期は50本近く集めて、家族に「足は二本しかないのだぞ」と小一時間にわたる説教を受けたこともあります。そして、カメラ好きを悩ませるのが、レンズとカメラバッグの沼。レンズは撮りたいものに応じてそろえなければならないので仕方ない側面もあります。増えてしまうのは必 [続きを読む]
  • Phil Smart (フィル・スマート) EX01S その3
  • フィルスマート、3回目の更新です。カメラの露光の関係もありますが、洗濯も何回かしているので全体的に青くなってきた気がします。↑おしりやももの周辺は太めですが、裾に向かってわずかにテーパードがかかっています。ほんのわずかな差ですが、ズドンとしたパイプドステムではありません。↑ヒゲ周り。ボタンはスコービルの鉄製で「Phil Smart Produce」と刻まれています。リベットもスコービル。なぜか隠しリベットはユニバー [続きを読む]
  • FULL COUNT (フルカウント) 1108XX その3
  • こんどはフルカウント1108XXの現況です。こちらも4歳です。↑汗をかかない冬場を中心に穿くので、洗濯回数が少ない。もともとの染めも濃いので、まだまだ濃紺です。右膝に白いお皿ができちゃってます。↑ヒゲはみっちりと。↑股からヒゲを見上げてみました。耳のアタリもいい感じです。↑裾のアタリ。 ↑後ろ姿。膝から裾に向かってテーパードのかかっていないパイプドステムです。↑おしり周り。スマホの痕が。。。↑皮パッチは [続きを読む]
  • FULL COUNT 2014 その3
  • 久しぶりにデニムの現状を更新します。下北沢のデニム店ベアーズがフルカウントに別注した2014です。初回、2回目に続き、3回目の更新です。4歳になりました。↑だいぶ雰囲気が出てきました。コントラストがくっきりしています。↑股の色落ち。ボツボツとした点落ちが連なって、タテ落ちになっています。↑裾のチェーンステッチが、ほつれてきました。↑後ろ姿。↑後ろ姿。スマホの痕がくっきり。バックポケットのステッチはかすれ [続きを読む]
  • 嗚呼わが青春、R.Newborld
  • R.Newborld(アール・ニューボールド)というブランドがありました。学生時代から好んで着ていたので、20年以上の付き合いです。それが、気がついたらブランドが終了していて、驚きました。2016年春夏コレクションが最後だったようです。原宿の路面店がなくなったりしたので、ちょっとおかしいなとは思っていましたが…寂しいですね。ブランドの歴史は意外と古く、1885年にイギリスのロバート・ニューボールドという人がつくった洋 [続きを読む]
  • オルゲイユのセットアップ
  • オルゲイユのジャケットとパンツです。ステュディオ・ダ・ルチザンの別ブランドで、欧州のビンテージをモチーフにしています。↑同じ生地でベストもあったのですが、購入は見合わせました。。。↑ジャケットは4つボタン。シルエットは現代風にすっきり細身です。ベントはなく、袖の飾りボタンは2つです。↑ ポケットの上に、チケットポケット。客船のチケットの半券を入れるんだとか。生地はやや肉厚なウールのように感じますが、 [続きを読む]
  • オルゲイユのハンティングジャケット 〜本切羽とは〜
  • ステュディオ・ダ・ルチザンの別ブランドである「オルゲイユ」のハンティングジャケットです。日本列島は大寒波に襲われていますが、気分だけでも。春物です。↑右肩に、ライフルの銃床を当てたり、担ぐための布が貼られています。私の場合は銃ではなく、カメラやバッグを担ぐときに↑袖のボタンは飾りではなく、実際に開閉できる「本切羽」です。「切羽(せっぱ)」というのは、日本刀の部品の名前。鍔(つば)が柄(つか)と鞘( [続きを読む]
  • ハリスツイードのシングルPコート
  • 寒い日が続きます。ここ数年、風邪は年1回だけだったのですが、今年は早くも2回ひいてしまいました。ハリスツイードのジャケットコートです。メーカー側は「シングルPコート」と銘打っていますが、そんなにハードでもなく、とても軽いです。ハリスツイードは重さが4段階あり、①フェザー②ライト③トラディショナル・スタンダード④ヘビー‐に分かれています。コレは最も軽いフェザーです。ハンドウォーマーポケットのみのシンプ [続きを読む]
  • チープ・シックについて考えてみました
  • かなり個人的な考え方を長々と記載しますので、興味のない方は飛ばしてください。◆当ブログでたびたび触れる「チープ・シック」。直訳すると「安上がりな」「粋」。1975年にアメリカで発売された本に由来する考え方です↓。服飾ジャーナリストが、いろいろな女優やデザイナーにインタビューしながらまとめた本です。「服にお金をかけるのは間違っている」と言っているわけではありません。「すぐに変わる流行を追うのではなく、長 [続きを読む]
  • Deluxeware (デラックスウエア) 1stタイプジャケット  DX401XX その2
  • デラックスウエアの1st型ジャケット、DX401XXです。最初に紹介してから、もう2年半も経ったのですね。。。着込んでいるとは言えず恥ずかしい限りなのですが、現状をお伝えしようと思います。全体像。リジット状態だった以前の姿に比べれば、少し色は落ちました。しかし、2年半にしては…というところ。↑しわしわになった鹿革のパッチ。↑肘にはハチノスが入りました。↑胸ポケットの裏側には、ステッチ入りの当て布が張り付けられ [続きを読む]
  • Phil Smart (フィル・スマート) EX01S その2
  • 以前にも紹介したフィル・スマートEX01Sの現状をお伝えします。最初の紹介から2年以上たちましたが、主にフルカウントを穿いているため、あまり変化がありません。。。 ↑ちょっと採光の関係で暗いです。実物は、もうちょっと明るく色が抜けています。お尻から腿にかけては太く、裾に向かってややテーパードしていくシルエットです。前にも書いたように、エビスジーンズの2001に似ています。↑ヒゲ周り。↑左右の腿。右腿の写真が [続きを読む]
  • ジョン・ロブ シティII を磨く 〜チープ・シックの真意〜
  • 明けましておめでとうございます。今年もゆる〜く更新していきますので、気長におつきあいをお願いします。さて表題の通り、年末にまとめて靴を磨きました。私のシューケア方法は、J.M.Westonのゴルフで紹介したようにステイン・リムーバーからクリームという流れです。ただジョン・ロブについては、直営店でのシューケア方法を紹介しているサイトがあり、これを参考にしています。ステイン・リムーバーの代わりに、ジョン・ロブが [続きを読む]
  • FULL COUNT + BEARS' (フルカウント ベアーズ別注) 2014 その2
  • 2017年も残すところあと4日となりました。年末恒例の(?)アメ横スナップです。この年末の慌ただしい感じが大好きです。さて、ジーンズブログらしく、フルカウント2014を1年半ぶりに更新します。初回の記事でも紹介しましたが、下北沢のデニムショップ「ベアーズ」が2014年にフルカウントに別注したモデルです。1108のテーパードを強めたシルエットです。1108XXと同時期に履き始め、2年以上の付き合いになると思います。生地は藍 [続きを読む]
  • M-51 フィールドパーカーとインナーライナーの難しいカンケイ その2
  • さて、先日も紹介した通りM-65 フィールドパーカー用のインナーライナーのXSが届いたので、さっそく取り付けてみました。結論としては、もちろん完全にアウターシェルに合うわけではないんですが、Sサイズよりはマシかな…という感じです。↑まず背中の襟元のボタンですが、インナーライナーのほうが間隔が狭いので、どちらか一方だけで留めることになりそうです。↑第一ボタンは、左右どちらも合いません。第二ボタン以下は合い [続きを読む]
  • FULL COUNT 1108XX その2
  • フルカウント1108XXの近況を紹介します。初回の記事から1年半が経ちました。めちゃくちゃ色落ちしたわけではありませんが、徐々に育っています。↑全体像。なぜか右の膝頭が白くなっています。あまり記憶にないのですが、無意識に右膝を付くことが多いのでしょうか…↑ヒゲの周辺。↑後ろ姿。↑ハチノス。↑おしり周り。スマホの痕がくっきり。↑バックポケット周辺のアップです。ステッチが切れてきています。レーヨンの赤タブは [続きを読む]
  • M-51 フィールドパーカーとインナーライナーの難しいカンケイ
  • 前回紹介したM-51フィールドパーカーに合うインナーライナーを探しています。通常のアウターシェルより厚いコットングログランとはいえ、骨まで凍りそうなこの季節ですからね。しかし、合うライナーがなかなか見つからないのも、前回紹介したとおりです。このモデルはライナーを取り付けるためのボタンの配置などは実物とほぼ同じなのですが、「スレンダー」という現代風の形で、身頃や腕周りが絞られているんです。↓実際のM-51っ [続きを読む]
  • アディダス サンバ スーパー (adidas samba super)
  • アディダスのスニーカー2連発です。みなさんサンバはご存じでしょうか。↓コレ。1950年に発売されたサッカープレイヤー向けのインドアトレーニングシューズです。アディダスの中では、スタンスミスの次に売れているモデルです。で、私が持っているのはサンバ「スーパー」です↓。ネイビーのスエードです。デザインはオリジナルのサンバとはだいぶ異なり、ちょっとボリューミー。シルエットも、すこしぽってりしてスケーターなんか [続きを読む]
  • adidas GAZELLE アディダス ガッツレー
  • さて、今回はアディダスのガッツレーについて書いてみます。アディダスは、言わずと知れたドイツのスポーツ用品メーカー。クラシックラインはシンプルなスニーカーが多く、昔から大好きです。このブログで紹介するのは初めてなのですが。。。↑これは最近、購入したネイビーのスエード(というかヌバックぽい)。もう一足、黒のスエードを持っています。↓三本ラインのところに、ガッツレー(GAZELLE)のモデル名が。「ガッツレー [続きを読む]
  • 寛容は不寛容に対して不寛容になるべきか
  • ユマニスト(英語で言うならヒューマニスト)の渡辺一夫氏の随想の題名です。寛容でありたいと願う人たちは、不寛容な人たちに対して、不寛容になってよいのだろうか、という意味です。■不寛容な権力者いま、世の中は不寛容な方向に走り出していると感じます。安倍晋三首相、トランプ大統領、金正恩総書記…。いずれも自らを批判する人たちに対して不寛容です。都知事選で「内閣総理大臣」として紹介された安倍晋三氏は、「辞めろ [続きを読む]
  • The Real McCoy's (リアル・マッコイズ) N-1 NAVY その2
  • 寒い日には、N-1を更新したくなります。N-1のネイビーです。以前の紹介から変化がない……のではなく、新たに購入してしまったのです。↑というのも、背中にステンシルのないプレーンモデルに惹かれまして。一層おっちゃんのジャンパーっぽいという意見もありますが、そこがイイんです!年をとってくると、派手な服装は似合わないので(個人の感想です)。↑再び理想のコーデ風に。 [続きを読む]
  • The Real McCoy's (リアル・マッコイズ) N-1 その2
  • 明けましておめでとうございます。本年も細々とやっていきますので、よろしくお願いします。非常に寒くなってきたので、N-1の出番が増えてきました。2年ほど前に紹介した時↓と比べると…カメラの設定違いで色味が少し違うものの、劇的な変化はありません。ネイビーを着る方が多いので、仕方ないのですが。それでも、アウターシェルのコットングログランも少し柔らかくなり、着やすくなってきました。もともとは甲板作業員の防寒 [続きを読む]