黒タヌキ さん プロフィール

  •  
黒タヌキさん: 正直な後期研修医・黒タヌキのクソくらえ発言まとめ
ハンドル名黒タヌキ さん
ブログタイトル正直な後期研修医・黒タヌキのクソくらえ発言まとめ
ブログURLhttp://honestyresident.blog.fc2.com/
サイト紹介文表向きは真面目で優秀な後期研修医が、自分の心に向き合い正直な気持ちでクソ発言を繰り返すブログです。
自由文医師は聖人君子じゃありません。
振りまく笑顔の裏に渦巻く、情欲と罵詈雑言のほんの一部を垂れ流すブログです。
どうぞ軽い気持ちで見てください。きっと嫌な気持ちになるはずです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2014/07/16 23:43

黒タヌキ さんのブログ記事

  • 電車の中で
  • 通勤するのに電車を使っている。いつも大体同じ時間、同じ電車に乗っているのだが、やむを得ぬ寝坊でまれにいつもと違う電車に乗ることがある。今日はそんなときに出会ったウルトラ素敵な女性の話。白のシャツにネイビーのスカートが良く似合う、黒髪のとてもきれいな女性。隣に立って、時計が北欧系のシンプルな腕時計であることを確認、腕は白くすきとおり、スタイルは言わずもがなだ。ほかの人の目がある手前、あまりやりたくな [続きを読む]
  • 急変時に心がけたいこと
  • たとえQOLを求めた科に進んだとしても、患者が急変することが絶対にないとは言い切れない。DNAR(もう、積極的な治療はしないでいいですと家族が認めた状態)であれば話は別だが、思ってもいないところで患者が心筋梗塞になったり、窒息したりでショック状態になる場面に、年に何回か遭遇する。そういう時、若手の医師が陥りがちなのが、大声で指示を出し、緊迫した雰囲気を醸すような鬼気迫る顔つきでルートをとったり層間をした [続きを読む]
  • コロンビアに勝つってすごくない?
  • 日本代表すごいな〜。でも11対10の時間が87分あって、それであの辛勝であることを考えると、やはりコロンビアの底力はあったのでしょう。逆の立場だったら、木端微塵にやられていたとおもうね、間違いない。個人的には、あのサッカーの「ぐえ〜痛いンゴ」みたいな、転び方がうまい奴が勝ち、みたいな風潮はすきじゃない。アイスホッケーとかラグビーとかを見慣れていると、なんか、ねえ。しかしあれだけ世界中で愛されているスポー [続きを読む]
  • 【質疑応答】るかさんからのご質問
  • 黒たぬきさんのブログちょこちょこ見てます。黒たぬきさんより芯が強い女性が現れて、落としたいけどその女性が違うほうを向いていたら、たぬきさんは口説けないですよね。逆にその女性がたぬきさんのほうを向いてくれたほうがいきやすいですよね?自分より強い女性って逃げたくならないですか?るかさん、いつもありがとう。コメント、質問にお答えします。根本的に違うのは、俺のほうを向いてくれている女の子にはもうほとんど興 [続きを読む]
  • だいたいのデブは話が面白くない
  • デブっているじゃん。デブたちの誘い笑いのパーセンテージって高くない?だいたいのデブってヒヒヒヒって言いながら大して面白くない話してるよね。黙ってたほうが体型で笑いとれるのに、一生懸命に自分らしさを出そうとした結果、服を着たトロールみたいになってしまう。あれってなんでだろうね。デブだから?デブになってしまう自己管理のなさが、話の面白くなさに関係してるのかな。てかデブって手術やりにくいんだよ。あんまりデブ [続きを読む]
  • 食事はデートではない。
  • ブスがどういう意見を持つかは知らないが、多くの男性からアプローチを受ける女性たちから聞いた話。よく男性は、かわいいな、きれいだな、やりたいな、と思った女性を食事に誘う。今度、食事に行きましょうよ、飲みに行きましょうよ。そのままいい感じになれば、やりましょうよ。勇気を振り絞って誘ってOKされたら、男性は舞い上がっておしゃれしたりお金かけたりおごったり、やること多くて忙しいのだが、女の子たちに言わせれば [続きを読む]
  • うつ病になる同期
  • メランコリー親和性という言葉がある。以前にもこのブログに登場したことがあるかもしれない。実はディスチミア親和性というものもあるのだが、それはいわゆる新型うつというものであり、俺はそれを病気だと非常に強く認識しているが、場合によっては親の教育で甘やかされた成れの果ての姿と思われることもあるかもしれない。俺はそんなこと全然思ってないよ、本当に気の毒な病気だと思っております。俺の同期でうつ病になった人が [続きを読む]
  • マスクを外さないでほしい
  • かわいいな〜と思ったら、マスクを外すととんでもない自己主張をしてくるものがいる。前歯、鼻孔、下あご。勘弁していただきたい。マスクをとったらブスって、もう慣れてはきたんだけど、気持ちとしては非常につらい。小学生の時の、明日第二土曜日だとおもったら第三土曜日だった。。。ってときくらいつらい。最初から第三土曜日って知っていたほうがまだダメージは少ないよね。マスクつけたままだったら全然抱けるんだけどね。そ [続きを読む]
  • 家が汚い
  • 久しぶりにお家でゆっくりしようと、まー汚いこと汚いこと。豚小屋かと思うほどの散らかり具合。女の子の家を転々としていると、やっぱりその部屋っていいにおいするし、きれいに片付けられてるんだよね。俺は自分の家の場所を明かすことはなくてほぼ荷物置き場。ゆっくりしようと思っても気持ちが休まらない。というわけで家の掃除してみた。しばらく住んでいる家で、彼女しか来ていないとはいえ、明らかに彼女の髪の毛よりも長い [続きを読む]
  • 美人女医
  • 好きな服のメーカーは?という質問があったので、少しだけ服の話をしよう。まだもう少し自分が若く見られていた時、数週間に一度、お気に入りのセレクトショップを見て回るのが好きだった。俺は派手な顔立ちではないが、ある程度はっきりとした顔でかつスリムな体系だったので、特に女性の店員やおっさんの店員は俺にいろいろな服を着せたがった。少しだけモデルをしていた時期もあったので、俺のことを知っている人も中にはいた。 [続きを読む]
  • 二人でご飯って結局
  • やれるってことだよね。二人きりになってどうやってベッドインへ誘うか、ということについて記事を複数書いているが、結局は二人でご飯に言った時点でほぼ結末は決まりきっている。「今からおいらのオティンティンペロンチョしてちょんまげ〜ンナハハハ」みたいな絶望的なキモさを披露しなければ、いくらかスマートに決めきれなかったとしても、最終的にはベッドインできる。つまり本当の難関というのは、二人で食事に行こう、と誘うことだよね [続きを読む]
  • 奈落の底の住人達
  • 男性、独身、肺気腫、アル中、脳梗塞・・・日当直を行っていれば、このような患者に出くわすことは少なくない。医者対患者という関係でなければ、小一時間ほど話を聞いてみたい。なぜあなたはそうなったのか??意志の弱さだ、と一言で切って捨てるには、このタイプの患者は多すぎる。意志が弱くても、それなりに生活を送っている人だってたくさんいるのに、なぜこうなったのか。俺が思うには、このタイプの人たちって悪循環を抜け [続きを読む]
  • 結婚式でお持ち帰りする方法
  • 以前から女遊びを派手にしている風な記事をたくさん書いているが、その実俺はそこまで女遊びが派手なわけではない。女遊びという言葉は非常に下品だ。やっていることは一緒だが、そのフレーズは極力使いたくないので、ここではmake loveというふうに換言しよう。how to make loveというものは、少しでも女性に興味がある男にとっては永遠の課題だと思う。それは、簡単にmake love できるようになってからも、もっと刺激的な誘い方 [続きを読む]
  • 夏になれば虫が増える
  • 肌寒かったり、扱ったりを繰り返しながら少しずつ季節は夏へshiftしてきている。こっちも来たり脱いだり大変だ。ただでさえ脱いだり脱がせたり着たり着せたりしているのに。時々女の子の汗のにおいに興奮する変態がいると聞くけど、そんな奴本当にいるのだろうか。きれいな女の子から匂いがするとして、汗の匂いよりも絶対デパコスのにおいのほうがいいと思うんだけど俺だけかな。エレガントな香りを漂わせためっちゃきれいな女性 [続きを読む]
  • なついてくる研修医
  • 俺は外科系シニアレジデントとして、研修医たちに甘い顔をしてゆるふわな研修生活を送らせることだけはするまい、とかたく心に決めているので、俺の下で回っている1か月の間だけは、かるく地獄を見てもらおうと思って指導に当たっている。緊急手術が来たときは、時間帯によりけりだが日付が変わる前であれば呼びつけることが多いし、担当させている患者のカルテを書いていなければ叱る。自分の領域というよりは、研修医で知ってお [続きを読む]
  • CAとの合コン
  • やはり大手のCAさんは美人だ。頭の中身はともかく、hospitalityにあふれたお仕事をしてるだけあって、お上品だね、第一印象は。いろいろと話を聞いていると、猫のかぶり方と自分の容姿や美意識に対する意識の高さが出てくると同時に、まあまあゲスな話も聞けて楽しかった。CA一年目の教育の話は、看護師の教育の話とよく似てて、どこの社会も同じような感じなんだと思ったね。今回の合コンはチンポジやイケメンとの合コンではなく [続きを読む]
  • 麻酔科学会
  • 俺は麻酔科ではないが、麻酔科総会があっているために手術の件数をかなり絞らされている現状。うちの病院は手術が多いので、むしろ手術がなければ少し手持ち無沙汰になる。患者の下に足を運ぶ時間が増えていて、それはそれでいいのだが、病棟業務を終わらせて早々に家に帰れるとなると、やることは女遊び一択だよね。勉強??勉強は一日1時間やれば十分なんだ。遊べるときに遊び、食べられる時に食べる。それができる外科医の鉄則 [続きを読む]
  • 男のスーツは5割増し
  • という言葉がある。そして男の白衣はさらに上を行くという。いわゆる白衣マジックというやつだ。そういわれていると、じゃあデートの時はどんな格好をしたらいいのか、ということにひとしきり悩むことになるのだが、結局白衣を超えるものはないので、白衣に準じるようなきれいめな格好をするほかないというのが俺の持論だ。異論は認める。ブイネックのシンプルなカットソーに華美になりすぎないジャケット、パンツはスキニーの白か [続きを読む]
  • 枕MR
  • 以前、MRさんと仲良くなって、いざやるかやらないかというところまで行ったのだが、非常に真面目な人間だったから、結局抱かなかったということがあった(くわしくはこちら)。俺としたことが、その一回の経験が半ばトラウマのようになり、MRをどうこうしようという気持ちは失せていたんだが、やっぱり職業って関係ないね!!!人によるってことを改めて認識した!!連絡先を教えてくれ、と言われたから電話番号を教えたら、ぜひお [続きを読む]
  • 医者の年収って
  • ほかのブロガーって公表してるのかな。よく知らないけど。開業の人とか多いみたいだからさぞお儲けになっているのでしょう。俺ももう5年目になったからそこそこ行くようになったが、やっぱりお金って貯まらないもんだね。ついついAmazonとか見ちゃうもん。というか深夜は勢いで買っちゃう。そういえば最近継続的な関係を持っている子(彼氏あり)が、俺のことがばれてブロックを強いられたとのことで、あんまり連絡取れなくなる、 [続きを読む]
  • 芸能人や著名人に
  • 都会の病院だとそういう人間が患者としてくることがある。大体の国会議員のことを俺は尊敬していて、セクハラとか漢字読めないとかどうでもよくてしっかりと日本をleadingしてくれればいいよね。だから、この言葉は不適切かもしれないが、えらいと思っている。でも芸能人ってなんであんなに偉そうなの??マネージャーを通さないとまともに口もきけないのかな。ブツブツつぶやいたりやたら上から目線だったり。対等だっつーの。真 [続きを読む]
  • 看護師ってピンキリ
  • 医者きらーいっていう看護師はでなんか信用できないし、医者となんとか結婚しようとするスケベ看護師はむしろ清々しささえ覚えるがただのクズ。高校から看護師になるための学校に入るやつもいれば短大・専門(違いはよくわからない)卒もいるし、もちろん大卒もいる。なんかよくわかんないけど給料に差が出るらしいね、どうでもいいけど。国家資格職なのに、学歴が違ってもみーんな同じく看護師ってなんかアレだよね。学歴至上主義 [続きを読む]
  • イケメンよりブサメンのほうがうまい
  • イケメンは特に努力しなくても女が寄ってくるから、自分の快楽に忠実な、独りよがりなプレイしかしない。そしてブサメンはリピーターを何とかしてゲットしなければならないから、一度のプレイに全力をかけるという。言われてみればその通りだ。別に俺がそんなに一生懸命にする必要はないのだ。ひたすらに攻めさせ、その手技を評価する。つまり俺はドMなのかもしれないね。まあそれだけでは終わらせず、一通りちゃんと満足してもら [続きを読む]
  • 正論はそれだけで鋭い。
  • 俺は表向きは非常に温厚に人に接しているつもりだが、実際の腹の中には、思っていても口に出さないものがたくさんある。多くの場合、それは自分の論理的思考から成り立つ、いわゆる正論、だと思うのだが、それを表に出すことはほとんどない。良薬口に苦し、という言葉があるように、その人のことを思ってやわらかい口調でたしなめたとしても、それはその人にとって咀嚼嚥下するのに勇気と努力が必要である。患者さんやその家族に家 [続きを読む]
  • またもご無沙汰しています
  • みなさん一年ぶりぐらいでしょうか。ブログに飽きてきていたのだが、赴任先もまた変わり、少し落ち着いて暇になってきたのでなんとはなしにブログをまた少しだけ再開しようかなと思ったわけで。女遊びは少しずつ落ち着いてきて、まあセフレ二人を代わりばんこにって感じ。めっきり逆ナンされることもなくなってしまったしね。新しい病院でも、まあ若い看護師やリハビリが俺のことをまぶしい目で見ているのはわかっているが知らない [続きを読む]