数教研 千里中央教室 さん プロフィール

  •  
数教研 千里中央教室さん: 水道方式の個別対応塾 数教研千里中央教室へようこそ
ハンドル名数教研 千里中央教室 さん
ブログタイトル水道方式の個別対応塾 数教研千里中央教室へようこそ
ブログURLhttp://sukyokensenrichuo.blog.fc2.com/
サイト紹介文わが子を京都大学医学部医学科現役合格に導いたお母さんが主宰する教室です。
自由文豊中市・千里中央の新千里西町会館にて、週2回皆さんと楽しく学習しております。
子ども達の「わかった!」という言葉を聞くのが何よりうれしいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2014/07/18 11:14

数教研 千里中央教室 さんのブログ記事

  • 台風一過
  • 昨日はかなりの雨風でした。台風がこの時期に来るのも不思議な感じがします。日中は、選挙に行き、食材を購入したあと、長女と少し買い物に出かけました。こんな雨の日に、と思ったのですが、モールやお店は意外と混んでいました。夜になり、風が益々強くなってきました。近隣の市では避難勧告や避難指示などがでていたところもあり、念のために懐中電灯を用意したほどです。さぁ寝ようと寝床についてから風の音が気になってしまい [続きを読む]
  • 二の腕があるなら、一の腕はどこなのかしら
  • 先日、友人に「二の腕の筋肉をつけたいんだ」と話したら、「二の腕って言うけどさぁ、一の腕ってあるんかな?」という話になりました。二の腕というのは肩から肘までをさしますから、一の腕はひじから手首までなのかなぁなどと思いつつ、でも順番から考えるとそれもおかしいよねと二人とも腕を組んで考え込んでしまいました。そこで調べてみたところ、どうやら二の腕というのは、実は一の腕と呼んでいたようなのです。それが誤用さ [続きを読む]
  • あわててはじめなくても大丈夫
  • 小学校から英語学習がはじまることと、高校入試で英検をとっていると有利だとのことから「できるだけ早く英語をはじめなくちゃ」と焦るお母さんの声を多くききます。どの英会話教室も「小さい時からスタートしておく方がいいですよ」とアピールしているので尚更でしょう。でも本当に小さいうちから必要なのでしょうか?わが家では長女が幼稚園の頃に2年ほど英会話教室へ行きました。しかし小学校でローマ字や英語学習が始まった時 [続きを読む]
  • 主語は述語から見つけると簡単
  • 数教研の国語教材では、主語・述語の学習を低学年から始めます。最初は例文がありますから「こんなん簡単」と思って解きだすのですが、実際に文から主語を見つけようとすると、意外と難しいのです。主語・述語の関係を理解しやすいように例文はわかりやすいものになっています。雨が 降る。といったような文ですから非常に簡単に主語も述語もわかりますね。主語が「雨が」、述語が「降る」です。しかし、かざりことばがたくさん使 [続きを読む]
  • 衣がえはすみましたか?
  • この1週間ほどずっと雨で洗濯物が乾かず困っています。昨日は、ようやく晴れ間が見えましたが、また今日も雨です。しかも、この雨で気温がかなり低くなってきましたね。皆さんは衣がえはもうおすみですか?ショップなどをのぞくとセーターやブーツ、コートといったディスプレイに変わっていますが、まだまだいらんやろ、と思っていたらセーターは必要になってきました。それなのにまだ衣がえができていません。ここ数年、だんだん [続きを読む]
  • タイル学習のすごい点
  • 数教研の算数教材は水道方式で量と数を体系的に学ぶプリントです。ですから、幼児期にはタイルを使ってかずをあらわす練習から始めます。幼児さんからスタートすると、無理なく多位数の加減まであっという間に進みます。これはタイルを使用する事により繰り上がり・繰り下がりを理解して学んでいくからです。以前、教室に新しく入会したお友達が1ケタ同士の足し算プリントに取り組んでいました。タイルでの説明はもちろん、タイル [続きを読む]
  • 自走できる子どもたち
  • 数教研の教材は、「自分でよく読んで考え、解く」ことを主としています。ですから今よく言われている思考力を育てるための学習方法です。しかし、教室に入会してすぐに「自分で考える」ようにはなりません。ここへたどりつくように途中の説明を行い、また「前のプリントをよく読んでみてね」と案内するわけです。自分の力で読み返して「そうだった」と思いだせる事ができるようになると、子どもは飛躍的に伸びていきます。昨日から [続きを読む]
  • 中間テストがはじまります
  • 本日から地域の中学校では中間テストがはじまります。といっても今日、明日の二日間ですから期末よりも気持ちが緩みがちです。この週末はしっかり勉強できたでしょうか?長男が通う中学校はすでに中間テストが終了しています。おそらく本日からテスト返却となるでしょう。最近は、小学校でも中間テストに相当するテストがこの時期にあります。単元ごとテストではありますが、やはり復習をしておいた方がよいですね。小学校のテスト [続きを読む]
  • プリントが貼れるノート
  • 長男が「このノート便利やわ。長い英語の文とかも一行でかけるねん」と話していたのがこれです。キャンパス B5プリントがそのまま貼れるノート一体いつ購入したのかの記憶すらないのですが、本人が使いやすいといっていたのでよいのでしょう。長男はプリントを貼って使っているわけではありませんが、学校で配られるプリント類をそのまま貼れるノートということで、購入する人も多いようです。個人的にはせっかく白い紙なのに、そ [続きを読む]
  • 「すぐに教えない事」は実は贅沢なのです
  • 数教研の教材は、必ず説明があり例題があります。これをしっかりと読んでいけば次の問題を解くことができるようなつくりになっています。教えるのが面倒なのではなく、自分で読みこんで考える練習をさせるためです。もちろん最初に取り組む際には一定の説明も必要ですが、それも一から十まではしないようにしています。実はこれは指導する側にとってかなりつらい作業でもあります。というのも教えてしまう方がずっと楽だからです。 [続きを読む]
  • お母さんの勉強室がありました
  • 昨日、お母さんの勉強室が開催されました。前回の勉強室では「お母さんの国語教室」と題し、日頃軽く見てしまいがちな母国語を学ぶことの大切さを考えました。今回は幼児期に学んでおきたいことばとかずの学習と題して、原教科といわれる文字と数以前の経験値についてのお話しがありました。幼児の学びと言うのは、簡単そうに思えて非常に難しいものです。確かに幼児期は少し勉強なりお稽古なりをさせれば、それなりにできるように [続きを読む]
  • 自律をうながすのは難しい
  • 長男は中1で、ただいま思春期と言うのか反抗期と言うのか、とにかく何もかも気にいらないようです。毎日、普通の話をしていたはずなのにいつのまにか言い合いになってしまい、お互い腹が立ったまま終わります。これは長女にはなかったことで、男の子だからなのか個人差なのかはわからないのですが、ほとほと参っています。そんな長男に、今一番気がついてほしいのは「自律」の大切さです。私は毎朝早く起きるため、夜は当然早く眠 [続きを読む]
  • 子どもには説明させよう
  • 毎日学校から帰ってきたら「ねぇねぇ、お母さん。あのね、今日学校で…」とお子さんのおしゃべりが始まるおウチも多いと思います。低学年のうちは、ちょっとずつお母さんが質問をしながら全体像を理解する方法をとっているのではないでしょうか?これは実は非常に良い方法です。というのも、小さいうちは自分が一番言いたいことが頭にあるため、その他の事を割愛したままいきなりスポットのみを話してしまいます。その結果、聞き手 [続きを読む]
  • 小数の乗除がわからないのはなぜ?
  • 小学校では小数自体を小3あたりで軽く学んだあと、小4くらいで加減の学習をします。小数の概念が難しいだろうということで少しずつステップアップするようです。しかし、残念なことに子どもは前に習ったことをすっかり忘れてしまいます。ですから「前に小数ってやったよね」ということで加減を教え始めると、小数の意味すら「見たことあるな」程度なのですから、小数点位置をずらしたままで計算して間違えるような事態がかなりの [続きを読む]
  • 今日は体育の日です
  • 今日は体育の日です。でもなんだかピンと来ないのは私だけでしょうか?体育の日と言えば10月10日で、各地で市民運動会や体を動かすイベントが開催されたものでした。大体晴れるのがこの日で、秋のお出かけにちょうどよい季節でもあり、外出する家族連れも少なくなかったと思います。2000年からハッピーマンデー制度により10月第2月曜日と変わったため、必ずしも10月10日ではなくなってしまったのです。3連休にすることがどれほど [続きを読む]
  • できる人は「できる」のではなく「やっている」のです
  • 長女が中学生の時に通っていた塾の先生は、とても魅力的な大学生でした。長女はその先生に憧れて大学を選んだ側面すらあります。とても可愛らしく、聡明な彼女は一見「ほんわか」した雰囲気を漂わせていました。しかし、授業中は結構厳しいと聞いていたので正直「イメージちがうわぁ」と思っていたものです。塾の親面談の時に、私が「長女は数学が苦手のようでなかなか成績が伸び悩んでいる」といった内容の相談をしたところその先 [続きを読む]
  • 楽してできる方法はない
  • 数教研の教材は、必ず例題と説明があります。これをしっかりと読んで、例題を解いていけばできるように構成されています。とはいうものの、プリントを読んでわかるようになるならこんなに簡単なことはありません。やはり一定の説明も必要ですし、さらにはご本人の辛抱が試されます。最初のうちは比較的簡単な教材で「これならいけるわ」と思っていても、学習が進むにつれ当然難しい問題に直面するようになります。その時、これまで [続きを読む]
  • 自分の間違いを見つけるのは難しい
  • 教室では、「わからない」と質問をしてきたときに、まずは問題を音読してもらいます。音読して「あっ!わかった」とすぐにプリントに取り組み直すことも非常に多いです。黙読では読み飛ばしてしまったところや頭に入らなかった問題の意図に、音読することで気づくからでしょう。音読してもピンときていない場合は、「どういうことがきかれてるの?」と状況を自分自身の言葉で言い直してもらいます。自分で整理しながら話すと、わか [続きを読む]
  • これさえ押さえておけば大丈夫!1あたり表
  • 算数学習では、かけ算で1あたり×いくつ分=ぜんぶの量という式を必ず学習します。おそらく小学校でも立式の意味をわかってもらうために、ここは時間をかけて授業を進めているのではないでしょうか。数教研ではこの1あたり×いくつ分=ぜんぶの量を表にした1あたり表を繰り返し学びます。乗除教材ではもちろんですが、倍と割合や比と比例などでも利用します。というのも、これを理解していれば立式が簡単にできるからです。教室 [続きを読む]
  • 本日は十五夜です
  • 本日は中秋の名月、十五夜です。なんとなく9月の半ばが十五夜なのかと思っていたのですが、どうやらちがうようです。十五夜には旧暦の8月15日の夜という意味もあるので、なんとなく9月中旬と思い込んでいたのかもしれません。実際には、9月7日から10月8日の間にある満月(満月に近い)の夜の事を指しています。しかし、今日は厳密には満月ではなく満月は2日後におとずれるのだそうです。十五夜という呼び方が新月から数えておよそ1 [続きを読む]
  • 秋の無料体験はじまります!
  • 数教研千里中央教室では、10月より秋の無料体験を実施します。数教研のプリントを4回実際に試してみるとてもよい機会です。また、プリントを始めるにあたり無料の学力診断テスト(算数)を行います。「どこがわからないのかがわからないけれど、算数ができなくなってきた」「計算だけでは心配」など気になるところはございませんか?数教研の算数は計算だけにとどまらず図形や文章題などの教材を豊富に取り揃えております。計算の [続きを読む]
  • カメムシ大量発生 マンションでも…
  • 少し前に、鹿児島でカメムシが大量発生しているという記事がウェブ上のニュースにありました。ウェブニュースによると、台風18号が通過した後、カメムシのエサ場にダメージが出て、そのためにエサを探してさまよっているのではないかと考えられているとのことでした。「あんなん大量発生したら大変やなぁ」なんて長男と話していたら、どうやら私達が住むマンションでも増えているようです。緑色のカメムシがマンション廊下のあちら [続きを読む]
  • 体育大会がありました
  • 昨日は運動会日和のお天気でしたね。この地域の小学校では運動会がありました。長男が通う中学校でも体育大会が催されました。正門前には体育大会と書かれた看板らしきものも登場しています。小学校の運動会と大きく違うのが「弁当を作らなくてもよい」点です。もちろん長男の分は作っていますが、運動会弁当は毎年苦痛以外の何物でもなかったため、今年は要らないと思うと余裕がありました。とりあえず開会式から見ることができる [続きを読む]
  • スマホを渡す前に考えておきたいこと
  • わが家は今時珍しく、家族全員がガラケです。長男に関しては、中学進学時にスマホを渡すべきかどうかかなり迷いました。というのも、最近の部活動はLINEで練習日や時間変更などのやりとりをしていると聞いていたからです。しかし、迷った末やはりガラケのままにして、その代わりに母が使っていた古いiPadを渡しました。これにLINEを入れたので、部活動の連絡なども確認できるだろうと思ったからです。これが失敗だったと反省してい [続きを読む]
  • 空高く、コオロギの音色がひびく
  • 朝から日用品が足りないことに気が付き、あたふたと買い物へ出かけました。近隣の中学校では本日が体育大会です。本当は昨日だったのですが雨天で今日になりました。いいお天気だから運動会日和やなぁと空を見上げると、まるで絵の具で塗ったかのような空色。空気も澄んでいるからか空が高く感じます。朝からシーツなどの洗濯も済んでいたので「これなら早く乾くな〜」などと主婦丸出しの事を考えながらてくてく歩いていると、草む [続きを読む]