竹子 さん プロフィール

  •  
竹子さん: 一人暮らしの認知症母と姉&老犬の同居が始まった!
ハンドル名竹子 さん
ブログタイトル一人暮らしの認知症母と姉&老犬の同居が始まった!
ブログURLhttp://kotataki.blog.fc2.com/
サイト紹介文認知症母と姉との同居が始まり一安心。と思いきや、遠距離介護をしていた私の心配事が増えた様な。。。。
自由文認知症母と姉が同居が始まりました。
遠距離介護をしていた私は経済的援助をしつつ、サポートに回りました。毎日の母VS姉のやり取りにハラハラしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/07/18 11:23

竹子 さんのブログ記事

  • 抑肝散を増量して母じゃは・・・・・・
  • 最近母じゃの夜間せん妄(夜中 来ていない親戚が来ている。 来ていない客のコロッケを作る。 etc〜(^^;))多発との事で増量した抑肝散(10月から)そろそろ効いてきたかな( *´艸`)ウフフと、姉に私・「抑肝散増量して   母じゃ様子はどうかな?   (ワクワク)」姉・「それがね、   始めは、「飲む」って   言っていたんだけれど   飲み始めたら   「なんか、量が多い様な気がするから    飲まないでおくよ。 [続きを読む]
  • 大きなお世話。しちゃうわよ(^^;)
  • ?姉・「〇美のお給料が少ないのよね。   仕事量に、み合っていないと言うか、   カモにされているような   気がするのよ。」と、母じゃの近況報告のついでに姉が話し始めた、〇美の話。〇美とは、姉の娘で、私の姪。以前も書きましたが色々やらかしてくれる私の可愛い(ぼんくら)〇美ちゃんですあらたな悩み>のあたりから参考にして下さい(;^ω^))〇美は、身体的に軽度障害があるのですが遠方で一人暮らしをしていて、自 [続きを読む]
  • 抑肝散
  • 最近、なんとなく、穏やかに平穏に暮していると、思われていた母じゃと姉でしたが季節の変わり目のせいか秋だと言うのに、時折の夏の様な暑さのせいか秋だと言うのに食材が、お高いせいか。(サンマが食べたい!)はたまた、大雨や地震の災害自然災害の多発のせいなのかそれとも認知症のせいなのか(そうね、そこだわよね。。)母じゃ夜間せん妄多発しております。先日の姉に、ちょっと姉に用事の電話はこれの件でした。以下、?姉談() [続きを読む]
  • 話しの、つじつまを合わせる母じゃ
  • 朝9時ちょっと姉に用事があったので手の空いた仕事の合間にちょっくら電話(こんな、従業員で申し訳ない(;^ω^))姉と話した後姉・「忙しいでしょうけど、少し、   母じゃと代わってもいい?」特に、理由は言わなかったけれど気配りの姉がこのタイミグで言ってるって事は何かのSOSであろう母・「あっ、竹子、元気〜?   シハーシハー。チッチッ。」私・「うん、元気だよ。   母じゃは?」母・「まぁ〜、変わりなくかな。    [続きを読む]
  • 首肩背中腰痛、オンパレートの竹子+50肩
  • 今日はあたいの体の事聞いてくださいな。もうね、肩首背中腰かっち、かっちのがっじ、がじ! なのよ。今なら、あたいの、ぼでぇ〜で釘だって打てそうよ。飽きっぽいのに身体は、こり性でのマッサージに週に一回、なぞと贅沢な事をしてみるも身体が軽くなるのは正味、1日ぐらい・・・・そこで、着けているだけでコリが和らぐ! (かもしれない・・)と、ちまたで有名なファイテンのネックレス(羽生結弦選手様が御愛用?)とコラントッテ [続きを読む]
  • 歯医者通い
  • 関西の皆さん、北海道のみなさん、一日も早く平穏な日常が戻りますように。。。。。母じゃ昔からしょっちゅう歯医者に通っています。一人暮らしをしていた時も電話の度に「昨日、歯医者に行って来た。」だの、「今日、歯医者に行かなきゃ。」だの、「明日、歯医者のような気がする。」だの、何か予定を合わせるのにこの日はどうか?と、お伺いを立てると「この日は歯医者に行かないとイケないから、ダメ。」などと、断られナンヤカ [続きを読む]
  • 母じゃの飲み友達
  • 毎日の猛暑。豪雨で被災された方々復興に尽力されている方々の健康が心配です。心よりお見舞い申し上げます。雪国の母じゃ地方夏は、窓を開け放ち扇風機を全開で結構、過ごせちゃう所なのですが今年はさすがに暑い!らしい(;^ω^)家の中は    30℃炎天下の外は 40℃毎年、自然の風で過ごせちゃうから家にはエアコンなんぞ文明の力も無くひたすら水分、塩分を取って体力を付けて乗り切るしか無いのです。猛暑お見舞いの電話でも [続きを読む]
  • テスト、テスト( `ー´)ノ
  • (。´・ω・)ん?ブログ村のマイページに入れなくなったぞよ?試しに、これをUPしてみます。お騒がせいたしておりますおっ!入れた、入れた!しかし、自分の管理変更が・・・・・・まっ、いっかぁ(;^ω^)お暑うございます母じゃも、姉も、老犬タロももちろん、私も元気でやっとります。今日も母じゃは、夜中に母・「夕飯たべたかや?」姉・「食べたでしょ。夜中の3時だよ。」母・「だって、お前がお腹空くと   可哀そうだと思ってさ [続きを読む]
  • 真実は闇の中?
  • 只今母じゃの中で色々な記憶が盛大にシェイクされているご様子その、シェイク加減も年々、日々、よぅ〜く混ざっておいでのご様子。一番初めに私が「ん?」と思ったのは、母じゃの認知症を疑い始めた7年も前の秋の日。久々に帰省した私お隣の一人暮らしの、Rばあさんの愚痴を聞かされたのですが母・「Rババは、車の運転が出来ないから   買い物に行くときは、一緒に乗せて行ったり   ドライブに一緒に行って、花見をしたり   [続きを読む]
  • 不要な不動産
  • 前回の憂鬱のつづきです(^^;)最近、ちまたで話題(問題)のが、自分の身に起こりそうな予感の私。いや、もうすでに起こっているか母じゃ一人暮らしの時に土地の管理(草刈り)にキレ、大騒ぎ。(土地の管理にキレた母じゃ)紆余曲折の末実家の土地家屋を私の名義に変更秘境の地なので税金も安いんですけど固定資産税を支払い火災保険も支払っとります。少しではありますが、自分の生活以外の出費ですから私にとってはすでに、バブルの頃 [続きを読む]
  • 実家の片付けを考えると(;´∀`)
  • 実家は、母じゃが捨てさせないガラクタばかり。家は、中途半端に古い農家の家。(まだ古民家なら、価値もあるんだけど・・)祖父の時代は、大家族!今では母じゃ&姉&小型の老犬無駄に10部屋もあり母じゃの部屋を筆頭にそこにはガラクタが所狭し! とひしめき合っているのです(?姉の部屋は綺麗なので除く(*´ω`*))その他にも敷地内には別途漬物蔵土蔵もあり(;´Д`)そこかしこに、古くなった農機具や何やら・・・母親は、「捨て [続きを読む]
  • 認知症母じゃの免許返納問題
  • 母じゃの82歳の誕生日そして、車の免許更新の時期。母じゃに電話で誕生日おめでとうを伝えた後姉からこっそりLINEが姉・「実は、母じゃの誕生日前に   運転免許の返納をして来たヨ。」へえっ?えぇぇぇーーー!!!!竹子、姉ちゃんの衝撃発言(違った)衝撃文章に腰を抜かすかと思ったわよ。いや!腰、抜けたね。抜かしたね。私にとって、今世紀最大の告白だったわよ。だって、免許、命!車、命! の母じゃ。2年も前から姉と同 [続きを読む]
  • 母じゃの誕生日
  • 母じゃ先日めでたく、誕生日を迎え私が送ったプレゼントのお礼の電話を頂戴いたしました。?母・「あっ、竹子。   プレゼント、ありがとう!   こんな、素敵なの貰って   嬉しいよ。」私・「気に入ってもらえて   良かったよ。」母・「うん、うん、気に入ったよ。」私・「変わりない?」母・「変わりないよ、   少し、太ったかな。」私・「お姉さんに、   美味しいご飯   作ってもらっているからね。   母じ [続きを読む]
  • 誕生日と車の免許更新
  • そう、もうすぐ母じゃの誕生日めでたく82歳!だと、思う。。。。。毎年、本人に確認しても70歳ぐらいで止まっているので私もしみじみ確認した事はないのです。で、誕生日なんだけんど誕生日なのよね・・・・・・誕生日と言えば車の免許更新の時期免許の更新時期と言えば車・免許・命の母じゃ黙っちゃぁ〜おらんだろう。。。。運転免許の更新手続は・・・「有効期間満了年の誕生日の1ヶ月前から誕生日の1ヵ月後までの間(誕生日の前 [続きを読む]
  • 理不尽な思いで
  • 昔から私結構、都合よく物を忘れるのです。(母じゃの事言えません)自分の記憶をこれは、絶対必要。これは、必要。これは、ちょっと必要。これは、たいして必要なし。これは、必要なし。これは、必要かもしれないけれど     メンドクサイから覚えてない。と、無意識に自分に都合がイイようにちゃっかり、しまい込んでいる様で何かの拍子に思い出すとえぇぇぇーー!!私って、こんなインパクトのある事も忘れていたの?!どんだけぇ [続きを読む]
  • 死ぬって言っているうちは大丈夫V
  • 先日、姉に2回目の「姉ちゃん竹子プロジャクト!」実行していただきました!あの!作戦であります!そしたらね、今度はね、なんかね、変な方向にね母じゃのベクトルが向いちゃったのよね。。。。?姉・「竹子から預かった   母じゃへのお小遣い   って言って渡したら   初めて聞いたかの様に驚いて   「竹子の仕事、旨くいってない    んだね。。。。」   って、言うんだよ。」私・「えっ?! 私の? なんでぇ?」わた [続きを読む]
  • D伯母の逝き方
  • 母じゃの(故)兄の奥さん(私にとっては伯母)が、2週間ほど前に他界。母じゃ、お葬式に出席するも綺麗〜さっぱり忘れそれでも、時々(それも、夜中に)思い出すようで母・「D(伯母)さんは、死んだんだっけ?」母・「お葬式、今日だよね。」母・「お香典は、どうしよう。」と、夜中の2時に姉を起こし姉・「もうお葬式済んだよ。   一緒に行ったでしょ。遅いから寝よ。」母・「知らない! 行ってない!」と、不機嫌Maxやっと、最近夜中 [続きを読む]
  • 自分への暗示。な〜のだ( *´艸`)
  • (以下、あくまでも、私の個人的な見解です。ハイッ)私は、無宗教者で、不信人ものとは、言っても、お正月に初詣もするし、クリスマスもラリホ〜と楽しむし、家のお墓を守り義父母の〇回忌となればお寺さんにお布施もするし、神社仏閣に行けばちゃんと手を合わしてちゃっかり願い事までしちゃってるんですけどね、心の底では神様、がいらっしゃっても、神様は、いらっしゃるだけ。何をお願いしても、何かをしてくれのではなく、ただ、 [続きを読む]
  • 今かいっ( `ー´)ノ!葬祭
  • 先日姉のリフレッシュ週間が終了するその日、姉が実家に帰る日その日の朝、事件が起こりました!私昼休み休憩にスマホを見ると姉からの着信が3回。この時間だと、姉はまだ、帰る途中の高速道路を走行中と、思ったのですが何やら嫌な予感がしたので一応、姉の携帯にかけてみたのです。やっぱり、出ません。ここで、焦って母じゃに電話しても、分けわからないか、ややこしい事になるかどっちかだもんね・・・・竹子!ここは、慎重によ [続きを読む]
  • 竹子のオヤジ的極楽コース
  • 今日は、ちょこっと、私の事を。仕事てパソコンを使う事が多く目も姿勢も悪い私の背中はコチコチに固まり肩はバキバキに痛くなり首はボキボキ。ラジオ体操をするとだいぶ楽になるのですが徐々に症状が悪化思考も鈍って「も〜う、無理〜!」と限界を感じるのが大抵3ヶ月ぐらいの周期でやってまいります。そんな時はそこそこ、すいている近くの温泉に行ってお風呂に入りマッサージをしてもらいうに体を委ねるのです。そして、先日、つ [続きを読む]
  • 姉のリフレッシュになっている。かぁ・・?
  • 母じゃ一人姉、不在の実家。姉が出掛ける前に、色々手配してケアマネの方もしくは、ヘルパーさんに二日に一回、午前中に訪問していただき安否確認を含め朝の内服の確認と、ストーブの灯油の補充を。高齢者へのお弁当配給お願いしたとの事。ならば、私は、誰も訪問しない日を狙って安否確認の電話をすればOKね。私、姉が同居してくれる2年前までは365日、毎日、毎朝電話していたからね。そのくらいなら仕事が始まる前にチャチャッと [続きを読む]
  • 姉ちゃん外泊する
  • 姉ちゃん只今家出中。まさしく読んで字の如く家を出て娘の所に(逃避)行っております。ご安心ください、母じゃにおん出されたのではなく遠方に住む娘の様子を見に一週間ほどの外泊です。様子見にと、申しましょうか姉の娘〇美体調不良で、現在病院通いをしておりまして、それを心配しての訪問です。母じゃの事と言い〇美の事と言い、はたして、姉の心の休まる時はくるのでしょうか。。。。でも、わたくし、〇美の事は心配だけれど〇 [続きを読む]
  • 姉ちゃん竹子プロジェクト始動!
  • 皆様、覚えていらっしゃいますでしょうか、あの、「姉ちゃん竹子プロジャクト!」かいつまんでご説明いたしましょう。私から母じゃへ毎月渡していたお小遣いをと言って渡す事により姉が母じゃを、養ってあげている雰囲気を醸し出し母じゃの姉に対する上から目線を下降させる事を目的とした作戦であります!今まで竹子地方の銀行の封筒に入れて送っていたので姉には、姉が利用している銀行の封筒に入れて尚且つ、封筒には大きく 〇月 [続きを読む]
  • 姉に「出て行け!」と言う母じゃ。
  • 何時、終わるかも分からない人生の修行の様な介護介護をしている人の唯一の心のより所は介護をしてもらっている人からの「ありがとう」の言葉その一言で「よしっ!明日も頑張ろう!」って、なるじゃない。でも、無いのよね・・・・姉に対して「ありがとう」の気持ちが母じゃには無いのよ。だって、自分が病気だって、思っていないんですもの。だって、自分は何でも出来て、しっかりしていて、元気で(そこは、合ってるわ)亭主と死別し [続きを読む]
  • 母じゃ運転免許証更新の巻③
  • そう来たか〜!!!母じゃ。運転免許証命!の母じゃ本人更新する気満々ではありますが認知症を発症している母じゃにとっては、どう〜、転んでも無理な話。西から登ったお日様が東へ沈んでも、バカボンのパパに「これでイイのだぁ〜」と、仰っていただいても今の母じゃにとっては免許更新は到底、通過できない関門なのであります。母じゃ最近の関心事項はもちろん、昼に夜に話題にして、姉を困らせております。そして、ついに、姉が姉・ [続きを読む]