rinta-01 さん プロフィール

  •  
rinta-01さん: 軟弱サイクリストのゆっくりランドナー旅
ハンドル名rinta-01 さん
ブログタイトル軟弱サイクリストのゆっくりランドナー旅
ブログURLhttps://ameblo.jp/rinta-01/
サイト紹介文非力な脚で、いろいろな場所や道をゆっくりと走るランドナーのプチ旅。いつか長い旅に出て みたいなぁ。
自由文いつかは長旅をと夢を見続けながらも、プチ旅ばかりの夢追いおやじ。知らない街、知らない道をわずかな距離、時間でもランドナーで走ればそれも"旅"になる。いつかは長〜い旅にサイドバックつけて出てみたいなぁ〜。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2014/07/18 17:38

rinta-01 さんのブログ記事

  • 蕎麦の話
  • 最近、蕎麦屋から遠ざかり気味...好みではない蕎麦が続いたからか、ちょっとトラウマなのかなぁ?...蕎麦屋では、天ぷらとかは一切食べず、蕎麦だけ食べる主義なので、好みが外れると残念なことになってしまうんですよねぇ。せめて天ぷらは美味しかったとかあれば救われるのでしょうけど...子供の頃、母方の祖母が打った蕎麦が、外殻から粗く挽き込まれた黒っぽいざらざらしたボキボキの蕎麦で、茹でられた蕎麦が大きなザルに小分 [続きを読む]
  • 美しい村 群馬県昭和村 奥利根ワイナリーへ
  • 日本で最も美しい村連合の1つ、群馬県利根郡昭和村、そして、その美しい村にある奥利根ワイナリーへと向かいました。赤城山山麓に広がる村は、想像以上に坂だらけ、河岸段丘という地形は景観的には魅力的なのですが、反面自転車には厳しいわけで、計画していたコースを大幅に短縮しました。でもやっぱり綺麗です誰もいない静かなこの広々とした自然の中キコキコ走ってるのがたまりませんねぇ。(少し病んでるか)広大な畑で蒟蒻を [続きを読む]
  • 近頃のマイブームはギター
  • 玉置浩二のコンサートもあったりで、ここのところはギターが弾きたくて ...なので、インドアな休日に。買った当初はあんまり気に入ってなく放置状態だったSXトラベラーというトラベルギターとS.yairiのミニギターを引っ張り出し、YAMAHA FG-180 とともに自分の周りにギターを置き、練習&弾き比べをしてみました。FG-180とSXトラベラーFG-180とS.yairiミニギターボディの大きさが違いますスケールはほぼ同じ玉置浩二の作る曲はコ [続きを読む]
  • 玉置浩二 コンサートツアー 60's CARNATION
  • 先日、かみさんと玉置浩二のコンサートに行ってきました。安全地帯、玉置浩二のコンサートは15年以上前に行った以来になります。安全地帯は過去に、3~4度、玉置浩二は1度行ったことがありますが、もうずいぶん昔のことになりますから、わくわくでした。しょっぱなは"かりんと工場の煙突の上に" では久々の玉置浩二の歌声に背筋がゾクゾクしましたねー。前半はややしっとりとした雰囲気の曲が続き、アコースティックギター(ギブ [続きを読む]
  • 秩父 横瀬 寺坂棚田とわらじカツ丼
  • 秩父 横瀬にある寺坂棚田へ行ってみましたが、もう稲刈りも終ってしまっていて、はさがけしてある状態でした。でも、これはこれで田園らしい風情のある風景。スケッチしている人や写真を撮る人など平日にもかかわらず、ぽつぽつと観光客が現れていました。武甲山もかっこいい久しぶりに間近で案山子を見ました 結構派手目な案山子くん札所も何ヶ所かよろうかとも思ってましたが、御朱印帳を忘れてしまうし...そんなわけで、秩父 [続きを読む]
  • 猪苗代〜会津若松〜喜多方〜猪苗代 一泊自転車旅
  • 喜多方市街にあるあずま旅館に到着、荷物をポータブルザックに詰めて、自転車をガレージ(ガレージがありました、ありがたい)に入れて案内された部屋に入り荷物を整理してちょっと休憩。 部屋はこんな感じ まずはお風呂で汗を流して、外へ出て飲み屋へ。小料理酒処 ちょっこら ちょっこら入ってみましたはじめはもう一人のお客さんだけでしたが、そのうちその方の同級生お二人がいらして楽しい雰囲気に。70代半ばだそうで私も [続きを読む]
  • 福島 猪苗代〜会津若松〜喜多方〜猪苗代 一泊自転車旅
  • 天気が微妙の中、猪苗代駅近くに車を駐車して、一泊の自転車旅をスタート。午前中は小雨程度の予報、ラッキーなことに雨こそ降りませんでしたが、空はどんより今にも雨が落ちてきそうな中とりあえず会津方面に走り出しました。途中から予報ははずれ、空は晴れて気温も上がりテンションも上がってきました。20~30kmで会津若松市に到着、まずは飯盛山へ。鶴ヶ城は何度か訪れていましたが、飯盛山はこの日が初めてでした。鶴ヶ城は何 [続きを読む]
  • SHIMANO CRANE で佐野ラーメンポタ試走
  • 実際にクレーンを取り付けてみました。ネットの情報も乏しく、トータルキャパシティは28〜30Tあたり、とりあえずスプロケットを8sの13〜26Tに交換してチェーンは切らずにプーリーをはずしてクレーンを装着してみました。それでもキャパシティはオーバーしていて、はじめはフロントトップ、リヤローギヤでプーリーとスプロケットが干渉してしまいました。1度は最大ローギヤ23Tのスプロケットに交換しましたが、もう一度2 [続きを読む]
  • 初代ジュラエース(デュラエース)SHIMANO CRANE
  • ちょっと前にコレクションにとオークションサイトお手頃価格で購入したシマノ クレーン。 フロントのジュラエース付いていましたこのクレーンは初代シマノ ジュラエース(現デュラエース)コンポーネントでありながらこのリヤディレーラーだけが"CRANE" の名だったようです。1970年代初期だと思われます。中堀 剛氏の「私が愛した自転車パーツ」にも"今日のシマノの隆盛の始祖たる偉大なる変速機" と記されています。そんな"CRANE" [続きを読む]
  • 夏の緑の稲穂と青い空
  • 夏の田んぼって良いんですよねぇ。いつもこの時期には長野の安曇野あたりに行ってたりするんですけど、今年も7月に燕岳に行くのには行ったんですけど、これはやっぱり自転車じゃないとねーでもそんなに遠くに行かなくても良い風景はあります。田植え直後に訪れた栃木県佐野市赤見町と、藤岡町を2週続けて行ってみました。鏡のような水田もすっかり稲穂も伸びて緑が綺麗ですあ〜 心地よい ちょっと広い土手に出てオカリナ吹いち [続きを読む]
  • 安全地帯、玉置浩二 というアーティスト
  • 安全地帯(玉置浩二)を聴きはじめて30年以上になります。以来、長い間聴き続けてきた安全地帯。聴いているのは’80年代までのアルバムが主に、ソロ玉置浩二のアルバムもとびとびではありますけど最新アルバムまで、特に最近の歳をとってきた玉置浩二はとても魅力的で、現在まで聴き続けています。現在の太く枯れた声の迫力はもちろん、歌唱力、歌詞、曲ともに全盛期はいつだったのか? と思わせるほどに、今でも進化し続ける現役 [続きを読む]
  • 天空の生ビールと燕に酔いしれた〜 その2
  • 燕山壮に戻ったら、結構な方々が外のベンチでジョッキの生ビールを飲んでるじゃあありませんか。私もさっそく中ジョッキの生ビールを注文、1日の疲れをといっきに飲みたいところでしたが、途中で写真を撮ることを思い出して途中で中断、この美味しさを写真で表現できたかなぁ?こんなところで生ビールが飲めるなんて幸せですねー 部屋に戻って、今夜の寝床にはしごで上がる(上の部屋)と神奈川からやってきた兄弟の若い青年お二 [続きを読む]
  • 天空の生ビールと燕に酔いしれた〜 その1
  • 4〜5年ぶりに北アルプス 燕岳に行ってきました。何かと忙しかったりで、準備もままならないまま、適当に車に道具を積み込んで仕事を終えて前日深夜自宅を出発して。向かうは中房温泉登山口下の無料駐車場、連休は混雑必至のため、前回同様真夜中に到着して車中泊しました。やはり混んでました。なんとか第二駐車場の1番奧にスペースを見つけ無事深夜3時過ぎに就寝。道の駅で車中泊ならお酒を飲んだり、そとへ出て星を観たりと車 [続きを読む]
  • 熊よけ用?玩具の火薬ピストル試し撃ち
  • 7月の連休には、日常のんびりサイクリングで鍛え上げた?(下げたか)軟弱な脚力でなんとか登れそうな南北アルプスの中でも割りと手軽に登れる北の燕岳を予定に入れました。過去に登ったことのある山の中では1番好きな山であり、この山こそ山頂付近でオカリナを吹きたい山でもあります。なので、尾瀬とかというより、少しトレーニング的に仮想燕岳ということで冬の雪景色以来の赤城 黒檜山〜駒ヶ岳に行ってきてみました。いつもの [続きを読む]
  • "山頂でオカリナを吹く" は永遠の夢なのかな
  • いつからだったか、山に登る時は必ず行き帰りの車中でオカリナ奏者 宗次郎の曲を聴くという習慣がありまして、いつも出発初っぱなからアルバム 「静かな地球の上で」 "静かな地球の上で" から始まり、"月夜の森"、"希望へのトレッキング" 〜 "宙空" へと続きます。アルバムの解説によると、やはりこのアルバムは北米の大自然をイメージして作られたようで、確かに他のアルバム以上に壮大な大自然を感じられる気がしますねー英語 [続きを読む]
  • 田植えの終えた田んぼと山の風景の中を自転車散歩
  • 6月にもなればもう田植えの始まる時期、さっそく水の入った田んぼと山の景色を眺めにぶらぶらしてきました。栃木県佐野市 道の駅 どまんなかたぬま 周辺を車でまわって良い景色見つけました。車から自転車を降ろして出発。向かったのは佐野市赤見町、道の駅どまんなかたぬま からわずか数キロ程度。緑が綺麗ですカブに乗ってご自身の田んぼの様子を見に来た80歳過ぎの(あとからお聞きした)男性と少し立ち話。ずいぶんと広く田ん [続きを読む]
  • 安藤勇寿「少年の日」美術館へ701Tエンペラーで
  • さっそく701Tエンペラーで出掛けてみました。ブレーキの効きはやはりあんまり良くありませんが、それ以外は問題なさそうです。近々ブレーキシューは換えなきゃいけませんね。グレードの低いサンツアーのXE-XPERTというディレーラーですけど、とりあえずはしばらくこのままで乗りたいと思います。そのうち換えたくなるかもしれませんけど...気持ち良く走ってくれます。サドルはとりあえずブルーノのサドルBROOKS B17と取り替えまし [続きを読む]
  • 憧れのエンペラー(90年代物?) 相棒に仲間入り
  • 我が家にまた1台自転車が増えてしまいました。"増えてしまいました" というのは何か残念そうな感じがしますが、残念というのか、うんざりしているのがかみさんでありまして...ひとりで浮かれた言い方も何ですので、とりあえず"増えてしまいました"と。とはいっても気持ちはうきうきo(^o^)o なわけで、オークションで落札したその自転車、80〜90年代の丸石エンペラーが届いてから少しずつ各パーツのこびりついた汚れを落とし、ハ [続きを読む]
  • ココファームワイナリーでランチ&買い物
  • 栃木県足利市のココファームワイナリーへ行って来ました。今回で2度目になりますけど、今回の目的はHPに載っていた1枚の画像。それは葡萄畑のてっぺんにある見晴台なのですが、そこから見下ろす風景を見ることでして、もちろんワインなど飲みながらなんていうのが最高なんでしょうけど、それは諦めてランチでもと思って登ってみました。下から徒歩20分と案内看板に記されてありました。結構な斜度でした。この葡萄畑のてっぺん [続きを読む]
  • ブログさぼってたらもう春というよりは初夏になってしまいました
  • ずいぶんとブログをさぼっていました。めまぐるしく変わっていく現代、SNSもさまざまだったり... で、とっても楽に投稿できるインスタグラムについつい... だったこの数ヶ月でありました。でもやっぱり下手くそでも文章にしたブログは自分の趣味の記録としては最適なのだと再認識したのであります。それに趣味である自転車なんかの情報収集では何かと役に立つ他人様のブログが役に立つのであります。そんなこんなで、さぼっ [続きを読む]
  • 自転車に乗らない休日
  • 朝からテレビ観ながらウクレレを弾いて、あいまに写真撮ったりして安価なウクレレでも吹き抜けで弾いたりすると結構良い音に感じるんですよー ジェイクシマブクロの”143” なんかをこんなに思いきり弾けるのもこんな時ぐらいですからね、オカリナもそうでしたけどまだまだ”雑音”の域ですから誰もいないこんな時が思いきり弾けるのであります下手で音は汚ないですけど、そういうのは安価なウクレレのせいにして響きわた [続きを読む]
  • きっと体に良いはず!佐野ラーメンはしごポタリング
  • 久々の佐野ラーメンポタリング。まずは油屋サイクルに寄ってパーツ小物を買って、ずっと前から行ってみたかった青ネギラーメンを食べに"太七"へ向かいました。到着したのはお昼少し前、もうすでにお客さんはたくさんいましたが、空いていたカウンター席に即座れました。注文したのはもちろん青ネギラーメンの醤油を注文、メニューにあればたのみたくなるチャーハン、半チャーハンをつけました。青ネギで見えない麺は太めのやや幅 [続きを読む]
  • パンクの原因は小さな金属片
  • パンクから1週間後の休日、まずは朝からパンクの原因探しとチューブの補修。原因はすぐにわかりましたけど、こんなに小さな金属片 夜の作業だと見つけるのは難しかったかもしれませんね〜 汚れた泥除けの裏側も綺麗に洗いましたRAIZIN号もすっかり綺麗になったしまだ午前中だし、何処か行きたいなと考えたところ、やはり 手っ取り早く思い浮かぶのが "食べる" でした。佐野ラーメンと迷った末、館林の蕎麦屋 一升やに向かい [続きを読む]
  • 冬の遅出は禁物だ‼ 学びのポタリング
  • この日もいつもよりさらに遅めの出発。佐野市の道の駅 どまんなかたぬま に車を停めてそこをスタートしたのが午後1時半過ぎでした。計画としては岩船山〜大平山神社あたりをと思っていましたが、この時間からだと私の脚力では無理ですからとりあえず岩船山へ向かいました。大通りを避けて山の際をのんびり走れそうな道をスマホのナビを見ながら進みました。こんな道を抜けたりして見えてきました、見えてきました。古い時代から [続きを読む]