ゆりな さん プロフィール

  •  
ゆりなさん: アメリカでナース、時々子育て。。。
ハンドル名ゆりな さん
ブログタイトルアメリカでナース、時々子育て。。。
ブログURLhttps://ameblo.jp/knhlvn/
サイト紹介文LAに来て20年。日常生活や子供たちのこと、大切なクリスチャンライフについて綴っています。
自由文ブログを始めて、早3年目となりました。

フルタイムでナースとして働きながら、更新しています。

心優しい読者の方々に恵まれて、ここまで続けてくることができて、感謝しています。

最初1年の予定で、留学生としてアメリカに来た私が、クリスチャンとなる恵みをいただき永住権をもち滞在してます。

今は二人の男の子の子育て中です。

今日はご訪問いただきありがとうございます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2014/07/19 01:45

ゆりな さんのブログ記事

  • 日本をこんなにも愛してくださった!
  • こんなにも日本を愛してくださっている方に出会いました昨日の礼拝に、韓国出身の二人のミュージシャンが来てくださいました。うちひとりはGong Min (ゴンミンさん)韓国でK-POP界で10年にも渡って貢献されていたピアニストです。 日本語で証を聞いたのですが、すごく流暢で素晴らしかったです。 2008年に初めて来日、日本のクリスチャン人口1%と以下いうことに驚き、自分で何かできることはないかと思っておられたそうで [続きを読む]
  • あなたの言葉の力(祝福の祈り)
  • ジョセフ・プリンスのグレースデボーショナルからです。(2月11日より) 多くの人は、何かを非常に欲しい時、「あのケーキが欲しくて死にそうだ!」といった表現をします。 「あのケーキの為に生きている!」と言う人は、ほとんどいないでしょう。さらに悪いのは、何か思うようにいかないことがあると、すぐ「死」を口に出します。たとえばシンガポール人は、機会があるとすぐに「死ぬ!」「死ぬ!」と言います。誰も「生きる [続きを読む]
  • -LIFE- 律法が守れない私たちのために、命を投げ出してくださった!
  • 旧約聖書の申命記30章に、大切な御言葉があります。 私たちに約束された祝福です。 これはイスラエルの民だけでなく、すべての人に約束された祝福です。 イエス様が十字架にかかる前の、旧約の時代では、祝福を受けるためにたくさんの戒めを守らなければいけませんでした。 下に書かれているようにすべてを守るです。 7-8主のもとに立ち返り、今日、私の命じる戒めをすべて守るなら、主はのろいを取り去り、あなたを憎んで迫 [続きを読む]
  • 助けられた命(フロリダ、ダグラス高校銃乱射事件に思うこと)
  • またアメリカで銃乱射事件がおきました。17人もの尊い命が一瞬にして奪われ、大変心を痛めています。 今回の事件は、犯人よりも銃が簡単に購入することができるアメリカ社会に怒りが・・・ 犯人は19歳で合法では銃をもつことはできない年齢です。(21歳から)1年前の18歳のときに合法で自動小銃(R15) を購入とありましたが詳細は不明です。 FaceBookでも銃をもった写真を公開。危険人物として通報もされていたようです。 [続きを読む]
  • 雨上がりの空
  • 昨日、お店でラナンキュラスの花を見つけました。大好きなビオラと一緒に購入 今朝は朝から雨降りでしたが、雨が上がりました。 ジョセフ・プリンスのメッセージより His promises are yours to own 神様は私たちに休んでほしいと思っておられます。律法の時代は私たちが神様のために働いていました。でも、恵みの時代を生きる私たちには神様が私たちのために働かれます。私たちを通して神様が働きを完成されるのです [続きを読む]
  • 暖かな陽射しの中で
  • お久しぶりです ロサンゼルスはおかげさまで、暖かな日が続いています あれから職場の環境が変わり、すっかりブログを書くことから遠ざかっていました。また、少し始めてみようかと思います。 先日、チョイ住みギリシャの放送がTVジャパンであって、佐々木健介さんが番組の中で「毎日、普通に過ごせることは、本当に幸せなことだ。」っておっしゃっていました。(言葉ははっきり覚えてないんですが、そんな内容でした。) [続きを読む]
  • ”2017/05/10” 罪人にこそ必要なイエスキリスト
  • クリスチャンになるとどうなるの?罪人? 私は罪人ではないと思う...聖書に何が書いてあるの?まだ、イエス様に出会っていない方にもわかりやすく、人の視点、神様の視点で福音について、高原剛一郎先生が語ってくださっています。ひとりでも多くの方に、神様の深い愛が届きますように…イエス様のお名前でお祈りしますアーメンisaacさん、ありがとうございますゆりな [続きを読む]
  • 懐かしの権太呂でランチ
  • 私が生まれた病院に寄り道した後、母と一緒にランチに行きました。昔よく行ったお店です。子供のころはおうどんを、よくいただいていましたが、お蕎麦屋さんだったようです。お店のHPです英語のHPもあるし、英語の話せるスタッフも・・・隣の隣の席に外国人と日本人の方が同席されていました。今回、迷った結果、私が選んだのは木の葉どんぶりです。お蕎麦もつけていただきました。どんぶりには大好きな山椒をふって・・・これ [続きを読む]
  • ユマニチュードとは、フランス生まれの認知症看護
  • 今日はお休みでした。テレビを見ていると、ユマニチュードという看護について紹介されていました。フランスで生まれた新しい認知症ケアの手法だそうです。考案者の方が日本の老人ホームで実践され、フランス語で話しかけ、通訳という形であっても驚くほどの効果がみられました。私が働いているナーシングホームでも、認知症の方は多くおられます。暴力や暴言などの問題行動は、向精神薬によってコントロールすることがほとんどです [続きを読む]
  • 私が生まれた病院が、有形文化財に・・・
  • 私が生まれた産婦人科は、今は亡きおばあちゃんの家のすぐ近くです。洋館でちょっと珍しい建物なので、子供の頃からいつも寄り道して前を通っていました。今回も母と一緒にランチに行くついでに寄り道すると、何と2人の人がカメラを持って撮影中でした。ちょっとびっくり、いつの間にか観光スポットになっている様子・・・そして、産婦人科の名前は革島医院に変わっており、登録有形文化財の看板が出ていました。ちょっと立派でし [続きを読む]
  • 正しい信仰の力(第二コリント10章4-5節)
  • 正しい信仰の力を受けるために、どうすればよいのか・・・悪魔はどのようにして、私たちに神から引き離そうとしかけてくるのか・・・ジョセフ・プリンスの力強いメッセージです。第2コリント人への手紙10章4−5節(リビングバイブル訳)悪魔の要塞を打ち破るために、人間の手によらない神の強力な武器を使います。この武器は、神に逆らうあらゆる高慢な議論と、人々の目から神を隠しているあらゆる壁を打ち砕きます。この武器を [続きを読む]
  • 清流の流れる音に心癒される
  • アメリカで川の水が流れる音って聞く機会はなかなか難しいと思います。なので貴船まで足を伸ばして正解でした雨の後だったので、水の量も多かったと思います。本当に、心が洗われ癒されました。全て造られたものの、創造主であられる主に感謝しますいよいよ、明日から仕事です。気分も新たにして、頑張ります。今日もご訪問いただき、ありがとうございます??ゆりな聖書通読 第一列王記 20-22章 [続きを読む]
  • 道頓堀 神座ラーメンへ
  • 記憶が鮮明なうちに続けて更新させてくださいね。大阪 グリコの看板でお馴染みの 道頓堀へ造幣局の帰りに寄ってきました。前からブログでもご紹介していた神座(かむくら)ラーメン発祥の地、道頓堀以前はおいしいラーメンのみ今はメニューも店舗も増えていました。おいしくいただくため、屋台もパスたこ焼きもパスそしていよいよお店に注文したのは、おいしいラーメン??念願叶いました 味は変わらないけど、あっさり味が&nbs [続きを読む]
  • 金閣寺でお抹茶をいただく
  • 無事、戻りました。LAより…世界遺産でもある金閣寺へ初めて行ってきました。クリスチャンであるので、神社仏閣には基本出かけません。迷いましたが、現在お寺として活動されていないと思い出かけてきました。正式名、鹿苑寺と呼ばれ室町幕府、3代将軍 足利義満が1397年最初に建設されました。先日書かせていただいた外国人であふれたバスはこちらに行った時の様子です。そしてお抹茶をいただきました。「お庭の方を向いてお座りく [続きを読む]
  • 関西国際空港からLAへ
  • 今 関西国際空港にいます。JALでロサンゼルスに帰ります。今ロサンゼルスは夜中の12時を過ぎました。機内で眠ることができますように...そして事故なく無事 戻れますように...イエス様のお名前でお祈りします。職場のフィリピン人のナースに何度も何度もお願いされた 東京ばな奈を無事購入国際線出発ロビーのみ購入できます。今はロサンゼルスに帰るのがとっても楽しみです。また頑張って働いて早く日本に里帰りできますよう [続きを読む]
  • 外国人の溢れる町、京都
  • 今回の帰国で一番驚いたことは外国人観光客の多さです。隣にいるのは、いつも外国人観光客…ロサンゼルスでも、ユニバーサル?スタジオくらいだと思います。こんなに見かけるのは…ロサンゼルスはみなさん現地に住んでいる外国人(私も含めて)なので。前回の帰国は2010年だったのでまだガラケーが主流の時代でした。でも今はスマホの時代、道を尋ねる必要がなくなった...多分この理由が、大きいんでしょうね。この日乗ったバスには [続きを読む]
  • 大阪造幣局、桜の通り抜け
  • 4月14日 金曜日 毎年、開花予想に合わせて1週間だけ無料公開される造幣局の桜幸い、帰国時期と重なり 初めて造幣局の桜の通り抜けへ、行って来ました。日にちが前後してすいません。京阪電車の乗り口近くに流れる京都の鴨川電車で45分ほどで 大阪天満橋駅に到着します。駅からでると桜が目の前に広がっていました。駅から15分とありましたが造幣局までも桜が咲いていて、屋台もずっと並んでいます。久々の屋台を眺めたり [続きを読む]
  • 母とイースター礼拝へ
  • ハッピー イースター本物のゆで卵に感激 祈って祈って、心導かれた教会へ母と共に行くことができました綺麗で新しい大きな礼拝堂たくさんの信徒さんで満員になりました。今日は120名以上もの信徒さんが礼拝に出席されたそうです。礼拝後にこちらできつねうどん または希望により、お蕎麦をいただきました。とっても美味しかったですたくさんの方が声をかけてくださり感激でした。母と同年代の方もたくさんいらっしゃいました [続きを読む]
  • お勧め、京懐石ランチ
  • 温泉から京都駅に戻ったのは昼の2時半ごろ朝ホテルでしっかり朝食をいただいたのでお昼はとっていませんでした。朝食鱈が美味しかったです。ゆっくりめのお昼は京都新阪急ホテル 地下一階にある美濃吉へ行きました。なんと今年創業300年の 老舗です。ランチにはちょっと…と思いましたがすぐにタクシーに乗れるという父の一声で決まりました。メニューはこんな感じです。京懐石 美濃吉 4月のお献立京弁当 麩田楽付をいただきまし [続きを読む]
  • 余命3か月と3つの奇跡…/受難日…
  • 素晴らしい証です。神様のなさる御業は時にかなって美しい今日は イースターサンデー未信者の両親と共に礼拝できますように...イエス様の御名前を通してお祈りします。朝になったら、この記事を読んでもらいます。Joyceさん いつもありがとうございます??ゆりなまことに彼は、私たちの病を負い、私たちの痛みをになった。だが、私たちは思った。彼は罰せられ、神にうたれ、苦しめられたのだと。しかし、彼は私たちの、そむきの罪 [続きを読む]
  • 加賀、山中温泉へ
  • 日本に帰ったら 温泉に行こうね!と、私が話していたので父が温泉の予約を入れておいてくれました。山中温泉 石川県にあります。JRのサンダーバードに乗って京都駅から1時間40分程です。窓から見える、風景にうっとり...加賀温泉駅から 送迎バスで30分ほどでうさぎのお宿に着きます。お風呂の数もたくさん合って 露天風呂、サウナもありきれいでした。(どなたもおられなかった時間に撮りました。)ホテルは新しくありませんが温泉は [続きを読む]
  • 疏水沿いの桜と菜の花
  • 高校の正門前に流れる疏水東に向かうと毘沙門堂があります。そちらへ向かって歩いたことがなく初めて足を運びました。歩いて来た方に道を訪ねるとしばらく歩くと、菜の花が咲いてるのでそちらの橋を渡って上に進んでくださいと教えてくださいました。すると見えてきました。綺麗な菜の花橋を渡ってしばらく歩くとこんなお店がちりめん山椒のお店京小町もりさんお土産に買いました。みんな美味しかったけど特にしいたけ昆布が、絶品 [続きを読む]
  • 母校へ、思い出の桜並木
  • 今年は、桜の時期が少し遅くなりましたね。思いがけず 思い出の桜を見に行くことができました。家からの通学路…もう30年以上も前になるので、頭の中は記憶がぼやけて歩いていくと、弟の通った中学の桜が満開すっかり様子も変わっていましたがこの土手沿いの道は今も変わらず…こんな風景がとっても懐かしい!いつもアメリカから思い浮かべてました。駅に着くと 何と駅がなくなっていて聞くと地下鉄になり 駅の場所も移動していま [続きを読む]