bisco さん プロフィール

  •  
biscoさん: Do You Climb?
ハンドル名bisco さん
ブログタイトルDo You Climb?
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/reihoku-nature-guide
サイト紹介文週末、四国の山をウロウロ徘徊しつつネイチャーハントやピークハントしておりますよ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供117回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2014/07/19 09:02

bisco さんのブログ記事

  • きのこさんぽ in うどん県 * 3
  • ぬめっとしたきのこ思い当たる図鑑のページが脳内再生された!どうしても確認したかったのでひとつもいでみた。チチアワタケ!初めて見たきのこが脳内図鑑にヒットするととてもうれしい。これも初めて見たアミタケしばしばオウギタケと一緒に出ると図鑑にあったのでオウギタケも出ていないかな?と探すけどなかった。ヌメリコウジタケネナガノヒトヨタケコタマゴテングタケコタマゴテングタケベニタケ科のなかまベニタケ科のなにか [続きを読む]
  • きのこさんぽ in うどん県 * 2
  • アカヤマタケはちいさめ古くなったり触ったりすると黒色に変色する透明感があってかわいらしい。カワムラフウセンタケ左上のはもいだのではなくもげていたのをひっくり返そうとしたらもろくて割れた。傘の表面は茶褐色で目立たないけれど傘の裏、ひだは濃い紫色で柄は青みがかった絹っぽさ。たくさんたくさん。カワムラフウセンタケの隙間にひっそりとちいさいズキンタケの軍団?ケショウハツかな?よこから   イグチがたくさん [続きを読む]
  • きのこさんぽ in うどん県 * 1
  • ハナオチバタケ(花落葉茸)は辺り一面に可愛らしくでていた。   アイスのクッキークリームみたいな傘の表面 ツバがないのでツルタケテングツルタケ(天狗鶴茸)キイロイグチ(黄色猪口)ブドウニガイグチ   とてもきれいな淡い紫色と対照的な白い管孔?   ノウタケ(脳茸)      そろそろみかんの季節〜♪ 雨が続いて肌寒いのでコタツを出した。ついこの間まで汗ばんでいたからまだ衣替えもしていないのに・・・ [続きを読む]
  • コツブタケ
  • コツブタケ(小粒茸)里山で普通に見られるそうだけれど、あまり里山へは行かないので今回初めて見ることが出来た。腐りかけのジャガイモみたいな見た目のキノコ大きさもジャガイモ程度でちっとも小粒ではない。じゃあなんで小粒茸なのかというと?↓ ちょっとグロい画像になるけれど ↓中身に小粒がたくさん詰まっているから。たくさん出ていたのでひとつ割ってみた。これ、一回やってみたかったのよー!でもほんと正直キモイっ [続きを読む]
  • シロオニタケ
  • 大型のきのこ シロオニタケ うちの長老の身長が6cmまだ傘が開ききっていない状態でひだは膜に覆われている上から 傘の大きさはソフトボールくらいで表面にはトゲトゲ下から 膜の状態を観察するこの膜は傘が開くときに剥がれてツバになることは稀で、破れて落ちやすいとても良い状態のシロオニタケに出合えた!こっちはまだ出はじめたばかりの幼菌で高さは8cmくらい斜面に出ていたのがあったので土を除けてみると柄元が分 [続きを読む]
  • 2017.10.14 飯野山 * 香川県丸亀市
  • 高速道路より飯野山を望む いつ見ても端正な讃岐富士案内板に従って駐車場に到着したものの野外活動センターはいずこに?初めての時はいつも登山口へと辿り着くまでに迷う。幸い帰り支度をされていた方がたくさんいらっしゃったので聞いてみると「あっちでもこっちでもどこからでもつながっているから〜」と教えて頂く。この時の脳内にはコンクリ造りの割としっかりとした建物が浮かんでいた。こっちから進んで登山道入口へ    [続きを読む]
  • きのこさんぽ。
  • 透明感がとても美しいヌメリツバタケ(小)このあいだ黒滝山でみたのは(大)で美しさいまいちだった。今年も見られて良かった!サンゴハリタケモドキもっふもふ。とても大きいツキヨタケ 乳白色のヒダが美しい高いところに出ていたのは少し古め 小さい虫がたくさんついていたムラサキシメジ      ムラサキシメジアシナガタケ   柄も傘の表面もモコモコしているワタカラカサタケツエタケ いまだにフチドリツエタケに出 [続きを読む]
  • きのこさんぽ。
  • こんな感じの雰囲気の良い森の中を散策してきた。まずは黄色いキノコたちこれは学校で使っていた金色の画びょうを小さくしたようなビョウタケ手前のは密集していて少し変形している。ちいさいちいさい黄色いキノコ ウスキブナノミタケ前の年に生って落葉に埋もれたブナの実から生えるんだって!高さは10cmも無くて儚げなんだけれど明るい黄色は森の中で存在を主張していた。時折、赤い葉が見えて見上げるゼラチン質のコガネニ [続きを読む]
  • 2017.10.1 白髪山(本山町) * 工石山縦走路より * 2
  • 登山道を歩いているとスズタケ越しに立派な枝ぶりのブナが見えた。でもスズタケが壁の様になっていてブナの所まで行く気がしない。少し進んだら覗ける場所があった。手前のブナも幹がどっしりとしていて迫力があるけれど見たかったのはその奥のブナちょっとズームで。いいねぇ〜♪   そしてあと1kmの案内板と苔むした巨石群また進むと鹿の食害で広場になってしまった場所にもとても見事なブナが立っている   こんな感じの [続きを読む]
  • 2017.10.1 白髪山(本山町) * 工石山縦走路より * 1
  • 奥白髪山の冬ノ瀬登山口に駐車して   竜王峠にある登山口まで奥白髪林道を歩いていくこれは刈られたのか?とても背の低いアケボノソウは花弁が4枚だった今年のアケボノソウはどこで見ても花つきが良くてすばらしい。でもそんな見事なアケボノソウはなぜか写真を撮っていない。      ハタケシメジだと思うんだけど 気になる点がひとつ。ひだが黄色っぽく写っているのねー。図鑑を見ると「白色」なんだけれど?   ノリ [続きを読む]
  • あけびときのこ
  • あけび日が落ちるのが早くなってきて仕事が終わって家に帰るころには暗くなってきた。今日のごはんは何にしようかなぁ?と思いつつ灯りをつけるとテーブルの上に見慣れぬ物体が転がる。ёё≡ Σ(ω |||) エェェェッ!あけびが・・・なんで?!メールを見ると誰かにもらったらしい。思わずキモっ!とつぶやいてしまったヾ(・ω・`;)ノぁゎゎ山で見るときれいだなぁと思うんだけれど家にあるはずのないものが有るはずもないところに暗闇から [続きを読む]
  • 2017.9.30 牛ノ背 * 天狗塚 * 東祖谷オコヤトコより
  • 林道樫尾阿佐谷線から橋を渡って対岸左手のオコヤトコ方向は少し先で林道の造成工事中右の道はは少し先で土捨場になっていた地理院地図の破線は造成工事現場の手前の谷で登り辛そうだったのでカーブミラーの辺りから尾根へと取付く   ノコンギク と アケボノソウ   テープがあったけど林業のかな?間伐された倒木が多く歩き辛い   ニガクリタケ と ?   倒木を避けたり乗り越えたりしつつ登って行く   パンのような [続きを読む]
  • 2017.9.24 野地峰 * 黒岩山 * 堀切登山口より * 2
  • 野地峰山頂からとんがり大登岐山とこれから登る黒岩山を望む   反射板 初めて黒岩山に来た時は少しだけれど雪が積もっていて背の高いスズタケが倒れて道がハッキリせず辛かったけれど今はスッキリと刈りこまれていてとても歩きやすくなって助かる。   黒岩山へと続く登山道 と 黒岩山から続く早天山   枯木から仲良く並んでにょっきり生えたホコリタケ   マムシグサの果実かな?毒成分のシュウ酸カルシウムの「針状結 [続きを読む]
  • 2017.9.24 野地峰 * 黒岩山 * 堀切登山口より * 1
  • 前々回、加茂次郎山〜早天山を歩いた帰り道でお世話になった大川村ふるさと村公社のおねえさんに会いに行って改めてお礼。ついでに神社から野地峰のコースの状況をお聞きしたら整備されているとの事。帰りはあの尾根から下りれるろうか?と聞くと「あなたたちならどこでもOKでしょ?〜」と・・・。   以前に三滝山で隊長が失くしたボウシもふるさと村公社にいらっしゃる山岳ガイドのおねえさんが拾ってくれて連絡してくれたり [続きを読む]
  • 2017.9.23 稲叢山 * 高知県土佐町 * 1506.3m
  • 稲村ダムの四電管理事務所横からスタート   露のデコレーションがステキな葉っぱ と あざやかな萩の花鉄塔巡視路コース登山口はそのまま通り越して先へアケボノソウ   まだ咲き始めでツボミが多かった   ウツボグサ と ウド   タカサゴユリ   アケボノソウシロヤマイグチ   傘の縁が灰青っぽく変色している   愉しいボタンヅルの実 と モリノカレバタケかな?   胞子嚢がプチプチと集合したのにちょっとゾ [続きを読む]
  • 2017.9.10 加茂次郎山 〜 早天山 * 高知県大川村
  • 県道17号を大川村役場より少しだけ西へ資材置き場だった広場に駐車させてもらって、向かい北側の道へ  ヘクソカズラ と ノブドウ  少し進むと左手に南への折り返しの私道があるのでそちらへ  私道に入って進むと北へのカーブがあるので、曲がってすぐで取付く入口にはピンクテープあり 道はかすかにある   すっかりひしゃげた廃屋を右手横目に見ながらトラバース気味に西へ左手には樹幹越しに早明浦ダム湖が見え隠れす [続きを読む]
  • 2017.9.9 平家平 * 高薮登山口より
  • 林道沿いに生っていたアケビ毎年恒例のダートラリー「四国のてっぺんモータースポーツ大会」の様子を初めて夕方のニュースで見た。あれは7月の末頃だったと思う。大川村ふるさとむら公社が主催だったとは知らなかった。この大会の辺りで林道が草刈整備されるのは登山者としても助かる〜平家平・冠山の高薮登山口には何度か来ているけれどこんなにスッキリと刈り払われた登山口を見るのは初めてかもしれない。駐車場は無いので路肩 [続きを読む]
  • 2017.9.9 えひめ国体と貯水率
  • えひめ国体のカヌーのスラロームとワイルドウォーターが高知県本山町の吉野川で行われていた。スプリントは愛媛の大洲市そして場所は変わって大川村の早明浦ダム湖ダム湖に沈んだ旧大川村役場の屋根がそろそろ出現しそう。毎年夏の風物詩となっていたけれど今年は秋に渇水の危機だなんてねー。9月9日20時現在の貯水率は43.8%うどん県民のみなさん!雨乞いしなきゃ! [続きを読む]
  • 2017.9.3 豊受山 〜 赤星山 * 野田登山口より * 2
  • 豊受神社から分岐に戻って赤星山へ向かう  ツルリンドウ と カバイロツルタケ【 樺色鶴茸 】  なんとかニセショウロ 【 〇〇偽松露 】 と シシウド  これはなんのつぼみだろう?見た事があるなぁ・・・と見回すと  オタカラコウだった。オタカラコウの葉っぱはおいしいのかな?最初はこんなに短い花穂が花が咲くにつれてあんなに長く伸びるのね。分岐まで戻ってきた。  ヤマジオウ マネキグサ(だと教えて頂きましたあ [続きを読む]
  • 2017.9.3 豊受山 〜 赤星山 * 野田登山口より * 1
  • 赤星山の野田登山口 登山ポスト有マツカゼソウキンミズヒキミズヒキゲンノショウコクサアジサイミヤマアカネ ♀橋を渡ってスタート  モミジガサ  つやつやとしたツバキの実 と ヌスビトハギ手前の一枚板は少し左右にブレてびびった次の橋はたゆんたゆんとなってちょっと愉し。全体的にどの橋もしっかりとした作りで、板には滑り止めが施されていて作り手の優しさ、細やかな心遣いに感動 ありがとうございます。諸先輩方々 [続きを読む]
  • 2017.8.27 石鎚弥山〜二ノ森 * 土小屋より * 2
  • 弥山で少し休憩しながらこれから辿る稜線を眺める巻道を少し下って面河分岐へ二ノ森まで3km  ミカエリソウ と イシヅチアザミ?    ミヤマモミジイチゴウドかな?二ノ森と面河道への分岐分岐を過ぎると笹がもっさもさしばらく足元に注意しながら進んで笹に隠れた小さいケルンがある場所から稜線へ笹で足元は見えないけれど掻き分けると結構しっかりと踏み跡があったモミやドウダンツツジの木の間にお助けロープがあったモ [続きを読む]
  • 2017.8.27 石鎚弥山〜二ノ森 * 土小屋より * 1
  • 日曜日、ちょっと早起きをして石鎚公園線〜土小屋〜面河登山口への予定だったけれど土小屋に着いてみると石鎚スカイラインが封鎖されて通行止めになっていた。どうやら石鎚ヒルクライムがあったみたい。しょうがないので土小屋からのスタートに変更いつもはもっと到着時間が遅いので岩黒山・筒上山登山口がある方へ駐車なんだけど今日はちょっとだけ早かったのとスカイラインの通行止めもあってか白石ロッジ前に停める事が出来た。 [続きを読む]
  • 2017.8.19 烏帽子山 * 深淵造林小屋より落合峠へ * 2
  • 烏帽子山から北西に延びる道を辿る  境界見出標がなぜか高知営林署になっていた旧営林小屋へ降りる分岐 自然林の中を東へ下って行くみたいだがしかし 当初の目論見通り、今回はそのまま尾根を辿る境界杭が打たれている尾根は西側は植林で東側は自然林だった  カブベニチャ と ナギナタタケ  次第に尾根全体が植林になると行く手に横切る林道が見えたどうも最近、造成されたみたいな感じ  林道を横切って再び尾根を辿る [続きを読む]