わたか農園 さん プロフィール

  •  
わたか農園さん: わたか農園の作業日記
ハンドル名わたか農園 さん
ブログタイトルわたか農園の作業日記
ブログURLhttp://wataka-nouen.seesaa.net/
サイト紹介文究極の安全安心な米作りのため無肥料無農薬栽培をしていますが食味も美味しいです。直売もしています。
自由文米農家のわたか農園は究極の安全・安心な米つくりを目指してます。
その模索の中で堆肥などの有機肥料さえ使わない無肥料無農薬での米つくりにたどりつきました。
無肥料無農薬栽培は安全安心だけでなく食味も大変美味しいです。
三重県松阪市「漕代地区」から
無肥料無農薬栽培のレポート。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供140回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2014/07/20 00:15

わたか農園 さんのブログ記事

  • 柿畑の剪定
  • 今年は異常気象でお米は例年よりも減収してしまいました。毎年定期的にご予約いただいているお客さまにはなんとかご用意することができました。さて本日は芋掘りをしましたが、あまり天候に左右されないとはいえ日照不足などの影響があったようで収量も例年の半分ほどでした。小さくてがっかりしたのです。柿も昨年はいろいろと忙しくて剪定ができなかったので枝が野放図に伸びてしまいました。また日照不足もあり、さらに鳥害も結 [続きを読む]
  • わらずと作り・・無事開催できました。
  • 本日(28日)午前9時から午後1時まで、三重県松阪市目田町にある松阪市立漕代小学校の正門前から南西方向に約150メートルのところにある、わが家のビニールハウス内で今年で3回目となる     天然わら納豆のわらずと作りの体験イベントがありました。あいにく台風の影響で午前中は雨が降ったり止んだりしておりましたが、体験作業がほぼ終了したお昼過ぎからは本降りになってきたのでなんとか無事に終えることができま [続きを読む]
  • わらずと作りイベントの準備完了!
  • 今年で3回目のイセヒカリの稲わらを使った「わらづと作り」のイベントの開催準備が完了しました。「わらづと」とは天然わら納豆の外側にわらが巻いてありますが納豆の入れ物です。田んぼの稲には自然と納豆菌が繁殖していますので農薬を使って殺菌しないかぎり稲わらを使って天然納豆が作れるんですね。わが家はその稲わらを提供しています。作業用のビニールハウスも・・イベントは今月28日(土)午前9時から午後1時までの予 [続きを読む]
  • 台風21号が過ぎて・・
  • 当地も台風21号の被害に遭いました。しかし幸いにもギリギリで床下浸水も免れました。22日は投票所の「投票立会人」でしたので朝6時半ころから缶詰状態で外は段々と風雨が強くなってきて窓から見える田んぼが池のようになっていたので気が気ではなかったのです。午後8時40分くらいに投票所の後片付けを終えて帰宅しました。すぐに自警団が櫛田川の樋門の見回りに寝ずの番をしてくれているので公民館へ顔を出してきました。 [続きを読む]
  • 今年の米作り終了しました。
  • ちょっといろいろあってブログ更新が滞ってました。反省!_| ̄|○ではまとめて・・・9月29日(金)    イセヒカリの稲刈り    午後から種籾の天日干し10月2日(月)    天日干しの籾から種籾を選別10月3日(火)    籾摺り作業    色彩選別機のパネル表示    色彩選別機の各パーツ類(かなり複雑な形です)今日、籾摺り機を掃除したので農舎の北東角の一角に籾摺り関連の機械類をまとめて置きま [続きを読む]
  • この米粉ならいけるかも?
  • 米粉の生産に注力しようかなと思ってます。製粉機の標準の篩は60メッシュでしたので若干粒子が荒いのです。今回80メッシュの篩に替えて米粉を作ってみました。写真は向って左が以前の60メッシュを通過した米粉でだら焼きを作ったもの真ん中は80メッシュの篩を通過した米粉で作っただら焼きです。右側は80メッシュの篩を通過できなかった米粉で作っただら焼きです。私の個人的な感想では真ん中のだら焼きはざらつき感もな [続きを読む]
  • 米粉つくり
  • 春頃にお米を出荷しているお店の方から 「わたか農園さんでは米粉は作っていないのですか」と聞かれたことから、昨年購入した家庭用の製粉機を思い出しました。購入当時、米粉を作ってみたが製粉にした後でフルイを使っての人力フルイ作業が大変で腕も疲れるしなにより台所が粉まみれになってしまったので数回使ったのみでそのままお蔵入りとなっていたのです。今回、お店からの問い合わせでもう一度やってみようと思い人力ではな [続きを読む]
  • 米粉の受注ありました。
  • 10月のことですがイセヒカリの「玄米米粉」の注文がありました。玄米粉1キロ分の注文なのですが、玄米を洗って天日に干して乾燥させてから粉に挽くので1週間ほどは時間もらってます。(天候によります)無農薬栽培なので白米の米粉より玄米の米粉の方がいいのかも知れませんね。農薬や不純物は胚芽や糠になる表面に多く存在するようなので無農薬なら玄米のままでも安心ですね。 [続きを読む]
  • 米粉の受注生産
  • 小麦粉の代わりに米粉に利用が進んでいるようです。コメ生産農家ですから米粉の材料はあるのです。玄米粉と白米の米粉の2種類です。  販売用の玄米を白米にする(玄米粉の場合はこの作業は省略)      ↓  水洗いした後、天日で乾燥させる(天候により数日かかる)      ↓    米粉に挽く      ↓    篩にかける使用機械は家庭用に毛の生えたようなモノですから時間がかかる割には微粉末にはなかな [続きを読む]
  • 在庫数
  • ◎ 平成29年産無肥料無農薬栽培のお米の在庫数                                         平成29年産    〇 無肥料無農薬栽培コシヒカリは       田植え直後からご予約が入りはじめ8月末の収穫と同時に       完売となりました。ご了承ねがいます。       (現在米袋で6袋残っておりますが一旦ご予約の承りを        中止させていただきたいと [続きを読む]
  • 種籾の選別と今季2回目の籾摺り作業
  • 今日は午前中〜午後3時ころまで来シーズンの米つくりに使う種籾の選別をしました。以前は塩水を作って籾を浮かべて沈んだ籾を種籾として確保していました。いわゆる塩水選という作業です。今はとても便利な機械があるのですね。タイガーカワシマのだつぼー君(TDS−100)です。性能は依然実験をしました。塩水選で選別した籾とこの機械で選別した籾を比べてみたのですが遜色ないくらいでした。具体的にはこの機械で選別した [続きを読む]
  • 天気に振り回される・・稲刈り
  • この時期、携帯の天気予報アプリは常時起動させてます。雨雲レーダーや豪雨速報など複数のアプリ同時起動です。そこで稲の登熟の状態や田んぼの土の乾き具合、天気予報等を慎重にも慎重に吟味をして 稲刈り日を決定してます。そして今季のコシヒカリの稲刈りを8月25日、26日と決定して昨日稲刈りを行いほぼ7割方刈り取り、残りは本日26日刈り取る予定でした。ところが今日の朝6時56分に撮影した自宅前の状態です。土砂 [続きを読む]
  • 天日干し用のハウスの整備
  • ハウスがえらいことになってました。育苗用に使ってからしばらく放置していたら雑草天国となっていました。雑草は背の高いものは腰くらいまでありましたので、早速草刈り機で刈り払いました。このハウスは稲の育苗、天日干し、大豆の天日干しと選別に使ってます。そうそう天然わら納豆の藁を組むのにも作業場として使ってます。いろいろ使っているのです。綺麗に刈り込んだ状態です。ところがハウスサイドのネットに雀が引っかかっ [続きを読む]
  • 籾摺りラインを組んでみました。
  • 午後から農舎の整理整頓や掃除を行い夕方には籾摺り機→一次選別機→色彩選別機→二次選別機兼パックメイトの各機器を並べました。ラインの完成ですが、まだ連携しても試運転はしていませんので明日やってみます。各機器ごとの試運転は良好だったので連携も上手くいくとは思いますね。 [続きを読む]
  • 稲刈りが秒読み段階になってきました。
  • 21日の月曜日から急に田んぼのコシヒカリの葉色が黄色くなってきました。稲刈り時は稲が教えてくれますね。それで今週末くらいの稲刈りになりそうです。昨日の22日〜今日にかけて稲刈り予定の田んぼの周囲の畦の草刈りをしました。しかし稲が垂れてきているのと畦際まで浮き苗が根付いて、畦際の稗のすぐ横から成長している自力稲もあるのでそれらをより分けつつ鎌で手刈りしました。しかしなかなか厳密にはより分けられずに稗 [続きを読む]
  • 出合いの後は・・・
  • 今日は草刈りの出合い作業の日でした。午前7時から9時半まで汗を流したのですが、いつも思うのですが出合い作業の後、ほとんどの人が草刈り機を積んでそのまま田んぼの畦や屋敷の草刈りなどを始めます。午前10時ころは中途半端な時間ですから昼までの2時間ほど目についたところの草刈りなどを始めるんですね。そう思います。まぁそういう私もご多分に漏れず軽トラに草刈り機を積んだまま柿畑に直行しました。膝の高さほどに伸 [続きを読む]
  • 稲刈り1週間前?
  • 8月は行事が多い月です。お盆過ぎからも今日の19日は高田・愛宕山参拝、翌20日は草刈り出合い作業、24日は地蔵尊祭礼、と各行事が続きます。本日19日は火事の予防のために愛宕山で護摩法要を参拝してきました。お札さんをもらって来たので町内を囲むように三か所の柱にお札さんを祭り各家々にも配りました。火を使うお台所に貼ってもらうためですね。昔から続いている行事ですが私が生まれてから町内での火事は幸いありま [続きを読む]
  • 稲刈り準備・・
  • 早生品種のあきたこまちの稲刈りが数日前から本格的になってきました。当地の主力品種のコシヒカリの稲刈りも秒読み段階となってきてますので割引のチラシが入っていた店に、新米用の米袋を買いに行ってきました。皆さん同じことを考えていたようで私が店に着いたとき買いたいと思っていた厚手の米袋は残り1セットになっていました。間一髪でしたね。(^^♪帰宅してからは米袋にわが家の「ロゴマークのスタンプ」を押しました。2 [続きを読む]
  • イセヒカリ出穂してきました。
  • 台風5号の影響が心配されましたが、通過後の出穂を確認しました。これから10日余りの間に次々と出穂してきますので暴風雨にもまれるということは回避できました。よかったです。一安心ですね。田んぼ全体で出穂がほぼ8割程度になると穂揃いということですが当地では穂揃いから約40日で稲刈りという予定ですね。平均気温が高ければ少し早くなりますけど。そんなわけでおそらくイセヒカリの稲刈りは9月下旬というところですね [続きを読む]
  • 台風5号一過!
  • 被害に遭われたところは大変だと思いますが、当地は幸いに大した被害もなく台風一過というところです。昨日は正午に自警団待機が招集されて公民館に待機しつつ1時間ごとに櫛田川の樋門の水位のチェックをしてました。もし櫛田川から樋門に逆流するようなら速攻で水門を閉めなくてはなりませんので油断はできません。数年前にも逆流して立毛中の水田が海になったことがありました。この時も翌日には水が引いたので事なきを得ました [続きを読む]
  • 檀家総出でお寺の掃除
  • 今日は台風5号の影響でお天気が心配でしたが無事午前中でお寺さんの境内の植木の選定やまき垣の掃除をしました。今日、雨なら来週の日曜日の13日でしたから無事お天気がもってくれてよかったです。今回は結構な大木もバッサリとやっちゃいました。うちの軽トラダンプで山盛り7回くらいは運びましたね。 [続きを読む]
  • 稲刈り準備ほぼ完了なり!
  • 7月30日にコンバインの掃除を手始めに稲刈り用の農業機械の掃除など事前準備をしてきましたが、今日は選別機2台と揺動式籾摺り機の掃除と試運転を行い不具合もなく正常に動作したのでほぼ稲刈り事前準備は完了しました。まだ籾搬送機やコンプレッサーの水抜き、エアードライヤの点検試験などが残っていますがそれほど時間がかかるわけではないのでほぼ完了です・ね。 [続きを読む]
  • イセヒカリの田んぼの畦草刈り
  • この田んぼには5月20日に神さまの米といわれる「イセヒカリ」を田植えしました。そろそろ8月8日〜9日ころには最初の出穂がみられると予想してます。なのでその前に田んぼの周囲の畦草刈りを行いました。出穂すると畦草刈りを中止します。害虫のカメムシは稲ではなく「イネ科の雑草」が大好きなので畦に自生するイネ科の雑草に移ってきますが草刈りを徹底すると住みにくくなるので他所へ行ってしまいます。しかし出穂すると籾 [続きを読む]