遅れて来たファン さん プロフィール

  •  
遅れて来たファンさん: ハワイタイムで綴る日常
ハンドル名遅れて来たファン さん
ブログタイトルハワイタイムで綴る日常
ブログURLhttps://ameblo.jp/naupaka2yura/
サイト紹介文詩などでtvxq,jyjを追ってきましたが彼らの兵役を境に ニュースも書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2014/07/20 06:40

遅れて来たファン さんのブログ記事

  • 人の考え方や生き方に興味があり対談番組が大好きだったが ニュースを良く見るようになってから、バラエィ番組もあまり見なくなり 本からもとうざかったっていた。 本は心が乾いてくるような時、潤いを求めるように読みたくなるのは リアルだけに飽き足らず今度は本の世界に理想を求めるのかも知れない。しかし読みたいと思って手に入れた本でももなかなか読み始まらないこともある。 感情は厄介でもある。 テーマがテーマだけに [続きを読む]
  • ニュースの裏側
  • あのカルト教団の首謀者に刑が執行されたニュースに 反対の意見が多く見れれるが 法務大臣の決断に敬意を表す声を少数だが明言している人達もいる。 日本の死刑制度を非難する国もありますがその国には国の事情があります。 事件に関わった彼らの真実をまだ話していないとか 充分に語られてないとかの意見もありますが 本物のジャーナリストとしてメデアに出てる人の中には この教団の真実に迫るには 某国と某国の関与があったの [続きを読む]
  • 反対派
  • 7月8日ホノルルで我那覇真子さんの講演会がありました。 彼女は沖縄で <琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会>の代表者です。 沖縄の二紙のあまりの偏向報道に本当のことを 伝えたいと活動を始めたそうです。 虎ノ門でニュースでこの情報を知り彼女の話を生で聴きたくて 仕事のシフトを変え出席しました。 ホノルルでどれくらい集まるのかの心配を覆すほど会場はいっぱいで 同席した方の話では沖縄県人会のつながりで [続きを読む]
  • 影響
  • あのオーム事件から23年目にして最終段階に至りました。 あの頃、夫は日比谷線で仕事場の神谷町まで通っていて テレビはその神谷町の駅前の被害者を映し出していました。 いつもでしたらこの時間帯の電車に夫は乗っていたのですが この日は一時間早く出勤したため直接にはこの事件に遭遇しなかったのです。 連日放送されるこの事件で ではカルトと言われるこの団体と一般的な仏教とは何が違うの?が知りたくて 宗教学者の”ひろ [続きを読む]
  • なんてこった!
  • ブログを書く余裕もないままの一ヶ月半、 音も色も無い日常を過ごしていたようです。 ようですと他人事のように言っているのは、自分なのに自分ではないような、 迷路でウロウロしているような状況なのです。 なんでこんなことになってしまったのか? の事情は百も承知だが行動ができない。 深く考えずに取った結果が自分をこんなに苦しめるとは。 そんな中、体調を崩してしまった。ところへ またまた膝を曲をげることができない [続きを読む]
  • 料理本
  • ジェジュンが料理本を出すニュースに韓国料理本かな?と思ったのだが フランス料理のようです。 料理上手と評判のジェジュンだからいつか簡単にできる家庭料理本も 出して欲しいと思う。 韓国のストアーに置かれてる商品は顔なじみのようでも 今ひとつ解らないので買う材料は少ない。 私にとってはタイ、ベトナム、料理より韓国料理は出遅れ感があるが 薄切り肉など日本料理に使える材料は重宝している。 ズングリムックリの紫大 [続きを読む]
  • ワイキキビーチで手弁当
  • ランチを屋内にしょうか屋外にしょうか     日焼けは避けたい、サングラスは忘れた でも外の空気は捨てがたい、 迷いに迷いやっぱり外と決めた。 あたりを見回し木陰の低めの石垣に決めた。 青の空と海に向かって水着姿、私服のままで寝そべる人達 それらを前にして手持ち弁当をパクつく。 左隣に腰掛ける親子の会話はこの頃よく耳にする中国語。 右隣には日本語のシニアカップル。 ツーショット撮りましょうか?と私。 夫が [続きを読む]
  • 今年は豊作のようです。
  • またマンゴウの季節がやって来て、たわわに実った美味しそうな それを横目に 歩きながら例の如く道に落ちてるマンゴウを手に入れ、 タイミングよく滞在していた息子夫婦と嫁の両親の舌を満足させた。 アルバイトの帰りに 近所のヘッドホンをしているおじ様が マンゴウの木の下から声をかけて来た。 何かと思い反対側の道から近づいていくと、 ヘッドホンを外してマンゴ欲しい?と聞く。 勿論、と答えると取るための道具を用意し [続きを読む]
  • 再々度のコメントありがとうございます。
  • ノーベル平和賞、文氏の事はわかりました。自分のブログでも公に出すという事は文章もわかりやすく書かなければと改めて思います。異論は自分よがりになりがちな視点を変えて考えるいい機会にもなります。ファミニズムには私自身は組みしてないように思います。(人間を生物として考えて見るのも面白いです)<憲法を変えて家長制を復古するなら>には私はクレッションです。野党の方達は法案が出されるたびに自由がなくなるとか、 [続きを読む]
  • コメントをいただいて。
  • コメントに返信をするには長文なので記事としてあげることにしました。異論があるのは当然ですが私の考えを人に押し付けようとも正論だとも思っていません。記事に説明不足があったのか誤解されてる部分があるようなので<めいさん>のコメントに対して私の考えをのべます。めいさんのコメントの順序に沿って書いていきます。1 憲法は改憲派で当然自衛権を認めるべきと思います。2<トランプ氏ノーベル平和賞云々> トランプ氏 [続きを読む]
  • 激動
  • ハワイ島キラウエア火山の噴火もあり目まぐるしい展開の世の中なのに日本国内ではウンザリする程同じことを一年以上繰り返して何の進歩もない。<森かけ>の文字や音声を見る気も聞く気もしない。国際的なことに何の興味もないように見えて本当にこんな議員達必要なの?自分の足元しか見ていない内向きの思考に安くはない給料で働いてもらう必要ある?会社だったら通用するはずがない。朝鮮半島のこれらの動きにどう対処するかアイ [続きを読む]
  • 武田先生のテレビでは言えない為になる話
  •  武田邦彦先生は科学者で工学博士です。堅い話<金属>から柔らかい話<健康>まで広範囲に及び物理、美術、生物、原子力などの広い分野からの話が興味深い。タバコの吸い過ぎ、塩の取り過ぎ、育メン、リサイクル問題、温暖化問題、などなど、世間の一般的な意見を真逆からとなえていて目から鱗というよりもそうなんだ!とか、そうなの?と思うのが正直なところ。時に余りにもぶっ飛びすぎてついていけないこともあるが科学サイド [続きを読む]
  • 親近感
  • きっかけはVocal.Review 梨々子さんのブログで紹介されている林部智史という歌手を知った。彼女のブログで二度も取り上げられてるので検索をかけるとカラオケバトル番組を経てプロになった歌手、2016年に歌手デビューその年のレコード大賞と有線大賞での新人賞を受賞とある。ジャンルがポップスとあるが、歌謡曲のようだけど今はこう言うのかもしれない。透明感のある歌声が特徴だ詳しいレビュウは梨々子さんのブログに書かれ [続きを読む]
  • 親近感
  • きっかけはVocal.Review 梨々子さんのブログで紹介されている林部智史という歌手を知った。彼女のブログで二度も取り上げられてるので検索をかけるとカラオケバトル番組を経てプロになった歌手、2016年に歌手デビューその年のレコード大賞と有線大賞での新人賞を受賞とある。ジャンルがポップスとあるが、歌謡曲のようだけど今はこう言うのかもしれない。透明感のある歌声が特徴だ詳しいレビュウは梨々子さんのブログに書かれ [続きを読む]
  • 親近感
  • きっかけはVocal.Review 梨々子さんのブログで紹介されている林部智史という歌手を知った。彼女のブログで二度も取り上げられてるので検索をかけるとカラオケバトル番組を経てプロになった歌手、2016年に歌手デビューその年のレコード大賞と有線大賞での新人賞を受賞とある。ジャンルがポップスとあるが、歌謡曲のようだけど今はこう言うのかもしれない。透明感のある歌声が特徴だ。詳しいレビュウは梨々子さんのブログに書か [続きを読む]
  • 同郷の親近感
  • きっかけはVocal.Review 梨々子さんのブログで紹介されている林部智史という歌手を知った。彼女のブログで二度も取り上げられてるので検索をかけるとカラオケバトル番組を経てプロになった歌手、2016年に歌手デビューその年のレコード大賞と有線大賞での新人賞を受賞とある。ジャンルがポップスとあるが、歌謡曲のようだけど今はこう言うのかもしれない。透明感のある歌声が特徴だ詳しいレビュウは梨々子さんのブログに書かれ [続きを読む]
  • なんで?
  • 時間があるはずなのにブログ更新できていない。 それでもこのブログに来てくださる方がいるのは嬉しい。 2月28日付で12年近く勤めていた仕事をリタイアして一月以上、 しなければならないことが多々ある中、 一方的に気持ちが家の片付けに傾いている。 あせらないでバランスよく少しずつ同時進行させるのが良いのでしょうが 今の所、前のめりになっているので反省することしきり。 リタイアー直後のハワイ島旅行での外食がた [続きを読む]
  • フィギアースケート世界選手権2018
  • 平昌冬季オリンピック後の大きな大会世界選手権が3月21から25日までミラノで行われています。残念ながら羽生選手は欠場で宇野選手は足に痛みを抱えながらの出場です。今日21日、女子シングルショウトが終わりました。イタリアの選手カロリーナ・コストナ、平昌オリンピックでは4位でメダルには届かなかったもののイタリアではトップスケーターですが2014年ソチでは3位2012年の世界選手権では優勝しています。20 [続きを読む]
  • 公人である事とその夫人
  • ニュースをみれば森友問題がウンザリする程、目に入るこの頃 ”安倍首相が自らが昭恵夫人の活動自粛することに努める考えを表明したと” 2月5日の産経が伝えている。 にも関わらずその後 SNSなどによる夫人の発言が話題になっている。 ここに来てあるニュースのMCや 今日の産経新聞の田北真樹子氏が夫人の行動の自粛を 僭越ながらと進言している。 全くそのとうりだと思う。 夫人が ”いいね”をしたとか 誰かのブログに反応 [続きを読む]
  • ハワイ島 パワースポット
  • オアフ島からハワイ島西側、コナへ50分程の飛行機の中から見るこの日の ハワイ島を囲む海の色は意外にもグレー。   出発前の天気予報ではハワイ島は3日間雨と出ている。 一月に友人のYから誘われ二泊三日の星を見る旅、 いつか行きたいと思っていたので二つ返事で決めた。 ”マウナケア星観測と朝日を見る”が第一の目的は 日本からYの友達親子と私の四人旅。 二月にリタイヤーした私にとってはリタイヤー後、初の旅行となった [続きを読む]
  • 平昌五輪 フィギアー 2
  • フリーが行われているその日、もう結果は出ているのか気が気でない。 仕事帰りのバスの中、携帯でニュースを今見ようかそれとも家でゆっくり 見るべきか迷ったがやっぱり待てない。 もうすでにネイサン・チェンの結果が215.08という高い得点が出ている。 それも技術点127.64という、この点数をどうやって羽生選手は超えるのだろうか。 そんな私の心配をよそに家に着いた頃には”優勝”の文字が載っていた。 ”絶対の王者” ” [続きを読む]
  • 平昌五輪 フィギアー
  • すごい! の一言しかない。 滑りが始まって最初の4回転 私の目に入ったのは 回転に伴い揺れる衣装の袖 見事なまでの着地 その後の流れの美しさだった。 歓声が怒涛にように起きる。 解説者は言う 異次元の強さだと。 17日のフリーどんな伝説が生まれるのだろうか。 [続きを読む]
  • 美術館
  • ホリディシーズンに毎回立ち寄るサンフランシスコを 地下鉄やバスやフェリーを使いながら寒い中私たちはよく歩く。 街中にあるビール工場だったり美術館だったりカフェだったり 靴磨きのおじさんがいつものように居たり懐かしささえ覚えます。 昨年12月の観光は二箇所の美術館とクリフハウスと日本町が主なところでした。 サンフランシスコの北西に当たるデイ・ヤングとリージョンオブオーナーの美術館。 リージョウンは期間限定 [続きを読む]
  • 西部邁氏
  • 西部氏のニュースに驚いた、78歳で自らの命をたった。 西部氏を知ったのも昔の”朝まで生テレビ”である。 彼の論を理解するのは 私の脳みそでは追いきれない内容だったことは言うまでもなく 友達に彼の話しを聞いてみるよう言ったが不人気だった。 最近は夜のニュースで相変わらず彼独特の論を展開していたが なぜか白い手袋をしていたのが気になっていた。 メディアによれば長年、奥様の看病をしそれを看取り 近年は自らも体 [続きを読む]
  • ウーマン村本氏
  • 得てして人は初めて読んだもの或いは初めて聞いたもの 或いは初めて経験したものを信じる。当たり前と言えば当たり前である。 しかし一旦、そこに定着してしまうと そこから発想を飛ばすことがなかなかできないどころか 違う意見や間違いだと聞いた時それを素直に受け入れることも困難なようだ。 ”ウーマン村本氏”の”朝生”での発言が炎上している。 昔、朝生を視ていた私は2018年元旦にかけてのこの番組を視聴していた。 [続きを読む]