バリー さん プロフィール

  •  
バリーさん: BARRYVOICE
ハンドル名バリー さん
ブログタイトルBARRYVOICE
ブログURLhttps://ameblo.jp/barryvoice/
サイト紹介文高校野球地方大会観戦記を中心に掲載しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供168回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2014/07/22 13:39

バリー さんのブログ記事

  • 【100th夏行脚8〜香川】目指すは84年ぶり
  • おはようございます昨日は観戦をお休みしておりましたが本日は再び球場に足を運ばせていただいております当初は岡山のマスカットスタジアムを予定していたのですが、千載一遇となる大一番が、海を挟んでお隣の県で!そう、香川県大会決勝戦です【本日の試合】決勝戦高松−丸亀城西第1回大会に出場した古豪の高松高校が決勝の舞台に立ちます。高松高校が代表決定戦に登場するのは昭和39年の第46回大会北四国大会以来(●高松0-4今治 [続きを読む]
  • 【100th夏行脚7〜宮城】心、静かに……
  • おはようございます昨日の六戸町から八戸で新幹線乗り換え、一ノ関でレンタカーを利用し石巻に宿泊。そして本日やって来ましたのは石巻から車で約1時間、南三陸町です。スタジアム名は平成の森しおかぜ球場といいます。今回の遠征で訪れた笠間市民球場(茨城)、メイプルスタジアム(青森)そして平成の森しおかぜ球場(宮城)はいずれも初めて訪問させていただく球場となりました。【本日の試合】2回戦東北学院榴ヶ岡−宮城県農業志津 [続きを読む]
  • 【100th夏行脚6〜青森】To.Oの名にかけて!
  • おはようございます昨日の笠間から水戸線で小山で乗り換え東北新幹線で仙台経由で盛岡入り。盛岡冷麺を食べながら昨晩の段階では盛岡、森山、花巻のどこにするかと思案していましたが、お隣の青森県では伝統校のTo.OとSEISHOがメイプルスタジアムに登場と知り、悩んだ挙げ句六戸町のメイプルスタジアムに出没となりました【本日の試合】3回戦東奥義塾−弘前東青森商業−弘前学院聖愛弘前東以外は甲子園出場あり。東奥義塾は63回大 [続きを読む]
  • 【100th夏行脚5〜茨城】輝き、取り戻せるか
  • おはようございます本日から三連休ということで、JR東日本三連休パスを使っての地方大会行脚を敢行致します。第一日目、茨城県は笠間市民球場に出没。当初はZOZOTOWNで拓大紅陵か川越初雁で所沢商あたりの観戦を考えていましたが、もう一度改めて各県の試合を眺めたときに懐かしいネームが2校揃う球場がありましたので急遽変更と相成りました。フリーパスならでは融通です(笑)ベースキャンプ地の上野を朝6時に出発常磐線の友部乗 [続きを読む]
  • 【100th夏、地方大会観戦記8〜北北海道名寄】手塩−士別翔雲 枠は一つ
  • 2018.7.1稚内大沼球場代表決定戦士別翔雲610 400 6=17300 301 0=7天塩7回コールド【翔雲】高橋(6)、加藤郁(1)−大杉【天塩】佐藤(0/3)、菊地(3-2/3)、高橋里(2-1/3)、谷島(1)−平川(1)、高橋未(4)H翔雲11、天塩12E翔雲3、天塩3K翔雲1、天塩1B翔雲14、天塩5 北北海道の本大会に出場できる名寄支部の枠はわずかに1つその1枠をめぐる最終決戦が稚内の地で行われたそこに地元稚内勢の姿はなく士別翔雲と天塩の対決稚内から天塩 [続きを読む]
  • 【100th夏行脚4〜北北海道名寄】最北の地から聖地目指して
  • おはようございます昨日の旭川から更に北上本日は最北の地、稚内に出没しております2年前同じく稚内まで来て観戦を目論んでいましたがその日は日本全国で唯一稚内のみ雨天中止となるという引きの良さ(笑)今回改めてそのリベンジとなります。本日の稚内は小雨混じりの曇天風強く湿度も高く優しくない環境です??名寄支部大会は9チームが参加今大会は枠が一つに減り、争いが熾烈になっています名寄支部といえばかつては稚内大谷の [続きを読む]
  • 【100th夏行脚3〜北北海道旭川】スタルヒン見守る北の聖地
  • おはようございますすっかり恒例となりました水無月北海道遠征シリーズ先週は十勝支部(帯広)→室蘭支部(苫小牧)というルートでしたが今週は旭川支部大会@スタルヒン球場に出没です。昨晩の新千歳空港が濃霧のため、飛行機が関空に折り返すかもという危機を乗り越えて何とか到着していますが、このところ北海道の天候が優れず心配されましたが現在は晴れています。【本日の試合】2回戦上富良野・東川−旭川永嶺旭川龍谷−旭川北上 [続きを読む]
  • 【100回夏、地方大会観戦記2〜北北海道十勝2】音更−帯広農業 得点勘 
  • 2018.6.23帯広の森野球場第二試合1回戦音更000 100 0=1120 301 1x=8帯広農業7回コールド【音更】遠藤(6)、鈴木(2/3)−黒澤【帯農】前田−有城H音更7、帯農11E音更0、帯農2K音更4、帯農2B音更1、帯農4平成9年以来の北北海道大会進出を狙う音更に対し昭和57年甲子園出場のある帯広農業(このときの勝ち上がりを見ると 幕別、帯広三条、広尾、名寄、旭川北、北見北斗に勝利して甲子園、なんかいい時代・・) 試合は得点の勘所 [続きを読む]
  • 【100th夏行脚2〜北北海道室蘭】まずは目指せ南大会!
  • おはようございます昨日の帯広から西に向かい本日の出没地は苫小牧。南北海道の室蘭支部大会となります。昨日の帯広は30度とかなりの暑さでしたが今日の苫小牧は19度予想寒暖の差は激しいですが陽が射すとそれなりの暑さ。厚着してきて裏目となってます(笑)室蘭支部といえば、センバツ出場の駒大苫小牧を擁する支部ですが他校もなかなかの戦力で北海道栄、北海道大谷室蘭なども虎視眈々と南大会進出枠(室蘭支部は3)を狙っています [続きを読む]
  • 【100th夏行脚1〜北北海道十勝】100回目の夏、ここより始まる
  • おはようございますいよいよ100回大会の夏が始まります夏の地方大会はやはり独特の雰囲気今年も甲子園では決して味わえない感動に出会えることを期待致します。スタートは6月の恒例行事となりました北海道支部大会観戦。今年も敢行致しますまずは今年から北北海道大会進出枠が3から4に増えた十勝支部大会参加校数は23校ですが参加チームは19チームそう5校連合チームが参加しています。会場の帯広の森野球場は?予想最高気温は3 [続きを読む]
  • 【2018春季大会観戦記36〜東北2】金足農業−東北 剛腕落つ
  • 2018.6.9青森県営球場第二試合準々決勝東北000 000 102=3000 000 000=0金足農業 【東北】中山−阿部真【金農】吉田−菊地亮H東北12、金農6E東北0、金農1K東北9、金農8B東北1、金農1 昭和59年夏、KKコンビのPL学園をあと一歩まで追い込んだ金足農業その「KANANO」に今年剛腕投手が君臨している三振を勝負どころで奪える吉田投手の投球が注目の一戦となった。対する東北の投手は打たせてとる投球術が巧みな中山君 序盤 [続きを読む]
  • 【2018春季大会観戦記34〜北信越2】日本文理−坂井 夏への布石
  • 2018.6.3金沢市民野球場第二試合準々決勝坂井001 010 000=2300 000 00x=3日本文理 【坂井】帰山慎(3)、嶋田(5)−石川【文理】鈴木(4)、川野邊(2)、新谷(3)−佐藤旭H坂井8、文理6E坂井0、文理1K坂井8、文理6B坂井5、文理3 新潟1位の日本文理と福井1位の坂井との対戦は選手の経験値を積むことに主眼を置いた試合となり坂井は12人、日本文理は15人の選手を起用した 試合はまず1回表 坂井1死1・2塁と先制のチャンスをつかむ [続きを読む]
  • 【2018春季大会観戦記32〜中国2】宇部工業−倉敷商業 不安が高まる
  • 2018.6.2山口マツダ西京きずなスタジアム第二試合1回戦倉敷商業000 033 5=11010 011 0=3宇部工業7回コールド【倉商】引地(6)、小引(1)−福家【宇工】久保田(6-1/3)、宮村(2/3)−茂山H倉商7、宇工9E倉商4、宇工2K倉商7、宇工6B倉商4、宇工4 プロ注目の倉敷商業エースの引地君 Max147キロを披露するもしかし今日は制球に苦しむ場面が多くみられ、苛立つ場面が多くみられた 1回ウラ 宇部工業安定しない倉敷商業の引地君の制 [続きを読む]
  • 【2010春季大会行脚18〜東北】春の〆は津軽から
  • おはようございます春季大会行脚の締めといたしまして東北大会@青森に出没しております今日の青森は曇り空。気温は17度。大阪との寒暖の差が激しいです(笑)東北大会は木曜日から始まっており本日は早くも大会第3日目準々決勝となりますセンバツには聖光学院と花巻東、日大山形そして由利工業を送り込んだ東北勢しかしながらベスト8の顔ぶれを見ると聖光学院以外は残っておらず、混戦様相。近年旗色の悪かった公立勢も2校残り大 [続きを読む]
  • 【2018春季大会観戦記31〜中国1】早鞆−広島新庄 Sに右のエースあり 
  • 2018.6.2山口マツダ西京きずなスタジアム第一試合1回戦広島新庄300 000 014=8000 002 000=2早鞆 【新庄】竹邊(7)、桑田(2)−木村【早鞆】畑村(8-0/3)、執行(2/3)、金山(1/3)−奥野H新庄11、早鞆7E新庄0、早鞆3K新庄6、早鞆8B新庄7、早鞆1 山口4位の早鞆と広島1位の広島新庄との対戦ユニフォームはともにシンプルな「H」と「S」そして共にエースは140キロオーバーの投球を誇る好投手終盤までは両エースが持ち味を出して競 [続きを読む]