2e kid Mom さん プロフィール

  •  
2e kid Momさん: アメリカのギフテッド&2e情報
ハンドル名2e kid Mom さん
ブログタイトルアメリカのギフテッド&2e情報
ブログURLhttps://giftedinfo.exblog.jp/
サイト紹介文アメリカに住む2E Kidのママが集めたギフテッド& 2Eに関する情報ブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/07/25 05:35

2e kid Mom さんのブログ記事

  • ギフテッドの子が学校への関心を失う時
  • 又しても私の愛読するGifted Challengesのブログで、少し前に紹介したこちらの記事の内容にも関連していて、ギフテッドの子どもを持つ親ごさんや、教育者の方達の参考にもなりそうな情報を見つけたので、リンクしておきたいと思います。”When gifted students feel disconnected from school…”って、日本語にどう訳すればしっくりす... [続きを読む]
  • 慢性の退屈は有害である
  • 私がギフテッドの子供達の特殊な教育ニーズの話を持ち出すと、「自分の子だけ特別扱いを要求する自分勝手な親」と、私に対して非難する方がいるのですが、人を非難する前にもう一度、この記事のLesson:10の部分を読んでいただきたいと思いますね。A Score of Scores-20 years of IQ testing and much more...What I have lea... [続きを読む]
  • 2eの脳を理解する
  • Davidson Instituteのリソースデータベースに、Understanding the 2e Brainという2eの脳について書かれた情報を目にし、その内容がとても興味深かったのでリンクをシェアしますね。Understanding the 2e Brainギフテッドや2eはもちろん、脳の構造や機能全般について関心がある私には、ほぅ、なるほどねぇ〜、っと、息子の特質・... [続きを読む]
  • 親の為の2E情報ガイドブック
  • 今週、Davidson Instituteから送られて来たYoung Scholar(息子が会員)のニュースレターに、この機関が作成したTwice-Exceptioality: A Resource Guide For Parentsという2Eの子を持つ親向けの情報ガイドが紹介されていて、これはとても参考になりそうだと思ったので、ここでもシェアしますね。Twice-Excepti... [続きを読む]
  • 突然の訃報
  • 昨日、こちらアメリカのギフテッド界での大御所で、SENGの創立者でもある心理学者のDr. James T. Webbが亡くなられたという悲しい知らせを聞き、長年、彼の事を敬愛してやまなかった私は未だに信じられない気持ちでいっぱいであります。In Memoriam-Dr. Jame T. Webbあまりにも突然の訃報に、まだショックから立ち直ってません…私がちょっと訳あり... [続きを読む]
  • Gifted Resource Center
  • うちはどうにかこうにかこの何かとチャレンジの多い子供時代/義務教育期間を乗り越えてくることが出来たので、まずは一安心してますが、現在、ギフテッドのお子さんの育児に奮闘されてらっしゃる親ごさん達の参考になればと思い、これからもネットで見つけたギフテッドに関する情報などを紹介して行きたいと思ってます。(ただし、ほとんどが英語になると思いますが。)Gifted Resource ... [続きを読む]
  • まずはセルフケアが第一
  • 又しても、私のお気に入りのブログで見つけた記事に大いに共感してしまいました。ギフテッドの人は色んな才能に恵まれ、正義感や義務感が強く、道徳・倫理観が発達していて、その才能や精神性を世の為、人の為に活かしたい、貢献したいという気持ちがあるかもしれないけれど、でもだからと言って、周りに対する妙な義務感や、プレッシャーなどで自らの心身ともの健康状態を犠牲するのは良くないと思いま... [続きを読む]
  • ギフテッドのカレッジプラン
  • このGifted Challengesのサイトには毎回、(理想だけを述べるのではなく)現実的で実践的、そして鋭い洞察を含んだとても役に立つ情報が満載なので、何かと複雑な課題を抱えたギフテッドの子の育児に挑む親達にとっては、まさに神からの恵みって感じですよ。うちは何とか無事に、複雑で(時には不条理と思える?笑)アメリカの大学受験を終えることができ、この段階を通り越したのでホッと... [続きを読む]
  • ギフテッドの誤診と同様に注意をすべき点
  • 皆さん、こんにちは。しばらく(と言っても3日間ほどですが)ブログの更新が怠っていたにもかかわらず、毎日応援のポチを押してくださりありがとうございます〜。最近、やっぱりめちゃ忙しくなって、毎日バタバタしております。あれこれやらなければならない事に追われ、1日が超スピードで過ぎていく感じです。(汗)新居探しの方は、正直言ってかなり手こずっていて、なかなか思ったような物件... [続きを読む]
  • 受験生の皆さん、お疲れ様でした!
  • *今日は4月1日で、アメリカの大学に受験した皆さんのほとんどが、この日までに合否の結果を得たのではないかと思います。(*オリジナルの記事を発信した日付)受験生の皆さん、長期間に渡るアメリカの過酷な大学受験のプロセスがやっと終わり、本当にどうもお疲れ様でした。中には望むべき結果を得ることができ、大喜びの人もいることでしょう。希望の大学に合格された方、おめでとうござい... [続きを読む]
  • 5年生でAP Calculusにて最高得点!
  • ノースキャロライナ州の小学校5年生(5th grader)が、AP Calculus ABを受験し、最高得点である5(1ー5の範囲)を得たという記事です。いやぁ〜、すごいですねぇ〜。小学校5年生でAPですか!この少年(ポール君)が2年生の時、彼のお父さんは息子さんの数学の才能に気が付いたらしく、(お父さん曰く、"Numbers and calculations c... [続きを読む]
  • Challenge, Challenge, Challenge!
  • JHU CTY (Johns Hopkins University Center for Talented Youth)のFBのページにあった言葉に激しく共感したので、画像をお借りしました。スポーツやアート、音楽などと一緒で、アカデミックに関しても才能開発の為には”チャレンジ”が必要のに…知的/アカデミックにギフテッドの子達にとっては、”チャレンジ”を願うことは... [続きを読む]
  • ギフテッドの一般的な特徴(日本語訳)
  • ありがいことに、又もやカクタス通信のmaiさんが、Dr. Webbの著書でリストアップされていたギフテッドの子たちの一般的な特徴を日本語に訳してくださってますので、少しでも多くの方の目に触れられることを願って、ここでもシェアさせていただきます。(maiさん、いつも本当にありがとうございます!)「ギフテッドの一般的な特徴」”ギフテッド”というのは(ギフテッドの特徴を... [続きを読む]
  • ギフテッドが教師に知ってほしい14のこと(日本語訳)
  • すっかりお馴染み、カクタス通信のmaiさんが、私のこちらの過去記事で紹介した英文の記事をご自身のブログでめちゃめちゃ自然でわかりやすい日本語に訳してくださってますので、リンクさせていただきたいと思います。ギフテッドが教師に知ってほしい14のことmaiさん、maiさん自身、毎日大学院のお勉強や主婦業、育児などでお忙しいのに、いつも本当にありがとうございます!私のぎこち... [続きを読む]
  • 残念ですね、こういう見方
  • 先日、ネットでちょっと調べ物をしていて目にしたコチラの記事を読み、非常に残念な気持ちになってしまいました。まぁねぇ、個人によって物事の捉え方、考え方はそれぞれですので、それはこの方の意見として受け入れるべきなんでしょうが、でも、私的にはこの、”ギフテッドは結果だけで語られる概念で、結果を出していなければギフテッドではない”といった見方にはすごく違和感を感じてしまいます。... [続きを読む]
  • 罰だけ与えてもねぇ…
  • 先日、こちらのGiftedness and ADHDという記事を読んでいて、∫がまだ小学生で、学校側から問題児扱いされていた頃の事を思い出してしまいました。この記事の中の、”生徒がその子に適した知的・学習チャレンジが不足していて退屈に感じたりしていると、時としてギフテッドの特徴が、ADHDの症状と似たように見える。ADHDもしくはギフテッドであることを見落としてしまうと、そ... [続きを読む]
  • 自己効力感を発達させる
  • National Association For Gifted Children (NAGC)のページでこのような情報(英語)を見つけましたので、リンクしておきたいと思います。Developing Self-EfficacyDeveloping Self-Efficacyとタイトルづけられたこの情報、NAGCはギフテッドの子ども達の支援団体・機関ではありますが、ギフテッドの... [続きを読む]
  • Pay it forward(恩送り)
  • 又々、ブロ友のEGMさんが、ご自身のブログに素晴らしい記事をアップしてくださってます!こちらの「僕達は単純に聡明で内向的なだけ」という記事、(私自身を含め)ユニークな子どもを育ててらっしゃる親御さん達にとって、とても参考になるし、励まされる情報ではないかと思うので、リンクさせていただきます。(私もこの情報を読んで、色々と考えさせられました。)EGMさん、いつも貴重な情報... [続きを読む]
  • ギフテッドの為の目標設定のストラテジー ②
  • 時間が経つと忘れてほったらかしにしてしまいそうなので、この勢いついでに昨日の記事の続きを書いておくことにします。(笑)前回、紹介した、Free Spirit PublishingのBlogによる情報の続きです。”生徒が”理想の自己目標”を決めたら、理想の自分自身を実現する為の学習目標を立て始めさせる。学習活動を始める前に生徒が設定した目標の質は、彼らの学びのモチベーショ... [続きを読む]
  • ギフテッドの為の目標設定のストラテジー
  • 新年を迎え、新たな気持ちで今年の抱負や目標などを設定する人も多いかと思います。が、現実的にはそれらの目標を達成するために必要な姿勢や行動を維持していくのはなかなか至難の技で、多くの人が気がついたら挫折していた、(目標を立てた事も忘れてしまっていた。←私😜)ということも結構、あるのではないかと思います。↓のサイト(英語)に、ギフテッドの生徒(別にギフテッドに限ら... [続きを読む]
  • 賢くてもマナーが欠けてたらねぇ
  • 掃除嫌いの私ですが、やっぱり家の中がスッキリときれいな状態で年を越したいと思い、今年は重たいレイジーな腰をあげて、ここ数日の間ほどほぼ一日中、年末の大掃除に勤しんでいます!(その為、疲れてしまって2日間もブログの更新を怠ってしまいました。苦笑)掃除のついでに、自分や∫のクローゼットの中に長年眠っていた、(でも多分、この先、使用することがないであろう)服やバック、その他諸々の物... [続きを読む]
  • ギフテッドの生徒が先生に知ってもらいたい14の事
  • すいません、英語の情報ですが、興味のある方の為にとりあえずリンクしておきます。(∫がいくつかの大学から合格通知をもらったと思って一安心していたのもつかの間、早速、それらの大学からその後も次々とスカラーシップやオナーズ・プログラムへの応募の招待を受け、今度はその申し込み手続き(エッセイやら履歴書作成、推薦状リクエスト)などに忙しくなってしまい、日本語に訳できなくてゴメンなさい。&#... [続きを読む]