2e kid Mom さん プロフィール

  •  
2e kid Momさん: アメリカのギフテッド&2e情報
ハンドル名2e kid Mom さん
ブログタイトルアメリカのギフテッド&2e情報
ブログURLhttp://giftedinfo.exblog.jp/
サイト紹介文アメリカに住む2E Kidのママが集めたギフテッド& 2Eに関する情報ブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2014/07/25 05:35

2e kid Mom さんのブログ記事

  • うつ病や不安神経性と高い知能の関連性についての記事
  • 少し前にこのブログでもとり上げた、高IQと精神的/身体的疾患との関係について書かれている記事を、お馴染、カラパイアのサイトで見つけたので、興味のある方の為にシェアしますね。この記事がもととなったオリジナルの研究報告文献では、精神的、身体的のどちらも含む、様々なコンディションや疾患についてが書かれているのですが、??のリンク先では主にうつ病と不安神経症についてがとりあげられ... [続きを読む]
  • ギフテッドの3つの特徴
  • ギフテッドの定義も色々ありますが、お馴染みのコロンバス・グループのと並んで、私が個人的にしっくりいくのが、ボストンカレッジの心理学部の教授である、Dr. Ellen Winnerによるもので、彼女の唱える3つのギフテッドの特徴は、∫や周りのギフテッドの子達を観察していて、まさにぴったり当てはまっているなと感じます。その3つの特徴とは、① Precocity - They b... [続きを読む]
  • ギフテッドと実在的危機
  • ギフテッドに関する文献を読んでいると、よくexistential crisis(実在的危機)と言う言葉を目にします。この実在的危機、英語版のWikipediaによりますと、"An existential crisis is a moment at which an individual questions the very foundations of their life:... [続きを読む]
  • ギフテッドの誤診:ADHD or ADD
  • 過去に幾度かに分けて紹介させてもらったこの、SENGのDiagnosis Questionsのシリーズ、いよいよ今回で締めくくりとなります。最後に取り上げられているトピックは、多分、ギフテッドの個人が一番、頻繁に誤診されているのではないかと思われる、ADHD またはADDについてであります。ギフテッドのADHDの誤診について、以前にも幾つか情報を紹介していますが、今回の記事で... [続きを読む]
  • ギフテッドの子について45年間の研究で学んだ事
  • このStudy of Mathematically Precocious Youth (SMPY) の、ギフテッドの子達に関する長期追跡研究の結果については、すでに色々な文献や記事などが出回っていますが、先日、目にしたこちらの記事の情報がなかなか参考になるなと思ったので、リンクしておきたいと思います。英語の記事ですが、比較的シンプルでわかりやすい文章なので、英語が苦手な方にも読みや... [続きを読む]
  • ギフテッドの誤診:鬱病または双極性障害
  • シリーズ化しております。(笑)又しても、Diagnosis Questionsよりの情報です。今回は、Depressive or Bipolar Disordersについての部分を抜粋しました。鬱病または双極性障害強烈なOEを持つハイリーギフテッドの子供は、感情の起伏が劇的に激しい傾向にある。これらの特徴は、臨床的介入が必要となる病理的な状態とどうやって区別されるのか?... [続きを読む]
  • 8年生で微分積分?
  • カリフォルニアのパサディナ統一学区に、Math Academyという、数学の極端な促進(通常の学年より少なくとも4学年以上先取りした)プログラムがあるようです!Calculus for eighth-graders? It's the differential in one school system"AP Calculus for 12- and 13-year-ol... [続きを読む]
  • ギフテッドの誤診:非言語性学習障害
  • 以前にも紹介しましたSENGのDiagnosis Questionsという記事から、今回は2番目にあげられていた、Non-Verbal Learning Disorder(非言語性学習障害)の部分を訳してみました。非言語性学習障害とは何ぞな?と思われる方は、まず、こちらのリンクを訪れてみてください。(あらっ、そう言えば、私も昔にこのコンディションについての記事を書いてましたわ。... [続きを読む]
  • ギフテッドの誤診:反抗挑戦性障害
  • 又してもSENGによる、ギフテッドの誤診についてのとても有益な情報をシェアしますね。「Diagnosis Questions」この記事では、ギフテッドの個人が誤診されやすい可能性の高い障害やコンディションについて、誤解されやすい理由なども含めて説明されています。ギフテッドの特性を考えると、それらに馴染みのない素人の目からは障害の症状となかなか区別し難くく、間違われやす... [続きを読む]
  • 渋谷区のギフテッド教育についての記事で思ったこと
  • 先日、FBのフレンドさんがシェアしてくださった、渋谷区のギフテッド教育に関する記事の中に書かれていた一部の文章(中邑教授の発言)に、な〜んとなく違和感を感じていたところ、タイムリーにも今朝、このような記事を見かけ、思わず共感してしまいました!これって、大人の世界だけでなく、子供(学校教育)に関しても同じような事が言えるんじゃないか?などと思ってしまいました。子供にとっても、「... [続きを読む]
  • ギフテッドの誤診を防ぐためには鑑別診断が大切
  • うちは∫が小学校3年生の時に学校側からADHDを疑われ、一連のスクリーニングやアセスメント、∫に適していない的違いのカウンセリングやセラピー、SST (Social Skill Training)などを経てきて、子供の状況に合っていない療育に、随分と無駄な時間や精神的なエネルギーを費やしてきた経験もある為、「ギフテッドの誤診/過剰診断」に関しては、個人的に特別な思い入れがあります。... [続きを読む]
  • School vs. Learning (学校 vs. 学ぶこと)
  • こちら??の記事がなかなか興味深かったので、みなさんともシェアさせていただきますね。「School vs Learning」■ School vs. Learning by George Couros School(学校)                Learning(学ぶこと)・答えを探すことから始めることを推進する。  ・疑問を持つことから始めることを推... [続きを読む]
  • ギフテッドアダルトのブログ:Brilliant Chaos
  • ブログ村にギフテッドアダルトのカテゴリーができてからすぐ、このブログも登録していたのですが、色々考えていたら、まだ∫の育児や教育サポートなどもあと、1年ほど残っているし、ここで書く内容は、(たまにギフテッドの情報も含みますが)ほぼ、家族や∫の毎日を綴った日記的なものとあり、ギフテッドアダルトについての情報が収集しやすいようにと思い、また、別にその課題に特化したブログを開設しました。... [続きを読む]
  • 断定的な表現を訂正しました
  • 少し前の「先生、ほんまですか〜?」という記事の、ギフテッドの子の教育ニーズについて語っている文章で、あまりにも断定的な表現をしてしまってたのに気がついたので、ここでその部分を訂正しておきたいと思います。こちらの、”私は自分の子供が特別な教育のニーズがあるから、(ギフテッドの子に特別な教育ニーズが存在するのは疑いのない事実)学校側と協力しあって、それらのニーズを満たそうと、... [続きを読む]
  • ギフテッドアダルトのカテに願う事
  • まず、始めに。昨日はたくさんの方に応援のポチをいただき、皆さん、本当にどうもありがとうございました!(そしてりかこさん、早速、ギフテッドアダルトのカテにようこそ!仲間が増えて嬉しいです!)昨日はあまりにも高いポイント数に正直、マジでビックリしてしまったのですが、同時に、(間接的な形ではありますが)これだけ多くの方から応援やサポートをいただいてるのを見て、日本でも”アダル... [続きを読む]
  • P-Giftedの定義の見解(アメリカの場合)
  • 私がギフテッドのIQやらレベル、定義などの話題を持ち出すと、”ギフテッド至上主義”につながる「差別的発言」などと反感をお持ちの方もいらっしゃるようですが、まっ、そのような”自分の都合のいい偏った解釈”のみで、短絡的、飛躍的な結論付けをして他者を非難するような方の言葉をいちいち気にしていても仕方がないので、今回も図々しく懲りずに(笑)ギフテッドの定義について考えてみようと思います。... [続きを読む]
  • とてもわかりやすいギフテッドの定義
  • 一口に「ギフテッド」と言っても、その概念や定義は個人や団体、専門家、(アメリカの場合)州や学区、学校などによって様々で、一般的に(皆が同意する)共通した定義がない為、その曖昧さのゆえに、ギフテッドについて語る場合、今一つ、話がかみ合わなかったり、混乱や誤解を招いたり、堂々巡りの論争になったりしやすいですよねぇ。ギフテッドの子を持つ親などといった一般の個人の間だけでなく、ギフテ... [続きを読む]
  • GRO (Gifted Research & Outreach)
  • 私が特に興味を持っている、ギフテッドに関するリサーチなどの情報が満載のサイトの紹介です。”Promoting a Comprehensive and Accurate Understanding of GiftednessThrough Research and Outreach"という、GROのMission Statementは、私が個人的に賛同し、支援する考え方でありま... [続きを読む]
  • 意外に自己評価が低い
  • 昨日、∫と何気に会話をしていて、ふとしたことから学校や数学クラブの仲間達、成績やテストなどの話になり、これまではあまり聞くことがなかった、正直な胸の内を∫から聞かされ、何やらちょっと、驚いてしまいました。それらと言うのが…他の子達を見ると、(特にコンテストや試験会場で出くわす子達)彼ら皆が、自分よりも遥かに知的、学習能力、スキルに優れていて、いつも自分がビリになるのではない... [続きを読む]