iizawa さん プロフィール

  •  
iizawaさん: パリのスケッチ教室
ハンドル名iizawa さん
ブログタイトルパリのスケッチ教室
ブログURLhttp://montmimi.exblog.jp/
サイト紹介文パリやパリ郊外のスケッチをし、時にはレストランで食事を楽しみます。時には穴場をご紹介
自由文パリ在住の日本人画家です。
せっかく美しい風景に恵まれたパリの町です、絵にしない手はない、更に郊外スケッチに出掛けたときはその土地の美味しい料理を楽しみます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2014/07/25 22:39

iizawa さんのブログ記事

  • パリの裏通り うずらが丘
  • パリ13区にうずらが丘と言う所があるrue de La Butte aux Cailles ビュット・オ・カイユ通りここで年に2回、蚤の市が開かれる普段は実に静かで味がありのんびりした通りだ写真はうずらが丘から更に横道にそれた通り来てみてびっくり!何処かの神社のお祭りか?と思わせる何だこの人の群れは?しかしまぁ良くこれだけ集まったもんだ人のいないこんな一角を見るとホッとする人波をぬって僕が見つけたものがこれ!アンチークではない [続きを読む]
  • モンマルトルのブドウ園見学
  • 収穫祭Vindange の初日に機会があってモンマルトルのブドウ畑の見学に参加させてもらった。誰が解説してくれるかなと思っていたらあれあれ、知り合いのジャン・マヌエルじゃないか、パリ・モンマルトルの組織委員でジャーナリストだ、会報誌に良く記事を載せている実に研究熱心で知識が豊富、その上冗談も実に上手い。ブドウ畑の横はしばしば通っているが・・・ついぞ畑の中に入った事は一度もない畑の中から写真を撮る事もなかっ [続きを読む]
  • ランブイエの町
  • むかしここでサミットをやった事がある。蚤の市があると言うので行ってみた、途中、工事の為に乗り替え乗り換えで2時間近くかかった今回は蚤の市が目的なのでお城は二の次いいものが見つからず、女房が手に入れた1664のコップ6個箱入りセットが帰宅して分かった事だが3個は別のメーカーだった、やられた!と悔しがったがその場で確認しなかった女房のミスで仕方ないそんなこともあるんだ・・・それは兎も角町は静かでのどかで可愛 [続きを読む]
  •    モンパルナスの貸しアパート
  • ゲテ通りのアパートだから通称ゲテアパと言ういま冬支度に取り掛かっている。建物は古く184年前のもの、したがってこの窓もザっと200年近く経っている天井が低いと言う多少の難があったが立地条件がすこぶる良くて女房が大変気に入りそれでこのアパートを手に入れた。前の持ち主はここを倉庫に使っていた、部屋は汚くすすけており、我々が住むまでに1か月掛かった。住み始めて数年後にはまず窓がボロボロに荒れてきた慌てて補修を [続きを読む]
  • ブロカント
  • 久々に近くのブロカントに出かけてみた。大した事ないだろうと高を括っていたらあるわあるわ延々と軒を連ねてコーランクール通りの両側に500軒はあっただろうか、すべてじっくり見たらえらい事になる。極めて個人的な好みで僕はこれを見つけた。コニャックを入れてちびりちびりとやる。女房が選んだのはこの箱、フッと手に取ってみたくなる。更にクリスマスティン缶は彼女のお気に入り。2つともでかい!今回の掘り出し物はこれ!取 [続きを読む]
  • 最近の作品
  • パリの夏は日本とかなり違う、暑い時はフライパンで焼かれるようにじりじり暑い湿度がないので汗をかかない、今年はそんな暑さは全然なかったなぁパリの秋も天気のいい日は太陽が突き刺してくるまるでひまわりが宙を舞っているようにキラキラと眩しい眩しいそんな事を思いながら気軽に描いてみた今まで興味を示さなかったアラブ人やアフリカ人更にインド人やベトナム人が立ち止まって見て行くこれは面白い、文化の違いと言うのか日 [続きを読む]
  • パリの裏通り
  • ここはパリ18区のラメ通りだけどね、しばらく通らないといつの間にかお店が変わってる。日本だけかと思ったらパリの町もどんどん変わってきたよ。お店が変わると、あれ、前は何のお店だったっけとしばらく考えてしまう。隣のクリニャンクール通り、ポリスの直ぐそばのアパートからいつものぼりがぶる下がっている。誰が何の為に作っているのか分からないがでかいのぼりで、良くポリスに注意されないなぁと見るたびに思っていた。で [続きを読む]
  • パリの石畳
  • 家を出ると、あれ、石畳の補修工事だ。糸を張って高さを図りながら1つ1つ敷き詰めて行くなんと時間のかかる仕事だろう・・・見て初めて分かったが、薄い石を張る訳ではないんだ1つの石は四角くてかなり重たい何のために石畳にするのか?アスファルトがない時代は雨が降った後などは大変だ、ぬかるみで足はドロドロ、馬車の車や馬の脚が泥沼にはまり人手のない時は貴婦人だって泥だらけを覚悟で手伝わされる。しかし今はアスファ [続きを読む]
  • ゴッホ終焉の町
  • 日本から友達が来てるので一緒にゴッホの終焉の地オーベール・シュー・オワーズに行く事にした。最近は列車がうんと綺麗になって気持ちがいい。彼女は語学学校の経営やら同時通訳の勉強が忙しくて、パリに来ても殆どとんぼ返り、翻訳時代にゴッホを扱った事があると聞いてそれじゃぁ行かなきゃと言う事になった。僕は何度も来てるのでどうしても途中の家やら景色に目が行ってしまう。レンブラント、カミーユ・クローデル、モジリア [続きを読む]
  • パリの学生街 カルチエ・ラタン
  • 久々にカルチエ・ラタンを歩いてみた。ソルボンヌ大学で宗教哲学を学び教会に就職する為に世界から集まった学生達の町、共通の言語がラテン語だった。中世から近世にかけてこれが出世する唯一の道だったからね?ムフタール通りはそんな昔の面影が残る通りで、レストランがここには沢山並んでいる。さすがに今じゃ乞食広場なんて言う人もいないだろう、ムフタール通りの中ほどに空き地があって日当たりもよく乞食が集まっていた。僕 [続きを読む]
  • パリ郊外 サンドニの町
  • パリ市の隣にサンドニ県がある。その中心であるサンドニに女房と行ってみた。パリからいろんな行き方があるが、エピネイの駅がきれいだと言うのでそちらのルートで行ってみた。確かに駅がきれいだ。あ、電車が来た急いで急いで・・・!と走り出す女の子たち我々はのんびりとトラムに乗り替えてトラムも綺麗サンドニは古くて大きな町だが、今はドが付くほどの下町だ。あれまぁ、着いて早々にサンバのお出迎え?訳が分からないまま賑 [続きを読む]
  • パリの裏通り
  • パリ18区にトロゼ通りがある、その通りから奥を眺めると風車が見える。工事中の足場が煩わしいが・・・・昔は風の力を利用して風車で粉を惹きパンを作っていた。その所為もあってモンマルトルのパン屋さんは他に比べてどこもパンが美味しい。同じくアベス通りで見つけたショットメニューを見ているのか、それとも小説を読んでいるのか落ち着いた午後のこんな風景はパリにピッタリ!いいな、と思ったらどうぞこちらをポチッとお願い [続きを読む]
  • スケッチ教室
  • ブログを再開します。天気は上々、そこでパリ18区にあるレストラン・バジリックを描くことにした。今まで何度か描いたことがある。レストランを挟んで左側の道は下り坂、右側の道は上り坂、この対称が面白いので正面から描くことが多い。下の2つはずいぶん前に描いた絵と、今回描いたものと比べてみた。目いっぱいデフォルメしてみた。明日は帰国と言う、パリ滞在最後の日に思い出のスケッチ。いいな、と思ったらどうぞこちらをポ [続きを読む]
  • なりすまし 詐欺メール
  • 私のメールボックスがのっとられ皆様に大変ご迷惑をおかけしています。私に緊急事態が生じ、なにやら金銭を要求している様です。私共に緊急事態など一切存在しません、これは明らかに振り込め詐欺です充分に御注意下さい。前のメールアドレスに返信しないで下さい、返信しても私には届きません。この文章を書くのに相当の時間が掛かります、ブログが停止するのももはや時間の問題だと思います。この度は皆様にご心配とご迷惑おかけ [続きを読む]
  • スケッチ教室
  • 今回は2つの家族が参加して久々のスケッチだ。サンミッシェルの裏のサンジュリアン・ル・ポーヴル通りで描く事にした。あいにく天気がイマイチ、雨が降らないといいけど・・・・                説明している最中にイヌを連れたお婆さんが・・・・・ほら、これを逃しちゃいけないよ、よーく見て、絵の中にこれを入れるんだ絵がぐっと良くなるよ。この通りは絵になる風景が沢山あるので面白いサンミッシェルに近い [続きを読む]
  • コレクション
  • こんな可愛い形の代物を女房が見つけて来た。レモン絞りだ、新しいのか古いのかは分からないが、こんなの初めて見た、実際に絞ってみたら楽に絞れた。雨上がりの風景で入道雲が綺麗だった。おや?いいな、と思ったらどうぞこちらをポチッとお願いします。にほんブログ村パリで宿泊するならモンパルナスのゲテアパートでhttp://cheval13.exblog.jp/12511656/アンティークや貸アパートのお問い合わせは?mimiyoshi445@hotmail.co.jp [続きを読む]
  • パリの裏通り ラメイ通り
  • パリ18区のクリニャンクール通りが二股に分かれるところがある。分かれる直前にこの建物があるんだが僕はこの形が好きでね、カフェに座って良く描いていたよ。ここで二股に分かれる、右がクリニャンクール通りで左がラメイ通り。ラメイを少し北に進んだ所にシュバリエ・ド・ラ・バール通りがある。覚えてるよね、僕の家がある通りだ。そう、サクレクール寺院の一部がチラッと見える。そして隣の通りがユトリロの描いたコタンの小径 [続きを読む]
  • パリの裏通り ヴイエ通り
  • コレクション以前、蚤の市で見付けた水差しだ。繊細で優雅な曲線が気に入って手に入れた。蓋の部分が欠けていたがオブジェとして充分に使える。いいものは向こうから呼びかけて来るよね?蚤の市久しぶりに女房と蚤の市に出かけた。パリ14区メトロ・プレザンスのヴイエ通りから始まってコンバンション通りに至るまでの間に300軒ほどの店が並んだ。ヴイエ通りで興味あるのはこの建物、これは昔の風呂屋だ。パリにも昔から風呂屋があ [続きを読む]
  • パリの裏通り マルティル通り
  • 新作が出来上がった!息抜きにちょっと散歩・・・・しかし何だこのくそ暑さ、パリで35℃は殆ど限界に近い。そう言えば今日は音楽祭だった、近場で様子だけ見て来よう。道の途中から見えるサクレクール、暑いが白い丸屋根が何ともすがすがしいやって来たのはパリ9区のマルティル通り、間もなく午後7時を回ると言うのに陽が落ちる気配がない、まだ昼間の感じ。音楽祭の為に町の角ごとにバンドが出て、今日ばかりは無礼講!町中でジ [続きを読む]
  • パリの裏通り ソル通り
  • またもやモンマルトル、テルトル広場からちょっと外れた所にソル通りがある。ここにはル・コンシュラとボンヌ・フランケットの2つのレストランがある。道なりに下って行くと、右手に綺麗な館があり、これは絵になる。館の側から見下ろせば二股の角がレストラン・メゾンローズだ。ここからの景色は絶景だね、前回は左の道をとってダリダ広場に向かった。今日はそのままシャンソニエ・ラパンアジルの方に進んでみよう。右手がぶどう [続きを読む]
  • パリの裏通り シュバリエ通り
  • モンマルトルにシュバリエと言う名前の通りがある。正式にはシュバリエ・ドラバールと言う通りでサクレクールに繋がっている。1番地のこの辺りからサクレクール寺院の一部が見える。実はこの通りにうちの住居兼アトリエがあるんだよ。残念ながらうちからサクレクールの建物は見えないけど・・・・(坂の上から振り返った風景)アトリエを探していた時、ここ一帯は物騒だと聞いていたので、夜中はどんな雰囲気になるのか様子を伺い [続きを読む]
  • パリの裏通り モンスニ通り
  • モンマルトルにモンスニと言う通りがある。この通りは特別に面白いので是非歩いてみるといいね。テルトル広場から北に向かって歩くと景色のいい階段がある。この階段から見る景色は本当に絶景だ。階段に次ぐ階段で、いったいどこまで続いているんだろうと思わせる。初めの階段を下りた所がこんな感じで、横に走っているのがサンヴァンサン通りだ、振り返ってみると・・・・いいね、たそがれのモヤーンとした空気が漂っている。ここ [続きを読む]
  • バラドンの家
  • テルトル広場にはいろんな人たちが来るよ。この子達は陽気で賑やかだったなぁ・・・鼓笛隊も時々やって来るね、政治家や著名人が広場のレストランに来る場合、歓迎を込めて駆り出されるみたいだ。前回は階段の手前で右に曲がりダリ美術館方面を紹介した。今回は階段を下がってみよう。階段下のレストラン・マリーの家の赤が効いてるね?階段を振り返るとこんな感じ。ガブリエル通りを左に行くとこれもいいコースだが、またこの次ね [続きを読む]
  • パリの裏通り
  • 仕事柄なんどもテルトル広場の名前が出て来るが、広場の周りはいい所がいっぱいあるので紹介しよう。その前に、絵を見てるこの子の知ったかぶりと言うか、したり顔と言うか偉そうな表情が面白かったね。広場から南の方に離れると・・・行き止まりで、その先は急な階段になっている。ブログで何度も紹介している様に、この眺めは凄くいい。しかもいいのはここだけではないんだ・・・公園とも言えない小さな空き地がカルヴェール広場 [続きを読む]