霧の晴れ行く さん プロフィール

  •  
霧の晴れ行くさん: 中国語と書のある暮らし
ハンドル名霧の晴れ行く さん
ブログタイトル中国語と書のある暮らし
ブログURLhttps://shufahanyu.exblog.jp/
サイト紹介文書作品の紹介、中国語の学習に対する考え、些細な出来事と心の動き、地元小倉黒原への愛着を綴っています。
自由文東京から北九州に2013年に転居し生活が一変しました。中国語と書道と故郷の町が自分を支えてくれています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2014/07/26 23:24

霧の晴れ行く さんのブログ記事

  • 来年の予定
  • 2つ決まっている来年の予定をお知らせいたします。書展 杉田久女を書く   ー俳句(書作品)と随筆(ペン字作品)ー   と き:1月20日(土)※午後開幕〜31日(水)   ところ:北九州文学サロン(北九州市小倉北区京町)講演 中国語と書が織りなす人生・還暦を迎えて   −「思い立ったが吉日」「出発」「千里の道も一歩から」「継続は力なり」−    と き:12月(予定)   と... [続きを読む]
  • 筆ペンで美しく書く年賀状(賀詞と添え書き)
  • 北九州と博多での筆ペンで年賀状を書く講座が昨日無事終了いたしました。小筆の方が筆ペンよりも言うことを聞いてくれる、そういう思いがずっとありましたが今回手本を書きながら小筆と同様に言うことを聞いてくれる道具に変わってきたことに気づきました。筆ペンは手軽な筆記具です。扱いに慣れるまでは少し時間がかかりますが筆の軸を立てて書くことに習熟できれば上手く扱えるようになります... [続きを読む]
  • 第10回葛飾現代書展
  • 第10回葛飾現代書展の図録が届きました。今回の作品は「森羅万象」です。葛飾現代書展でこうした表現の作品を出品したのは初めてです。というよりも昨年まではこうした作品は書けませんでした。今年1月、銀座のギャラリーで発表するために書いた「酸甜苦辣」で新しい表現の方向が少し見えてきました。今回の「森羅万象」はその延長線上にあります。見ていただく方に楽しんでいただく書展ではこんな感じの... [続きを読む]
  • 第10回葛飾現代書展ーその3ー
  • 葛飾在住中のことですが会場で偶然出会った方とお話をさせていただいているとなぜか「かるた」の話になりその方が立ち上げようとしていた「上野界隈かるた」の話になりました。そして会場に展示する横断幕の字を書かせていただくことになりました。今もそれを使っていただいているかはわかりませんがネット上で自分の書いた字に遭遇すると不思議な気分になります。そのご縁のあった方は東京での書展には必ず足を運んでくださ... [続きを読む]
  • 第10回葛飾現代書展ーその2−
  • 出品者はいろいろな会派の方たちです。いろいろな新聞社主催の書道団体に所属している方もおられれば、また全く所属していない方もおられます。書の対する考え方は違っても、同じ地域に住む者同士、なんとなく親しみがあります。               つづく [続きを読む]
  • 第10回葛飾現代書展ーその1
  • 11月18日より第10回葛飾現代書展が始まります。私は第1回展から出品させていただいています。もちろん当時は、葛飾に住んでいました。葛飾を離れてすでにまる4年ですが、転居後もずっと参加させていただいていますので、気持ちの上ではずっと葛飾にいるような気分になっています。ですが新しいメンバーの方からは「この人いったいどんな人?」となっていることでしょう。葛飾の書家の皆様との交流は楽しいものでした... [続きを読む]
  • レクダンスーオリーブの首飾りー
  • 11月26日に「オリーブの首飾り」を踊るため、家で自主練習をしています。10月にお稽古を数回休んだため、音楽にまだなじんでいませんでしたが15回ほど練習したところでようやくリズムの区切れと振りが一致してきました。比較的易しい振りながら間奏のところでタイミングをはずしてしまうと次にうまく乗っていけません。音楽は録音したテープで練習していますが、ちょっと休憩がてらパソコンで音楽を聞いてみようと検... [続きを読む]
  • リビング北九州・福岡で「筆ペンで年賀状」の講座開催
  • リビング北九州主催自信をもって筆で年賀状を書こう筆ペン美文字レッスン〜全3回11月14日、21日、28日(火)10:30〜12:30小倉北区・毎日西部会館3回にわたって筆ペンで年賀状を書く練習をいたします。筆ペンを上手く使う方法をご紹介します。リビング福岡主催手本付きですらすら書こう美文字の年賀状11月29日(水)①14:00〜16:00 ②19:00〜21:00福岡市・渡辺通サンライトビル... [続きを読む]
  • 杉田久女を書く
  • 個展が終わって1週間がたちました。ご来場くださった方、新聞社各社にお礼と報告の送付が終わりました。そして次の書展の準備が始まりました。今回、半紙2分の1サイズと半紙1枚を使って合計5枚、杉田久女さんの句を書かせていただきました。5月の「銀の時計」さんでの小品展でも久女さんの句を2点作成しましたが、そのときは「花衣」と「谺して」のそれぞれの句のイメージを形にしようという思いで取り組みました... [続きを読む]
  • 個展閉幕いたしました
  •                     竹に上下の節あり                                「聴雪」本日で「華の時・大塚婉嬢書作展」が終了、閉幕いたしました。最後お二人の入場でちょうど200名のご来場となりました。みなさま、誠にありがとうございました。 [続きを読む]
  • 個展五日目
  •                      久女の句4点                             紅爐一点の雪今日は台風の影響で一日中雨模様でしたが、それでも37名のお客様をお迎えすることができました。有難うございました。5日間の累計は172名となりました。今日は土曜日。子供クラスの生徒が2人、お母さんに連れられてそれぞれ来場してくれました。一人は年長... [続きを読む]
  • 個展四日目
  • 個展四日目が終了しました。本日の来場者数は28名。4日間で累計135名となりました。漠然とですが、6日間で100名を超えられたらいいなあという思いでしたので、まだそれほどの知り合いもいないこの地でよくこんなに多くの方においでいただけたと感謝しています。調和体はまだ始めたばかりですが俳句を書かせていただいています。中島先生の新しい俳句です。2行のものは自分で気に入っている小品です。 [続きを読む]
  • 個展三日目
  • 本日、開催三日目が終了しましました。お天気にも恵まれ、3日間で100名を超すお客様をお迎えしております。有難うございます。一昨日受けた取材の記事が今日の読売新聞朝刊に掲載されました。ご来場くださった方が口々に「新聞見ました」とおっしゃっていました。 [続きを読む]
  • 「華の時・大塚婉嬢書作展」本日開幕いたしました。
  • 昨日、上海堂さんにきれいに展示していただき、本日より個展を開催しております。おかげさまで朝から次から次とお客様をお迎えすることができました。八幡・戸畑方面からおいでになる方は旧電車通りを門司に向かってJR西小倉駅前交差点のすぐ手前、左側。門司方面からお越しになる方はリバーウォークを過ぎて西小倉駅前交差点のすぐ先、右側にブルーのゲートが見えます。そこが額縁・画材のボイスアートで、ギャラリー蒼... [続きを読む]
  • 小倉北区大門・ギャラリー蒼での個展まで1週間
  • 個展開催まであと1週間となりました。作品27点のうち半数以上は今回の個展のために新たに作ったものですが、残りは2年前の奈良での連合個展に出品した作品と近作です。明日、家にある作品を表具店に取りに来てもらい、搬入当日、直接会場に持って行ってもらうことになっています。杉田久女の俳句を書いた小品4点は土曜日に会場のボイスアートさんにもっていき洋額に入れてもらいます。展示会場には棕櫚竹を... [続きを読む]
  • ギャラリー蒼での個展まであと少しーその5
  • ご来場くださった方に書はがきをお一人2枚進呈することにいたしました。「継続は力なり」「思い立ったが吉日」「出発」「一日一善」「千里の道も一歩から」「日進月歩」この6種類の中からお好きな言葉を2枚お選びいただきます。各100枚ずつ用意しております。会期終了後は販売となります。5月の銀の時計での小品展では比較的好評でしたので今回、新たに新作2枚を追加して印刷いたしました。用紙は前回のものよりかな... [続きを読む]
  • ギャラリー蒼での個展まであと少し−その4
  • 「華の時・大塚婉嬢書作展」のご案内はがきが出来上がりました。新しく作成した書はがき2種類と5月に作成した4種類の増刷分も一緒に届きました。今回は紙質を少し厚めのものに変え、しっかりした書はがきにしました。書はがきの会場でのお渡し方法について現在、検討中です。 [続きを読む]
  • ギャラリー蒼での個展まであと少しーその3
  • 個展開催まで1か月を切りました。久女さんの句は「谺して」以外に四句書かせていただきました。いずれも家事にまつわる俳句です。状況は同じではないにしても、勝手に共感しています。以前、油絵を描いている人と話した時、作品制作中は、「台所に立って料理を作っているときも茶碗を洗っているときも頭の中は作品のことでいっぱいだ」という話で意気投合したことがありました。これから裏打ちに出します。 [続きを読む]
  • 樹蔭黒原書道教室ー子供クラスの作品展示中
  • 子供クラスの作品を今、教室に展示しています。夏休の課題を書いたものもあります。夏休みには毎年、コンクール出品用の課題が宿題として出されます。宿題と言っても選択制のようで、習字だけでなく絵やその他の自由研究もあるようです。コンクールに出す前には、学内(クラス内)選抜があり、今年は二人の生徒から「クラスで選ばれた」と報告がありました。二人ともこのところめきめき腕を上げていて、作品制作にあた... [続きを読む]