あざら さん プロフィール

  •  
あざらさん: キモノこもの
ハンドル名あざら さん
ブログタイトルキモノこもの
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/azarasi112464
サイト紹介文着物やリメイク、和装小物、がま口、帯留めなどの手作りの覚書です。
自由文作りたいことがいっぱいで、できないことも手を出しては後悔することの繰り返しですが、素人だからやってしまう、思いつきの着物周りグッズです。もちろんキモノ以外の時も使えるものがほとんどです。ゆっくり、キモノライフに関わり出してからのいろいろを紹介していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供280回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2014/07/26 23:48

あざら さんのブログ記事

  • 寒い夜の着物
  • スーパーの花の添え物がネコヤナギでした田舎のそれより色が濃い?水につかる部分を枝から外してさやから出たばかりなので先が尖っていますね。指でナデナデ ああ猫っぽい。今夜も冷えていますね。夜の習い事へ暖かそうなムガシルクの着物に、鳩と梅の柄の作り帯松竹梅に鶯帯留め車なので、スパッツを履かなかったので、足が寒かったです。見た目より寒かった。昨日作った麹甘酒先生の奥さんにおすそ分けです。アンティーク リサイ [続きを読む]
  • 歌舞伎座 夜の部 偶数日は海老蔵、菊之助の7段目
  • 夜の部3回目この日も二部の芝居前から観劇しました。前日は入り口で松たか子さんとおかあさんの白鸚夫人がお話ししていましたが、今日は夫人だけ、でも私が通ったときは公演中いつもいらしています。家族で支えているのだと感じました。今日はまた東側、花道が正面に見えます。玉三郎、仁左衛門のお二人は芝居前だけでおかえりです。ゆっくり休んでくださいませ。歌舞伎のダブルキャストは初めてですが、コンディションを整えて良 [続きを読む]
  • 歌舞伎座夜の部 二階西から初めて立って観劇
  • 土曜日は奇数日2回目 今月は二本花道なので、先週の東からは芝居前の幹部俳優の女伊達の姿が全く見えませんでした。今回は正面に見えます。東蔵さんの女伊達花がありました。司宰役の仁左衛門さんのニコニコと両花道を交互に見る姿も本当に嬉しそうに見えるのです。何気ない一瞬も「心を込めて」と本花道は逆に見えないのですが、2階2等桟敷は、テーブルを押し上げて立って見ることが出来ます。なんとか顔が見えるくらいですが、斜 [続きを読む]
  • 彫金覚え書き カシメのやり方
  • 先週仕上げた、線香立て→帯留め少しウグイスがぐらつくので先生にお見せしたところ、もう少しカシメを広げられるとの事、さらに右のピンも穴を開けてカシメることに。ピン先が帯に引っかかる可能性があるため。右のピンを穴の高さで切って、0.8の穴を2mmほど開け、ヘラとやぼうずでクリクリする。左はヘラでクリクリ。あらぴったり、動かず!気持ちいーあと春夏2回やるので、次は最初から迷わずできますように。もう一つ、変形防 [続きを読む]
  • 仮名手本忠臣蔵 七段目、贅沢な顔合わせ、白鸚、仁左衛門、玉三郎
  • 絶対いい!と思う舞台ですが、前日天皇皇后御夫妻が来て尚一層良くなったのか?2月の歌舞伎座夜の部、最後は凄くいいです。指の先まで恋に生きるお軽の玉さま(かわいい😍)兄の仁左さまとの掛け合いが軽妙です。そこに重厚な由良助の白鸚さんが加わってもう幸せ過ぎる〜陛下もきっと、見たかったでしょうねお土産は生写真とクリアフォルダさてその夜は2階の東でしたので、白結城にアンティーク生地の薄い染め帯わらび好きに [続きを読む]
  • 小梅の開花と桜パーツ
  • 先週は、気配もなかったのに!今日、歯医者に行くために、お昼に家に帰ったら、庭の小梅が咲き始めてました。まだ、会社の梅は咲いてなかったのですが、梅漬け用の小梅は早咲きです。たしかに昼の風も少し暖かく感じました。梅の香りを味わいました。でもね、梅にウグイス帯留め、まだ使って無いのに咲いちゃったー(涙)梅が咲く前に使いたかったのに〜。歯医者に行くまで桜の帯飾りパーツを切り出し今度は遅れないように、アンティ [続きを読む]
  • 文楽 摂州合邦辻 竹本織太夫襲名
  • 3連休最終日は国立劇場小劇場へ2時半開演なので、余裕があります。歌舞伎座に寄って2、3月の歌舞伎チケットを発券しました。地下の木挽町広場には、今月の演目羽子板が飾られていました。3月ポスターを見ると玉三郎、仁左衛門丈の麗しいお姿が〜良く見ると松緑さんが赤姫でした。こちらも楽しみランチしたかったのですが、知っているお店はお休みだったので、三越でお弁当を買って会場で食べようと思いました。でも残念ながら、 [続きを読む]
  • 大人用 絞りの八の字シュシュ
  • 着物の髪が簡単に出来るアイテム使ってみたら、おさびし山のアップが、それなりにボリュームアップしたので、大人の色?で作ってみました。赤色灯自然光(なんとなく)生地は時代布池田さんの薄ーい葡萄色の端切れとお土産用の端切れからパンダは耳かきを削った(引っかかるので)ものを、クルミで拭きました。観劇手帳のカバーも交換京都絞り会館の包装紙です(笑)2か月は持ちます。アンティーク リサイクル着物ブログランキングに参加 [続きを読む]
  • ウグイス金具の帯留めに綿更紗の帯
  • 昨日作った鶯の金具で帯留めを仕上げました。鶯のお腹が白く見えるようにシルバーを曇らせてみました。家の窓辺でのんびり焼き物の暖かい色が嬉しい。太巻きの日?と言うのがあるらしいので、古い更紗の帯に乗せて着物はざざんざ織更紗との相性がいい着物です。重たくならないように、こんな遊びの帯留めを乗せてみました。帯締めのふさ通しはポストイット少し大きめの帯留めなので、帯締めも太めにアンティーク リサイクル着物ブ [続きを読む]
  • 三連休〜彫金から北千住
  • 先週、出光美術館で、お線香立てと言う名の帯留めを購入ました。(笑)今の季節(いや、すでに遅い)に合わせた穴隠しをして帯留めにしたい!私は地味な彫金作業ばかりで、色に飢えているのです。松竹梅に合わせて 太めの鶯〜これくらいないと穴が隠れない(汗)銀板の端材活用です。一回で終わらせたいので、それなりに簡略化位置決めピンを立てたので時間オーバーでもほぼ終わった〜まだ取り付けてはいませんが穴位置は合っています。 [続きを読む]
  • 頂き物 留袖草履
  • 習い事の先生の奥さんから、草履や下駄をいただきました。お母さんが留袖で作ったものだそうです。未使用品草履は、小さいので、着物仲間さんにお譲りします。鼻緒は細いのですが、そこがまたおしゃれだなぁと思います。アンティーク リサイクル着物ブログランキングに参加していますよろしければ お願いします。[https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ] [続きを読む]
  • 甘酒作り
  • 麹が手に入っていたので、炊飯器でおかゆを炊いて、甘酒を作りました。出来立てにヨーグルトとイチゴを乗せて朝ご飯に。一合のお米で、3合のお粥を炊いて、少し冷ましてから麹200gを入れて混ぜて、保温で、蓋を少し開けて一晩、 時々混ぜて三合炊きの炊飯器に一杯できました。素朴な甘さです。飲むときは少し薄くして生姜や柚子も美味しいです。冷蔵庫で5日冷凍もできるそうです。 [続きを読む]
  • 古九谷コーデの友人と出光美術館へ
  • 全く偶然なのですが、歌舞伎セミナーで歌舞伎仲間さんに会って、ランチをしました。銀座のランチ寿司、(コスパ編)ちょっとボリュームが欲しい時は、歌舞伎座と三越の間にある築地おつぼ さん1500円2400円海鮮丼満足でした〜。これからの歌舞伎の話で盛り上がって、腹ごなしに、皇居前の出光美術館へ彼女を誘いました。彼女は夜の部を見るので艶やかなお着物。展示はこちら、空いていてゆっくり見られました。かわいい伊万里や柿右 [続きを読む]
  • 久しぶりに合わせの襦袢
  • 寒いです!胴抜きじゃない結城に長襦袢も合わせの出番です。足袋も行田の紬ですアームカバーは下着も隠れるしあったかいです。藝大の卒展に行きました。アンティーク リサイクル着物ブログランキングに参加していますよろしければ お願いします。[https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html ] [続きを読む]
  • シャンシャンはおねむ
  • 上野に子パンダ参りです。随分大きくなっています。ご飯の後で眠かったのか?シャンシャンは、ずっと寝てました。時々むくむく動くのですがでも可愛いから満足です。ママはご機嫌でご飯でした。久しぶりに娘と一緒ハシビロコウは寒そうでしたおやつに頂いた、暖かいパンダ団子とうもろこし、大豆、きび糖、卵などを入れたパンダのおやつ以外に美味しいですね。マヌルネコにも会えました。冬毛でモフモフ〜こちらの画像は後で追加し [続きを読む]
  • 国立劇場 『世界花小栗判官』手拭いまき
  • 『世界花小栗判官』お正月らしい華やかな演目です。最後 主な役者が勢ぞろい。恒例の手ぬぐいまき 初めて頂きました!亀蔵さんが投げてくれた(涙)ジャストな位置でした。この日も、着物でいろいろやらかして、流石に落ち込んでいたのですが、最後のこれで一気に幸せ復活!でも懺悔の気持ちで残しておきます。この日の着物は白結城、地元のリサイクル屋さんで見つけて、少しシミはあったけど楓の柄が気に入って、サイズを直してもら [続きを読む]
  • 新春浅草歌舞伎 「着物で歌舞伎」での失敗
  • 着物が好きで、でも根っからのおっちょこちょいで、ドタバタしている私この日は出だしから、二部に行くのに一部の時間に出発!時間があればもっとスマホを充電できたのに、電池切れが怖くて地図を探してウロウロ。会場でもあまり画像撮れずとっても可愛い犬の帯の方が居たのに残念です〜。この帯留めの子犬にそっくりな刺繍帯池田重子コレクションの奇跡の遭遇だったのに。そしてもう一つ家に帰って鏡を見たら、腰紐の端がペロって [続きを読む]
  • 新春浅草歌舞伎 「着物で歌舞伎」
  • 浅草公会堂の新春歌舞伎きもので観劇を推奨する日です。歌舞伎とはいえ、普段は圧倒的に洋服の方が多いのですが、この日は違うかも?っと先に予約した第2部は娘に譲って、1月20日に取り直しました。会場前に行くと、明らかに着物さんが多い!何だか嬉しゅうございます。会場に行くと、受付の女性から、男性職員まで、全員和装でした。ホールの風景一番左は案内係さんちなみに私の席の左は刺繍帯のアンティーク女子さん、小鳥の刺繍 [続きを読む]
  • 浅草 田中忠三郎コレクション BORO 展
  • 浅草寺でお参りしてからアミューズミュージアムでちょっと胸に迫るものを見てしまいました。時間調整で入ったのに、引き込まれて沢山の足袋を繕ったもの繕った後に細かく刺し子がしてあって少しでも暖かくと言う解説にジーんとしました。 お産の産褥布も縫って染めて何代も使い継いだ青森の厳しい生活の中から精緻な刺し子が生まれたのはどんな暮らしにもおしゃれ心があったからでしょうか昔は食用だったと言う赤犬の毛皮柔らかな [続きを読む]
  • 海老蔵の日本むかし話 新橋演舞場
  • 最初は、前評判を気にして心配しましたが、中盤からリカバリー花道での海老蔵の赤鬼の迫力初めての歌舞伎の方をご案内したので2列目を取りました。喜んで頂けて良かった〜天に昇ったかぐや姫を思うシーンでみんなで泣いて。桜フブキに酔って海老蔵の薫きしめた香りも堪能前と違う〜歌舞伎座タワーもご案内しました喜んでいただける幸せアンティーク リサイクル着物ブログランキングに参加していますよろしければ お願いしま [続きを読む]
  • 言葉の礫
  • 離れて暮らす姉が、病気の夫から、激しい言葉を受けて、鬱っぽくなっています。夫は高齢で病気のため、ストレスをぶつけてくるらしいのです。昔から兄弟姉妹の言葉の喧嘩が激しい家で、実家とは違う人達よ、と言います。姉も結構きつい方でしたが、口喧嘩などはしない家だったので、強い口調で言われ続けて、不調をきたしているようです。病気なので置いて行くわけにもいかず。ずっと家と通院だけの暮らし引きこもっておかしくなっ [続きを読む]
  • 羽織紐の早い通し方
  • 寒いけど羽織が切られるのは嬉しい!今日この頃、羽織紐を付け替える時、金具を付けなくてもすぐに通す方法を考えました。用意するもの1.小さな安全ピン 1個洋服のタグなどに付いている、小サイズ2.ポストイット 1枚房に巻けるくらいの大きさ安全ピンに羽織紐の輪を通してチ (羽織の輪)に通します。房にポストイットを巻いて羽織紐の輪に通します。はいできました〜房も痛まず、すぐできるので、お出かけ前でも交換できました。実 [続きを読む]