あざら さん プロフィール

  •  
あざらさん: キモノこもの
ハンドル名あざら さん
ブログタイトルキモノこもの
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/azarasi112464
サイト紹介文着物やリメイク、和装小物、がま口、帯留めなどの手作りの覚書です。
自由文作りたいことがいっぱいで、できないことも手を出しては後悔することの繰り返しですが、素人だからやってしまう、思いつきの着物周りグッズです。もちろんキモノ以外の時も使えるものがほとんどです。ゆっくり、キモノライフに関わり出してからのいろいろを紹介していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供220回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2014/07/26 23:48

あざら さんのブログ記事

  • 南座 12月顔見世 昼の部 と伏見稲荷
  • 前日の夜の部が濃かったので、ボーっとした翌朝、ゆっくりホテルを出て、歩いて南座へ、先斗町は、綺麗に掃き清められ静かでした。四条大橋の河原に降りると、大きな鴨が遊んでいました。種類が違うのか?実家近くの公園の鴨より大きくて立派!鴨鍋が食べたい寒さでしたが。天気が良くて鴨の羽根が輝いていました。昼の部は、席は3階の最前列、結構良く見えます。一部 梅玉丈、孝太郎丈の鳥辺山心中舞台が南座に近いまさにこの辺? [続きを読む]
  • 南座 12月の顔見世 仁左衛門さんのおみ足
  • てんてんさんとお別れしてから、ホテルに荷物を置いて、呼吸を整え、また四条大橋に戻ってきました。今夜は特別な歌舞伎です。南座の夜の部、義経千本桜のすし屋、仁左衛門丈の権太です。何故かこの日は一階最前列、中央でした。土日は取れないエリアです。やっぱり平日なので取れた席かも?歌舞伎座に比べて、格段に近い奥行きと舞台の幅も丁度なので、見づらいことも無く、始まりの「木の実」では、仁左衛門丈の権太に二十両も騙 [続きを読む]
  • 京都 の濃いお散歩
  • ソフトバンクネットワーク障害に翻弄された翌日、連絡を入れられぬまま、睡眠 2時間で京都に向かいました。夜中に光で目が覚めると、大きな工事用照明が家の前で点いてその光がカーテンから漏れたのでした。確認しに玄関から強い光を見たせいか?午前2時半もう眠れなくなりました。なんて日だ〜と思ったのです。そんな日の厄祓いを兼ねて、朝からうに弁当うんーん、安定の美味しさです。少しお酒も頂いて、ゆっくり寝て、こだまで [続きを読む]
  • 阿古屋 坂東玉三郎
  • 何度目かの阿古屋シネマ歌舞伎も見ました。もうアレが最後だと思っていたのに、更に一段と美しく、成長した阿古屋を見ました。以下、大向こうの堀越さんの感想からーさらなる高みすでに完成されたと思っていた玉三郎丈の「阿古屋」。昨夜の初日、さらなる高みがあるのだと、ほとんど奇跡を見る思いでした。たとえば、いっそ殺してと身を投げ出す姿は美しいだけでなく、かと言って反権力的なトゲトゲしさでもなく、阿古屋の矜持と、 [続きを読む]
  • 蕗組の簪
  • 今月の歌舞伎座は、阿古屋なんですよーそれにちなんで、蕗の帯が欲しかった、石蕗だって良かったのですが、夏物か、高級品しか無かったのですわ〜(シクシク)今年、大阪の四天王寺骨董市で買った夏着物は、格好いい蕗の模様、夏の付け帯にしようと思ってましたが、今月は使えない((>人<;)思い立って、簪を作りました。組み立て式の蕗の簪です足の先に銀の管を付けて、少し潰し飾りの部分を差し込む様にしました。あゝづがれた〜で [続きを読む]
  • BonJovi で踊っちゃう
  • はい、月曜日だけど、仕事帰りにまいりました。東京ドームです!今回も家族で静止画は撮影オッケーです!マイ ラバー元気そうで良かった今年の夏 中野でブレイクした、ボンジョビの盆踊り これが踊りたい「Livin' On A Prayer」を待ち、キター!周りのオーディエンスと一人違う動きだけど、スタンド席だから気にしないわー大相撲の後なので?、ごついバンドメンバーが好ましいですわいっぱい手を振ったので肩こりもスッキリ、ああ [続きを読む]
  • 平成中村座 昼の部と坂東新悟さん
  • 平成中村座、昼の部も見応えありました。源平布引滝一、実盛物語(さねもりものがたり)斎藤実盛 勘九郎(以下敬称略)伜太郎吉 長三郎御台葵御前 新悟瀬尾十郎 (片岡)亀蔵ストーリーはちょっと複雑ですが、要は源氏のリベンジの旗揚げの古典?と思って見ると、奇想天外な話で面白いです。これこそストーリーを、先に頭に入れて見るべき芝居ですね。何しろ最初から勘九郎の次男 5歳の長三郎が、ずーっと舞台に出ているのです。もうそ [続きを読む]
  • 歌舞伎座 顔見世 昼の部と湯島天神
  • 今日はキューっと冷えました。歌舞伎座に行くのも好きな着物でいけますわいなー、秋に暑くてきれなかった、ざざんざ織の単衣が呼んでいるようで、今日は、大和屋さん御一門で、十六夜清心を菊五郎さんが演じます。ここは帯周りや小物は菊づくしで、襟はちょっと不穏な烏羽にしてみました。青い帯なので、紺系の結城紬がいいかな?とも思ったのですが、天気は良いので電車が暑いかも?ひさびさに鉄錆色のざざんざに決めました。今月 [続きを読む]
  • 南座 写真入番附
  • 今日11/20 夕方届きました〜!!お弁当に続き 番附の話題になってしまいましたが、私が行った時には舞台写真が入ってなかったので、入ってから送ってもらいました。大体毎月20日ごろ入ります。ほんとにすぐ送ってくれたのね、松竹偉い!なんと今回は分厚い番附ですわ!関東では筋書と言います。こんな舞台写真ページが入ります。きゃー ニザ様お懐かしゅうござりますだから後半までじっと我慢して観にに行くこともあります。読み物 [続きを読む]
  • 南座のお弁当
  • 南座は劇場の格式も、チケット代も、お弁当代も日本一?関東の田舎から来たのだから、一度は南座でお弁当を食べようと、買ってみたのがこちら虎屋のお弁当ガーゼに包まれ、トラの隈取りの絵の夜の梅羊羹が付いています。(南座限定)以外やハンバーグのお弁当でした。どこかのレストランに依頼して作っているそうです。冷めても美味しいデミグラスソースでした。副菜も洋風と和風が組まれ、東京のお弁当のように煮物が塩辛く無くて、 [続きを読む]
  • 未練はあるけれど、
  • 初めて建てた家を処分しました。全国で空き家が問題に なっていたので、ちゃんと出来るうちに、自分達で始末しようと思いました。二十代で、バブルとは無縁の仕事なのに、どんどん土地価格が上がる!追い立てられるように買った家、辺ぴなところでしたが、周りも同じようなご夫婦で、仲良く、子供も同じ時期に生まれました。転勤で移ってしまいましたが、港町の風情をたのしんだ思い出もありました。いつかは戻ろうと思いましたが [続きを読む]
  • 未練はあるけれど
  • 初めて建てた家を処分しました。全国で空き家が問題に なっていたので、築30年ちゃんと出来るうちに、自分達で始末しようと思いました。二十代で、バブルとは無縁の仕事なのに、どんどん土地価格が上がる!追い立てられるように買った家、辺ぴなところでしたが、周りも同じようなご夫婦で、仲良く、子供も同じ時期に生まれました。転勤で移ってしまいましたが、港町の風情をたのしんだ思い出もありました。いつかは戻ろうと思いま [続きを読む]
  • 週末のお出かけ
  • 今週はいつもお世話になっている、先生の奥さんをお連れして、歌舞伎仲間さんと3人で、国立劇場へ、通し狂言 名高大岡越前 梅玉さんですね画像はyahooニュースから右近ちゃんが出ているので楽しみでした渋い役者揃いで、mさすがの安定感ですストーリーは天一坊騒動ですので、前半はかなり陰惨です。「追記」でも、中盤、中盤3人の武士が、閉門中の越前を外に出すために中間に化け、名前を問われると、歌舞伎の名台詞と共に役者の名 [続きを読む]
  • 紅の夢と頂きもの
  • 先日、岩手の物産館で、中まで赤いリンゴが売られていました。大きくて重そうなので、映画の後に買おうと思ったら、売り切れでした(涙)気になって調べると、弘前大学で作られた品種紅の夢 (くれないのゆめ)でした。皮が濃い赤の酸味の強いリンゴ果肉はうっすらピンク軽く煮て一晩おくと綺麗な赤いコンポートになりました。ドライにしてもいいです。果肉の繊維が少ないタイプで、煮るとすぐ柔らかくなります。すりおろしをチンした [続きを読む]
  • シネマ歌舞伎 ふるあめりかに袖はぬらさじ
  • 舞台は見ているのですが、この時のメンバーが豪華!今月も浅草中村座は追善なので、東京のシネマ歌舞伎も勘三郎さんの演目がかかっています。今日は別のイベントに行きたかったけれど、間に合わないので、東劇のこちらをチョイスしました。STORY尊王攘夷(そんのうじょうい)の嵐が吹き荒れる幕末、横浜の遊郭「岩亀楼」で遊女の亀遊(中村七之助)が愛しい男との恋がかなわぬことを憂い、自ら命を絶つ。しかし、彼女は異人に身を [続きを読む]
  • 南座 昼の部 と仁左衛門さんグッズ
  • 京都の朝は爽やかでした。1部の左團次さんの 粂寺弾正大らかな味のある毛抜寂しいのでブログの画像お借りしましたブロブネタも最高です。たまにしか更新されませんがこんなダンディなのに俳優祭ではパンツをかぶる、おとぼけさんです。華やかな南座にぴったりでした。ステキな天井 南座の席はちょっと狭目です。2部 連獅子 画像は松竹からお借りしました。今回は1月から始まった襲名披露の総仕上げ、染五郎さんの成長が著しい、動 [続きを読む]
  • 仁左衛門さんの菩提寺と南座 吉例顔見世 夜の部
  • 京都の雨が止みました〜今日は南座の前に片岡家の菩提寺にお参り仁左衛門さんが御無事なように帰り道「やや 」さんで、半襦袢とステテコのセットを依頼、サイズやステテコの裾の長さをその人にあわせてくれます。祇園饅頭でしんこを買って南座へお祝い感たっぷり、満席でした。先斗町のLILOUへワインと美味しい栗のパテピクルス、イチジクとチーズのパイ、シナモンアイスクリーム添え。スパークリングワインとの相性も良かったです [続きを読む]
  • 大和郡山 源九郎稲荷神社から唐招提寺
  • 奈良の西口は開発中なのか、変わった文化ホールや、今様ホテルが並ぶ中、小さな産直店が有りました。早朝から開いていて、新鮮な野菜をお爺さん達が軽トラで運んできます。ホテルの隣なので洗面所から見ておりました。ホテルから羽織やお土産などを発送して、身軽にチェックアウトしました。産直店を除くと、美味しそうな野菜や柿、朝にぴったりな小さめのお弁当や、サンドイッチが並んでいます。次回は、ここの野菜も一緒に送ろう [続きを読む]
  • 正倉院展と興福寺 北円堂
  • 再び奈良に参りました。 興福寺の金堂が落慶公開されていましたが、私は北円堂の公開を待っていたぞよ。東博の運慶展で公開された作品が、年に2回開帳されます。さすが!どれもクオリティ高い〜旦那は東博に行ったので、びっくりしていました(プチ怒!しらなかったんかーい)正倉院展の間は正倉院外観も見学できるので、(普段は日曜、祭日はクローズ)明るい内に、高校以来、久々の校倉今見ると好ましい〜帰り道、通路から見る紅葉 [続きを読む]
  • 歌舞伎座 法界坊と石留め練習
  • 今週は秋晴れが続きます。朝晩は冷えますが、昼のお出かけは帯付きです。バックにストールを入れています。この日は猿之助の法界坊を見るので、いつもの猿帯、前はあらら柄がないので、少し秋の色の入った帯締めと帯揚げにしました。帯飾りはチェンマイの銀線細工のハートこの時、一度帯を締めて出かけようとしたら、猿の位置が残念!仕方ないので締め直し、なんとか締めて帯締めも締めて、帯留めを見たら、うさぎが逆さまに!!あ [続きを読む]
  • 平成中村座 初日 桜席
  • 浅草寺に中村座がかかりました。名古屋ではチケットに苦労しましたが、今月は幕内の桜席が取れました。初日が平日だったせいか?夜の部に参りましたちなみに二等席なので、中村屋の後援会は手配してくれないそうです。友人はわたしが取れたと言ったら、驚いていました。桜席は、左右の普段、舞台袖の上が、席です。役者との近さも格別ですが、膜の中の準備風景や、芝居前の素の部分が垣間見えて、楽しいと聞いていました。席は思っ [続きを読む]
  • リサイクル着物の「さとうや」さんへ
  • 紅葉を見に福島へ山の上は真っ盛り、猪苗代湖方面もそろそろですねと旦那にお付き合いして、郡山市に向かいました。クリームボックスと言うご当地パンがあります。(食パンにクリームをのせた菓子パン)いつもは「ロミオ」という高校時代からの店に行くのですが、「フォンデュ」に色々な種類を買いに行きました。会社のスイーツ部へのお土産です。そして、本日のメインのリサイクル着物のさとうやさんへさあ旦那を上手く散歩させて、 [続きを読む]
  • 追っかけ五葉銀杏 簪
  • 彫金教室覚書先週溶かしてしまった簪パーツを足から外しました。外した足は使えるので、嫌になる前にもう一度次のパーツを切り出して、足にロウ付けしました。・足は、2本の甲丸線を3分ロウ付けしたものロウ付けする時、葉のパーツが薄く温度が上がるので、下に耐熱板を敷いて足の接地面だけを外に出して、動かないように高さを調整した。フラックスをつけて熱し溶けたら、足の接点の隣に5分ロウを置いて足を中心に真上から熱する [続きを読む]
  • ルーベンスからの助六
  • 爽やかな秋の晴天 午後休暇をいただきまして、ランチはなぜか今週、無性に食べたくなった、海鮮焼きそば!もうこれしか頂きたく無いぐらいの切望ぶりでしたが、目当ての中華屋さんには、エビ焼きそばしかなくて、ちょっと心残りなランチだったのです。けれど、お腹も膨れ電車で睡魔と戦いながら、上野の西洋美術館に参りました。平日の午後でも結構な混雑でした。ルーベンス展 バロックの誕生チケットを旦那が証券会社から貰って来 [続きを読む]
  • 彫金覚え書き 銀パーツが融解!
  • 先週、切って磨いて内職もした追っかけ五枚銀杏パーツいよいよ簪部分と鑞付けするところまで辿りついたのですが、最後に火加減が強く透かしを入れた銀杏の葉を、溶かしてしまいました。画像の赤い部分が消失!バーナーで加熱していたら1突然はじから溶け落ちました。ガーン 2週間分の工程が崩れ去りました〜また転写からやり直しです。教室でもう一度転写して切り込みの穴だけ開けて帰りました〜終わってから、久しぶりに我孫子の [続きを読む]