Ritchie さん プロフィール

  •  
Ritchieさん: Ritchieのブログ
ハンドル名Ritchie さん
ブログタイトルRitchieのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/searching4gsounds/
サイト紹介文趣味のブログ。海外ツーリング、ドライヴ、オーディオ、自作オーディオ、留学物語、そして創作小説!等
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供133回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2014/07/27 00:22

Ritchie さんのブログ記事

  • フィーアバルトの風 第五章 新代官ゲスラー (92)
  • 新代官 ヘルマン・ゲスラー(4) シュヴィーツやウンターヴァルテンなどはもっと貧しい しかし、三年輪作農法から三圃制に切り換えてまだ数年しかたっておらずしかも寒冷期にあったのだが年々、収穫量が増え、豊かにはなってきている ウーリから取り入れた三圃制は予想より緩やかではあるものの、少しずつそして確実に成果を上げているのだ 三邦同盟による経済格差の緩和だ ゲスラーの部下たち新参者はそのあたりが理解できてい [続きを読む]
  • 今日は映画の日
  • こんばんは??????? Ritchie です??今年見た映画教えて!▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしようハイハイ〜、今日は映画の日なんだよね??観に行ってきたよ〜?ボヘミアン・ラプソディー良かったね〜??噂には聞いていたけど結構感動的なんだとか……De ケ○ン・コ○ナー出演映画のような感動の押し売り的な演出はないけどかなり感動的だったねだけど、感動よりクイーンのバンド・エイド出演ステージ [続きを読む]
  • ほとんどリタイア状態
  • こんばんは???? Ritchie です??とにかくバイクの記事を投稿しないとジャンルから自動ではずされてしまうんだよねま、なんだね……実際バイクに???乗ってないんだから仕方ないんだけど……別ジャンルになると全然自分の意図するテーマじゃなくなってしまうんだよもっとジャンルを増やしてくれたら良いと思うアメーバさん、何とかしてよ(ーдー)ハァ…… [続きを読む]
  • フィーアバルトの風 第五章 新代官ゲスラー (91)
  • 新代官 ヘルマン・ゲスラー(3) 「それよりも、テルだ奴ら――親子ともども目を離すな。よいな」 ようやくゲスラーの命令が出た 新しい命令が出たことで、過去の失敗はもう問われない ブラウベルクは命令に従うことによって安心出来るタイプなのだ 「かしこまりました」「では、下がれ……」 ゲスラーはブラウベルクに対して、最後までまったく動こうとしなかったテルに対する怒りと、如何に復讐するかそのことで頭がいっぱい [続きを読む]
  • 手作りオーディオ その大詰め Part 5
  • こんばんは????? Ritchie です??元々、メインスピーカーとして使用してたダイヤトーンのトールボーイサテライトとして蘇る??(笑)入力はPCお気に入りの曲をセレクトすぐに再生できるようにスタンバイさてさて、ちゃんと鳴るかな電源を入れ、セレクタダイヤルでPCを選択コントロール・ボックスの電源を入れサテライト・アンプを4ch stereo に切替える音楽スタートお??鳴ってるのかなよくわからない……??おや?サテラ [続きを読む]
  • 手作りオーディオ その大詰め Part 4
  • こんにちは???? Ritchie です??数年前から造りはじめてようやく音出しまでたどり着いた手作りオーディオ計画段階から読んでくれている読者さまはどのくらい居はるんやろかメインアンプは問題なしお次はサテライト、センター・スピーカーとサブウーハーをドライブするコントロール・ボックス内部の3.1ch アンプの立ち上げだ恐る恐る測定器を凌いで電源を入れるとおや電源は全く正常じゃないか久々に使おうこのフレーズさすが [続きを読む]
  • フィーアバルトの風 第五章 新代官ゲスラー (90)
  • 新代官 ヘルマン・ゲスラー(2) 「愚か者め……奴が供だとひと目で私だとわかってしまうではないか」 そうだった 大男のノルトラントでは人目につきやすい おまけに彼は、あまりにもゲスラーの部下として顔を知られすぎている 仰々しく入邦した時にゲスラーの馬車の傍で民衆に睨みを利かせていた騎馬兵が彼だ そんな男を秘密裏に実行する計画に加えられるわけがない 「ゲオルグめの処分はいかが致しましょう……鞭打ちの刑にで [続きを読む]
  • 不意に現れる感動
  • こんにちは???? Ritchie です??京都に観光に来る人で東寺を訪れる人は少なくないだろうツアーの人たちはバスで訪ねたりするのだろうけど個人旅行やツアーの自由行動の人たちは近鉄東寺駅から歩いて来るかもしれない駅を出て九条通り北側を西に行くと約3分程で東寺に到着する訳だけど五重の塔が銀行の陰から不意に現れるのだ??こんな感じ??話は変わるけどスイスをツーリングしていてインターラーケンからベルナーオーバ [続きを読む]
  • フィーアバルトの風 第五章 新代官ゲスラー (89)
  • 新代官 ヘルマン・ゲスラー(2) 「おまえたち、このことは誰にもいってはなりませんよ」 ふたりの侍女たちが仕事を終えるのを見てマルグレッタはいった 「お代官さまが落馬されたなどと決して口にしてはならぬ事故は誰の身にも起こりうるものそのようなことでお代官さまの評判に傷がついては困りますわかりましたね」 彼女自身ゲスラーの怪我の原因を知らされておらず馬から落ちたと聞かされただけだった人に知られたくないこ [続きを読む]
  • 近い将来、無くなりそうな気配って、以前、記述したけど……
  • こんばんは????? Ritchie です??ずいぶん前に、モーター・スポーツが近い将来に無くなりそうな気配って記事を書いたと思うんだけど四輪は電気自動車が既に走っているし二輪だってそのうち「AKIRA」に出てきた様なバイクが登場しそうだし……実際、もうデザインはそんな感じになってるよね??なのでモーター・スポーツは無くならずその姿を変化させて行くんだろうねぇ??エンジン音は電気モーターの回転する音に変わり、 [続きを読む]
  • フィーアバルトの風 第五章 新代官ゲスラー (88)
  • 新代官 ヘルマン・ゲスラー(1) 同じ頃、シュヴィーツの居城で頭に包帯を巻き真っ赤に顔を腫らした小柄な男がベッドの中で血の味を噛みしめていた 折れた前歯のあった場所からいまだに出血している 顔の腫れはひどく数日の間、人前に出られないだろう シーツに包まって、ゲスラーは痛みに耐えながら自分を痛めつけた男のことを考えていた もう少しというところで…… テルめ……このままでは済まさんぞ メリュジーヌの白い肌を [続きを読む]
  • 手作りオーディオ その大詰め Part 2
  • こんばんは????? Ritchie です??手作りオーディオも大詰めにきているPCやその他オーディオ機器から入ってくる信号がメインコントロールボックス内部を巡る間に音質が劣化しないように特別な極細配線にしているしコントロールボックスからアンプへ繋ぐオーディオケーブルも、手作りの特別なケーブルで音質向上を目指しているこの辺り、様々な技術的サポートを遊音工房より賜った感謝感謝である??アンプでも同じだが自分 [続きを読む]
  • 音出し確認 前準備 その二
  • こんばんは???? Ritchie です??さ〜て、オーディオは音が出るのが当たり前なのに音がでない??テスターで配線のチェックすると、LRを逆に繋いでいる所を発見なるほど……謎が解けたぞ左のスピーカーとアンプを接続して音出ししていたから入力も左しか繋いでいなかっただから鳴らなかったんだよ??右から入力していれば音が鳴ったと思われるとにかく、逆に繋いでいる所を配線し直しだよ??ついでにセンタースピーカーと [続きを読む]
  • バイクでも音楽を……
  • おはようございます?? Ritchie です寒いって言葉にするようになってきたよね前にビッグスクーターが近未来的になってきたって記述したと思うけどスクーターになるとデっかいカウリングがあるからそこにスピーカーを埋め込んで音楽を楽しみながらツーリングも出来るだけど、車のように囲われてる訳じゃないし音は周りに丸聞こえだよね??小さな音だと聴こえないしボリュームを上げると迷惑だしイヤホンやヘッドフォン使用は違反 [続きを読む]
  • フィーアバルトの風 第五章 新代官ゲスラー (87)
  • 陰謀の切れた尻尾(5) すると、犯人はゲスラーではないのか…… いや、まだわからない 奴に、騎士ではない部下がひとりいる可能性があるのを思い出した だとすると、父がわざと取り逃がしたことにも納得がいくアーノルドがウーリの結束を考えているのだと…… 「そんな部下を連れてゲスラーがのこのこと危ない橋を渡るとは思えん」 眉間にしわを寄せてアーノルドがいった この疑問は誰もが考えるところだ ゲスラーが犯人である [続きを読む]
  • 手作りオーディオ その大詰め
  • こんばんは Ritchie です??急に秋めいてきて朝夕はホントに肌寒いよねさて、停滞している手作りオーディオ 実はほぼ出来上がっているのだけれど配線が上手く出来ているのかチェック出来ていない??ものすごいややこしくって......いやいや、言い訳は無しにしておこう??とにかく、外観は出来上がっているし動作確認で終了と言うところまできているんだけど......その動作確認で停まったままなんだよ??サブウーハーのバスレ [続きを読む]
  • フィーアバルトの風 第五章 新代官ゲスラー (86)
  • 陰謀の切れた尻尾(4) 「面白い推理だだが、代官自らが危険を冒してあの娘を襲ったりすると思うか」 ティナを襲った奴らを見つけておきながらアーノルドが見逃すはずがない 彼には、犯人がゲスラーである確信があったからこそ逃がしたのだ 帝国から自治権を与えられているとはいえ農家の娘を乱暴したというだけの罪で現代官であるゲスラーを裁くことは困難だ たとえ裁けたとしても帝国からどんな非難を受けるかわからない それ [続きを読む]
  • フィーアバルトの風 第五章 新代官ゲスラー (85)
  • 陰謀の切れた尻尾(3) ヴィルがリートに帰るとテルの小屋の前でアーノルドが待っていた 厳しい顔…… いつもと同じ厳しい顔だ だが、きょうは、さらに険しい 「とうさん、俺……」 と、そこでヴィルの言葉は止まった 彼はアーノルドの拳をまともに受け数歩後ろに仰向けにひっくり返ったのだ 今の拳はかわせたはずだ……こいつめ、わざと受けたな 「私がティナを守れるのはおまえしかいないといったのを忘れたのか私がたまたま帰 [続きを読む]
  • これからのバイク
  • こんばんは????? Ritchie です??僕がまだまだ若くてブイブイ言わしてた頃(笑)だいたい、この言葉自体死語に近い??ま、その昔にはスクーターといえば原チャだったよね??大きな排気量のバイクはほとんどがスポーツモデルかツアラーだけど昔のバイクブームは去りこの10年程で簡単に乗れるスクーターが多く走り出してきたね??ホンダのこんなスクーターを見かけたなんかすごいわ……時代に取り残された感じがした古いS [続きを読む]
  • フィーアバルトの風 第五章 新代官ゲスラー (84)
  • 陰謀の切れた尻尾(2)   アンディのいうとおりだ、とヴィルは思った そうは思っても、実際にはそう簡単に割り切れない 「ティナを襲った奴らが代官の手先なのか流れ者なのかはっきりわかってないしまた襲ってこないとも限らねえんだぞ」 ヴィルの親父さんが奴らをとっ捕まえてくれてりゃ良かったんだが…… アンディはそう思った 彼にもアーノルドが犯人たちを痛めつけただけで捕まえなかった理由がわからない しかし、アーノ [続きを読む]
  • フィーアバルトの風 第五章 新代官ゲスラー (83)
  • 陰謀の切れた尻尾(1) 陽が沈む前にヴィルとアンディはグローセハウスをでた 午後九時の終課の鐘が鳴ろうとしている 霞は晴れ、清々しい夕暮れだ 淡むらさきの空には刷毛で画いたような雲が流れている 彼らはビュルグレンの村中をクラウゼン峠に向かって歩いた 辛い家路だった 自分の気分が、どれほど曇っていようと自然の風はいつもと同じ人の感情に左右されることなく移り変わるものだとヴィルは思った 「ちょっと冷えてきた [続きを読む]
  • フィーアバルトの風 第五章 新代官ゲスラー (82)
  • リートの森が見えるベッドの上で ぼんやりと窓の明かりを感じる 少し冷たいが窓からのやさしい風が頬をなでている ベッドから見える窓の景色はいつもの見慣れたものだった リートの森が見える…… ティナが目を覚ましたとき自分がどこにいるのかわからなかった 確か……テルの小屋で夕食の用意をしていたはずなのに…… 窓の傍らに置かれた椅子少し離れたところに衣装箱 どれも自分の持ち物であった 「気がついたかい……」 声の [続きを読む]
  • 台風の直前に届いたよ……Good Night Angel
  • こんばんは Ritchieです 台風24号京都直撃は避けられた…… ほっと一息…… 雨風が強くなったのも夕方から 暴風域には入っているんだけど普通の雨と大して変わらない 何だかちょっと拍子抜けの緊張感だったよ……その他の地域もそうであってほしいね 風向きが変わった……家が揺れたよ でも、これからは去っていくだけなので風が強くなることもないし安心して眠ることが出来るってもんだよ 台風の足が速いので被害は少ないと思う [続きを読む]