WAKE さん プロフィール

  •  
WAKEさん: 和菓子 京菓子 嗚呼、おかし
ハンドル名WAKE さん
ブログタイトル和菓子 京菓子 嗚呼、おかし
ブログURLhttp://wabi-okashi.seesaa.net/
サイト紹介文“食べ歩き”&“お取り寄せ”で美味しかった京都のお菓子をご紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2014/07/27 14:45

WAKE さんのブログ記事

  • デコ盛りウィンナーコーヒー “和田屋cafe”
  • 円町あたりで休憩できるカフェは無いかと検索したら、なんともデコ盛りなウィンナーコーヒーの画像が目にとまる。 このデコ盛りウィンナーコーヒーをこの目で見たい!! なので、行きました。ホイップクリームに盛られているのは、コアラのマーチ、ナッツ、チョコレートなど。 表現の言葉に悩む。。。 Σ( ̄_ ̄|||) 嵯峨野あたりの喫茶店が、これを出したら、外国人観光客がSNSで拡散させるであろうな。。。 しかもこのデコ [続きを読む]
  • コーヒーに入れるのは、甘〜〜いハート “マルゼン カフェ”
  • 京都BALビルの地下2階の『マルゼン カフェ」。丸善書店の奥にあるカフェで、コーヒーにサプライズ。サイホンで出されるコーヒー。しかし、サプライズはこれではない。。。砂糖壺を開けると、中にハートの角砂糖。“ハートは、いくつ入れる??”しばし、そんな妄想に堕ちる・・・。ヘ(_ _ヘ)☆\( ̄∀ ̄*)ブログランキング参加中ご参考になりましたら下のボタンをワン お願いします。 にほんブログ村マルゼン カフ [続きを読む]
  • 丸善といえば「レモン」 “マルゼンカフェの檸檬”
  • 丸善は昔からのお気に入りの書店。以前、蛸薬師にあった時も、今のBALビルに移転してからも、本を探すときはよく利用する。 地下2階の『マルゼン カフェ』。丸善と言えば“レモン”。 丸善京都本店ゆかりの昭和の作家、 梶井基次郎の代表作「檸檬」にちなんでの京都店限定スイーツ『檸檬』。 上は酸味のあるムース。 台になっているレモンの中にも酸味のあるゼリーが入っている。 お持ち帰りも可能。ブログランキング参加中ご [続きを読む]
  • 落花生の落花生のあんぱん “落花生”
  • 円町のパン屋『落花生』。木曜日と土曜日の週2回しか営業しないパン屋さん。細い路地の中にある目立たないお店。店内は独創的なパンが陳列されている。おいしいパン屋なら、アンパンは間違いないだろうと、「落花生のあんぱん」を選んだ。店の名前を付けるぐらいだから、たぶん自信があるのだろう。なんとっ! あんぱんの中は小豆の餡ではなく、落花生をすりつぶした餡。ピーナッツバターの味。この店のパンはまだまだ楽しませて [続きを読む]
  • 世界で1番濃い抹茶ジェラート “ななや 京都三条店”
  • 静岡の日本茶専門店が京都とに進出。その店先で売るジェラートが話題になっている。トリプルはキツイかな・・・と思ってダブルにしたが、それほど重くなかった。トリプルでも軽く食べられそう。ブログランキング参加中ご参考になりましたら下のボタンをワン お願いします。 にほんブログ村ななや 京都三条店関連ランキング:アイスクリーム | 烏丸御池駅、京都市役所前駅、烏丸駅【送料無料・初回限定】辻利兵衛本店お試し [続きを読む]
  • 気まぐれな、みたらし団子屋さん “三吉みたらし”
  • 太秦に引越して早5年。大映通り商店街の『三吉みたらし』の評判はかねがね聞いているが、“幻のみたらし団子”と呼ぶ人がいるくらい、いつ前を通っても、店が閉まっている。 店主の気の向いた時だけ店を開けるそうだが、そのタイミングで店の前を通ることが5年間無かった・・・。 しかし・・・ ついに店が開いているときに前を通った。 きな粉は要るかと聞かれたので、要ると答えたら、たっぷりかけてくれた。 餅の弾力・香ば [続きを読む]
  • 1千年続く日本最古の飲食店 “一文字屋和輔のあぶり餅”
  • 今宮神社の東側参道にある2軒の炙り餅の店。北側(右)が「一文字屋和輔」。南側(左)が「かざりや」。どちらも大繁盛。 一文字屋和輔の創業は平安時代の西暦1000年(長保2年)だという。老舗と言うより、世界遺産クラスの店。 ちなみに向かいの「かざりや」も創業は西暦1637年。江戸時代が始まったばかり。 あぶり餅は一口大の餅を竹串に刺してきな粉をまぶして店頭で焼く。 焼き色がついたら皿に載せほんのり甘い白味噌のタレを垂ら [続きを読む]
  • 大原名物になるかもしれない?!  “里の駅大原 花むらさき”
  • 大原にある『里の駅大原』内にある食堂『花むらさき』。小豆ぜんざいは白餅・よもぎ餅・しそ餅から選べる。ぜんざいの餅は、しそ漬けの入った餅。塩味の餅は、甘いぜんざいと喧嘩せず、互いを引き立てあっている。そして香りが良い。しば漬けが名産の大原らしい美味。全国的に流行ってもおかしくない味。ブログランキング参加中ご参考になりましたら下のボタンをワン お願いします。 にほんブログ村花むらさき関連ランキン [続きを読む]
  • 花街・路地・町家の三拍子揃ったカフェで甘酒 “ろじうさぎ”
  • 祗園宮川町の通りから京都ゑびす神社の裏門へつながる路地に京町家カフェ「ろじうさぎ」がある。通日は朝営業と昼営業の間(11:00-12:00)は店を閉めているのだが、初えびすの期間は通し営業をしていた。前を通り過ぎるつもりだったが、これは天の助け、えびす様の御利益とばかり、寒さをしのぎに中に入った。町家住居を改装した座敷とカウンター席。メニューも見ずに甘酒を注文。冷えた身体が温まり、ニッコリ。これぞ恵比寿顔。ブロ [続きを読む]
  • スイーツ親父が入りやすい?? “茶房 いせはん”
  • 出町柳桝形商店街アーケード入口の東向かいにある『茶房 いせはん』。冷たい甘味の方が魅力があるが、いかんせん、寒い日に行ってしまったものたから、ぜんざいを注文した。それにしてもこの店は男一人でも入りやすいようだ。私たちの後から高齢男性が一人で、そのあとも中年男性が一人で入って来て甘味を注文した。スイーツ男子ならぬ、スイーツ親父が店を占めていた。。。 ブログランキング参加中ご参考になりましたら下のボタン [続きを読む]
  • 鹿王院のパン屋さん  “パンドレのシュトーレン”
  • クリスマス前に嵐電沿線をうろつく機会があったので、鹿王院駅そばにドイツ系のパンを売っている店に寄り、シュトーレンを買った。踏切横にあるお店。プレッツェルなども売られている。シュトーレンは日持ちがするので、ひとりもののクリスマスにはピッタリ。(寂しい話だが・・・)ブログランキング参加中ご参考になりましたら下のボタンをワン お願いします。 にほんブログ村パンドレ関連ランキング:パン | 鹿王院駅、 [続きを読む]
  • ラーメンばかりが一乗寺ではない! “一乗寺中谷の、でっち羊かん”
  • 京都・滋賀では、小豆と米粉を練って、竹の皮に包み、蒸しあげたものを「丁稚羊羹(でっちようかん)」と言う。丁稚の小遣いでも買える安いお菓子という説や、丁稚奉公に出る農家の子供に親が道中のおやつに持たせたなど、その名前には諸説いろいろある。地方によっては水羊羹を丁稚羊羹と呼ぶ。これは職人でなくても、経験の浅い丁稚にでも作れることから来ているらしい。竹林が宅地化され、竹の皮が手に入りにくくなってからは、 [続きを読む]
  • 修学院の気になるお店 “京都大原山田農園たまご工房”
  • 北白川通りから赤山禅院へ向かう道をしばらく進むと、プレハブ風の黄色い店が目に入った。 「噂に聞いた店は、あれか?!」 寄れるなら寄るつもりだった『京都大原山田農園たまご工房』。迷わず寄りました。 ショーケースの中は、プリンとシュークリームのみ。 店内に木製の小さなテー不ブルと椅子がある。むりやりイートインしようと思えば出来ぬことは無いと思うが、これから赤山禅院をはじめ、4か所の御朱印巡りの予定。 途中 [続きを読む]
  • 紅葉を愛でながらの甘味 “永観堂みかえり茶屋”
  • 紅葉の永観堂。あまりに美しいので、昼間も夜間拝観も両方行ってしまった。紅葉の永観堂は、まさにエエ感動。11月は寒いですね。。。永観堂の境内には甘味処が営業しています。ぜんざいはショボイ・・・でも甘酒はめちゃ美味☆晩秋の夜間拝観と、寒いオヤジギャグには甘酒は最高に温まる。  みかえり茶屋    http://www.1floor.jp/mikaeri/ブログランキング参加中ご参考になりましたら下のボタンをワン お願いしま [続きを読む]
  • 独創的な黒蜜きな粉かき氷 “然花抄院京都室町本店の然ノ氷”
  • 昨秋訪れた『然花抄院 京都室町本店」。今回は、かき氷を目当てに再訪です。前回の記事 http://wabi-okashi.seesaa.net/article/443105852.html?1504480950宇治金時黒蜜法師黒蜜きなこの上にのせている焼き菓子は黒胡麻のチュイール。神戸土産の“ゴーフル”によく似た感じの焼き菓子。かき氷には温かいお茶がそえられています。このお店は落ち着いた高級感があります。 ブログランキング参加中ご参考になりましたら下のボタンを [続きを読む]
  • 上質かつ強烈な甘さ “塩芳軒の雪まろげ”
  • 食べログの京都スイーツランキングでは、常にトップ争いに加わっている『塩芳軒』には、約3年ぶり。上生菓子を5つ購入。  上生菓子の記事 http://wabi-okashi.seesaa.net/article/451939626.htmlもう1つ、お店のウェブサイトで見つけた気になる干菓子も購入。雪まろげ雪まろげ(雪丸げ・雪転げ)とは、雪遊びの一つ。雪を転がして丸め、大きな固まりにしていく遊び。名前の通り、かわいらしく、丸い。ひと口食べたら、これが [続きを読む]
  • ショーケースのお菓子を大人買い “塩芳軒の上生菓子”
  • 食べログの京都スイーツランキングでは、常にトップ争いに加わっている『塩芳軒』には、約3年ぶり。目的は上生菓子であったが、ショーケースを見れば見るほど、どれを買うか決められなくなる。決断は、「並んでいるのを1つずつ下さい。5種買い上げです。堀川の川辺あたりで食べようと、懐紙と楊枝も欲しいと言ったら、ちゃんと付けてくれた。さすが名店のおもてなし。言ってみるもんだ。でも、この日の猛暑にねをあげて、結局家 [続きを読む]