Bluejay さん プロフィール

  •  
Bluejayさん: My soooo greeen life! ٩( ᐛ )و
ハンドル名Bluejay さん
ブログタイトルMy soooo greeen life! ٩( ᐛ )و
ブログURLhttp://bluejay100.blog.fc2.com/
サイト紹介文ガーデニングを中心に、好きなこと色々、日々のことあれこれ綴ります。
自由文家族や友達と過ごす居心地の良い場所、ー我が家ー。
ナンテネ。つまりそんな居心地の良い場所を作るのが理想〜。
庭仕事、料理、日曜大工、焼き物などなど、その他、関心事について綴るブログです。 
特に庭は、全てがタイル張り、よって全部コンテナ栽培。狭い庭での工夫や悩みなど。
趣味が同じ人でも、そうでなくても是非寄って下さい。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2014/07/27 22:03

Bluejay さんのブログ記事

  • ただただ応援するのみ!
  • 昨夜、サッカー対コロンビア戦で、日本代表の奇跡的な勝利を観戦した。前評判では、いろいろな酷評が渦巻いていた。私もサッカーが詳しいわけでもないのに、あの選手がどうの、この選手がどうのと、たしか2、3週間前まで言っていたと思う。でも、テレビで観たある選手のドキュメントを機に、他の選手達みんなも、頑張って、頑張って、頑張ってやっていることが想像できた。それからは不満を言うのは申し訳ないような気がして、声 [続きを読む]
  • ツミの季節
  • この鳥に気がついたのは昨年のこと。小鳥のなかではちょっと大きめで、水色がかったグレーが綺麗だ。調べたところオナガであるということがわかった。photo : TAKAO 599 museumすると同じ頃、超望遠レンズの一眼レフカメラを携えたオールドボーイズが現れた。彼らは、針葉樹のメタセコイヤの並木の下で、何かを狙っている様子。はじめは野鳥愛好家たちが、このオナガの姿をカメラにおさめたいのだと思っていた。そして話をしてみる [続きを読む]
  • やって来た小鳥。
  • ブログの名前を変更したことをキッカケに、ルリビタキ関連のコレクションを始めた。経緯ココ★巷に製品があまりないので、ゆっくり集めるのが楽しいかなと思って。やはり簡単には出会わないと思っていたところ、、、ブログの同カテゴリのアイキャッチで可愛い小鳥が目にはいった。それはM&Mさんのブログ★だった。早速、入手のためのやりとり開始。それでやってきたのは〜、2羽の可愛い小鳥!ルリビタキとメジロ。かわいい〜〜。 [続きを読む]
  • 紫陽花 色々
  • バラが終わり、紫陽花がぼちぼち咲き始めている。ブルーの覆輪が涼しげ。おそらくフラウシリーズの何か。下2つは同じ株からのもので、植えてある場所が違い、色味が微妙に違う。ポージーブーケ。紫陽花の花びらに絞りが珍しい、舞姫。まるっこい花びらが可愛いウズアジサイ。墨田の花火グリーン、ピンク、紫、グリーンと色変わりしていくグリーンシャドウ。一世を風靡したダンスパーティー。今も人気。昨年よりブルーががっている [続きを読む]
  • 出張土産
  • 3ヶ月に一度は出張でNYに出かけるようになった娘。彼女の出張先は、いつもNYとシアトルなのだけど、短期間に移動ばかりでとても大変そう。会いに行ったら帰国直後で、今日は時差ボケと戦っていた。取引先との話が無事おわり、ホッとしていたようだが、話を聞くと色々苦労もありそうで、入社2年目ということを考えると、結構大変。良くやっているのではないかと思う。実はNY州は広く、マンハッタン島以外のNY州はとても田舎だ。過 [続きを読む]
  • ボレロ
  • フルーツ系の強い香り。ビブ ラ マリエの香りによく似ている!中心はほんのりサーモンピンク、外は白い。クラシカルなクオーターロゼット咲き。繊細な容姿なのに、とても丈夫。うちのような狭い庭にはぴったりのフロリバンダ。鉢植えがおすすめ!?(?????)?   [続きを読む]
  • 子猫の引っ越し。
  • 連休中のバーベキューでは、集まった家族が入れ替わり立ち代わり生垣の中を覗くので、ある時、若い母は引っ越しを決意した。。と言っても、移動は1.5メートルほどのところにある息子の部屋の出窓の下。 なるほど、ここなら雨露も凌げる。。ところがそこは、庭で水やりをしている私とはバッチリ目が合う場所だった。母猫は「ここもダメか、、」と思ったか、翌日にはすでにまた場所を移っていったのだ。2、3日の間、私は「どっか良 [続きを読む]
  • ゴールデンメダイヨン
  • 家に来て13、4年目くらいのゴールデンメダイヨン。昨日のもの足元は単1電池より太くなった。花付きよく、花持ちもよく、とても丈夫。微香と評されることが多いけれど、個体差なのか、うちにあるものは春はとても良い香りがする。今年の印象は、あわ〜いミルラ香、くちなしの香りが混じっていて、しかしそれは1日くらいであっという間に消えてしまい、最後にティの香りがのこる。バラの花の形もそうだけど、香りもずっと同じで [続きを読む]
  • Mother's day
  • 母の日などと言われると、正直こそばゆいのだけど、大切な家族のみなさま、色々ありがとう??写真は、バラのマザーズデイ。他にもオレンジや白や赤にピンク、枝変わりが出やすいポリアンサローズだ。うちから友人のところに行った挿し木苗のものは、うすいピンクで咲いているとのこと。ある種のバラの花の性質として、紫外線が当たると日に日に色が赤く濃くなっていくものがある。チャールストンやアンネのバラなど。このマサーズ [続きを読む]
  • アブラハムダービー
  • バラは病害虫には犯されやすいが寒さに強く、剪定により毎年復活する「強い植物」と言えるとおもう。挿し木をしてもほとんどの確率で発根させることができる。ただし、市販のつぎ木苗のように自根で問題なく旺盛に育つものと、発根しても成長が芳しくなく、細々としか育だたないものがある。デビットオースチンが作るシュラブローズは強健なものが多いのだけど、特にアブラハムダービーは生育旺盛で、つぎ木苗と比べて遜色なく自根 [続きを読む]
  • アレッサの記事が、、
  • 保存ミスなのか、アレッサの記事の本文が消えてしまい、思い出して再び書く気になれず、ほって置いたら、ランキングに上がり続けてしまいヤキモキしていた。「記事の管理」画面ででタイトルを削除しても、消えてくれないのね。まだfc2の使い方がわからない。。気を取り直して、再度アレッサのことを。オールドローズ、チャイナ系のアレッサは、咲いた時から枯れかけているように見えるバラだ。求めて来たものではなく、さし穂の交 [続きを読む]
  • 子猫の季節
  • 毎年のことだけど今の時期、マンションのどこかに猫が生まれる。建物の構造がいささか複雑で、人がスッと入れないスペースが多く、格好の猫の出産&住処になってしまうのだ。マンションのどこかと書いたけど、結構な頻度で1階の我が家の庭周辺や息子の部屋の出窓下などに子猫が出現する。初めての時は、それはびっくりした。→ココ★ 何故ならそれは、庭の植物を植えるコンテナの中だったのだから。そして今年もコニファーの根元 [続きを読む]
  • 桜鏡
  • 旅行は趣味のひとつだけどゴールデンウィークは、行っても1泊程度、家にいることのほうが多い。うちはマンションの1階、タイル張りの狭い庭で、この季節はこんな庭にも一番の賑わいが出現する。その様子を見逃したくないのと、園芸作業だって次々にやることがある。例年、我が家で一番最初に開花するのは必ずノアゼットの「マダムアルフレッドキャリエール」。ところが今年はそれより先にデュシェス・ド・ブラバンとチャールスト [続きを読む]
  • どういう訳だがアレッサの記事が、、
  • どういう訳だがアレッサの記事の本文が消えてしまい、思い出して再び書く気分になれずほって置いたら、ランキンングに上がり続けてしまいやきもき。記事の管理でタイトルを削除しても、消えてくれないのね。まだfc2の使い方がわからない。。気を取り直して再度アレッサのことを。オールドローズ、チャイナ系のアレッサは、咲いた時から枯れかけているように見えるバラだ。求めて家に来たものではなく、さし穂の交換で我が家にやっ [続きを読む]
  • 黒竹のその後
  • 先日、黒竹にカイガラムシがついた★。植え替えをしようと作業にかかったけど、抜けない抜けない。案の定、原因は根詰まりから竹が弱り、そこにすかさず虫がついたのだった。しかも、すすけた葉っぱを見ると、先日取り残したものや、小さかったものが成長していた。 見つけ次第、駆除。結局、寄せ植えのギボウシは小型のライムにした。なるべく中心に寄せたかったけど、竹の根っこが崩せず、竹を抜いただけで疲れてしまった。まん [続きを読む]
  • 気分転換した息子
  • 就活で家に戻って来ている息子が、昨年、一足早く就職した友達からひさびさに釣りのお誘いを受けた。「息子よ、忙しい時は断ってもいいのだよ。。」と非難気味の私に対し、息子は、朝の4時半に出て行き、昼過ぎの2時にサクッと戻って来た。なんと、豊漁。「春は素晴らしい!!」と、げんきんにも態度をコロッとかえた私。すべて処理してくれた夫に感謝して、バトンタッチ。今晩はイシモチの簡単アクアパッツァとアジのたたき & [続きを読む]
  • 焦(じら)らされる。
  • 関東近県の愛好家の庭からは、バラ開花の知らせが次々と届く。なのに我が家はまだ1輪も花びらもほころびをみせない。よほど寒いのか。特に朝、晩は実際寒い。。驚くなかれ、うちはまだこたつが出ている。笑一番初めのアブラハムダービーが最初に開花する可能性大。。。蕾ばかりではおもしろくないからほどほどにする。他の草花の様子。一番花がそろそろ終わり、下から蕾があがってきている。ティアレア。背が高く、風にゆれる姿が [続きを読む]
  • こぼれダネ判明。種の寿命。
  • 先日、「これは何だろう」と首を傾げていた苗に花芽が上がり、ようやく正体が判明した。悩んでいたのは、これだった→★。一時は、「蒔いた時期により幼苗の様子が違うのだろう」と思ったのだけど花芽を見ると様子が違ったのだ。これがラークスパー(チドリソウ)の花芽。はじめはプツプツと集合しているが、これが成長するにしたがって節間が伸びて花が垂直に咲くようになる。それに対して、こちらの花芽は頂点に1つつく。そうだ [続きを読む]
  • 黒竹を磨く。
  • 先日気がつくと、黒竹の葉にカイガラムシが増殖していた。最近、葉っぱが黒くすすけて来ていたので、そんな事だろうと思っていたけど、めんどうなので見て見ぬ振りをしていたのだ。。しかし下手をすると葉が全部落ちるので、これ以上は看過できず、夫を借り出して白いカイガラムシの除去をした。成虫は手で取った。でも小さい子供達?の集まりは到底とることはできない。 なので大体取ったところで殺虫剤を散布した。しばらく様子 [続きを読む]
  • 鑑賞に耐える雑草の花
  • 園芸品種としてまちがって育てた雑草、ナガミヒナゲシが開花した。種子に何万粒も入っており、あっという間に広がっていて警戒されている外来種の一つ。でも、花は可愛らしいので見逃されていると書いた。→★それが今朝開花。チョコっと飾るにちょうどいい。(?˘?˘?)   [続きを読む]
  • 団地の花壇(追記)
  • 久しぶりにマンションの緑化活動のこと。マンション内の植栽や緑に興味のある人たちが集まって、敷地内の緑化美化に一役買っている。具体的には、ここ★! この記事から3年。記事のなかで計画だったことも次々と実現した。冬のゆず茶会が定着し、西口花壇も完成し、最近では水やり箇所も多く大変なことになって来ている。先日、一人で花柄つみに出た。春は雑草もぐんぐん出るし、特にウェルカム花壇は枯れた花など手入れ不足が目 [続きを読む]
  • これは何の花?
  • 先日、芽吹いた雑草を拾い苗に育てて、ご丁寧にそれらで雑草の寄せ植えを作ってしまったことを書いた。→ここ★それで、雑草か園芸品種かまだわからないのがコレ。まるで人参のようなチドリソウ(ラークスパー)のような、、これは何?こちらは、間違って育ててしまった雑草。ナガミヒナゲシ花がオレンジで可愛いから、引き続き育てることにした。でも花が終わったら絶対に結実させない。繁殖力が強くアレロパシーも強い。「特定外 [続きを読む]
  • New collection 開始♪
  • 先日、ラインの写真と名前をRobinに変更。その後、1週間くらいの時差でfc2ブログの方も変更した。でもブログのランキングやプロフィールに出る写真などはBluejayのままで、あとから変更してもできないのね。。だからBulejay(青カケス)とOrange flanked bush robin(ルリビタキ)の写真が混在している私のブログになっている。で、先日ラインは変えたけど、ブログの変更はこれからという時に偶然に金沢の九谷焼きの店で、ルリビ [続きを読む]