shinkyu--kaminari さん プロフィール

  •  
shinkyu--kaminariさん: カミナリハリナミカ
ハンドル名shinkyu--kaminari さん
ブログタイトルカミナリハリナミカ
ブログURLhttp://dskaminari.exblog.jp/
サイト紹介文浅草、浅草寺二天門の傍らにあります、「伝統鍼灸かみなり」院長の徒然日記
自由文江戸の活気が今もつづく浅草寺二天門の傍らの治療院「伝統鍼灸かみなり」院長が、東洋医学、伝統鍼灸、「雷」や「かみなり」に関わりつつ、徒然に綴っています「カミナリハリナミカ」
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供303回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2014/07/30 14:57

shinkyu--kaminari さんのブログ記事

  • 徒歩と自転車
  • 元気である秘訣に定期的に運動すること、というのはみなさん周知なことだと思います。一番手軽で効果的というか、自然で本来意識しなくても行うものに「歩く」ということがあります。当たり前の行動だけど、意識しないと日々これを行うことが極端に少ない方もいます。仕事で座りっぱなしで、家から職場までの移動距離が少ないというパターンや、通勤時間は長いけど、電車で立ちっぱなしや座りっぱなしで、... [続きを読む]
  • 強化月間
  • 特別そういうことは設けていなかったのですが、設定した方がやはり意識も高まると思い、月ごとに自分の中で強化することを決めて取り組みたいと思います。今月はもう半分過ぎていますが、「脈診強化月間」!!もっと脈診で突き詰めることは多いのに、踏みとどまっている感じがします。細かいところを意識していくこと。自分の脈を事あるごとに診ること。本を読み直し曖昧なところをなくすこと。... [続きを読む]
  • 遠い親戚
  • 先週の木曜日、突然ガラッと当院の扉が開き、年配の紳士が顔を出しました。見たことがあるような気もするけど、はじめてみる顔。極たまにくる飛び込みの旅行者の初診かと思っていると「〇〇です。」と名乗って下さった苗字は妻の旧姓。その関係の方だと顔の感じでわかったのですが、実はかなり遠い親戚なのです。十何代遡ってたどりつく親戚。祖先は福岡にある求菩提山という天狗の里を守って... [続きを読む]
  • 歯における人体実験
  • 久々に歯医者に行っていることは少し前に書いたと思うのですが、まだ治療までいっていないのが現状です。今月はじめに行ったときは、歯石の除去と歯磨き指導でした。いよいよ治療するのは今月末。かなりやばいと思い始めてから数ヶ月たちますから、その間痛みの増減もあるわけです。齲歯は東洋医学的には陽明の熱が大きく関与します。そのため、やはりそれを助長することをすれば痛みは悪化するわけ... [続きを読む]
  • 来るものは拒まず
  • ごくたまに患者さんからこういう質問を受けます。「先生が行っている鍼の勉強会に私も参加することは可能ですか?」鍼灸東洋医学の世界に触れ、自分が良くなっていくことを実感したり、問題が発生しても鍼でよくなることを実感すると、それに対して興味を持つことは自然なことだと思います。たいがいは、鍼灸の資格を持っている人しか受けられないのだろう、と勝手な解釈をして一歩踏み出さないことが多い... [続きを読む]
  • 心をくすぐる
  • なんでもそうですが、人から言われてやっているうちは、まだまだ、、、仕事にしたって、勉強にしたって、スポーツにしたって、日々の習慣にしたって。あれやこれや子どもに対して親が言うのもそうです。言わないとやらないのは、それをやめたら何もしないままです。それに対してやる気を出させるように持っていくのがコーチング。それをさも「ほめること」だと解釈する人もいますが、そういうわけでは... [続きを読む]
  • 高尾山にて野草の会
  • 昨日は久しぶりに高尾山に。大先輩先生主催の「野草の会」です。前に参加したのは何年前のことかまるで覚えてないのですが、たぶん5年くらいは経つのだと思います。そのときは2人の子どもを連れて行きましたが、今回は妻と2人で参加してきました。連休でしかも天気もよかったので、メインのところはやはり混んでいるのでしょうが、目的は野草なので、今回向かったのは「小仏峠」。高尾駅か... [続きを読む]
  • されどボランティアコーチ
  • 今日は朝小学1年生のサッカーコーチ、午後は阿波おどりの練習からの打ち上げという、まぁわりとある休日の過ごし方。ちょっと違うのは、サッカーがオフな中学1年生の長男を、手伝いとして朝連れて行ったこと。前日暇そうな時間を過ごしていた長男にちょっと課題を出してみました。「小学校1年生30人をあの練習場で2時間やるメニューを組んでみて。テーマを決めて何をやるべきかを考えて。」幼... [続きを読む]
  • 鍼の守備範囲
  • 困ったときに「この人だったらなんとかしてくれる!」という存在になれたらいいと思っています。もちろん困ったことの内容によりますが(^ ^)どこまで鍼で治すことができるのか、これは一言で表すのは難しいですが、たいていのものは治る可能性はあります。あとは自分の腕と患者さんの養生、そして病邪の程度。これはどうなの?と思ったら聞いてください。今日、椅子に座ろうとしたけど、ある... [続きを読む]
  • 人のふり見て我がふり直せ
  • この人の声はどうも聞き取りづらい。そんことありません?先日とあるレストランに行ったとき、ウエイターの説明の声が聞き取りづらかったのです。静かな雰囲気の店ですから、元気いっぱいに話すわけにはいきません。でも声を小さくしようとすると、はっきりと滑舌よくしゃべりづらくなると思うのです。メニューの説明とかを急ぐ必要はなく、ゆっくり丁寧に相手の顔の位置を考えて語りかけることが大... [続きを読む]
  • 子どもを受動喫煙から守る条例案
  • 10月3日の都議会の厚生委員会で可決され、今日5日の本会議で成立したようです。「子どもを受動喫煙から守る条例案」・都民はいかなる場所においても、子どもに受動喫煙をさせることのないよう努めなければならない。・保護者は家庭等において子どもの受動喫煙防止に努めなければならない。・喫煙しようとするものは、家庭等において、子どもと同室の空間で喫煙をしないよう努めなければならない。... [続きを読む]
  • NHKスペシャル 人体
  • 先日興味深い番組がやっていました。『NHKスペシャル シリーズ 人体』プロローグと第1回とニ夜続けての放送。プロローグは「神秘の巨大ネットワーク」という題名で第1回は「腎臓が寿命を決める」というもの。題名を見たときに、これは東洋医学に近づいてきたんだなぁ、と思いました。東洋医学で腎は元気の源ですからね。老化ということは腎が衰えること。番組の中で語られていたのは、... [続きを読む]
  • NHKスペシャル 人体
  • 先日興味深い番組がやっていました。『NHKスペシャル シリーズ 人体』プロローグと第1回とニ夜続けての放送。プロローグは「神秘の巨大ネットワーク」という題名で第1回は「腎臓が寿命を決める」というもの。題名を見たときに、これは東洋医学に近づいてきたんだなぁ、と思いました。東洋医学で腎は元気の源ですからね。老化ということは腎が衰えること。番組の中で語られていたのは、... [続きを読む]
  • 谷中散策④
  • 今日も続きです。谷中散策お墓参りの最後は都立谷中霊園にある「徳川慶喜」の墓。最後の将軍ですね。他の徳川歴代の将軍と違い、神式による土葬。もともと勤皇の思想がある水戸藩出の慶喜は、徳川家の菩提寺である増上寺にも寛永寺にも入らないで、皇族と同じ質素な円墳にすることを遺言で伝えたようです。その他いろいろなことを通りすがりのこの方が教えてくれました。御歳80。谷中霊園だけで... [続きを読む]
  • 谷中散策③
  • 続きです。次に訪れたのは「朝倉彫塑館」朝倉文夫のアトリエと住居だった建物です。実は人物に対しては名前ぐらいで詳しく知っていなかったのですが、自ら設計した建物の細部にまで行き渡ったこだわりに感服しました。平日の朝で空いていたこともあり、とてものんびりと空間を堪能することができました。中庭と部屋がおりなす落ち着いた空間。光の入り方を考えた作り。屋上の庭園。施設を見学したというより、寛... [続きを読む]
  • 谷中散策②
  • 昨日の続きです。特にどういうルートで歩くのか決めていなかったのですが、これは行こうと決めていたのがいくつかありました。①岡倉天心記念公園②朝倉彫塑館③伊東玄朴の墓④山岡鉄舟の墓⑤徳川慶喜の墓こういうのを効率よく周りたいという方もいるのでしょうが、気の向くままに歩くのが好きなんです。途中思わぬものに遭遇するかもしれないし、決まったことをきっちりやるより、おもしろいこと... [続きを読む]
  • 谷中散策
  • 今日は午前中にちょっと散策に出かけました。少し前に長男次男ともにやっていた台東区の歴史検定。そのとき読んでいた冊子を見たときに気になっていたところ。「谷中(やなか)」東西に長い台東区の地図では北西に位置します。少し奥まっているので浅草からは最も遠いところ。そのため、記憶の中では今まで歩いたことがありません。なぜ気になっていたかというと、史跡がわんさかあるのです。... [続きを読む]
  • やっぱり食べ過ぎはダメ
  • 「過ぎたるは猶及ばざるが如し」ということばがありますが、食べることだってそうです。いや、食べることに関しては、及ばない方がいいくらい。飲み放題、食べ放題というものがありますが、世の中に不健康な人を量産していると思います。またフランス料理とかのフルコースにしてもそうです。ふつうに完食したら食べ過ぎですよ。以前旅館でバイトしたときに、一番高い「離れ」の料理の物凄い量に驚... [続きを読む]
  • 久しぶりに睛明(せいめい)
  • 一般的にはあまり使われないけど、僕にとっては興味深くて使うことがあるツボです。以前ブログで書いたこともあると思います。ちょっと久しぶりに使い、やっぱり大事だと思ったので再登場です。「睛明」場所は目の内眦の外側。目と鼻の間です。経絡としては足の太陽膀胱経。ここからぐるっと頭の後ろを通って足まで行く経絡です。正経としてはそうなのですが、他に手の太陽小腸経、足の陽明... [続きを読む]
  • 副作用
  • 臨床をしていると、なんでこんな症状が出てくるんだろう?と不思議に思うことがあります。特別に変わったこともしていない、ストレスがかかったわけでもない。外邪に冒されたわけでもない。なんだろう?と思っているときに、薬の副作用という場合があります。飲んでいる薬を確認して、副作用の欄を見ると、そんなことが書かれてある。そこから、この薬はそういう効果を身体に及ぼすのか、... [続きを読む]
  • 阿波おどり合宿2017
  • 土日の連休に栃木まで阿波おどり合宿に行ってきました!「合宿なんかするの?」と思われるかもしれませんが、我が浅草雷連はほぼ毎年秋のシーズンに合宿をしています。あまり確認はとれていませんが、他の連でするところはあまりないように思います。なぜうちの連はするのか?①仲がいいから②地方に住んでいる熱心な連員がいるから③阿波おどりが好きだから④わいわい騒ぐのが好きだか... [続きを読む]
  • 痰が鼻水に??
  • 痰は身体の中の水が滞ってできたものです。熱を帯びることが多いですね。普段日に数回痰が出ていたのが、風邪をきっかけに出なくなり、かわりに普段出ない鼻水が出るようになった。これをどう解釈するか。風邪によって肺がダメージを受けたことで、その根である「鼻」への影響が強くなり、鼻水として出たか。風邪によって食欲が減り、食べる量が減ったことで脾において生痰しなくなり、痰は出ず、鼻にお... [続きを読む]
  • 伊藤達哉
  • 昨日今日ひとりのサッカー選手が少しネットのニュース上を騒がせています。彼の名は「伊藤達哉」ドイツブンデスリーガのハンブルガーSVの選手です。現在20歳。今日行われた試合ではじめてベンチ入りを果たしました。今回のニュースではじめて知った方も多いと思いますが、実は柏レイソルのユースにいるころから知っているんですよ。なんと長男の元チームメイトのお兄ちゃん。今子ど... [続きを読む]
  • 導いてくれる人
  • 何事も上達していく上で、指導者というのは非常に重要だと思っています。どのように重要かというと、よい方向に導いてくれるということで。よく、「〇〇が育てた」なんていうことを言われたりしますが、やっている人間は勝手に育つと思います。その中で、あるもの全てを遺憾なく発揮できているかということが大事で、それを引き出すこと、いい方向に持っていけるのが素晴らしい指導者だと思います。音楽の... [続きを読む]
  • もう一つの大会
  • 以前次男が小学校の吹奏楽部の都大会で金賞を受賞し、全国大会に行くことになったということを書きましたが、昨日、別の大会の都大会があり、こっちは次なる舞台、埼玉スーパーアリーナでの関東大会への出場が決まりました。この大会は昨年、関東大会で金賞を受賞したけど、全国大会には行けなかったという悔しい思いをした大会。なんでもマーチングの世界では、関東では横浜のレベルが高いようです。近年... [続きを読む]