asu さん プロフィール

  •  
asuさん: mis favoritos
ハンドル名asu さん
ブログタイトルmis favoritos
ブログURLhttp://correcalles.blog.fc2.com/
サイト紹介文スペインの小さな田舎町に住んでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供303回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2014/07/30 16:26

asu さんのブログ記事

  • 本日のアペリティボ
  • リスボンで買ったチーズ。このチーズは乾燥トマトとバジル入りの牛乳のチーズ。美味しくて、滞在中もつまみにと、足繁く通った肉屋で売っているのです。最終日にチーズをどっさり買ったら、次回は前日に来て選べば真空パックにしてくれると言ってくれた。いくつか買ってきたけれどこれが最後。ポルトガル特有の、小さな丸いチーズは薄めに切って、お皿に盛る。上からちょっとだけオレガノとオイルをかけて カットしたトマトと食べ [続きを読む]
  • イニエスタのおじいさんのバル
  • 近くを通ったので立ち寄ってみました。スペイン代表・バルセロナFCBの イニエスタ選手の生まれ育った町、フエンテアルビジャ。この町、というか、村は、ちょうどアルバセテとバレンシアの真ん中あたりに位置し、アルバセテ県に属する、バレンシア県寄りの村。アルバセテは ラマンチャ地方なので、彼はマンチェゴ(ラマンチャ人)。そしてアルバセテ県出身なので、アルバセテニョ(アルバセテ人)。バルセロナ(カタルーニャ地方 [続きを読む]
  • ラコン コン グレロス
  • grelo グレロ は 蕪の一種の葉。日本の蕪の葉よりも長くて大きくてもう少し固め。スペインでは北部、ガリシア地方などで栽培、そして食されている野菜で、私の住む地方では、まったく見かけないのです。。同じイベリア半島。 ガリシア地方の南に位置するポルトガルでは蕪も、そしてグレロも売っているので、この時期にポルトガルに行くときは買って帰るようにしている グレロ。 グレロは、ジャガイモと、そして、ラコン(塩 [続きを読む]
  • リスボン おまけ
  • かわいいパッケージのポルトガルの缶詰。もっと普通の缶詰でいいのだけれど、普通のスーパーには売っていないものもあって、毎回、少しだけ買って帰るのです。ツナのパテはスペインにもあるけれど、辛いツナのパテはないので ちょっと楽しみ。鱈のパテは前回美味しかったので買い足し。。鰯やツナは、スペインにも売っているだけれど、鯵の缶詰は売っていないので これはいつも買って帰る缶詰類。carapauzinho 小アジ の 缶詰 [続きを読む]
  • 美味しいお土産☆
  • 義母の手料理をもらってきました。わーい (⌒▽⌒)忙しい義母は仕事の合間をぬって自分達用と、そして近所に住む子供たちのために沢山作ってタッパーに入れてもたせてくれるのです。きっと世界中のお母さんはそうだと思うけれど・・ ^^私達は離れているのでたまにしか会えないのですが、立ち寄った時は必ず3つぐらい、タッパーをもらって帰ってきます。これは、モロッコ隠元と、玉ねぎ、にんにく、ハモンをオイルとワインで炒め [続きを読む]
  • 家族ランチ
  • 4月生まれが多いこちらの家族・・それ以外の人たちもまとめて?誕生日会をやるのが恒例・・町外れの、川のほとりにあるとあるレストランに集合。ここで食べるのは初めて。知らないとたどり着かないようなところにあって、川とそのレストランしかないのに、車が30台ほど停まっていた。たまたま通りかかった警察に、「何かあるの?マス釣り大会とか?」と逆に質問され・・「いや。みんなこのレストランに食べに来てるみたい」と答え [続きを読む]
  • ティラミス
  • ティラミスは大好きなデザート。でも美味しいと思えるティラミスにはなかなか出会えない。。これは美味しい!と思ったのは、バレンシアにあるイタリア人がやっているイタリアンレストラン。 手打ちパスタを出す店で、よく行くのだけれど、なんとこの前 ジョージクルーニーが食べに来て気に入ったのだとか・・^^そして、義母が作るティラミス。 これは絶品☆最近はもう作らないので、代わりに私が作っています。。大きめの容器で [続きを読む]
  • Lisboa 9
  • 聖週間の最後の日曜は、肉を食べる日。友人家族一同が勢揃いしてランチ。その準備のために、昨日のファドを早めに切り上げて帰宅したというわけ。。。私も手伝いたいけれど・・彼女にどいて! と言われ・・テーブルセッティングや掃除をしてみたり・・ ^^;彼女はプロなので・・ 手際が良い。ちゃっちゃかちゃっちゃかと、デザートを2品焼き上げ、そして肉を2種類焼き上げる。これは カブリート。 子ヤギ。解体して・・肉をゆで [続きを読む]
  • Lisboa 8
  • 土曜日の夜は友人夫婦ともう人組の友人夫婦とレストランで待ち合わせ。ポルトガルでは、7時頃には、もうすっかり人気が少なくなってしまう。なのに・・ここだけは例外・・私たちも何回か行ったことがあるけれど、行くたびに、列が長くなり、待ち時間が長くなっている気がする・・ここはリスボンっ子達の大好きな大人気シーフードレストラン。ここの名物、ガンバス アル アヒージョ。 プリプリ☆なんと、今は、6ヶ国語ほど選択で [続きを読む]
  • Lisboa 7
  • 白い家々と、細い小道、の アルファマ地区もいいけれど、最近は、アルファマ地区と隣り合わせなのに 雰囲気がガラリと変わるモラリア地区も 好きです。急な坂に沿って家が立ち並び、中国人やインド人の営む店が点々としている。グラサの教会が見えるここは普段は12号線のみが走っているのだけれどアルファマの工事のために28番線が路線を変更してこの線路に乗り入れていた。坂を下りきって広場に出る手前を更に進むと、今度はイ [続きを読む]
  • Lisboa 6
  • リスボンに来たら必ず通うレストラン O Pitéu da Graça オピテウ。今回は、私が食べたことがない、ということで・・そして、皆が食べたいということで・・・ あるものを食べに・・友人夫婦と、彼らの友人夫婦 と、 現地集合。まずは、アサリの酒蒸し(パクチー入り)。そして、vinho verde の 赤。ポルトガルの vinho verde (直訳・緑ワイン)は、熟す前の早摘みの葡萄(品種は決まっている)若い葡萄(若い=緑)のワイ [続きを読む]
  • Lisboa 5
  • ポルトガルの1日は・・ カフェから始まる。バターたっぷりのクロワッサン生地に、多分クリームが挟んであって、砂糖がじゃりっというメレンゲを塗って焼いてあるこの菓子パンは 焼きたて。菓子パンが大きくてエスプレッソに見えるけれど・・大きめのカップに入ったカフェコンレチェと大きな菓子パンで2ユーロほど。カフェには毎日同じメンバーが同じ席に座り、仕事前に立ち寄ったり、朝一で雑談に励むセニョーラ達のグループとは [続きを読む]
  • Lisboa 4
  • アルファマから路面電車28番線に乗り、その後、誰も降りも乗ってきたりもせずに皆がカンポ・デ・オウリケ">カンポ・デ・オウリケまで。。 私達は一つ手前で降りて、前回見学できなかったエストレラ大聖堂 Basílica da Estrela へ。この大聖堂のクーポラはリスボンの中心街にいくつもある展望台からも見える。祭壇の奥の部屋にはガラス張りのベレンがあって、係りの人が解説をしてくれていた。この大聖堂の歴史や、リスボン大地 [続きを読む]
  • Lisboa 3
  • リスボン在住の友人夫婦に、リスボンだけじゃ飽きるでしょう?と 心配、いや、呆れられるほど 毎日リスボン市街を行ったり来たり。。リスボンはパリやマドリッドなどに比べると見て回れるような範囲はとても狭くでも、そこが また良い。 ^^すっかり綺麗になったコメルシオ広場。工事が終わるとまた次の工事が始まる リスボンの街。040422141458e.jpg" border="0" width="550" height="413" />リスボンの魅力は色々あるけれど [続きを読む]
  • Lisboa 2
  • リスボンからバスコダガマ橋を渡り少し車を走らせたところにある漁村のレストラン。小さな村だけれど、美味しいレストランがひしめき合っている。友人夫婦はここしか知らないというけれど、美味しいので、通い続けているという。私達もこのレストランが大好き☆ 新鮮なアサリのワイン蒸し(パクチー入り)。サパテイラ(スペイン語ではセントージョ)。嬉しい〜〜〜 蟹味噌にほぐした身が入っていて これをパンにのせて食べる☆ [続きを読む]
  • Lisboa 1
  • 3月末の聖週間の連休はリスボンへ行ってきました。アマリア・ロドリゲスの石のモザイク。まずは やっぱり 一番好きな アルファマ地区へ新しいストリートアート探しをしたりはためく洗濯物テージョ川に停泊している客船の汽笛が鳴り響くアーチの奥に赤と黄色の壁が・・ これ 絵 なのです。これも 絵。年配のセニョーラがやっている・・バル。ビンテージ風なのではなく きっと全部が本物のビンテージもの。。この椅子とテー [続きを読む]
  • パテ デ バカリャウ
  • リスボンのコーヒー豆が売っている店で買った、鱈のパテ。スペインでも鱈のパテ、というのはあるのだけれど、鱈の肝 なのでこれもそうなのか確認すると、いや、肝じゃなくて鱈の身が入ってる、と言うので買ってみたら・・本当だ。 白い。 鱈と、ジャガイモ、オリーブオイル、塩、などで出来ている。ポルトガルの vinho verde と。美味しい〜〜スペインにも、同じような、特にこの季節に食べられる料理があります。鱈と、ジャ [続きを読む]
  • アーティチョーク
  • 冬の野菜 アーティチョーク が 1kg/1ユーロ を切ると多めに買って、ちょっと冷凍しておくのです。まだまだアーティチョークは無くならないけれど、少しずつやっておくと焦らない。^^;ビネガーと水で煮て、それをオイル漬けにする方法もあるけれど・・冷凍庫にスペースがある時は、冷凍してしまいます。+ + + + + + + + 材料:アーティチョーク6個、レモン半分手順:①アーティチョークの固い回りの皮を3〜4周むき、上から2cm [続きを読む]
  • バレンシア火祭り 5
  • Ego, yo mi, me conmigo という題名のついた作品。エゴ。 私 私の 私に 私と。俺が 俺が 俺様が!俺が 俺の 俺のもの。頑張っていても 脱税はダメでしょう。エゴ。  人の振り見て我が振り直せ・・ と自分のことを顧みたり・・火祭りのもうひとつの楽しみは・・・ 爆竹。親の管理下のもと、小さな子供が爆竹で遊ぶ・・ でも、一番たちが悪い?!のは、ドッカン!!と 大きな爆竹を鳴らす 大人だったり・・バレンシ [続きを読む]
  • バレンシア火祭り 4
  • この日はたまたま 授賞式に向かうファジェラス(民族衣装をまとった人たち)のグループ行進に遭遇したので 彼らのあとをついて歩いたり、眺めたり、と、衣装や、音楽や、彼らの楽しんでいる姿を、堪能することができました☆これは爆竹ショーのあった市役所広場で。女性の纏っている衣装は絹製。 とっても綺麗・・男性も とてもカッコイイ。ヨチヨチ歩きの赤ちゃんや、ベビーカーの赤ちゃんまで衣装を纏っていたり・・可愛いな [続きを読む]
  • バレンシア火祭り 3
  • 3月1日から19日まで毎日午後2時から市役所広場で行われるマスクレタ(爆竹ショー)。これを見ずには帰れない。 ^_-列を作ったり、待ったりしないスペイン人が・・これは早めに行って待つのです。。いつもは30分前ぐらいにはショーのある場所に近いところへたどり着いて待つのですが今回はすっかり出遅れて これ以上は近づけなかった・・後ろにも 人・人・人・・ショーがあるのは反対側。2時ジャスト。 ショーの開始宣言と共に [続きを読む]
  • バレンシア火祭り 2
  • バレンシアの火祭りは、人形を見て廻る・・ のですが・・全部はとても見切れない・・し、 見ているうちに段々わからなくなってくる?! ので有名どころを数カ所を廻りがてら、途中で見かけたものを見て廻るというのがオススメ☆大きなところには 必ずいた 3人・・そして彼も。。 (この人は今ブリュッセルに逃亡中・・)スペイン版スイカ割り?!  少年の目の前にある 土製の入れ物を 目隠しをして棒で割る・・という  [続きを読む]
  • バレンシア火祭り 1
  • バレンシアの火祭りへ行ってきました☆このお祭りは、3月14日から19日の間開催され、14日以降にこのファジャス(人形)が設置され、19日の夜中に焼かれ、祭りが終わります。この人形は地区ごとに住民たちが集い1年かけて準備し(自費で)、それをその地区の広場や4つ角に設置し、皆で集まりパエージャを作って食べたり、BBQをしたり、、飲んだり食べたり、そして、夜は夜な夜な踊ったり・・観光客は、人形を見て回り、地元の人たち [続きを読む]
  • ポルトガルのコーヒー豆
  • ポルトガルに行くと買うもののひとつ・・ コーヒー豆。スペインではコーヒー豆屋ではコーヒーしか売っていないことが多いけれどポルトガルでは、必ず、CHA チャ 茶 も 売っていて、そして、飴玉や、ビスケットなどが置いてあったりするのも 楽しい。この豆は、リスボンのチアド地区のメインストリートにある店のもの。こういう紙袋に入ってきて・・良く見ると、やっぱり、CHAと書いてある。そして、BOLACHAS E CHOCOLATES、 [続きを読む]