小夜 さん プロフィール

  •  
小夜さん: 風がページをめくる
ハンドル名小夜 さん
ブログタイトル風がページをめくる
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kazenosayo/
サイト紹介文めくった本をメモしています。今は、絵本・児童書・実用書が多いです。
自由文小中学生のときは図書委員でした。「本は未来の自分。毎日が面白くなる種。」
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供260回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2014/07/31 02:46

小夜 さんのブログ記事

  • 許そう。(1386)
  • 読書散歩  1386歩 許そう。葉祥明 著許しは相手のためでなく、自分自身のためです。本当にそうなのです…。「生命」「平和」などをテーマに創作活動を続けている著者が、「許し」についてつづる。 許そう 許せないのは・・・・いま理不尽な事件、事故に、許せないと思うことは多いです。罪を憎んで、人を憎まず。とはいいますが、頭と気持ちは違うのでは。許せないのは・・・と許せない気持ちを否定されるのは辛いのでは?許 [続きを読む]
  • すごい片づけ(1385)
  • 読書散歩  1385歩 すごい片づけ9つの極意はづき虹映 著片づけとは、「カタをつける」こと。自分の“想い”に決着をつけてこそ、本当の意味での片づけを実現できる。片づけられない本当の理由と、片づけ方のノウハウを伝授する。第一章ここでいう「すごい片づけ」とは、心の奥深いところにある、より素に近い状態の思いにアクセスし、その思いに自ら気づき、認め、キチンと決着をつける」ということ。洋服が多いのは、おしゃれ [続きを読む]
  • 絵本・やさしいたんぽぽ(1384)
  • 読書散歩  1384歩 やさしいたんぽぽ安房直子 文 南塚直子 絵日がくれて、だれもいなくなった野原に、女の子がひとり、こねこをだいて、立っていました。野原に捨ててきなさいと、お母さんに言われたのです。捨てられたネコはどうなるのでしょうか、おそろしい、「たすけて、だれか たすけて・・・」すると足元のタンポポが咲いて-。<ひかりのくにゆき>ミルクが必要な小さいねこを 捨てに行く・・・犬や猫を飼ったことが [続きを読む]
  • 大人のにほんご事典(1383)
  • 読書散歩  1383歩 大人のにほんご事典齋藤孝 著日本人として、社会人として、覚えておきたい言葉を五十音順に厳選。言葉の意味や語源、文学作品の中での使用例を紹介し、その言葉の「大人度を上げる言い回し」を具体例を挙げて説明する。さらにひとつ上の言葉の知識も掲載。 社会人になったら、社会人にふさわしい語彙を身に付けてほしい。おほほ 耳が痛いワ 遺憾(いかん)遺憾とは、思い通りに行かなくて、心残りなことや様 [続きを読む]
  • 絵本・鬼のかいぎ(1382)
  • 読書散歩  1382歩 鬼のかいぎ立松和平 文  よしながこうたく 絵時は平安、琵琶湖の近くに、大きなクヌギの木がありました。多くの生きとし生けるものが、その木をよりどころにしていました。しかし、田んぼが影になると、村人たちが、帝にお願いして、その木を切ったのです。それに怒った鬼たちが森に集まり、会議をはじめました…。今昔物語を下敷きに、自然の使いである「百鬼」の闘いをユニークに描いた創作絵本。その後 [続きを読む]
  • 本当に必要な「ゆるスクワット」と「かかと落とし」(1380)
  • 読書散歩  1380歩 本当に必要な「ゆるスクワット」と「かかと落とし」信州大学整形外科医 中村幸男 著スクワットって、今ブームのようです。も テレビで紹介されていたスクワットをやっています。椅子に捕まってのスクワット、1セット15回を一日3回。出来ない時もありますが、やらないよりマシを合言葉にしています。そんなこともあり、スクワットの本を借りてきました。筋肉量と骨量の両方を増やして、足腰を若返らせよう [続きを読む]
  • あなたは、うで体?あし体?(1381)
  • 読書散歩  1381歩 3秒でからだがわかる、人生が変わるあなたは、うで体?あし体?鴻江寿治 著人間の体を猫背型の「うで体」と、反り腰型の「あし体」に分ける「骨幹理論」で、体の不調を解消しよう! それぞれのタイプに合った服や家具、寝具の選び方、体の使い方、エクササイズ等を紹介する。セルフチェックも掲載。 左右どちらの方が上がってる?鏡を見てもわからなかったのですが、セルフチェックをしたところ、は「うで体 [続きを読む]
  • 絵本・アリスの不思議なお店(1379)
  • 読書散歩  1379歩 アリスの不思議なお店フレデリック・クレマン 著鈴村和成 訳誕生日には何が欲しい? お前の父さんは世にも不思議なお店の主人。さあ、それではアリス、お前に見せよう、私のコレクションの数々を。古今東西のお伽話から抜け出てきた、世にも稀なる夢のカタログ絵本。 砂粒ほどの小さな象、ピノキオの鼻の先っぽ、シバの女王のまつげ、頭のおかしいならくだの思い出、星の王子様の影、空飛ぶじゅうたんツアー [続きを読む]
  • 絵本・よるのわがしやさん(1378)
  • 読書散歩  1378歩 夜のわがしやさん穂高順也 文青山友美 絵昔から愛されてきたおいしい和菓子が並ぶ和菓子屋さん。だいふくもち、ぼたもち、かしわもち、さくらもち、くさもちたちは、新しくできた洋菓子の店に、夜お店が閉まってから偵察にいくことに。トランポリンのようなプリン、シュークリーム、そして大きなお城。お城には、お姫様がいて、なんと和菓子の一人と結婚することに!!落ちは私も好きな ・・・・・・・です [続きを読む]
  • 絵本・ペペットのえかきさん(1377)
  • 読書散歩  1377歩 ペペットのえかきさんリンダ・ラヴィン・ロディング 文クレア・フレッチャー 絵なかがわちひろ 訳パリに住むジョゼットは、うさぎのぬいぐるみのぺペットの絵を、パリで一番の絵かきさんに描いてもらおうと、モンマルトルに出かけます。そこにはピカソさん、ダリさん、シャガールさん、マティスさんがいましたが、ペペットをかわいく描いてくれず、ジョゼットは自分で描くことに・・・。どうなったかは、見 [続きを読む]
  • 図書館の主13(1376)
  • 読書散歩  1376歩 図書館の主 13篠原ウミハル 著絵本の出版を目指し頑張っている伊崎くんに弟子入り希望の女子高校生!?オーナーが入院!!タチアオイ児童図書館の始まりが語られる。そろそろ、次に・・・予感させる13巻語り継がれる物語伊崎くん「今 目の前にいる人達が喜んでくれるほうが 俺はうれしいかなぁ」絵本作家伊崎くん誕生!?始まりの場所オーナーが入院!・司書の神田の面接の場面から描かれています。・「 [続きを読む]
  • ナイトフォトの撮り方ガイド(1375)
  • 読書散歩  1375歩 感動!ナイトフォトの撮り方ガイド工場夜景、夜の街、花火…。これらの被写体は、ちょっとしたテクニックを使うことで、より幻想的で神秘的な作品に仕上がります。プロの写真家と人気インスタグラマーが「感動するナイトフォト」の撮り方を公開。 コンデジですし、知識も技術もないので何かを望んだのではなく、夜景写真を楽しみながら、構図などが勉強できたらとめくりました。・月を撮るには低い位置の時、 [続きを読む]
  • 図書館の主12(1374)
  • 読書散歩  1374歩 図書館の主12篠原ウミハル 著利用する少年たちの小学校に新しく学校司書がやってきた。優しくて頑張り屋の彼女に、好感を持つ児童たち。学校の図書館この学校司書の力になって欲しいと、タチアオイ児童図書館に連れてくる。「絶対に読まなくちゃいけない本なんてもんはこの世にない読みたい本を読めばいいんだ また、司書として”読ませなけれならない本”もない。」そういって、御子柴が選んだんは『ひみつ [続きを読む]
  • 水丸さんのゴーシチーゴ(1373)
  • 読書散歩  1373歩 水丸さんのゴーシチゴ安西水丸 著うす墨の空ぶっ叩く津軽凧 、新蕎麦や鬼平気どる昼の酒 ダンディな水丸俳句100句とカラフルなイラストレーションの作品集。イラストも著者が描いています。どれが季語だろうと、季語を感じさせない句がおおく親しみを感じます。流れ星人の噂も闇の中名言格言みたい。「そだねー」季語は「流れ星」で秋でした。こういう句をひねれるようになりたいなぁ「絵」も書いちゃおうか [続きを読む]
  • 図書館の主11(1372)
  • 読書散歩  1372歩 図書館の主11篠原ウミハル著野生の本能タチアオイ児童図書館の常連・宮本さんは他の利用者の話し相手になるようになってます。その宮本さんが利用者の父親に本を選んぶことになりますが、選べないでいると、「いい本選んでカッコつけたいとか・・・」と御子柴にズバリ言われてしまいます。宮本さんは『おおかみ王ロボ』を選びます。かつての少年少女へ「図書館っていうのはな物語を読むためだけにあるんじゃな [続きを読む]
  • 絵本・きのうをみつけたい(1371)
  • 読書散歩  1371歩 きのうをみつけたいアリソン・ジェイ 作・絵表紙をめくると「しあわせは ここに あるほかの ばしょを もとめなくても」ウォルト・ホイットマン昨日は楽しかった どうしたら昨日に戻れるかなぁ男の子は考えます。光より速いモノは・・・昔にもどれる穴が・・・おじいちゃんと 新しい冒険に出発します。未来への希望をあたたかく描いていいます。おじいちゃんになったら読んでほしい一冊です。あたたかみ [続きを読む]
  • いますぐ書けちゃう作文力(1370)
  • 読書散歩  1370歩 いますぐ書けちゃう作文力齋藤孝 著書くチカラは考えるチカラ、つまり生きるチカラなんです!作文はもうこわくない。国語の達人・齋藤孝が贈る、小学生からシニアまで作文がすいすい書けちゃうヒケツ、齋藤メソッドを大公開。  おうちの人や友だちとカンタンにできる作文上達法、マンガやアニメを使った作文、読書感想文の書き方など。 作文は大の苦手でした。何も思い浮かばないんです。とにかくたくさん [続きを読む]
  • ビジュアル版源氏物語(1369)
  • 読書散歩  1369歩 ビジュアル版日本の古典に親しむ1光源氏と女たちの王朝絵巻源氏物語円地文子 著古典の名著15作品を、当代一流の作家陣がわかりやすく現代文訳。難しい漢字には読み仮名をふり、見開きごとの脚注で知らない言葉も早わかり。第1巻は「源氏物語」。桐壺 藤壺 夕顔 葵 末摘花 朝顔 常夏 藤袴 梅枝源氏物語には花にまつわる登場人物がたくさんいます。和歌に詠まれる植物。季節を描写するために描かれる植 [続きを読む]
  • 「首わしづかみ」で脳脊髄液を流しなさい(1368)
  • 読書散歩  1368歩 1日1分「首わしづかみ」で脳脊髄液を流しなさい宮城旺照 著首をわしづかみし、脳脊髄液を開放することで、頭痛、めまい、ふらつき、不眠、疲労感、物忘れ、動悸などが改善される。脳の汚れを排出する「首わしづかみ」を、生活習慣や食生活のアドバイスとともに紹介する。超カンタン!首凝り改善「首わしづかみ」左手を首の後ろに回し、指に力を入れて首をわしづかみにします。このとき親指が当たる付近に内径 [続きを読む]
  • 図書館の主8(1367)
  • 読書散歩  1367歩 図書館の主 8篠原ウミハル 著「本を与えたのは失敗だった」妹から聞いた父の言葉に御子柴は過去に思いを馳せる。少年・タケシ、伊崎に恋する理沙ちゃん、編集者、各々の物語があふれる。家族の本棚タチアオイ児童図書館の司書・御子柴くんの思い出、お父さん登場。『クリスマス・キャロル』ディケンズ実は境遇の似ている御子柴と宮本。「何をするにも 遅いことなんかない」といっているように思える。(徳 [続きを読む]
  • 図書館の主7(1366)
  • 読書散歩  1366歩 図書館の主 7篠原ウミハル 著中学生男子、女子高校生、自衛官の青年、神田さんのお姉さん。それそれが自分だけの物語を抱えて訪れる。御子柴の物語も・・・。見えない信頼図書館の本をまた貸ししたら、汚されてしまった。また貸しした自分が悪いからと、ひとりで弁償しようとする。図書館は「この人は貸した物を必ず返してくれる」信じて本を貸す。利用者もその信用に答えてくれると信じている。かわいい人 [続きを読む]
  • ハッピーリセットブック(1365)
  • 読書散歩  1365歩 ハッピーリセットブック中山庸子 著ーリセットメニューがあれば、あなたはもっとハッピーにー失敗したり、落ち込んだり、自己嫌悪に・・・そんな時自分のリセット法が用意されていれば、自分のパワーを取り戻し、よりハッピーな気持ちで暮らせる。紹介されているメニューは、「プチオタク」な自分。「クロスワードパズル」など。少し前、ナンプレにはまりました。脳も活性化されたかも。「とりあえずブレイク [続きを読む]
  • 自分で治す!老眼・近視(1364)
  • 読書散歩  1364歩 自分で治す!老眼・近視医学博士 日比野佐和子 著眼科専門医 平松 類 監修10秒の眼トレで視力がアップ!!トレーニングすると脳もお肌も若返ります!目の機能維持には酸素と血流が必要不可欠視力を回復させる生活習慣ホットタオルで血流改善新呼吸で副交感神経の働きを高めるパソコン作業の合間には、心がけて遠くを見るようにしましょう。UVカットのサングラスを使う目にいいインテリアを工夫する。ス [続きを読む]
  • 徒然草・兼好さんとお茶をいっぷく(1363)
  • 読書散歩  1363歩 こころ彩る兼好さんとお茶をいっぷく木村耕一 著  黒澤葵 イラスト存命の喜び、日々に楽しまざらんや(徒然草 第93段)今、生きている。この喜びを、日々、楽しもう。「徒然草」の中から、現代に通じるメッセージを66選び、兼好法師が直接語りかけてくるように、分かりやすく意訳する。美しいカラー写真、イラストも収録。 『徒然草』ってほんとうに気ままで、ブログのようです。ブログにも「つれづれ [続きを読む]
  • おしゃれなおばあさんになる本(1362)
  • 読書散歩  1362歩 おしゃれなおばあさんになる本田村セツコ 著年をとることはとても素敵なことで、面白いことで、楽しいこと! イラストレーターの田村セツコが、おしゃれのちょっとしたコツ、お金のかからないおしゃれの楽しみ方など、「おしゃれなおばあさんになる方法」を教える。 著者のことは、なんとなく知っていました。年を取ることは素敵なことで、面白いことで、楽しいことだとおっしゃいます。それって、先日読んだ [続きを読む]