tera さん プロフィール

  •  
teraさん: 大学院生のネットワークなブログ
ハンドル名tera さん
ブログタイトル大学院生のネットワークなブログ
ブログURLhttp://ytera22.hatenablog.com/
サイト紹介文情報工学専攻の大学院生のブログ。旅行記やプログラミングに関することなど。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2014/08/02 09:07

tera さんのブログ記事

  • 世界は誰かの企画でできている
  •  しばらくの間ゲームの開発に携わっていたのですが、グッズの商品企画の部署に異動しました。どんなキャラを起用してどんな商品を作るのか、自分で考えてメーカーさんと協力しながら作り上げる仕事です。 ゲーム会社のメインストリームの仕事ではないですが、ゲームの世界観の素晴らしさを形に残るモノとしてこの世に生み出すことはとても楽しいです。自分で考えて実行したことの結果がダイレクトに数字で跳ね返ってくる仕事です [続きを読む]
  • 異様に忙しかった期間を乗り切ってほっと一息
  •  6月末が納期の仕事を抱えていて、ここ1か月ぐらい非常に忙しい毎日を送っていました。その仕事が一段落して、ほっと一息つきながらこの文章を書いています。 振り返ってみると働き過ぎで危険な領域に足を踏み入れていたように思います。自分はこういう風になってしまうのだなというのが興味深かったので、書いておこうかなと思います。会社に不満があるわけではないので、訴訟の材料にしたいわけではありません。****  [続きを読む]
  • 27歳。第一次結婚ラッシュがきた
  • 今年で27歳になります。6月は結婚式に呼ばれることが多かったです。毎週のようにスーツを持って地元に帰りました。結婚ラッシュが僕の周辺にやって来たようです。 大学卒の人で社会人5年目。大学院卒で社会人3年目。生活の基盤が固まってきて、結婚に踏み切る人が多いのでしょう。特に、学生時代から付き合っていたカップルがめでたくゴールインというケースが目立ちます。(正確に言うと高卒で就職した人たちの結婚ブームがあっ [続きを読む]
  • 人類の健康を巡ってスマートウォッチの戦いが起きると思った話
  •  今年のGoogleIOで発表されたプロダクトやビジョンの中で、気になっているテーマの1つが「健康」です。Googleはこの分野に積極的に進出してくるのではないかと思います。健康への人々の関心の高まりは、いずれお金儲けの源泉になるはずです。Googleが次に狙う情報は Googleはもともと、世界中に散らばっている情報を整理することで人類にメリットをもたらすことを目指して作られた会社です。有名なGoogle社の使命。Google の使命 [続きを読む]
  • 社内で一番忙しい部署に異動して1か月
  •  僕の会社は異動が多く、2,3年に一度部署が変わります。この春で入社3年目になったので初めての部署異動があり、社内で一番忙しい部署に配属されました。仕事が忙しい部署 今度の所属部署は、外から見ているとなぜあんなに忙しそうにしているのか理解しにくい部署でした。自分が帰社するときにいつも人がたくさん残っている部署。働き方の効率が悪いのではと僕も思っていました。 その考えは甘かったです。帰るのが遅いのは [続きを読む]
  • リメンバー・ミー感想:子供の頃に観たかった温かな死生観
  • 最初はネタバレなしで書きます 幼いころ、「人は死んだらどうなってしまうのだろう?」という悩みに取りつかれた時期がありました。曾祖母のお葬式に出たとき、火葬場で骨だけになってしまった姿が頭から離れず、自分もいつかあのように無の存在となってしまう恐怖に打ちのめされました。もちろん両親も死を体験したことがあるわけではないので、僕の不安を打ち消せるわけもなく、ただただ困らせてしまったことを覚えています。 [続きを読む]
  • 仕事で上手く怒れる人間になりたい
  •  最近職場で怒っている人を立て続けに見ました。怒りというのは仕事を進める上で大事な感情だと思いましたし、上手く怒れる人間になりたいものだなと思いました。1人目 他部署の数人の怠慢により自分の作業に迷惑がかかっている。それに関して怒り、Slackの公開チャンネルに強い口調で注意を書きこんでいる二人目 自分のやりたい仕事を進めていたのだが、チェックする部署からストップをかけられた。それに関して怒り、そ [続きを読む]
  • 2017年をプレイしたゲームで振り返る
  •  2017年に自分がプレイしたゲームを時系列で振り返っていこうと思います。自分なりの今年の振り返りです。ゲームのネタバレはしません。 ゲーム業界的にはNintendo Switchが発売され、任天堂の復活がクローズアップされる年となりました。秋から冬にかけてビッグタイトルが数多くリリースされ、プレイする時間がまったく追いついていません。嬉しい悲鳴をあげつつ、年越しを迎えることになりそうです。 また、e-sportsに関する [続きを読む]
  • 英語リスニングを手軽に続けたいならBBC World Serviceがオススメ
  • ここ数年愛用している英語のリスニング学習アプリを紹介します。アプリでの英語学習は、自分のニーズにぴったり合致したものを見つけるのが長続きのコツだと思います。以下のようなアプリを求めている皆さん、ぜひ検討してみてください。・通勤時などに英語のリスニングの訓練がしたい・とにかく手軽に続けられるものが良い・同じ音声を何回も聞くのは飽きるので嫌だ・英語の内容はためになるものが良い・リスニングのレベルは中 [続きを読む]
  • 日本のe-sportsの現状 - Shadowverseのプレイヤーとして
  •  11月11日・12日にかけて行われたShadowverseの大型大会「RAGE」の予選に出場してきました。日本では数少ない、高額の賞金が掛かった大会を実施しているアプリゲームであるShadowverse のプレイヤーとして、また、ゲーム業界の末席でゲームのことを考えている人間として、日本のe-sportsについて書いてみようと思います。(ちなみに予選Day1は突破できました!) この文章の軸にしたいのはこちらの4点。・日本のe-sportsはどのよ [続きを読む]
  • TwitchCon2017に参加してきました
  • 2017年10月20日〜22日にかけて開催されたTwitchCon2017に参加してきました。ゲーム専用の動画配信プラットフォームであるTwitchが開催しているカンファレンスで、ニコニコ超会議のようなものと言えばピンとくる方も多いと思います。概要開催場所はアメリカ、カルフォルニア州ロングビーチで、会場はLong Beach Convention and Entertainment Centerでした。ニコニコ超会議のように、ゲーム会社がブースを出して大会を開催したり、 [続きを読む]
  • ラブプラスVRが本当のVR時代を切り拓く予感がしたTGS2017
  • 東京ゲームショウ2017(以下TGS)のビジネスデーに行ってきました。今年一番の衝撃はコナミのブースのラブプラスeveryでした。ポケモンGOがARという技術を大衆化させたように、ラブプラスはVRを大衆化させるかもしれない、とさえ思った話をします。ラブプラスeveryとはラブプラスは、もともとニンテンドーDSで発売された恋愛シミュレーションゲームのシリーズです。女の子を一人選び、その子と最初からずっと恋人同士で、その日常 [続きを読む]
  • ARの覇権争いで日本のコンテンツよ輝け
  •  次に来るのはARかVRか。ゲーム業界に身を置く一人として、この論争はいつも興味深く眺めています。FacebookがARに参入することを表明したことで、ARの覇権争いが先に本格化することが予想されます。その中で、日本がどのようにかかわっていくべきか考えてみました。ARという舞台に役者が揃ってきた 2017年4月18日、Facebookによる開発者向けカンファレンスF8にて、マークザッカーバーグ氏本人がプレゼンを行い、ARのプラットフ [続きを読む]
  • ラ・ラ・ランドと一億総批評家時代
  •  ラ・ラ・ランドはどうも感想が書きたくなる映画のようです。たくさんの人がいろいろなことを語っているのを見て、僕も書きたくなってむずむずしてきたので感想を書くことにします。この「感想が書きたくなる」というのが実はこの映画のすごいところなのではないかと思うようになり、それについても後半で触れることにします。ネタバレを含みますので、気にする人はここでバックしてくださいどストレートな序盤中 [続きを読む]