terabook さん プロフィール

  •  
terabookさん: ネットワーク的読書
ハンドル名terabook さん
ブログタイトルネットワーク的読書
ブログURLhttp://ytera22book.hatenablog.com/
サイト紹介文読んだ本の感想を書いています。私のおすすめの本も紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2014/08/02 10:01

terabook さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 【本物って何?】書評:豆の上で眠る/湊かなえ
  • 豆の上で眠る (新潮文庫)作者: 湊かなえ出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2017/06/28メディア: 文庫この商品を含むブログ (4件) を見る概要 主人公結衣子が子供の頃に経験した姉の失踪事件を巡る物語。過去と現在を行き来しながら、姉の身に何が起きたのかという真相に迫っていきます。オススメポイント 種明かしですべてが繋がり、すべてが崩れ落ちる衝撃の顛末でした。湊かなえさんらしい緻密に組み上げられた物語と、ダーク [続きを読む]
  • 【地方行政のリアル】書評:県庁おもてなし課/有川浩
  • 県庁おもてなし課 (角川文庫)作者: 有川浩出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2013/04/05メディア: 文庫 : 1回この商品を含むブログ (68件) を見る概要 高知県庁の中に実在する「おもてなし課」の活動にスポットを当てた物語です。オススメポイント 地方の行政組織が抱える問題をリアリティたっぷりに描いています。固いテーマに思えますが、有川さんお得意の恋愛要素もあってすっきり読みやすい一冊です。感想 学生の [続きを読む]
  • 【死神の目線で】書評:死神の精度/伊坂幸太郎
  • 死神の精度 (文春文庫)作者: 伊坂幸太郎出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2008/02/08メディア: 文庫購入: 24人 : 178回この商品を含むブログ (500件) を見る概要 主人公は千葉と呼ばれている死神です。彼ら死神の仕事は、死の対象となる人物を八日間追跡調査し、「可」か「見送り」かを判定すること。6つの短編が収められていて、千葉が担当した6人の対象者と、千葉の関わりを描いた作品です。おすすめポイント 突 [続きを読む]
  • 【原点回帰の短編】書評:虚像の道化師/東野圭吾
  • 虚像の道化師 (文春文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2015/03/10メディア: 文庫この商品を含むブログ (17件) を見る概要 探偵ガリレオシリーズ第7弾。7つの短編が収められています。ガリレオシリーズは話の続きがないため、この作品から読み始めても大丈夫です。おすすめポイント コンパクトながら読み応えのある短編が7つ並んでいてたっぷり楽しめる1冊です。もちろん似たような話はなく、全く違った [続きを読む]
  • 【ちゃんとした大人なんて】書評:漁港の肉子ちゃん/西加奈子
  • 漁港の肉子ちゃん (幻冬舎文庫)作者: 西加奈子出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2014/04/10メディア: 文庫この商品を含むブログ (19件) を見る概要 タイトルの通り、漁港に住んでいる「肉子ちゃん」と呼ばれるパワフルな女性と、その子供であるキクの暮らしを描いた物語です。おすすめポイント 肉子ちゃんの底抜けに明るいキャラクターは読んでいて自然と元気をもらえます。後半は泣けます。感想 前半と後半のギアチェンジが [続きを読む]
  • 【母胎に仕掛けられた謎】書評:ジーン・ワルツ/海堂尊
  • ジーン・ワルツ (新潮文庫)作者: 海堂尊出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2010/06/29メディア: 文庫購入: 3人 : 58回この商品を含むブログ (81件) を見る概要 海堂尊さんのチームバチスタの栄光シリーズの派生作品です。起承転結は本作の中で完結しているので、シリーズを読んでいなくても楽しめます。大学病院に勤める産婦人科医のお話です。おすすめポイント 現実の医療問題に対する鋭い問題提起はこのシリーズに一 [続きを読む]
  • 過去の記事 …