siokawa さん プロフィール

  •  
siokawaさん: 愛と真実の東ティモール
ハンドル名siokawa さん
ブログタイトル愛と真実の東ティモール
ブログURLhttp://hadomitimorleste.at.webry.info/
サイト紹介文東ティモール情報、東ティモールの公用語テトゥン語情報など
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2014/08/02 10:24

siokawa さんのブログ記事

  • RONA OLIVIA LAI 「オリビアを聴きながら」
  •  なんでこれか、深い意味はありません。学生夏休み期間も終わりに近づいて、ティモール研究会も来週から再開ということで、昭和歌謡シリーズを再開しようと思い立ったわけです。この写真は「すいかメロンパン」です。 [続きを読む]
  • FITUN FURAK 「美しい星」
  • 美しい星 (新潮文庫)著者 : 三島由紀夫新潮社発売日 : 2003-09?なんかスゴい話だった。三島由紀夫の新しい側面を見たような気持ちになったけれど、これワタシが生まれる前に書かれた小説なのだということを知ってなおびっくり。解説の人はカラマーゾフの大審問官をあげていたけど、ワタシは埴谷雄高の死霊を思い出しました。 [続きを読む]
  • MUNDU FOUN BARANI 「すばらしい新世界」
  • すばらしい新世界〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫)著者 : オルダス・ハクスリー早川書房発売日 : 2017-01-07このところいわゆるディストピア小説ばっかり続けて読んでいるのだけれど、毎日新聞の書評に出ていたのでさっそく読んでみた。SF小説には興味なかったのでこの年で初めて読んだ小説だけれどまあ、これまで読んだディストピアものの中では比較的明るい内容というかお笑い要素が多かったと思う。最後はたぶんこうなるだろうなと [続きを読む]
  • FEKIR 「微笑む」
  •  「笑う」はHAMNASAですが、「微笑む」はFEKIRあるいはFIKIRという単語があるようです。「歯を見せにっこりする」という意味あいらしいですが、単に口をあけるときもFEKIRを使うみたいです。 [続きを読む]
  • FO & HASAI 「ギブ&テイク」
  • Give & Take著者 : Atlantic UK発売日 : 1997-09-02ブクログでレビューを見る?ジャズギターはフルアコじゃないと、と思っていたけれど、ソリッドギターもよいということに気づかせてくれた。コーラスのかけかたが少しえぐいかな。これフュージョンの棚にあったけどバリバリジャズでいいと思いますけど。マイケルブレッカーもとてもいい。 [続きを読む]
  • HAMNASA 「笑う」
  • 笑い (ちくま学芸文庫)著者 : アンリ・ベルクソン筑摩書房発売日 : 2016-09-08哲学者の本なのでことさらに難解に述べているが、いくつかわかったような記載があった。曰く、笑うことができるのは人間に関すること(自然現象で笑うことはできない)、笑いは社会的懲罰としてあり必ず苦みを伴うということ、対象となる人に共感すると笑うことはできない、である。全体としては笑いとは何かというよりも「可笑しい」とは何かを論じつ [続きを読む]