ポン さん プロフィール

  •  
ポンさん: イリモノ
ハンドル名ポン さん
ブログタイトルイリモノ
ブログURLhttp://maili.hatenablog.com/
サイト紹介文領域問わずなデザインしてます。 大学非常勤も始まりました。 プロダクト、グラフィック、空間など。
自由文要るものつくろう。イリモノづくり。
デザインしてます。
社会人大学生として芸大に入学。無事、卒業。
母校の芸大で非常勤生活も始まりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2014/08/02 18:01

ポン さんのブログ記事

  • 空デ エクスカーション 2017 in天六・心斎橋 - vol.2
  • エクスカーション話のつづき。 非公式ぶらり旅「大阪くらしの今昔館」 午前中は「天神橋筋商店街ぶらり歩き」で、商店街をぶらつくだけの予定でしたが、大阪くらしの今昔館というとことに行ってきました。外人さんだらけで、日本語があまり飛び交っていません。人気スポットだね。ビルの中に昔の大阪の等身大「まち」があったりして、1時間半ぐらい楽しめました。大満足。まちの模型も精巧だったし、昔の電化製品も置いてま [続きを読む]
  • 空デ エクスカーション 2017 in天六・心斎橋 - vol.1
  • 11/14(土)、空デの2017年度エクスカーションでした。エクスカーションは、遠足とか校外学習とかそんな感じです。ちなみに昨年度は、滋賀は近江八幡のBIWAKOビエンナーレ2016でした。blog.irimono.comおぉ、ちゃんとブログ書いてた。今回は大阪。「レトロビル探索」です。 非公式の午前「天神橋筋商店街ぶらり歩き」 エクスカーション自体は午後からでしたが、午前中は自由参加のぶらり旅でした。何人集まるか期待と期待で [続きを読む]
  • ほぼ鱧ライブ(ほぼ鱧浪会のメンバーばっかりのライブ)
  • 11月25日(土)にライブをします。アカペラサークル鱧浪会(はもろうかい)のライブ。ライブというには規模もスペースもあまりにも小さいけど、一般の方に聴いてもらえる初めてのライブ。なにせお客さんは数人(満員御礼)。しかも僕は全員知り合い。どうなるか少々の不安と、楽しみと。どうしたら来てもらえた人に、いい時間を過ごしてもらえるか。どうしたら参加したメンバーの思い出として残ったり、何かのキッカケになるような [続きを読む]
  • 長い間使ってもらいたいデザイン。だからロゴのないデザイン。
  • 裏紙ノートにはロゴマークがあります。タイトルにいきなり反してますが。こんなの。でも裏紙ノート本体には、革の表にも裏にもロゴをつけていません。印刷も刻印も無く、装飾はひとつもありません。ロゴのないデザイン。それは、永く(長く)使ってもらいたいから。そして、自分だけの愛着のあるものにしていってもらいたいからです。自分でデザインして言うのはなんというのか恥ずかしいですけど、それが想い。デザイナーとしては [続きを読む]
  • 裏紙ノートが、北海道HBCラジオで紹介いただけることになりました。
  • 先日、裏紙ノートのプレスリリースを出しました。その後、動きがありまして。なんと有り難いことか、北海道のHBCラジオの番組制作スタッフの方からご連絡いただいて、ラジオの番組の中で紹介いただけることになりました。バンザイ三唱。ほんと嬉しい。uragami-note.com朝の情報番組「朝刊さくらい」っていう番組で、5分枠のコーナーの中で紹介いただけるようです。北海道のみなさま、どうぞよろしくお願いします。プレスリリースの [続きを読む]
  • はじめてプレスリリースというものを出しました。裏紙ノートの。
  • 先日、「裏紙ノート」のプレスリリースを出しました。ちなみに宣伝しておくと、「裏紙ノート」は仕事をがんばるほどに出ちゃう裏紙を、折ってはさむだけでノートになるというものです。シンプルな構造と意匠で、ずっと使ってもらえるようにデザインしました。裏紙ノートのデザインは、外観以上に、美しい暮らしとかカッコいい生き方、みたいなものをカタチにしたいなと思って、つくっています。仕事ができる人が裏紙まで大切に使っ [続きを読む]
  • 「見向きもされないものの価値」を感じることの大切さ。
  • 植物を買いました。植物って、これまでに買った記憶もないレベルで、買わないもののひとつ。でもせっかく一緒に暮らしていくことになったので、大事に育てようと思います。育て方、わからんのですけど。育つのかも、わからんのですけど。買わないというのは、嫌いだからというわけではありません。なんとなーく、買うものでもないという気がしているイメージ。実家は田舎なので、外に出れば色んな植物があって、花が咲いていたし。 [続きを読む]
  • アイデア大全 - 「裏紙ノート」に相性の良い本の紹介
  • A4サイズの裏紙を、折ってはさむだけでノートにできる裏紙ノート。Webサイトでも使い方や特徴を載せているのですが、このブログでは、その他の使い方や特徴、相性の良いものなどを紹介していければなぁと思います。uragami-note.comということで、今回は裏紙ノートの使い方に相性の良い、本の紹介を。 アイデア出しに最適な裏紙ノートに、相性の良い「アイデア大全」 裏紙ノートは、アイデアのメモやスケッチにぴったりです [続きを読む]
  • 「裏紙ノート」の在庫を補充しました。
  • 普段よく使うA4コピー用紙。その裏紙をノートにできる「裏紙ノート」。ありがたいことに好評をいただいています。ここ最近は在庫ゼロの状態になっておりましたが、このたび在庫を補充いたしました。uragami-note.comもったいないを、減らしていくノート。よければよろしくお願いします。 関連エントリ 裏紙ノートのデザインマニュアルづくりと、Web改良しました。裏紙ノートという、アップサイクルしていくノートをデザイン [続きを読む]
  • 裏紙ノートのデザインマニュアルづくりと、Web改良しました。
  • おかげさまで、ブログやSNSでしかまだお知らせしてはいないのですが、「裏紙ノート」が好調です。日々たくさん出るA4の裏紙を、使っていけるノート。よかった。。ありがとうございます。新しいものをつくったり、デザインするときというのはいつも緊張の連続です。自分の価値観が、伝えたいみなさんに伝わっているのか。その価値観は共感されているのか。デザイン業界に来て長いわけでもありませんが、まだまだこの感覚には慣れそ [続きを読む]
  • 「霞堂」ロゴのデザイン提案やプロセス
  • ロゴをデザインさせていただきました。LIVING霞堂という工務店さまです。嬉しいことにプロセスなども含めて、掲載を快諾いただけました。ありがとうございます。いつも感じるのですが、こうして企業のロゴなどに関わらせていただくというのは、自分が協力させていただいたデザイン(しかもロゴなんて顔でもある)が社会に出るというのは、責任を感じるとともに嬉しいものですね。 ご依頼 シンプルなロゴをご要望だったという [続きを読む]
  • 鱧浪会のキャラクター「はもろーくん」デビューしました。
  • アカペラでつながるコミュニティ「鱧浪会」(はもろうかい)の活動をしています。そんな鱧浪会にこのたび「はもろーくん」がやってきました。やってきました、ってゆうか、生まれました。鱧浪会ハモ郎、通称「はもろーくん」です。鱧浪会を立ち上げた頃には、こんなイラストが生まれるなんて予想もしませんでしたが、嬉しい一幕となりました。 アカペラサークルと鱧浪会について せっかくなので(何がせっかくなのか)、ざっ [続きを読む]
  • 3Dプリンターのおすすめ人気11選:完成品から組み立て品まで
  • 3Dプリンターを使うと、自分の描く3Dモデルを具現化することができます。パソコンで描いたイラストや資料をプリンターで紙に出力するように、3Dプリンターは、描いたモデルをプラスチックなどの素材を使って立体物として出力できるわけです。3Dプリンターを使って、好きなものをつくるという方法は、基本的には以下の方法でおこないます。 3D CADで3Dモデルのデータをつくる3Dモデルのデータを3Dプリンターで出力する [続きを読む]
  • ハンドプレスの自作検討
  • プレス機があると、抜き(裁断)や刻印・エンボスなどができます。プレス機にも種類があるので、それぞれの目的に応じた機械があるわけですが、活版印刷もできるかもしれません。プレス機自体は、それこそ工場で扱うようなとても大きいものが多いですが、ハンドプレスというものもあります。レザークラフトなどの革もので、ハトメやカシメをするときによく使われるタイプが多いです。さて話は逸れますが、最近の考え事として、モノ [続きを読む]
  • ポータブルなアカペラライブPA機材を検討してます。
  • アカペラサークル鱧浪会(はもろうかい)が生まれてから、3年が経ちました(たぶんだけれど)。せっかくこうしてアカペラサークルをしているので、いろんなかたちでライブができたらいいなと最近は考えています。カフェライブも良いかもだし、山ライブも良いかもしんない。合宿でよく使っているバンガローライブも。そこで、サークルでPA機材を買おうかなーと思っています。これまでもライブはしてきたんですが、いずれも機材は準 [続きを読む]
  • 洋楽をアカペラで歌っています。
  • アカペラ話は、ちょっと久しぶりかな。アカペラサークル「鱧浪会」(はもろうかい)に所属しているグループ「鱧のえんがわ」で、歌っています。メンバーの居住地は、大阪京都滋賀と離れていて、かつ、休みの日が合わないので練習日を合わせるのが大変です。だから、月に1,2回しか練習できていません。そこが難しいところです。 練習を動画で撮影しました。 鱧のえんがわ、通称えんがわは、有名な曲のコピーを歌っています。 [続きを読む]
  • 推すデザインと、引くデザインと、その人らしいデザインと。
  • 某専門学校の講師の方から、デザイン関係でコラボレーションのお話があり、参加しています。今のところ詳しくは書けませんが、学生が考えたイメージを具現化するというもの。いつものデザイン作業とは違って、学生のイメージを最優先するということなので、自分のテイストとは違ったデザインをする機会でもあるので、大変でもありつつ、いい経験になっています。カートゥーン的なかき氷なんて描いてみたりしました。我ながら、自分 [続きを読む]
  • 手仕事タイルの具合を、見に行ってきました。
  • 有馬富士公園に行ってきました。自分たちが関わったプロジェクトがその後、どうなっているのかを確認する目的です。そのプロジェクトというのは、「ACGプロジェクト」というものです。公園の土を使ってタイルを作って、公園に戻して彩る、地産地消デザインプロジェクトです。通称「ありまふじお宝タイルプロジェクト」。タイルや空間のデザインをさせてもらったり、土掘りから窯焚き・施工に至るまでの、全体の作業に関われたりと [続きを読む]
  • 3Dプリンタ RepRap prusa i3などの名前の見分け方と、最安品
  • 3Dプリンターの価格、僕が購入した時は50,000円ぐらいだったのですが、今や26,000円ほどにまで下がってきました。どこまで下がるのかなとも思ったりするわけですが、下がり幅は減ってきて、かつ、上位バージョンのようなタイプも出てきているようなので、そろそろ底値なのかもしれません。 3Dプリンタの名前 amazonで3Dプリンタと検索すると、同じような名前のものがどっさりと出てきます。一見よくわからないのですが、特に [続きを読む]
  • たわごとコラム
  • 気づけば34歳です。別に誕生日というわけでもなく(誕生日は1月なので)、前触れもない年齢の話でした。さて、大学の、しかも芸大の通信教育部では、いろんな人がいます。僕のいる、空間演出デザインコースでは、正確な情報は知りませんが20〜40代の人が中心でしょうか。年齢も、経歴や所属も、住んでいるところも、性格もちがう人たちが集う場所です。いろんな人がいるので、尊敬できる人も多い気がします。いろんな人たちの集ま [続きを読む]
  • 遊ぶことが学ぶこと。遊学旅行2017
  • 京都造形芸術大学 通信教育部の空間演出デザインコースでは、毎年ゴールデンウィークあたりに「遊学旅行」というイベントが行われています。空デ研究室公式のイベントです。僕は去年が初参加でしたが、今年も参加してきました。記録写真は撮るのがどうも苦手で、毎回忘れてしまって、一枚も撮っておりません。すいません。代わりに、近くの風景写真だけ載せておきます。遊学旅行は2泊3日のイベントです。京都北部の久美浜町という [続きを読む]
  • デザインでよく使う印刷業者
  • ありがたいことに、いろんな紙モノデザインをさせていただくことが増えました。1,2年前まではゼロだった(そもそも違う職業だった)ことを考えると、ご縁というのはホント大切なんだなと思います。名刺や、メニュー表、チラシ、リーフレットなどをデザインさせていただいています。これまでのデザインを見ていただいてから、ご依頼いただけるお話もあったりして、そんな時はますます嬉しい限りです。最近は、デザイナーじゃなくて [続きを読む]