サウロ小林 さん プロフィール

  •  
サウロ小林さん: 都市伝説☆噂☆予言と異星人☆オカルト動画ブログ
ハンドル名サウロ小林 さん
ブログタイトル都市伝説☆噂☆予言と異星人☆オカルト動画ブログ
ブログURLhttp://saurokobayasi.blog.fc2.com/
サイト紹介文異星人・予言・オカルトなどの都市伝説を主に扱うブログで、youtubeの動画なども紹介します。
自由文メインは、超常現象 オカルト ミステリーを
ご紹介していますが、その他に
いろいろな、オカルト・不可解・怪談・予言 動画も
投稿よていです。
どうぞ 気楽に寄ってみてください。
気になる、記事・動画みつかるかも・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2014/08/03 07:17

サウロ小林 さんのブログ記事

  • イスラエル12部族とは何か?その2
  • イスラエル12部族とは何か?その2■イスラエル12支族−ヤコブとヨセフ このヤコブ(イスラエル)はレア、ラケル姉妹とレアの召使いジルバとラケルの召使いビルハに、12人の息子を生ませた。 生まれた順にルベン、シメオン、レビ、ユダ、ダン、ナフタリ、ガド、アシェル、イッサカル、ゼブルン、ヨセフ、ベニヤミンと名付けた。 聖書では、ヨセフが活躍するのだが、ヨセフの母は美人で有名な妹のラケル。父は?ヤコブとなって [続きを読む]
  • イスラエル12部族とは何か?その1
  • イスラエル12部族とは何か?■イスラエルはアブラハムから始まった 「イスラエルの12支族」はアブラハムの孫ヤコブ(イスラエル)の子どもたちから始まる。 旧約聖書によれば、紀元前2000年、古代バビロニア王国が隆盛を誇っていた時代、メソポタミア地方に一つの家族が住んでいた。家族の長の名はアブラムだ。このアブラムを神は見つける。彼は信仰深い人物だった。 当時、彼は広大なメソポタミアの平原を羊とともに移動 [続きを読む]
  • 注連縄・鈴・紙四手(紙垂)
  • ■注連縄・鈴・紙四手(紙垂)(ここから引用)■注連縄と紙四手は聖と俗を区別する境である。内側が聖域・神域なのである。注連縄は、大蛇を表している。日本書紀によると三輪山の蛇神であるとされている。巨大な注連縄などは大蛇に見立てて拝殿の前に張っているのである。鈴は、金色の鈴から縄が下がっていて。参拝者はそれを揺らし、鈴を鳴らしてから祈る。祈る時2度手を叩き(柏手)、お辞儀をする。古来から鈴には魔除の霊力が [続きを読む]
  • 賽銭箱と手水舎(たみずや)
  • ■賽銭箱と手水舎(たみずや)(引用:神社の謎・そのルーツは古代イスラエルの幕屋にあった!/by yo-hamada3)■賽銭箱(ここから引用) 元来「賽銭」とは、祈願成就のお礼参りの際に、「報賽(ほうさい)」として神仏に奉った金銭のことをいった。 それが転じて、参拝のときに奉る幣帛(神さまに奉献する物)の代わりとしての金銭を意味するようになった。賽銭とは供え物の一種なのである。金銭が流通する以前は、参拝者は(金 [続きを読む]
  • 神社の謎・そのルーツは古代イスラエルの幕屋にあった!
  • 日本とユダヤの繋がりを感じさせる内容のブログを見つけました。(ここから引用)■神社の謎・そのルーツは古代イスラエルの幕屋にあった!2005年2月8日に、「古代出雲イスラエル王国の謎」というタイトルで、著者小石豊氏、発行所・学習研究社が第一刷を発行された。その中で、小見出し=ダビデの星を刻む石灯籠=のページに、皇室の為の伊勢神宮の参道の石灯籠にダビデの六芒星のマークが刻印されていると言う説明と、次の [続きを読む]
  • 狛犬の起源と1対の理由2
  • ■狛犬の起源と1対の理由2先日の「イスラエルソロモン神殿内の礼拝所入り口は獅子と一角獣だ」といったブログを書きましたが、気になっていたので過去の自分の動画などを確認しました。まずは先日気になった部分を引用します。(ここから引用)★イスラエルソロモン神殿内の礼拝所入り口の両側には、獅子と一角獣の像が据えられている。獅子は南朝ユダ王国2支族を表す「ユダの象徴」であり、北朝イスラエル王国10支族を表す野牛 [続きを読む]
  • 門松とトリイ
  • ■門松とトリイ以前鳥居の起源を書きましたが、門松では?というご質問がきたので色々調べてみました。(ここから引用)日本では正月に門松を立てますね。もともとは松だけに限らず、常緑樹であればどんな木を立てても良かったそうです。前述の『日本人のルーツはユダヤ人だ』によると、家の門口に常緑樹の枝を立てる風習は古代イスラエルにもあったそうです。その由来は、ユダヤ人とエジプト人を区別するためとか。でも、トケイヤ [続きを読む]
  • 狛犬の起源と1対の理由
  • ■狛犬の起源と1対の理由狛犬は獅子であり、古代イスラエルでは珍しくもない動物であったろう。しかし日本には居ない動物です。(引用:神社の謎・そのルーツは古代イスラエルの幕屋にあった!/yo-hamada3)(ここから引用)神として拝む事は無い。狛犬は神社の入り口や拝殿の前などに置かれている一対の獣形像をいう。狛犬の原形はオリエント、インドにおけるライオン像で、それが中国大陸そして朝鮮半鳥を経て渡来した。前は、朝 [続きを読む]
  • 神社の鳥居の起源2と門松
  • ■神社の鳥居の起源2と門松(引用:神社の謎・そのルーツは古代イスラエルの幕屋にあった!/yo-hamada3)トリイの語の起原や意味は明快に理解されていない。韓国や中国にもない日本独特のものである。最も古い形は、左右二本の柱のみだった。二本の柱の上に注連縄を渡したものであった。レバノン杉と同じように虫の食わない堅い檜が用いられた。伊勢神宮などの様に正殿の鳥居は要所要所金で覆われているものもある。。とにかく門で [続きを読む]
  • 餅とマッツォ
  • ■餅とマッツォ餅の起源が古代イスラエルにあった?という記事を見つけました。百瀬直也氏のブログから引用させていただきます。(引用:正月の風習は古代イスラエル起源?)古代日本に古代イスラエルの民(失われた十支族)が渡来していたという説を唱える人々の中には、日本の正月の風習の中で古代イスラエルに起源があるものがあると主張しています。(略)日本では、正月に餅を食べますね。古代イスラエルでは、ユダヤ暦1月15 [続きを読む]
  • 神社の鳥居の起源
  • ■神社の鳥居の起源12:5 あなたがたの羊は傷のない一歳の雄でなければならない。それを子羊かやぎのうちから取らなければならない。12:6 あなたがたはこの月の十四日までそれをよく見守る。そしてイスラエルの民の全集会は集まって、夕暮れにそれをほふり、12:7 その血を取り、羊を食べる家々の二本の門柱と、かもいに、それをつける。12:8 その夜、その肉を食べる。すなわち、それを火に焼いて、種を入れないパンと苦菜を添えて食 [続きを読む]
  • 聖書読まない日本にこんな童謡のある不思議。
  • 聖書読まない日本にこんな童謡のある不思議。童謡「アブラハムの子」日本人なら誰でも歌える有名な童謡です。アブラハムとは聖書に出てくるユダヤ人の祖先です。アブラハムの子は本当に7人なのか?聖書を見てみよう。25:1 アブラハムは、もうひとりの妻をめとった。その名はケトラといった。25:2 彼女は彼に、ジムラン、ヨクシャン、メダン、ミデヤン、イシュバク、シュアハを産んだ。25:3 ヨクシャンはシェバとデダンを生んだ。デ [続きを読む]
  • アンドロメダからの地球人への手紙
  • アンドロメダからの地球人への手紙未来に対して恐れるべきものは何もありません。それはむしろ期待し待ち望んで良いものです。あなた方が目撃している政治的経済的社会的構造の崩壊は理由があってのことです。怖がる必要はありません、自信を持って賛美してください。この崩壊はなぜ起こっているのか。古い枠組みがもはや人類に合わないからです。進化を遂げたあなたがたにあう新たな構造を生み出すため、不要なものは場所を譲るべ [続きを読む]
  • 未来人原田(仮名)の予言2ndその4
  • 2058年から来た未来人、原田(仮名)の予言の動画作ってます。(再生リスト/未来人、原田(仮名)の予言/全7本)(再生リスト/未来人、原田(仮名)の予言_2nd)気に入りましたら小林機械朗読↓ youtubeはこちらからチャンネル登録できます。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 北朝鮮の予言第3弾
  • 雷鳥師匠から緊迫する朝鮮半島の、北朝鮮の未来を占ったタロット占いの第2弾の結果報告がありました。第3弾 【 北朝鮮 】2018年3月タロットカード占い 『 ケルト十字 』ーーーーーーーーーーーーーーーーー① 現在( 2018,3月)の状況II the High Priestess 『 女教皇 』 逆位置・ 神経質で場に緊張感をもたらす。・ 思い込みが激しく、誤解やすれ違いによって思わぬ失敗をする。・ 表面的な体面ばかり気にして本質を見失 [続きを読む]
  • 北朝鮮の予言第2弾
  • 雷鳥師匠から緊迫する朝鮮半島の、北朝鮮の未来を占ったタロット占いの第2弾の結果報告がありました。第2弾 【 北朝鮮 2018年2月 】タロットカード占い 『 ケルト十字 』ーーーーーーーーーーーーーーーーー① 現在( 2018, 2 )の状況X the Wheel 『 運命の輪 』 逆位置・ 廻り続ける運命の輪、それは判断ひとつで良くも悪くもなる。・ 状況の変化は急激であり、それに乗り遅れなければチャンスを掴むことが出来るかもしれ [続きを読む]
  • 北朝鮮の予言第1弾
  • 雷鳥師匠から緊迫する朝鮮半島の、北朝鮮の未来を占ったタロット占いの第1弾の結果報告がありました。2017年11月〜 時期の確定不可 ーーーーーーーーーーーーーーーーー① 現況 Ⅰ the Alchemist 『 魔術師 』 正位置・ 不注意な言動が失敗の原因になる。・ 調子に乗ってやり過ぎになってしまう。・ 周囲の反応を気にして見栄を張り、己の力以上の公言をしてしまい、自らの首を絞めるような結果をもたらす。・ その場の気分や突 [続きを読む]
  • 韓国予言第6弾
  • 雷鳥師匠から緊迫する朝鮮半島の、韓国の未来を占ったタロット占いの第6弾の結果報告がありました。第6弾 【 韓国 文 大統領 】2018年2月末〜3月末タロットカード占い 『 ケルト十字 』ーーーーーーーーーーーーーーーーー① 現在( 2月末 )の状況XVIII the Moon 『 月 』 正位置・ 満ちては欠け、欠けては満つ、常に形を変化させ続ける月。 これは定まらない状況や不安定な状態を表しています。・ 次々に変化する状 [続きを読む]
  • 韓国予言第5弾
  • 雷鳥師匠から緊迫する朝鮮半島の、韓国の未来を占ったタロット占いの第5弾の結果報告がありました。第5弾 【 韓国 文大統領 】2018年2月15〜25日タロットカード占い 『 ケルト十字 』ーーーーーーーーーーーーーーーーー① 現在(2月中旬)の状況I the Alchemist 『 魔術師 』 逆位置・ 机上の計画だけは素晴らしいが、それを実行に移す能力は持っていない。・ 見掛け倒しのハッタリで窮地を脱しようとする。・ 浅はかな考え [続きを読む]
  • 韓国予言第4弾
  • 雷鳥師匠から緊迫する朝鮮半島の、韓国の未来を占ったタロット占いの第4弾の結果報告がありました。【 韓国 】 平昌オリンピック 文大統領2018年2月1日〜2月中旬平昌オリンピックと韓国の動静と文大統領とは連動しているので、共に占っています。タロットカード 『 ケルト十字 』ーーーーーーーーーーーーーーーーー① 現在( 2018, 2, 1 )の状況I the Alchemist 『 魔術師 』逆位置・ できないのにできたかのように見せか [続きを読む]
  • 韓国予言第3弾
  • 【 韓国 】 文在寅大統領 第3弾2018年1月中旬〜末日ーーーーーーーーーーーーーーーーー① 現在( 1月中旬 )の状況XII the Hanged Man 『 吊るされた男 』 正位置・ 忍耐と試練、損失と屈服。・ まさに足を縛られて身動きが取れない状態。・ 答えを出すのが難しい困難な状況。・ 自分の力ではどうにもできない。・ 小休止して、自分自身の思いを抑制する必要あり。・ 自分を犠牲にしても尽くしたい人物が現れる。・ その人物の [続きを読む]
  • 韓国予言 第2弾
  • 韓国予言 第2弾【 韓国 】文在寅大統領の状況2017年12月中旬〜2018年1月中旬雷鳥師匠から緊迫する朝鮮半島の、韓国の未来を占ったタロット占いの第2弾の結果報告がありました。① 現在( 2018年1月中旬 )の状況ⅩⅤ the Devil 『 悪魔 』正位置・ このカードは怖いものや悪なるものが襲ってくるわけではなく、その人の中に潜む獣性や悪い心、暴力や欲望の象徴。・ 現実逃避・ 誘惑に負けて、悪い方、困った方に進む。・ 自分の [続きを読む]