ちぇんT さん プロフィール

  •  
ちぇんTさん: 自言自語
ハンドル名ちぇんT さん
ブログタイトル自言自語
ブログURLhttp://ziyanziyu.blog.fc2.com/
サイト紹介文中国や中国語に関すること等を思いつきで記載するページです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2014/08/02 23:00

ちぇんT さんのブログ記事

  • レベルアップには協力と工夫が必要
  • こんにちは中国語教室の高橋&陳です。最近我が家ではこどもがゲーム機をほしがって騒いでいます。家族や友達と一緒に遊ぶには、ゲーム機は交流の為の道具として必要と言うご家庭もあると思いますが我が家ではこもってしまう危険性の方が高いと考え、今のところ買ってあげていません。その代わり子供には「ゲームがほしいなら自分で作りなさい」と答えるようにしています。自分たちで創意工夫して遊ぶことの方が大事だと考えている [続きを読む]
  • 中国語の長文を読めるようになるために必要なこと
  • こんにちは中国語教室の高橋です。先日、中国語検定を受験予定の方々から立て続けに質問を頂きました。(と言っても、それぞれ異なる県の他教室に通っている方々なのですが。教材販売所経由でお問合わせが来ました)そのうち1件は長文読解に関するご相談でした。その方の質問は1. 文章を読むのに時間がかかって問題を解ききれない2. 試験対策用のテキストがあれば紹介して欲しいということなのですが・・・1番の質問に関して、そ [続きを読む]
  • 『弟子規』を読んでみよう
  • こんにちは。中国語教室の高橋です。先日、中国で『弟子規』という本を購入してきました。すでに読み終わり、これからもう一度読み返すつもりです。・・・と言っても、たいていの日本人にとってはピンと来ないと思うのでまずは概略から説明します。  『弟子規』とは『弟子規』は中国の儒教道徳を教える伝統的な教材です。現代でも義務教育課程で必修とされていて、早くは幼稚園から学ぶと聞いています。(中国の甥も高校で暗記さ [続きを読む]
  • 唐山・秦皇島もキャッシュレス化していた
  • こんにちは、中国語教室の高橋です。先日、研修で中国に行ってきました。今回の研修では北京市、唐山市、秦皇島市をめぐり、色々なことを見聞きしてきました。一度に全部を書くことはできないので、少しずつ報告していきたいと思います。まずは前回の話題に関連することからです。前回の記事:中国キャッシュレス化社会(支付宝と微信支付で現金不要!)本件に関しては最近日本のニュース等でも紹介されているので、ご存知の方も多 [続きを読む]
  • 中国キャッシュレス化社会(支付宝と微信支付で現金不要!)
  • 今日は中国語から少し離れて最近の中国事情について書いてみたいと思います。最近、中国では現金をほとんど持ち歩かない人が増えています。もともと財布自体を使わない人も多い国なのですが最近はスマホ決済が流行っていて市場や屋台でさえスマホをかざすだけで支払いができてしまいます。そのため出かけるときはスマホ1台と、スマホを紛失した時に備えて10元程度の小銭だけポケットに突っ込んで行くという人もいるといいます。( [続きを読む]
  • 完璧でなくてもまずはチャレンジ
  • 会話練習の時たまに自信がなくて声が小さくなったり考える時間が長くなってしまう人がいます。理由は色々あるようですが時折、日本の英語教育の影響かなと思われることがあります。中学・高校の英語の授業中、教科書を読んだり、先生の質問に答えるのが苦手だった人は多いと思います。発音が苦手で変な読み方をするのが恥ずかしいとか答え方を間違えるのが嫌だとか・・・試験の際も、完璧な答えでないと点数をもらえずそれによって [続きを読む]
  • HSKで外国人就業許可証のランクを上げる
  • こんにちは中国語教室の高橋です。今日は、最近話題の外国人就労者ランク付けに関するお話です。この話題については色んな報道があったのでご存知の方も多いと思います。2017年4月1日から全国一斉実施!と言われていましたがその後も改正され、しかもまだ「暫定版」の文字が・・・今後も変化があると思いますがとりあえず一部の共通する項目について書きます。まずはおさらいからです。  ランク分けされる外国人就労者中国に駐在 [続きを読む]
  • さい先の良いスタートを切る(旗開得勝)
  • こんにちは。中国語教室の高橋です。まもなく1年の半分が終了します。年初に立てた目標はどれくらい達成していますか?前半よいスタートを切れた方も、そうでなかった方も、もう一度目標を見直してみるといいかもしれません。後半が始まる7月はすぐに夏休みやお盆があり気持ちが揺らぎやすいのですが後半も年末に向けて良いスタートを切れるように頑張りましょう!それでは今日は中国の成語とニュースを合わせて紹介します。   [続きを読む]
  • 日本で中国語を試せる場所
  • こんにちは中国語教室の高橋です。巷でよく言われることに『外国語を勉強しても使う機会がないとなかなか身に付かない』というのがあります。生活圏がある程度きまっているのに、その中で機会を見つけるのは難しいというのもまた事実ではあります。しかしあなたに必要な環境はきっとすでに存在しているはず。私は昔、日本の約1/3の都道府県を歩き渡り北は岩手県から南は長崎県まで行ったことがあります。そこで気づいたことは日本 [続きを読む]
  • 中国語だけできてもダメ
  • こんにちは。中国語教室の高橋です。いくら外国語を話せても、仕事ができないことはよくあります。事情・状況は人によって様々だと思いますが、今回は「+α」についてのお話です。私は北京で仕事をしていた経験があるので、今日はその時のことを題材にお話ししたいと思います。これから外国語を武器に仕事をしようと思っている方には、少しは役立てるかもしれません。まずは当時の状況をザックリとお話しします。私は中国に住んで [続きを読む]
  • 中国語でロール・プレイをしよう
  • 今日はロール・プレイング(役割演技)についてです。と言っても、「勇者斗??」とか「最?幻想」※1 のことではありませんよ。(何を言っているのか分からない方は一番下に答えがありますのでご覧ください)日本ではよく「ロープレ」と略して言われることも多く特に接客業の方は、会社の研修でほぼ必ず行われるのでご存知だと思います。ロープレを行う目的は 実際の状況を想定した練習 をすることで授業ではよく先生と生徒、あ [続きを読む]
  • GWの思い出を中国語で語ろう!
  • こんばんは。中国語教室の高橋です。今週はGW(ゴールデンウィーク)ですね。明日から連休になる方、あるいはすでにお休みの方もいらっしゃるかもしれません。お休み明けの授業では、ぜひ連休中の様子を「中国語で」お聞かせください。とは言えまだ中国語で文章をつくる習慣が身についていない場合、戸惑ってしまうと思います。そこでちょっとだけアドバイスします。文章を作るコツは・・・ ・ 話しを短い文章に分割する ・ 分割 [続きを読む]
  • 作文を添削中
  • こんにちは。中国語教室の高橋です。先週、受講生から中国語の作文を受け取ったので添削しています。といっても、今添削しているのは陳先生で、私はその脇でこの記事を書いています。ところでHPにも記載しているように、当教室のレッスンは受講生毎にプログラムが異なるのが特徴です。そのため、たとえ同じ教科書を使っていたとしても「リスニングが苦手な方」「検定試験を受けたい方」など・・・受講生1人1人の課題に合わせた内容の [続きを読む]
  • 中国語は声の大きさも大事
  • こんにちは中国語教室の高橋です。最近、仙台駅近くの某店に行ってきました。そこは毎回必ず生の中国語が聞こえてくる場所で今回も中国語で会話している方々を何人か見かけました。(地元の方ならどこの事かすぐに分かるでしょう)ところで、中国の方は声が大きくて迫力があると感じませんか?日本人はどちらかというと静かに話す方が多いと思うので違和感を感じる事もあるかもしれません。実は、中国では大きな声で話すのが普通と [続きを読む]
  • ピンイン練習帳をリニューアルしました
  • これまでピンイン練習は大きな表を元に練習して頂いていましたがこの度、練習用のフォーマットを作り直しました。中国語の発音記号は基本的にアルファベットの組合せに声調と呼ばれる抑揚記号をつけたものなので即にアルファベットを知っている方々には練習帳はあまり必要がありません。そのため、資料自体を見直す必要性もありませんでした。しかし最近、諸事情ありまして、ついに作り直すことにしました。本当はもっと手軽に準備 [続きを読む]
  • 2017年度のHSK受験案内が届きました
  • こんばんは。中国語教室の高橋です。今年も「HSK日本実施委員会」様よりHSK受験案内が届きました。(HSKの試験概要と日程が書いてあります)教室に置いてあるパンフレットは無料ですのでご興味のある方はご自由にお持ち帰りください。HSKは中国政府公認の検定試験で世界共通基準の資格です。世界のどの地域でも適切な評価を受けることができるよう設計されているので世界を舞台に活躍したい方はぜひチャレンジしてみてください。昨 [続きを読む]
  • 簡体字を使ってみよう
  • 近年、仙台市内でも多言語表記の看板やパンフレットをよく見かけるようになりましたね。こういうのを見ていると「仙台も国際都市を目指して頑張っています!」という思いが伝わってくるようです。(国際空港を持っているにも関わらず、今までこういう対応がほとんど見られなかったのがとても残念でした)こういうこともあり中国の簡体字(かんたいじ)を目にする機会もだいぶ増えてきています。簡体字は日本の漢字と違って「手書き [続きを読む]
  • 小学校で外国語の読み書き必修?
  • こんにちは中国語教室の高橋です。ニュースでも話題になっていますが最近、文部科学省から学習指導要領改定案が発表されました。しかし、この内容を見ていると色々考えてしまいます。特に「外国語活動」を小学3,4年生に導入し5,6年生には教科書を使って「読む・書く」も加えた正式科目にするというところ。正直、これはかなりハードルが高いと思います。そう思う一番の理由は専門性(レベル)の問題があるからです。中学校でさえ、 [続きを読む]
  • 元宵節の過ごし方
  • すこし早いですが旧暦1月15日は中国の「元宵節(yuán xiāo jié)」です。(陽暦では2017年2月11日)元宵節とは、春節のあと最初にやってくる満月の夜で団子を食べたり提灯を飾ったりしてお祝いをする日です。元宵節の由来は約2000年前の「漢代」まで遡ることができ国内で起きた反乱を平定した日を皇帝が祝ったことに由来すると言われています。もう少し詳しく知りたい方は中国語の記事を教室のHPに掲載してあります↓↓「元宵節 [続きを読む]
  • 中国人客の通訳案内をして感じたこと
  • こんにちは中国語教室の高橋です。先日まで、中国からお客さん(陳先生のママ友)が来ていました。私も通訳兼ドライバーとしてご一緒する機会がありまさかの「爆買」を手伝うことになりました。年初から貴重な経験をすると同時に、思いがけず仙台市のインバウンド政策にも貢献させていただきました。ところで前々から感じたり、耳にしたりしてはいましたがやはり中国のお客さんはまだまだ観光より買い物のほうが興味津々という方が [続きを読む]
  • 明日、中国人の友達が来ます
  • 明けましておめでとうございます!中国語教室の高橋です。「一年の計は元旦にあり」と言われますが今年の目標は立てましたか??何事も始めが肝心だといわれていますのでもしまだ決まっていない場合は今から目標を立てましょう。ちなみに私の立てた目標の1つは「中国語の本を読む」です。最近は日本語の本ですら殆ど読まなくなってきているのでここら辺で少し軌道修正します。ところで1/4に中国から陳先生の友達が来ます。一週間く [続きを読む]
  • 日中カレンダー(2017年度版)をつくりました
  • こんばんは高橋です。まもなく2016年度も終了しようとしていますが皆様いかがお過ごしでしょうか。風邪をひきやすい時機なので、健康には十分お気をつけください。ところで先日「国務院(中国)」から来年度の休日に関する発表が出されました。中国では休日出勤すると、通常の2〜3倍の給料が発生することがある※1ので結構重要なお知らせです。(しかし発表されるのは12月。遅い・・・)私も仕事柄日本と中国両方の休日をチェック [続きを読む]
  • 中国語にはカタカナを振らない方がいい
  • こんばんは。中国語教室の高橋です。私の知り合いに塩釜で英会話教室を運営している先生がいるのですが、発音についてお話しているのを見て、PCのモニター越しで思わず唸ってしまいました。ブログリンク:『少し気になった発音のお話』 この問題、実は中国語にもあります。最も困るのが、教科書に「日本語のカタカナ読み」が振ってある場合です。(特に観光関連の書籍に多い)一見すると、いかにも日本人のためにつくられた手っ取 [続きを読む]
  • 中国語の発音は難しい?
  • こんばんは。中国語教室の高橋です。たぶん中国語を学ぼうとされたことのある方なら一度は耳にしたことがあると思うのですが「中国語の発音は難しい」と、巷ではよく言われています。そして中国語の発音が難しいと感じる理由を聞くと大抵みなさん同じ答えで「発音の数が多いから」「四声がうまくできないから」と言われます。いずれの理由も、もっともらしく聞こえますが実際には少し違うのではないかと思います。当教室では、今ま [続きを読む]
  • 中国の「土を食べる」人々
  • 最近ずっと真面目なお話しばかりしていたので、今日は少し息抜きして、中国事情をご紹介したいと思います。最近中国では「土を食べる」という人々が次々と現れているのをご存知でしょうか?あの美味しい中華料理が毎日食べられる国でありながら敢えて土を食べるとはどういうことなのか?何が彼らをそうさせるのか?その真相を確かめるべく、ネットの闇の中を調査してきました。  「土を食べる」とは?その昔、日本では「大飢饉」 [続きを読む]