ダルマ さん プロフィール

  •  
ダルマさん: 国語職人・社会職人
ハンドル名ダルマ さん
ブログタイトル国語職人・社会職人
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/skyandsea9
サイト紹介文中学受験の国語職人・社会職人
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供276回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2014/08/03 13:44

ダルマ さんのブログ記事

  • 国語の記述は,パターン
  • 恐れ入ったかという講師自慢の解答・解説を国語の記述で良く見かけますまあその問いについては点はつくでしょうしかしその問題自体は我が子の受験にはまず出ませんそこで記述の解き方を一般化したもの=パターン=を生徒に示してそのパターンで解く訓練をしなければいけません某塾講師のように国語の記述のパターンは15あるこれを使いこなせというムチャな講師もいますがパターンは少なければ少ないほど良いです生徒の迷いが無くな [続きを読む]
  • 復習が大事−−−受けっぱなしはムダ
  • たまには,社会からまず,基本となる1冊を用意してコアプラスでも,4科のまとめでも,メモチェでもそこに書き込む例えば昨日の指導で書き込んだのは「北前船」「桂太郎」などなどそして年号チェック国語はE中の過去問を宿題に出してあり記述重視校ですから,説明文・物語文のポイントを指導して去年麻布・渋幕に合格した生徒のお母さん私がポイントを話して私「分かった?」生徒「ハイ」お母さん「ホントに分かったの? 今,ここ [続きを読む]
  • 私が,「語彙力は大事だよ」と言う理由
  • 4科目とも偏差値は40前後の女子小6の冬休みから教え始めて現実逃避からか文庫本だけは良く読んでですから語彙力は豊富解き方を教えるとあ〜〜ら不思議1度の指導で偏差値が60に私がこの中学〇〇ちゃんにジャストフィットですと言うとお母さんは私のジャストフィットと言う言葉でその中学を受験してちなみにその中学の国語の過去問は悪くても95点良ければ100点その子は小4のときから関西系の塾に通っていましたがお母さんが言うには [続きを読む]
  • 下のクラスの生徒の,今後の予定
  • 以前,私は規模だけ は全国でも1,2を争う大手塾の国語講師でした下のクラスと上のクラストを比べると反応が違う集中力が違う当然理解力も違うこの違いはなぜ下のクラスの生徒は勉強のやり方を知らない・行わないからそこで今の時点では語彙力をチェックする夏休み前はテキスト・テストの語句を固める夏休み中は語句チェックを行いながら塾で習った解き方を試す夏休み以降は問題を解く時間を意識する語句の知識があり,解き方が固 [続きを読む]
  • 教室で,教えて欲しい
  • という奇特なありがたいメールを頂いています個別・家庭教師の依頼の全てには応えられないからです特に今年古くからの付き合いの某家庭教師センターやたら好条件(高額)の依頼が多く私家庭教師センターより安く単発で貸し会議室で講座をしてみようと思います内容は国語で最も使われる記述のパターンと選択肢のサバキ方「自立した生徒」,例えば〇塾最難関の教室のα1の生徒がした間違い−−−それは,お母さんの生活・教育方針に [続きを読む]
  • テキスト・模試の記述の解答
  • 解答・解説を読んでも自分の解答が〇か×か良く分からないという生徒が多いです今年の開成合格者も冬に開成の解答・解説を読んでも良く分からないと依頼があったものです昨日も書き方が分からないと言って「そっくり模試」と「過去問」を解いてもらったものを「お試し」で解説してきました特に,物語文の記述は書こうと思えば,どうとでも書けます「この行動の気持ちは」の問いに思いやりの気持ちを持って,でも自己中心的な気持ち [続きを読む]
  • 同じ塾の生徒の軌跡
  • やみくもに「勉強しろ〜〜。勉強しろ〜〜。」と言ってもなかなか,そんな気分にはなれませんそこで生徒が通っている塾の数年前の私の生徒のデータを見せて「この勉強をしたら,成績がこうなって,志望校を変えて,合格して,載った写真がこれ。」と,塾の生徒の実名付き宣伝写真を見せます大切なことは生徒が成績が上がるんだと実感して勉強すること大切なのは,わが子の合格今やらねば,合格発表で地獄を見る塾関係者ではないので [続きを読む]
  • 特定の中学に似せている模試
  • チラホラ開かれていますその解説をしてくれとの依頼が来て検討してみたら第1番は平成〇年の〇番に似ているしかし似ているのは形式だけ問題・解説・解答は………思わずこんな解答私だったら×にするこんな解説紙資源の無駄などと思ってしまいます やはり1年かけて検討に検討を重ねた過去問に勝るものはないと再認識してしまいます 大切なのは,わが子の合格今やらねば,合格発表で地獄を見る塾関係者ではないので,生徒にとって,最 [続きを読む]
  • 今の時期の志望校の過去問
  • まだ早い過去問は,秋(または夏)からと思っている生徒・保護者は多いでしょうしかし既に〇〇オープンという模試は始まっており似せている模試を受けて「良く分からない」と悩むより志望校の過去問をやった方が有益なぜなら複数の解説・解答を参考にできる聞かれていることが分かり今後の勉強方針を立てることができる例えば選択肢は,どこから取るのか記述は,要素をいくつ書けば良いのかただし秋から始まるであろう塾の過去問講 [続きを読む]
  • 今の時期の勉強
  • 受験までは間があるということで少し幅広い勉強をしてみる例えば通っている塾の模試だけでなく別の塾の模試もやってみる模試のページの綴じ方が違う自分の塾の模試と問題の配置が違う記述で70字の記述がある他塾の模試は1度解くだけではダメ2,3度解いて解き方を検討するそして自分の塾の模試・テストに取り入れてみる大切なのは,わが子の合格今やらねば,合格発表で地獄を見る塾関係者ではないので,生徒にとって,最善と思うこと [続きを読む]
  • 国語の解き方を決める
  • 語句のチェックはどの文章でもやるとして国語が不安定なのは解き方が定まっていないからというのが良くあります今年開成に合格したた生徒も冬に記述の解き方が分からないという理由で依頼がありました大切なことは特に記述は自分のパターンに沿って書くそして学校解答は………学校解答のサバキ方を知っている講師はそう多くはないでしょう[おまけ]学校解答があまりにもハイレベル・絶対に書けない・こう考えてほしいという学校の [続きを読む]
  • わが子に合う教え方解き方を探す
  • 色々と塾・個別・家庭教師が「このやり方で,成績上がります」と宣伝しています私は生徒の環境・資質・講師の雰囲気などから全ての生徒に合う教え方・講師はいないのではと思っていますそこで色々な塾・講師を試してみる国語について言えば特定の中学の入試問題を指定して講師の教え方を見る生徒・ご両親は事前に,指定した入試問題を一通り検討して講師・塾の教え方が良いか悪いかの判断の基準を持っていることが前提です難しい算 [続きを読む]
  • 時間がかかる順番に勉強する−−国語は
  • 国語の勉強で一番時間がかかるのは語句の習得英単語を知らないで英語の長文が読めないのと同じように語彙力の欠如は致命的になりかねません特に選択肢の文章の中に意味が分からない言葉があると悪魔に見入られたように分からない言葉がある選択肢を正解にすることもS塾でレベルの高い教室の一番上の生徒「投げやり」の意味が分からず他の選択肢は合っているような,間違っているような感じだったので「投げやり」の選択肢を選んで [続きを読む]
  • なぜ
  • 同じ塾の授業を聞いて,同じ問題を解いていても成績の差はつきますなぜでしょう地頭・才能・運のせいにしては話が始まりませんまず生徒が真面目であること謙虚であること素直であること以前持った生徒は両親への反発か30分机の前に座ってもやったのは漢字1つだけと言うことがありましたこれでは無理ここからが国語のプロの腕の見せ所語句の締め方文章読解の方法選択肢・記述の解き方教え方は講師それぞれでしょう個性を発揮して生 [続きを読む]
  • 寮に入る中学生
  • 小5から2年間教えました満足できる中学に入り入寮のための荷物はもう,送ってあり私は英語と数学を教えましたニュートレジャの文法問題集と体系数学私算数は教えられなくても数学は得意です スタートダッシュが大事私の教え子で偏差値70あった生徒が気が緩んだ中学生活を送りどうなったか最難関私大付属中に入ったものの成績が伸びず最も易しい商学部にしか進学できませんでした同じ塾で偏差値60の生徒が第一志望の中学に進学し学 [続きを読む]
  • やり方が悪いと,死を招くよ
  • と言ったら「八甲田山」と新小5になる生徒が言いましたDVDで見たらしく準備がなく,場当たり的な部隊は,ばたばた倒れ準備良く,無理しない部隊は全員生還生徒は成績が悪くても「自分は落ちない」と,根拠のない思いを持っています1月校で落ちる経験をした生徒は真剣に勉強するようになります私の経験でも西大和に落ちた生徒が2人いますが2人とも開成・栄光に合格しましたやり方を決めて,真剣に勉強することが大事なんですが落ち [続きを読む]
  • 明日の予定を立てておく
  • 今の時期は着実に,一日一日勉強をしていく今の時期は過去問に追われることもないでしょう大雑把で良いですから明日の予定を立ててその予定通りに勉強する朝起きたら15分で計算,15分で漢字そして学校に帰って来たら塾のある日は〜塾のない日は〜その時になって何やろうかな〜〜と悩むのはムダに時間を過ごすことになりますその優先順位のつけ方は自分が不安に思うものが第一次にテストの点が悪い教科・分野を大切なのは,わが子の [続きを読む]
  • 事実に語らせろ[「おまけのおまけ」追加]
  • 背景だの,きっかけだの,原因だの,気持ちだのと記述の書き方はいろいろ言われていますが私は文章に書いてあること(事実)を淡々と書いてそれが結果として出題意図に合うそれがいいのでは,と思っています刑事裁判でいう被告人・弁護人の言い訳ではなく事実に語らせろというスタンスこの書き方が出来ると文章全体を押さえながらも感情に流されることなくぐっと押さえて淡々とした中にもその想いが伝わってくるそんな記述が書けた [続きを読む]
  • スリリングな経験
  • わくわくドキドキという経験が中学受験にはあります中学受験には限りませんが ギリギリのところで問題を解く国語について言えば選択肢の解法手順はブレない記述のパターンは体に染みついている今年開成の算数は易しかったらしいですが私の生徒算数で失敗してしまいしかし平成13年からの国語の記述は体に染みついていたのでお父さんの母校の開成に合格して,進学予定どのくらい染みついていたかというと市販の過去問集の解答が学校 [続きを読む]
  • 国語は,量より質
  • 文章題の数をこなしても国語の点は上がりません文章題は1日1題で十分その文章題を傍線・波線・四角で囲むなどして自分で加工する語句チェックは当然として文章が読めない生徒は文章に入り込めていないから今年超難関校に合格した生徒は文章に線を引くことで文章の作者を疑似体験をして文章に没入していました文書が読めない生徒は自分に合った読み方を探す夏休み前はこれだけでも良いくらい大切なのは,わが子の合格今やらねば, [続きを読む]
  • 塾のテストの類型化(パターン化)
  • 塾のテストの点を取らなければいけない生徒を持ってしまいましたそこで私が持っているその塾の模試の過去問を渡して生徒からもらったもの 生徒自身に探らせます選択肢のヒントはどこにあるか記述の要素はいくつ書けばいいのか私が答えを言うのは簡単ですがそれでは生徒の点にならないやはり生徒自身に答えさせてその修正・修正・修正で正解に導く選択肢は塾の正解をそのまま受け取るしかないかと思いますが記述は私が書いた解答と [続きを読む]
  • 秋冬とは違う,今の時期の勉強
  • 国語は受験の時期を逆算すると秋・冬は志望校の過去問に追われ不得意科目対策で基礎的な勉強の時間がない今の時期は語彙力を増やす語句ノートを作るのは,語彙力アップに有効な手段自分にあった解き方を探すそしてその訓練をする有効な手段として塾のテキストの文章題を徹底的にやり込む私塾の国語の先生はここの解説なんて言った?その意味,分かる?と,生徒に聞きますそして生徒自身の言葉を待ちます社会は公民はまだでしょう地 [続きを読む]
  • 2時間指導の時間配分
  • 国語が不得意な生徒か,社会が不得意な生徒かにより時間配分が変わります両方とも得意な生徒は受験直前期の過去問対策の依頼がありますがその生徒は除きます今の時期です国語が不得意な生徒語彙不足問題の解法パターンが身についていないそこで塾のテキストに1時間文章を一緒に読みながら語彙チェック問題の解法パターンに沿った問題の解き方を伝授30分でその塾の模試の指導今週が物語文なら物語文の模試を用意して残り30分でその [続きを読む]
  • 塾のテストの点を上げるには
  • やはり塾のテストの点は気になるクラス落ちもあるし負けるのはイヤだし親の顔色も変わるし 国語について言えばやはり塾のテキストをやる授業でやった文章もう一度やるのが一番効率的一度読んで,問題を解いた文章だから少しは記憶に残っている語句・選択肢・記述をどう書けば良いのかそして時間があればなければ,作れ  と言いたい 塾でやっていないテキストにある文章題を解いて語句を調べてみる社会は要領よく知識を体系だてる [続きを読む]
  • 春期講習・新学期は2科
  • 塾の授業は算国にする理社は要領よく家庭で指導する社会について言えば塾は必要なことを教えないくせに無駄にお金が高い時間が長い例えば雨温図6つの区別をキチンと教えてくれない塾だから小6で「カンで解く」こんな社会の指導をいくら受けてもムダしかし算国はコンスタントに勉強しなければいけない科目だから2科でも受験は4科 大切なのは,わが子の合格今やらねば,合格発表で地獄を見る塾関係者ではないので,生徒にとって,最 [続きを読む]