ダルマ さん プロフィール

  •  
ダルマさん: 国語職人・社会職人
ハンドル名ダルマ さん
ブログタイトル国語職人・社会職人
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/skyandsea9
サイト紹介文中学受験の国語職人・社会職人
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供281回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2014/08/03 13:44

ダルマ さんのブログ記事

  • 仕上がってきた
  • 昨日のメール25年〇〇の国語 説明文先生のやり方で解いてみるといってストップウオッチを使い私の目の前で解いたところ 全問正解でした。昨日,教えた生徒やったところはできてるのに,時間切れその理由は文章に線を引きながら,考えて読むそこで線を引かない読み方を教え時間を大幅に短縮それでも文章を印象づけるための小技を使い私の生徒全員が仕上がってきましたこれからの勉強は静けさの中でピンと張りつめた緊張感ある勉 [続きを読む]
  • 冬期講習までの勉強
  • 冬休み中に,これをやろうとは思わない方がいいです朝から晩まで講習・講習でその日にやった講習の復習をするだけで精一杯それもできないくらい ですから,今過去問で間違えた問題を分類・整理しておく解き方をマスターする,というのは,無理でしょうそして講習で自分が間違えたところのヒントをもらったら分類・整理した過去問の所に赤で書く・貼っておく・間違いノートに書いておく寒くなると勉強が進みます大切なのは,わが子 [続きを読む]
  • 解き方を探す
  • 塾に行っていれば自然と解き方は身につくと思っている人はチョット 解き方が自然と身につくなら塾以外の教育機関は存在していないはず私は解き方を探すのは親の役目だと思います子供では,無理例えば小1から算数の通信教育を通っている塾とは別に習い最難関中学に進学した男子私は,新小6の2月から,国語を教えました 横浜にある某小学校で最難関中学に5人進学しましたが全員,小4からメインの塾以外に〇算数塾に通っていました中 [続きを読む]
  • 弱点補強勉強
  • ほとんどの生徒は「知識」の方が,安定して点を取ることができます漢字・慣用句・ことわざなどなどしかし生徒によっては文章題では1,2問しか間違えずしかもその間違えた問題は「知識」を聞く問題「知識」については漢字は半分取れず慣用句も という生徒語彙力がなくても前後の雰囲気で文章が読めてしまう生徒ですそういう生徒には毎日の宿題は知識重視の問題解き大切なことは自分の弱点を集中的に,勉強することバランスを崩しても [続きを読む]
  • 「キッチン・タイマー」と「タブレット」
  • 近頃私が指導中に使う小道具です キッチン・タイマーは当然,時間を計るためストップウォッチより数字が大きく10秒・1分・3分・5分・10分のボタンがあり便利組み合わせで,どんな時間でもピッピッピッ,と鳴らせますかかる時間を意識させる特に文章を読む時間書き抜きにかける時間を制限するタブレットには今年の生徒が受験する学校の解答・解説が入っています生徒が持っている市販の過去問集とは別のもの読み比べてどちらがいいか [続きを読む]
  • 学校を休む
  • 生徒がチラホラ出てきましたそれに伴って私が午前・昼に教えに行くことも体力がない生徒は午前の勉強は疲れておらず正答率が高いこれは入試で時間・体力をどう調整するかの目安になります良い訓練になるでしょう[おまけ]冬休みでの社会の指導の依頼があります全範囲をするには地理3回歴史4回公民2回時事1回必要ピンポイントで歴史だけという依頼もあります時間と得点効率の調整です大切なのは,わが子の合格今やらねば,合格発表 [続きを読む]
  • 足りないところを知る
  • 不得意なところは生徒一人一人違いますそこで自分の不得意なところを集中的に勉強することが今すべきこと例えば「私。歴史の文化が苦手」という生徒には「無土器時代・縄文時代・弥生時代」と「古墳・飛鳥・天平」を合体させた説明を白鳳・弘仁貞観は,なぜ中学受験では出ないのかの説明をそして説明するだけでなくマイナー分野にも簡単な問題を作りました分からないところは一歩深く説明を受けると,分かるときがあります特に国語 [続きを読む]
  • 偏差値1上げるのに
  • 血の滲むような努力をしているでしょう2日前に受けた模試で「国司」と選択肢にあったのを見落としてバツになり「私はバカだ。何やってたんだ。『守護』に決まってるのに。」でもその生徒国語は60後半不得意の社会も,60台やっと社会もほとんど全ての問題が『顔なじみ』になってミスはあるものの『言えば分かる』レベルになりよく言われるのは偏差値50にならない生徒は解き方が分からない,解き方を実践していない生徒60から70の争 [続きを読む]
  • 解き方を教えてくれない塾
  • 某大手塾近頃,実績がはチキンと教えてもらっていないからと私の所へ来る生徒が多くしかし最も実績を出している〇塾も解き方をキチンと教えているとは言いがたくでも実績の前には,なにも言えなくなるのでしょう一般的な解き方塾のテストで出そうな解き方はもうおしまい今は特定の学校の解き方を徹底的にマスターするとき例えば選択肢のヒントは,文章からどうやって探すか記述の要素は,この学校はいくつ必要なのかこれはその学校 [続きを読む]
  • 国語の過去問(再び)
  • 塾で指定の過去問集なぜ,この答えになるのか,分からない解説読んでも本文の行数が書かれているだけ本文をちゃんと読めば,分かるんだぞなぜ,この部分を軽視したと,言いたげな,解説生徒が,その部分を重視しなかったのはそこよりも,もっと大切だと思ったところがあったから生徒が大切だと思ったところと解説に書いてあるところとを比較して,どちらが答えにより近いかを生徒に説明しなければ生徒は,また,間違えます生徒の誤 [続きを読む]
  • 国語の過去問で悩む生徒
  • 解説・解答を読んでも分からないのは解答・解説が間違っているからというのも,結構あります解答が割れているのは当たり前に多いですですから複数の解答・解説に当たってみるそして読み比べる大切なのは解答の根拠を,一つずつ取り上げて比較・検討することこれが国語の力になります大切なのは,わが子の合格今やらねば,合格発表で地獄を見る塾関係者ではないので,生徒にとって,最善と思うことを,ズケズケ言います この方針に [続きを読む]
  • 今年の生徒
  • ご両親のどちらかが日本人でない生徒4人いますご両親とも日本人でない生徒を含みます4人とも優秀そしてその内の1人は外見はマルコメ味噌家庭教師センターからの紹介でたまたま曜日と場所が合ったので引き受けたところ断ってばかりでは,申し訳ないと思い「ま,いいか」と引き受けました 国語と社会が不得意な生徒お父さんが社会は,メモチェを2回目,回していますとその生徒国語の選択肢が不安定文章から,根拠を取る私の,3手順を [続きを読む]
  • 本当に必要な講座
  • 私がいた〇塾全国展開をしている大手塾そこの理事長がトータルでお母さんのパート代 + ?円 を年間払わせようと金額を算出して適当な必要な講座を作っていました最初書いていた文書をを読み返したら〇〇〇〇〇〇ので,穏やかな表現にしました こんな感じなので笑えない話もあり受験校近くの教室でその学校に似せた問題の特訓があるからと講座を取ったら2回に1回は別の学校の過去問を解く行っている意味がないといつもの教室の普 [続きを読む]
  • 冬期講習までの勉強計画
  • 今の時期過去問をガンガン解いていることでしょう塾によっては返却が2週間以上かかることもありますがそんな塾は父兄が塾の職員に対して恫喝しまくる丁寧にお願いするしかありません勉強の優先順位は(国語)まず自分の不得意なところ区分は「物語文・説明文」と「選択肢・記述」の4つの組み合わせ自分の不得意なところを残したままでは気になって前に進めません次に志望校の過去問でいつも間違えるところ・苦手意識があるところ最 [続きを読む]
  • 学校解答
  • 志望校自身が出している学校解答この解答が採点の基準ですから重視するのは当然として人気上昇中の某中学過去問を検討してきました理論的な説明文記述の要素がキチンと入って納得できる学校解答しかし物語文理論的に説明されているだけの記述表面的な,上っ面をなでただけの解答感動がない琴線に触れない私はいつものパターンで生徒に教え主人公の切なさ・やるせなさを表現した記述を生徒に示すと生徒はニコニコしだして「これ。塾 [続きを読む]
  • 過去問は,ワンパターンで
  • 過去問集によっては自分の書き方と違う解答が要領よく,掲載されていることもあるでしょうしかしその解答を書こうと思っても自分の書き方とは違う書きにくくても自分が慣れたパターンで書き切ることが大切慣れた書き方でないと受験会場では,書けませんそれには国語の記述を見てもらう講師を一人に絞るその講師の書き方を徹底的にマスターする選択肢も解き方はワンパターンで社会もこの1冊というテキスト・参考書を作るそして間違 [続きを読む]
  • 教えない塾
  • 解き方を教えてくれないと言って私に,国語の解き方を教えてくれという依頼があります解き方が安定しないといくら勉強をしても「確実に解ける」,という安心感が得られません悲しいのはその塾に行っている生徒を,現在,3人教えていますが(いずれも受験生)その塾・・・・・私が,以前,国語を教えていた塾手順・パターン名前は何でも良いですが自分が解ける解き方を見つけるのは,合否を決します[ちなみに]筑駒に5人以上合格 [続きを読む]
  • 国語の文章題
  • 解き方を教えています選択肢3手順,記述4パターンが基本ラインそれに加えて文章を,早く読む方法を伝授すればほぼ国語の文章題は,何とかなるのではという感じがしています[おまけ]以前S塾で何度も全国1位を取った生徒のお母さんが「この子の文章題で,無駄な目の動きが無いか,見てくれ」と言われて初見の問題(某難関中学の過去問)を,私の前で解いてもらいましたしかし50分の問題を,33分で解き終わりしかも合格者平 [続きを読む]
  • 毎年のことですが
  • 社会の依頼が増えてきました国語・算数である程度の成績を出している生徒はやはり暗記科目と軽く見がちな社会が不安かも社会のポイントはまず,暗記テキスト・参考書の,太字・赤字・青字で書いてあることを覚えるしかし簡単に覚えられれば,苦労はしないそこで「語呂合わせ」と「関連づけ」語呂合わせは歴史の年号は,誰もがやることそして地理でも例えば100万都市は東横大名札神京福川崎さい広台とうよこ・だいみょう・さつじ [続きを読む]
  • 使える解法を探す
  • 真面目だけど,結果が出ないそれは,解法が悪いからかも頭に残るのは,一文のみワン・センテンス私の理解力・記憶力が悪いせいもありますがダラダラと長々と説明されても・・・今の時期学校別解法に焦点を当てていることでしょう例えば詩の記述では私は,関西のNと東京のT駒では,違って教えました重視するのは学校解答次に要素を詰め込んだ解答最後に塾の模試・テストの解答・解説です塾ではマルをもらえても,入試ではもらえない [続きを読む]
  • みんな,必死
  • 近頃1回3時間,4時間の生徒が増えていますぶっ続けで国語はやり方を決めて解いていけば解ける問題・解けない問題がはっきりして解けない問題はなぜ解けないか考える自分のミスか,問題が悪いのか,解き方に限界があるのか考える社会は過去問・今年の入試問題・塾の問題をグルグル回して間違えたところは自分の1冊に書き込む寒くなってくると勉強が深く・静かになっていきます大切なのは,わが子の合格今やらねば,合格発表で地 [続きを読む]
  • 社会の模試−−時事について
  • 私の生徒時事問題で悲惨な点を取ってしまいこれはマズイと毎年使っている時事問題の本を買いました時事なんて1回1時間半,2回で終了大切なのは今まで学んだ,基本となる1冊に関連づけて理解すること[おまけ]そのテストでは世界地理も出ていました私は世界地理は,一応3つヨーロッパ,東南アジア,中東の3地域中東は,自衛隊がいなくなってから,滅多に出なくなりましたが,一応,保険のつもりで 主要な国の名前と,有名な首都 [続きを読む]
  • 過去問添削
  • 塾に,過去問を提出すると添削されて返って来ます選択肢は〇×がつけられてもその理由が書いてあることは,マレ過去問集によって,答えが割れている問題はやはり,その理由か欲しい記述は自分の形で書かなければ答え丸写しの添削が来てもその答えを,入試会場で書けるか疑問私の生徒は返って来るのが遅いこともあって塾の過去問添削にはあまり出さず私が,複数の過去問集の解答と照らし合わせて解説しています大事なことは解説のし [続きを読む]
  • 「面倒見が良い学校」の内実
  • 偏差値に対して異様に大学進学実績が良い学校は中で,スパルタ勉強をさせている可能性大それは宿題・テストのプレッシャーが半端でなく例えば〇中は私が教えていたお母さんのご近所(都内でも有数の高級塾宅地です)3人がその中学に進学しましたが全員,転校根性なし,の声を浴びせるには,チョット 評判の良いベテラン先生しっかり英語を教えてくれる毎時間,英語の教科書(ニュートレジャ)〇ページ暗記私が教えて切る生徒「覚え [続きを読む]
  • 合格する生徒
  • 解き方を確立した生徒自分の解き方を不安に思い「これで良いのかな〜〜」という気持ちで勉強しても 一番のやる気は模試の成績が上がること成績が上がって,合格が見えてくればやる気にもなりますしかしなかなか,成績は上がらないそこで自分に合ったやり方を見つけるのは合格に直結します何より過去問で,合格を確信できる生徒全ての模試で合格可能性20%以下でも合格した生徒がいます姉妹とも その学校は記述重視校で〇〇御三家の [続きを読む]