浦世耀一朗 さん プロフィール

  •  
浦世耀一朗さん: 線維筋痛症の運命鑑定師・詩書き 浦世耀一朗
ハンドル名浦世耀一朗 さん
ブログタイトル線維筋痛症の運命鑑定師・詩書き 浦世耀一朗
ブログURLhttps://ameblo.jp/heishikan/
サイト紹介文57歳で線維筋痛症の診断が下り、幼少時に罹患していたことも判明。病状や投薬について書いています。
自由文2013/3/18に診断が下りショックを受けました。57年の医者にさえ罵詈雑言を浴びて来た人生はなんだろうと。反面、もう「原因がないから痛いはずはない」と言われる心配もなくなりました。
主に現代詩をアップしていますので、それも見てください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供126回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2014/08/05 19:06

浦世耀一朗 さんのブログ記事

  • レイナグラシアやっとデビュー
  • レイナグラシア 18.05.24 5月26日(土)東京1R 3歳未勝利(ダ1600m)に武藤雅騎手にて出走予定。馬体重474kg(5/22測定)「骨瘤は思っていた以上に我慢が利いているものの、先週末くらいから右前にソエの兆候が表れ、少し煩くもなってきた感じ。昨日の追い切りは併せた相手が控えたため、終いは実質単走になりましたが、最後まで止まることなく持続でき、先週までの動きよりも多少進展が窺えましたからね。レースを [続きを読む]
  • 満月の裏
  • 満月の裏 きみの親指が動かないことを知ってるきみの親指が動かない理由も知ってるきみは恥ずかしがるがおよそ恥ずかしい特徴なんかないそういうのって個性だよ 月がさ同じ面しか地球に見せない月は裏側も見せたいのにでもねそれは月の個性なんだから月はなにも恥ずかしくないの 生きているのは一瞬体感的には長くてもねどんな生き方でも懸命に生きているならそれを誰も笑えない聞いたことはないかい きみの親指はあのお寺の池 [続きを読む]
  • 霧のある風景
  • 霧のある風景 湿地帯を抜けてゆくと霧で見えなかったが古城があった小さな城だったなんとなく見てはいけないものを見たような気がした ここで折り返そうと振り向くと湿地帯は消えていて入り組んだ山道があり帰り道がわからない悪い夢を見ているのではなかった自意識はちゃんと覚醒している 城の入口は目前にあって中から人が出てきた老執事みたいな「お待ちしておりました」なにも返事ができない待たれているわけはないでもいざ [続きを読む]
  • オークス いま言えること
  • ほぼオークスの目星はつきましたが、いま公言できることは、アーモンドアイの超凡走に注意。父ロードカナロアは短距離スピード血統。東京の2400mでこれがモロに出てもおかしくはない。 あとは4頭出走のルーラーシップ産駒に注意。とりわけ母の父が強力な馬。これ大ヒントです。 ルメール人気、デムーロ人気がありそうですが、彼らが走るわけではない(笑)馬がちゃんと勝てるように走って初めて騎手の腕です。 [続きを読む]
  • リスグラシュー 馬名詩第6弾
  • リスグラシュー  ズワイガニお好きですか そう話しかけられたのが始まり 嫌いじゃないけどカニは面倒 たしかそう答えた 意に介したのか介さなかったのか いつか一緒に食べましょう ナンパにしてはダサい 真面目なら真面目でキモい 漠然と脳裏で思った 海が近いレストラン ガラス張りのテラスから砂浜が見える ここはどこだったか一瞬忘れる そうか 時差があった 太陽は北に出ている昼下がり 半球ってなんのことだ 住んでいた家を [続きを読む]
  • レインボーライン 馬名詩第5弾
  • レインボーライン 馬名詩第5弾今度の仕事はいささか危険だ数知れず危ない橋を渡ってきたがそれらとは比べ物にならないだろう想像するだけで脇汗をかく相手が異性というだけでなく職業が特殊過ぎるこれ以上は極秘事項だ敵と言うほどの敵こそいないがそれが却って仕事を難しくしているきょう一日考えても解決策が見つからない最初聞いた話ではいままでと変わらない簡単な案件だと思ってしまった深入りするに連れて困難に気付いた [続きを読む]
  • アンプレアブル
  • 発表順が前後してしまいました。5/4に書いたものを未発表のまま次作を上げていました。よろしくお願い申し上げます。 アンプレアブル明日不渡り手形を出します唐突に彼は言うなにがあったの?いやただ会社が潰れそうですふうん興味が湧かない会社というのはいずれ潰れるからいつだかわからないいずれに小切手帳を見せてもらった桁の多い数字が景気よく並ぶ全然意味がない金銭は数字ではなく水の量みたいなものたとえが悪い?い [続きを読む]
  • 海辺のしじまで
  • 海辺のしじまで 藍より出でて藍より青き海をきっと長い間みていたきょうに限って時計をしていない海辺のひなびた蕎麦屋で昼飯を食べた期待以上のおいしい蕎麦だった千円札をカウンターに置いて珍しく釣りはいいよと言った いま太陽が水平線間近まで落ちているだから記憶にないが長い間だろう心持ちが重くなるとここに来るそしてふいに自分を取り戻す瞬間を待つもうその瞬間は来ないと知りつついつまでも海をみていた 波の音が耳 [続きを読む]
  • 未明のひと
  • 未明のひとたいていは横にずれるたまには上にもずれる翳みがちなまなこで見つめ合いさらさらと小川のせせらぎとなって川下で交わり合流するあのひととこのひととそのひとも口々に呼ぶ名前はないもう代名詞だけがあってそれは僥倖にも似た快感ずれた相手はもうそこにいないので互いに評価しないし断定しないだったねで終わる言葉を言い合う過去形でしか語れないすべてを競りにかけて値段を競い合ってもその価格にはすでに意味はな [続きを読む]
  • 散らないのは造花ゆえ
  • 散らないのは造花ゆえ困ったことにないのだ必要だと思うものに限ってないのだ花を手折ることにも慣れた治らない耳鳴りに慣れるようにそれでも遠い場所からなにやら叫んでいると見えるひとが地下鉄に乗って小声が聞こえないような生きるのに切符も免許もいらない生まれるのは自分で選択したわけではない完全な無意味など生きる上にはない当人が無意味にするだけだ何も捨てないわたしは精神がゴミ屋敷だろうかいやむしろみっしり必 [続きを読む]
  • 牝馬も生存競争が大変
  • 先日の「7割は未勝利で終わる世界で」に有難いコメントを頂きました。コピペさせて頂きますけれど、 牝馬もなかなか厳しいですよ。サラブレッド生産年7000頭、死産もあるので出産までたどりつけるのが8000頭、不受胎もあるので現役の繁殖牝馬は11000頭10年現役の繁殖牝馬として、年に受け入れるのが1100頭。外国からの種雌馬は100頭なので、引退牝馬の受け入れは1000頭。3500頭の引退牝馬のうち繁殖牝 [続きを読む]
  • 7割は未勝利で終わる世界で
  • ざっくりと言いましたが、サラブレッド生産数にもよりますけれど、JRAで1勝以上を挙げる確率は35%がいいところのようです。 つまり65%程度の馬は未勝利で終わるわけです。その内牝馬はほぼ繁殖に上がりますが、牡馬は生き残るのが難しい。種牡馬はGⅠでも勝たねばだし。乗馬、先導馬、研究馬等、利用目的はいろいろあれど、一部はお肉になっているのは事実でしょうね。 だから牡馬はとにかく1勝だけはしないと生存の危機 [続きを読む]
  • 来週はキングオブハーツだべ
  • って言うか、来週のキングオブハーツ出走以外にも、2歳馬でもう入厩しそうな出資馬が複数いて、おいさんは嬉しいよ。 今年の広尾TCは本当に豊作だった模様ですね。グランソヴァール(父ダンカーク)スパーブアゲイン(父ジャスタウェイ)カナロアガール(父ロードカナロア)エレナレジーナ(父ノヴェリスト)などいい馬が目白押しか? 個人的には、レフィナーダの初の牡馬で父ダンカークのナグラーダがデビューは少し遅れても [続きを読む]
  • よういちろうの日
  • 4月16日はゴロ合わせで、よういちろうの日です。416というのは、実は知らない長女の命日6月14日を逆さにしたもの。昭和23年2月25日生まれで、4ヶ月足らずで亡くなったそうです。先天性心臓弁膜症だったから、当時としては仕方ないですね。 その日を前にして、14日(土)の昼頃に路上で派手に転倒して、もういきなりフワッとしたらアスファルトに叩きつけられていて、しばらく痛みで動けず、なんとか帰宅したものの、あまり [続きを読む]
  • 意外な馬?浮上の皐月賞
  • データとも相談してみたのですが、ステルヴィオ、ワグネリアンに割って入るとすれば、タイムフライヤーそして逃げ馬アイトーンこの2頭が結構いいです。あとはサンリヴァルこの馬は非常に気になります。まあ、10頭ほどの混戦状態ですね。極論は当日気配次第の部分もあります。 ブログ名は「馬券作家矢野羊一郎のサラブレッド日和」ですよ。 [続きを読む]
  • 得点圏打率
  • 得点圏打率何度も空振りをしてきたバットの軌道にボールがないきみは変化球という名の嘘をつくストレートしか打てないんだ悲しいほどに空気が読めていないいや読みたい空気などじつはないどう言って欲しいのかわかってしまうと逆に言えない予定調和を好まない力み観衆に喜ばれるのは嬉しいスタンドプレイは過剰にしてきたそして出る杭は順当に打たれるやな渡世と笑うしかないここはこうでしょなんていう窘めの言葉は聞いているフ [続きを読む]
  • 祝! 出資馬初勝利
  • 前走2着で、それなりの期待はしていたのですが、アドバンスマルスくんが未勝利を脱出して、わたしに出資馬初勝利をプレゼントしてくれました。 思えば2016年の12月に広尾TCを知り入会。1年4ヶ月弱で初勝利です。長いような短いような。最初はアドバンスマルスには出資していなくて、昨年6月に馬代金無料キャンペーンで出資しました。 彼は勝利しただけでなく、1-1-1-4と7走してくれていて、着外の2回は5着で賞金を稼 [続きを読む]
  • ビリガーマデュロ
  • ビリガーマデュロ 断面が四角い葉巻をくゆらすスイス製の機械巻きのものだ桜の木の下でベンチに座り来し方を想うたくさん間違えてたくさん奇跡的なことを成しひととして波乱万丈だが均して考えれば割合と並であろう 四角い葉巻は一本を四回くらい分けて嗜む一本が相当長い燃焼時間だからであるこのリビングには生き物の気配がない自分には生き物の気配は感じない当然のことに改めて傷つくしかし物言わぬ動物であって欲しいにん [続きを読む]
  • いま入会しないと勿体ない
  • いま新規の入会をお薦めしていることが伝わりにくいようなので、わかりやすくまとめます。 月          4月  5月  6月  9月   10月  11月 12月     既存の会員   3,000 3,000 3,000 4,000 4,000 4,000 4,000円  (入会金1,000円)今新規入会   4,000 4,000 4,000 4,000 4,000 4,000 4,000円   入会金1,000円9月以降の入会              [続きを読む]
  • 99.9%
  • 人の予想に乗って(従って)馬券が当たっても儲かってもそれでは嬉しくない方は多いようです。我が強いというか、予想を買ってまで当てたくないという。かく言うわたしも、自分が九星五行法Nをやっているからそうですが。99.9%の人は他人の予想なんて信じないんですよ。 それは、ひとつの大きな要因として、有料予想の多くは的中しないから。料金を払ってまで損したくないのは、わたしも同じだからよくわかります。ただ、九星五 [続きを読む]
  • かみをわける場所
  • かみをわける場所髪の分け目を逆にした誰に気付かれることもなく自分だけの満足自給自足と言ってもいい場所自分がしなければ何も起きないなんと清々しい確かなのはみずからの感覚そう水からの間隔でもあるせせらぎの音だけが聞こえてどの窓からも見えないいや窓?ここは完全な密室だったはず部屋の隅が暗くてなにもみえないどなたもみえないわたしにも見栄はない部屋?誰が部屋と決めた?そうおもっているのはわたし自分の感覚だ [続きを読む]
  • 占いベースではない
  • バイオリズムでも自分の体感でも、機嫌が悪いとは思えないのですが、なんか言わずにいられない気分です。 九星五行法というものにヘイトスピーチするひとは、インチキ臭い占いのケントク(当てずっぽう)の予想だと思っている。概ねそうだと言ってもよくはないですか? だから従前にも書いたように、まず統計ありきで、そこで仮説が蹴られていたら、また別の方法を考えたでしょう。でも「プラス収支」という結果が十分な母集団で [続きを読む]
  • かみをわける場所
  • かみをわける場所髪の分け目を逆にした誰に気付かれることもなく自分だけの満足自給自足と言ってもいい場所自分がしなければ何も起きないなんと清々しい確かなのはみずからの感覚そう水からの間隔でもあるせせらぎの音だけが聞こえてどの窓からも見えないいや窓?ここは完全な密室だったはず部屋の隅が暗くてなにもみえないどなたもみえないわたしにも見栄はない部屋?誰が部屋と決めた?そうおもっているのはわたし自分の感覚だ [続きを読む]
  • カラスガネ
  • カラスガネわたしが死ねばいいんでしょ そう言うとそんなに単純なことではないよと窘められたじゃあどうすればと言おうとするのを制するように生き抜くしかないんだよ柔らかく諭すような声だったカアとカラスが鳴いて空を見上げると夕焼けなぜ夕焼けにカラスは似合うのかな分散する意識がそれなりに思うカラスがカアと鳴くたびに一割の利子だからカラス金と言う賭場でオモチャを借りると一日一割の高利貸しなのだ返せる当てがあ [続きを読む]
  • アドバンスマルス そっちを使う?
  • アドバンスマルスが、小倉ダ1000mに出ると聞いて、結構勝算があると思ったわたしですが、方針変更して小倉ダ1700mへ出すそうです。理由は、「1000mは希望馬が多くて除外されそう」という主旨ですが、だったら土日両方に、芝1200mがあるのですが無理?よく、脚元に優しいからダートというのも聞くので、現状、芝のレースには出したくないのでしょうか。ダート馬と決めつけているのだったら、それはまだちょっと解らないでしょ [続きを読む]