クスドフトシ さん プロフィール

  •  
クスドフトシさん: 世界はキミのためにある!
ハンドル名クスドフトシ さん
ブログタイトル世界はキミのためにある!
ブログURLhttps://ameblo.jp/kusudofutoshi/
サイト紹介文なるほど!って話や、笑える話、おまけに潜在意識的な話もあったりなんかして、一緒に願望実現しませんか?
自由文潜在意識を知って早10年。

おいおい、そろそろインプットよりアウトプットだろ!ってことで、自身で体験したり、開発したメソッドやお話を、今夜も繰り広げています。

え?叶う願いしか浮かばないだって?
じゃあ、なぜオレ(私)の願いは叶わないの?

その答えは当ブログにございます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供196回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2014/08/05 23:20

クスドフトシ さんのブログ記事

  • 【傑作選】Woo!マンボウッ!
  • ※現在のブログより以前に開設していた、 旧ブログ『世界はキミのためにあった!(⇒)』の過去記事より抜粋した記事を【傑作選】としてお届けします。*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜 今日は海の日です。 今日は読んでもタメにならない、くだらない記事で、ホッと一息つきましょう。 いや、むしろ、こういう記事の方がボクの性には合ってますからね。 まあ、 [続きを読む]
  • 【傑作選】他人は変えられない。でも、自分も変えられない
  • ※現在のブログより以前に開設していた、 旧ブログ『世界はキミのためにあった!(⇒)』の過去記事より抜粋した記事を【傑作選】としてお届けします。*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜 人はみな、自分が正しいと思って生きています。 自分の考えや、自分の意見、主張が当然正しいという思いで生きています。 だからこそ、人から指摘されたり、否定されたり、非 [続きを読む]
  • 【傑作選】「愛してる」と言ってくれ
  • ※現在のブログより以前に開設していた、 旧ブログ『世界はキミのためにあった!(⇒)』の過去記事より抜粋した記事を【傑作選】としてお届けします。*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜 僕たちの行動の裏側にはいつも何かしらの期待があります。 それは言いかえると、【見返り】という言葉になるでしょうか。 そうです。 僕たちは期待せずにはいられないのです [続きを読む]
  • 信じられない願い
  • 久々に、"願いを叶える"ということについて書いてみようと思います。 よくこういった自己啓発系のブログや本を深刻な表情で見たり、 セミナーなどに行って一生懸命、 それはそれは文字通り一生懸命お勉強されている方に限って(…と言ったら失礼か。笑)、 「なかなか願いが叶わなくて苦しいです」ということを仰います。 願いが叶うかどうかは努力の量だけで決まるわけではないから余計に辛いですよね。 これが一生懸命努力して勉 [続きを読む]
  • BEAT
  • これまで行ってきたトークショーや講演、あるいは個人的にお話することも含め、 本当に多くの方々と出会い、交流してきました。 その中でよく耳にするフレーズがあります。 それは「(何事においても)失敗することが怖いので、なかなか前へ足を踏み出せない(チャレンジできない)し、 結果を見るのが怖く感じてしまう」というようなものです。 つまり、「常に失敗したらどうしよう…」という言い知れぬ恐怖が襲ってきているとい [続きを読む]
  • 鏡よ鏡よ鏡さん
  • 「鏡よ鏡よ鏡さん」 このセリフが出てくる童話と言えば『白雪姫』ですね。 物語の中で白雪姫の継母が鏡に向かって問いかけるシーン。 そして、鏡がいつも「王妃様」と答えていたのが、 ある日、「白雪姫」と答えたからさあ大変!という物語ですが、 今日はそのお話ではなくて、 "鏡はいつもいつも自分を映すものではない"ということをお伝えしたいと思います。 さらにはすごくすごくシンプルで一見すると浅いお話です(笑)。 とい [続きを読む]
  • あるなしクイズ
  • 夢にあって、現実にないもの。 アウェイにあって、ホームにないもの。 お化け屋敷にあって、メリーゴーランドにないもの。 告白にあって、別離にないもの。 想定外にあって、想定内にないもの。 未知にあって、既知にないもの。 本音にあって、建前にないもの。 ロマンにあって、筋書きにないもの。 これって一体なーんだ? 異論反論は絶対にありましょうが、おおめに見てやってください(笑)。 「ある」のは"ドキドキ"。 そう [続きを読む]
  • 楽な生き方
  • 一番苦しい生き方は、 "相手や世界に期待する生き方"。 一番楽な生き方は、 "相手や世界に期待しない生き方"。 そして、これがもしかしたら一番幸せな生き方かもしれないし、 時にそれを愛と呼ぶのかもしれない。 「これだけやってあげたのだから、せめてお礼や労いの言葉をかけてくれたらなぁ」 「時間をかけて、愛情をかけて育てたのだから、真っ直ぐ立派に育ってくれたらなぁ」 「こっちから誘ったのだから何か返事をくれたらい [続きを読む]
  • 原理原則
  • このブログも数えてみれば、 昨日の7月7日で丸6年(このブログページに引っ越して来る前の過去のブログと通算して)を迎え、 いよいよ7年目に突入しました。 ブログを始めた頃は「いいね」の数も0がほとんど、コメントももちろんありませんでした。 2年書き続けてもその状況にほとんど変わりなかったのですが、 徐々に読者数も増えてきて、 今、こうして多くの人が見てくださるブログになったのは嬉しいことですし、有難いこ [続きを読む]
  • 気にならない
  • 「問題」 それはどこかに解答があるもの。 アナタの中に今、問題があるとします。 それは例えば、職場での仕事の問題。 人間関係の問題。 恋愛や結婚生活においてパートナーとの問題。 自分自身の性格の問題。 思考や感情をコントロールできるかどうかの問題。 健康の問題。 お金の問題。 問題はもしかしたら言い換えれば"悩み"と呼ぶのかもしれない。 でも、問題を解決するには2つしかないと(今のところの)ボクは思っています [続きを読む]
  • 不要で必要なモノ
  • (⇒昨日の続き) 人にとって一番不要な感情が【恐れ】である…と昨日の記事で書きましたが、 この【恐れ】があるからこそ、危険予知ができたりして生命の安全を守れるわけですが、 不安や嫉妬などの【恐れ】は本来は必要がないもの。 どうして不要な感情であると頭では分かっているのに捨てることができないのか? それはもう至って簡単で、 【恐れ】だけに限らず、捨てることのできない感情たちは、 自分自身を(外の世界の出来 [続きを読む]
  • 【傑作選】悩みは成長の種
  • ※現在のブログより以前に開設していた、 旧ブログ『世界はキミのためにあった!(⇒)』の過去記事より抜粋した記事を【傑作選】としてお届けします。 *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜 アナタが今、悩んでいることは何ですか? 悩み事が全くないっていう人もいるでしょう。 しかし、今はそうであっても、いつ悩む日が来るかは誰にも分かりません。 子どもの [続きを読む]
  • 【傑作選】喜ばせごっこ
  • ※現在のブログより以前に開設していた、 旧ブログ『世界はキミのためにあった!(⇒)』の過去記事より抜粋した記事を【傑作選】としてお届けします。 *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜 これは以前、Twitterでもほんの少しだけ触れたことなんですが、 “人を喜ばせると喜ばせた自分も喜びを感じる。 そう感じるように人間は出来ているんやな。 それが人間のほ [続きを読む]
  • お知らせ
  • 大阪で震度6弱の地震がありまして、 大阪に住んでいる身としては、本当に恐ろしい思いをしました。 多くの方からご心配のメッセージを頂きましたが、大丈夫でございます。 ご心配ありがとうございました。 ただ、今、ブログを更新する気持ちになれないため(揺れが強く、ショックな気持ちもあり…)、 少しだけブログをお休みします。 こちらは大丈夫ですので、 お気遣い頂くメールも有難いですが、そっとしておいてもらえると助 [続きを読む]
  • 必要で不要なモノ
  • 人にとって一番不要な感情というのは一体何でしょう? もちろん人によって答えが違うかと思います。 悲しみや心配や不安や絶望や孤独感や嫉妬…あらゆる答えが出てくるかと思います。 でも、それらを総称するならば、 その答えは… 【恐れ】ということになるでしょう。 不要だとは言っても、この【恐れ】がないとアブナイ奴になります。 高いところから「I Can Fly!」とか言って飛んでも困るし、 見通しの悪い交差点で安全確認せ [続きを読む]
  • 変えるべきは
  • どんな世界であっても、ある一定のレベルに達している人が言うことは同じなのだなとつくづく最近感じます。 『ユダヤ人大富豪の教え』や新刊の『大富豪からの手紙』でもおなじみの作家の本田健さんもそうですし、 ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)700円Amazon 大富豪からの手紙1,728円Amazon あるいは、スポーツの世界でも実業家や起業する人たちの世界でも皆、一様に同じことを口にします。 「成功 [続きを読む]
  • 韓国でもポジティブになる
  • クスドフトシ3作目の著書『言うだけでポジティブになる』(大和書房)が発売されて、 もう何年が経ちますか? え? 知らんがなっ!って? かなり前じゃない?って? そうですそうです、2016年に発売になっていますから、もうかれこれ2年になりますよ。 言うだけでポジティブになる1,512円Amazon ボクももうてっきり"言うポジ(略して)"の事は忘れていたのですが、 昨日、大和書房さんから、 韓国語版の『言うだけでポジティブに [続きを読む]
  • そうかな?
  • ある人が言いました。 「フトシさんのブログの読者さんって、 ミュージシャンで言うところの小田和正さんのファンと雰囲気が似てるよね」と。 今度はボクがその人に聞いてみました。 「じゃあ、このブログでよく登場するMACOさん(⇒ブログ)の読者さんは?」と。 すると、その人は… 「うーん、MACOさんの読者さんはドリカム(DREAMS COME TRUEさん)のファンみたいな雰囲気かな。 一緒に盛り上がったり、キャー!と騒ぐこともあ [続きを読む]
  • 育ての道理
  • 昨日の記事(⇒コレ)の最後に、 「"育む・導く"という視点・意識で人を見ていこう」という趣旨を書きましたが、 "育む"ということは、 叶えたい願いがある、望み通りに生きていきたい、悩みを解決させたい、 日々をより良くしていきたい…といったような事にも応用ができます。 親子関係や夫婦関係、上司や部下、先輩後輩、先生と生徒…あらゆる関係であっても同じこと。 イメージとして分かりやすいのが、植物や花や作物を育てる [続きを読む]
  • 一本の傘
  • ある親子の話。 朝、学校に登校する子どもに向かって、 台所で家事をしている母親が一言声を掛けた。 「今日は午後から雨になるみたいだから、傘を持って行くんだよ」 息子は「はーい」と返事をしたものの、空を見上げると快晴。 傘を持たずに学校に出かけた。 天気予報の通り、午後から大粒の雨が降り出した。 「しょうがない子だねぇ」と、 母親は傘を持たずに出て行った子どもの為に、 息子のお気に入りの傘を持って駅まで迎え [続きを読む]
  • 隠された声
  • こういった自己啓発ブログを書いていると、 そして、特にボクがいつも書く… "誰かのために役に立っていることの素晴らしさ"というような事を書いていると、 こんな風に言われる事があります。 「人を幸せにしようとか、役に立とうとか、与える事をしようとか、 やってみようかなとは思うけど、自分がまだ幸せじゃないし、心に余裕がないし、 辛い心境の中でそういった事はなかなか出来ないし、難しく感じちゃうんですよね」と。 [続きを読む]
  • 応援しよう!いつまでも(PART2)
  • 今日はいつもこのブログを読んでくださったり、 トークイベントなどにも何度か参加してくださっている、 "佳さん"という方の応援記事を書かせていただきます。 今年、30歳を迎えた佳さんとも何度かイベントなどでお話をさせていただいていて、 いつも、ボクの話の構成や、 どのような姿勢で読者様と向き合っているかといったことまで熱心にボクに聞いてくださったりして、 勉強してらっしゃるのですが、 それと言うのも、少し前 [続きを読む]
  • 宣伝だから読まないで
  • この2日間の記事で多くの方々から反響がありまして、 コメント欄でも、 「今回は行間からフトシさんの決意?のような、何かスパッと振り切った雰囲気を感じました。 これまでもフトシさんのブログは目から鱗が沢山ありましたが、今回はアハ体験でした!」 「ここのところの記事はすっごくフトシさんらしいなあと思います。即効性のある、でも単なる対処療法ではなく、 いつもいつでもいつまでも、より良く生きるヒントがつまって [続きを読む]
  • たいせつなこと
  • (昨日の記事〜其の一〜は⇒こちら)(昨日の記事〜其の二〜は⇒こちら) 昨日の記事の補足を今日は書きたいと思っていますので、 前回の<其の一>と<其の二>の記事をお読みになってからこの先を読んでください * 【無意識(潜在意識)】のルール・仕組み的に、"(自他を)区別しない" というものがどうやらあるんだなと気づき始めてから、 自分や他人だけでなく、 人と物(物質)にも区別しないというルールが適用されるので [続きを読む]
  • 還る(回答編)〜其の二〜
  • (〜其の一〜の記事を読んでからこの先を読んでくださいね) 今回の記事で念頭に置いてほしいのは、 相談者様の「ほしい」意識を責めているという事ではないということ。 自己啓発を卒業していってほしいという思いからの提案です。 まずは「ほしい」(アドバイスだけでなく、理解して「ほしい」、私の気持ちを分かって「ほしい」なども含む)と思っているから、 相手からそれに呼応する形で、 嫉妬や嫌がらせを「与えられている」 [続きを読む]