Molly さん プロフィール

  •  
Mollyさん: 続)上海→マレーシア→アジアの隅っこで。
ハンドル名Molly さん
ブログタイトル続)上海→マレーシア→アジアの隅っこで。
ブログURLhttps://ameblo.jp/diamondkids2/
サイト紹介文辺境地専門海外駐在アジアン国際結婚一家の海外転々忘備録〜インター8校目長男とグレーゾーン次男の日常。
自由文南国マレーシアから北国ロシアのモスクワへ、その後中国、上海を経て約6年ぶりのクアラルンプール再上陸後、またまたアジアの片隅に。IBスクール、英国ナショナルX2、IB寄りのアメリカンスクール、英中イマージョン寄りインター、アメリカンスクールx2校ののち8校目のインターナショナルスクールでの子供達の成長記録。バイオリンも続けてます。『(旧)子供と一緒に楽しもう!モスクワ時々マレーシア編』の続編。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供134回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2014/08/07 10:40

Molly さんのブログ記事

  • グレーゾーン都会っ子の田舎暮らし。
  • アジアの隅っこ国に来て7ヶ月目。次男、13歳になりました  どこに行っても人好きする長男と違ってなかなか他人に心を開けないグレーゾーン次男、今年もお誕生日パーティーはしたくない、と頑なに拒否ってまして。結局、家族みんなでこの地で有名なシーフードのレストランにてディナーをいただいてきました。 ・・・ プレゼントはこの地では手に入らないものなので「次回、日本に戻った際に買おうね♪」・・・という約束になっ [続きを読む]
  • 妙齢の女性の年齢と、「若返り」の秘訣。
  • 週末、仕事関係のお付き合いでとあるお宅にお呼ばれした時のこと。 お客さんの中の一人に83歳のおばあ様がいらっしゃったのだが。 83歳には全くみ・え・な・い!・・・ほどの若々しさで話しまくる方でして。↑しかも人の腕を掴んで放さない・・・ その方曰く、若い頃からジャーナリストとして活躍しておったんだが、80過ぎた今でも現地新聞社の水曜日欄に毎週、寄稿しており、書くことがとにかく楽しくて、 書くとなるとそ [続きを読む]
  • 軍人さんの結婚式にも行ってみた@アジアの隅っこで。
  • 年明け早々2度目の結婚披露宴にお呼ばれ記録。*** 今回は旦那の職場の現地スタッフさん、勤続35年!の、お嬢さん(「の」が多いわ!)の結婚式及び披露宴に参列させていただきました。 年始から縁起の良いお誘いが続いて嬉しい限り 美しいお嬢さんの新婦姿も見れたし新郎新婦及び現地スタッフであるパパさんが本当に嬉しそうにされていたのであーよかったね!お父さん!みたいな。↑娘がいないのでその点のんきな母。 そして [続きを読む]
  • 初歩き2019
  • 今年は歩く!…と言い続けて早7日。ようやく朝からウォーキングに行けましたわーい!去年は、「朝8時までにネット、使い終えなきゃ!」↑ネット契約がイマドキ世界標準の『一日中使い放題』ではなく「いつの時代やねん」的な、夜中12時から朝8時迄の『夜間』と朝8時から夜12時迄の『昼間』使用とに分かれており、昼間使用量の方が夜間よりGバイトが少ないという、一種の詐欺的まやかし風契約しか無いとか、「洗濯物、早めに回さな [続きを読む]
  • 年始にウェディング@アジアの隅っこで。
  • お正月2日目に結婚披露宴参列・記録。*** 「1月1日がお正月、その後三ヶ日は休日」という環境下で育った私などにはいまだにピンときませんが、 世界中で「お正月三ヶ日が休日」な国でない場所が結構多いと言う事実をこの歳になってヒシと感じる・・・。 マレーシアでは1月2日からすでに学校が始まっておりますが、 ここ、アジアの隅っこでも 一部の学校は2日から再開、役所も職場も結構な割合で開いています。 そして昨夜はこち [続きを読む]
  • 謹賀新年 2019
  • あけましておめでとうございますいつも「いいね」をくださるリアルお友達&ブロガーの皆様、および縁あってお立ち寄りくださった方々、ありがとうございます!2019年抱負:細く長く、地味〜に、でも地道にそして着実に。元はといえば、SNSやフェイスブックなどを使いこなせない実家のじいじばあばのために、日々の出来事や子供達の成長の様子をお知らせすべく始めた弊ブログですが、気づけば随分タラタラ長い間私の素をさらけ出す場 [続きを読む]
  • 2018年総まとめー毒舌絶好調で〆てみた
  • 2018年は変化の年だった! *** いろいろありましたねー。 でも 過去を振り返って反省してみるも、 毎度のごとくすぐ忘れちゃうんだよね〜:P。 学習しないヤツでスンマセン。 。。。。 2018年1− 6月は次男の件で前のインターの先生方と話し合いが全く進まなく、ストレス&怒りがたまりまくってましたが、 ニッポンの某インターナショナルスクールのサマーコースに2週間だけお邪魔させてもらって、そこでの先生方が本当に良 [続きを読む]
  • 「四角四面」じゃなくても良い場合。
  • 買い出し@クアラルンプールでの出来事。***キッズ連れてミッドバレーにあるUni◯lo に行ってきました。長男次男の服買うついでに母も一着買う事にしたんだが、ちょうど選んだ商品が「Eメンバー(スマホにアプリ入れてバーコード出す、アレです)だったら割引価格!」という対象商品で、あ、ヤバイ、お引越しのときにUni◯loアプリ、消しちゃったんだった〜と思ってレジ並ぶ前にスマホに再度アプリをダウンロードしようとしたんだ [続きを読む]
  • 買い出し@クアラルンプール2018冬休み
  • なんか、すんごい勢いで買い物に走ってます!@クアラルンプール2018冬休み。***だってさー隅っこの国に戻ったらさー一度に買いたいもの全部が揃うお店、ないんだもーん。(あれ?数ヶ月前にKLを発つ前は「ここには買いたいモンが無い!」と豪語しとったんはどこのドイツ人?…みたいなツッコミは無かった事に)SS2の、むっかし昔から有る、「レジェンド」という電気屋ではエアーフライヤー2つ、(うち一つは隅っこ国で結婚式にお [続きを読む]
  • マレーシア華人博物館に行ってみた@スリ・ケンバンガン
  • クアラルンプール郊外にあるマレーシア華人博物館に行ってみた記録2018。*** 行動派の義妹1&子供達とともにスリ・ケンバンガンに新しくできたというMalaysian Chinese Museumマレーシア華人博物館に行ってみました。 マレーシア(&シンガポール)で使えるGPS, WAZEを頼りに車を走らせること30分弱。 WAZEによると到着となっているのだが、行き着いた先はまるで「博物館」とは思えない白亜の宮殿・・・?・・・が。。。 [続きを読む]
  • クリスマスツリー@アジアの隅っこ編2018
  • クリスマスデコレーションin アジアの隅っこ編 2018記録。*** 個人的にクリスマスの時期のデコレーションは大好きです。 この国もまた、他民族、他宗教国家。 それぞれの民族がお互いに他民族と調和を取りながら かろうじてバランスを保っている・・・?・・・ような状態。 この地では過去には流血の時代もあり、 現在では流血時代の痕跡は外見的にはほとんど見られませんが、 街中には時々片足をなくした中年のおじさん [続きを読む]
  • アメリカの大学受験は甘くない。巷の噂と実情は・・・
  • ボストン大学入試担当者によるアメリカの大学入試説明会記録、パート3。「成績が横ならびだったら、あとは人物像と大学との相性が全て?!」という話。 パート1:「あなただったら誰を選ぶ?」パート2:「アメリカの大学入試で、一番評価されない受験生」の、続きです。*** 前回のパート2では、SATがほぼ満点取れる実力がありなおかつIBDP取得も可能な高校に在籍しながらにして、高校時代の全てのクラスで難易度低めの授業 [続きを読む]
  • アメリカの大学が欲しがる学生。あなただったら誰を選ぶ?
  • ボストン大学の入試担当者による「アメリカの大学受験説明会」に行ってみた記録。 *** ここ、アジアの隅っこインターは「隅っこ」な僻地に存在するだけあって、先進国だと当たり前のように手に入る情報も雑誌も本もなかなか手に入らないことが多いし実際にアメリカやイギリスへいくにも(関空へさえも直行便がない!)乗り換え乗り換えでとにかく経由が多くて不便なことも手伝って、 ありがたいことにあまりの不便さ・・・?ゆ [続きを読む]
  • 「ブラボー!」頂きました。
  • キッズが通うインターナショナルスクールにてクリスマスコンサートが開催されました。***** 現在通っているアジアの隅っこインターではアート部門の選択授業に「弦楽器オーケストラ・クラス」なんてものは存在せず、 弦楽器キッズの数も全校生徒合わせてもかろうじて両手の指に入ってしまうぐらい?!の少人数です。 よって、学内年末コンサートも管楽器、弦楽器揃った大掛かりなオーケストラなんてものはもちろん組めず、 「 [続きを読む]
  • 嵐の前の、怒涛の通販ショッピング
  • 今週末には旦那の父母およびバツイチ義妹2+甥っ子Jがここ、アジアの隅っこにやって来る。。。 ***旦那側の家族は皆が揃って我々がどんな僻地へ行こうとも、必ず遊びにやって来る、 まるで「動いてなければ死んでしまう?!」マグロなどの回遊魚よろしく、 常日頃旅行に出ずにはいられない家族でアリマス。 そしてそんな家族を相手に もう何年も、何度も繰り返し口を酸っぱくしてでも言い続けている文言がある。 「子供たちの学校 [続きを読む]
  • Uber(配車タクシーサービス)での出来事。
  • 公共交通機関が発達していないアジアの隅っこで車を持たない生活をしている者にとってはウーバーなど「電話番号も車番号も運転手の名前もわかる」配車タクシーサービスはもはや、生活の必需(品)人です。*** 日々、Uberウーバーを使いまくっているワタクシですが。 高校生、16歳の長男も学校の部活のあとやトモダチと遊ぶ待ち合わせなどには一人でウーバーに乗って自宅まで帰ってきたり目的地へと赴く生活を送っております。 [続きを読む]
  • 永遠のパフォーマー。
  • 映画「ボヘミアン・ラプソディー」観てきました。 *** 洋楽にハマっていた中高時代を思い出します。 Live AIDS、懐かしい〜! 大学時代、イギリスに行ってみたい!!っと思ったのもデイヴィッド・ボウイやクイーン、ポリス(スティングがいた)のような多才な人間が、次から次へと湧いて出てくる国って、一体どんなところや?!と興味津々だったから、というところが非常に大きい。 実際に行ってみたら派遣先の大学は所在地が [続きを読む]