ゆうぼさん さん プロフィール

  •  
ゆうぼさんさん: ぼぼんさい☆ぼぼんさい 〜盆栽屋のブログ〜
ハンドル名ゆうぼさん さん
ブログタイトルぼぼんさい☆ぼぼんさい 〜盆栽屋のブログ〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/bobonsai-bobonsai/
サイト紹介文盆栽に全〜然興味がない人むけです
自由文笑えたりためになったりする宣伝ブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2014/08/08 08:07

ゆうぼさん さんのブログ記事

  • 園芸JAPAN2月号に掲載が決まりました。ようです
  •  タイトルの通りです。ゆうぼの撮り溜めたウメの花の写真が雑誌に掲載されることになった、ようです。簡単な解説も頼まれた気がします。大変なことです 写真は見本誌です。ランの特集が多いのですかね。中身は育て方などのお話が多いようです。盆栽世界とだいたい同じですね というわけで、予約・バックナンバー購入などこちらのサイトから応援よろしくお願いいたします [続きを読む]
  • さらなるエコを目指して
  •  皆さんは覚えているでしょうか、今年初め(2018年)は厳冬だったことを。ゆうぼんちは立水栓が一つパンクしました。近所の水道屋さんに至っては3つパンクしたそうです そして夏(7月)も酷暑でしたたっぷり盆栽に水をやったら自分たちは死なないように家に引きこもる日々の繰り返し 悪いことに盆栽屋はコンビニやスーパーと違ってお客さんは買い物中、冷暖房が効いていませんなので極端な天候は売り上げが減少してしまい [続きを読む]
  • 【再掲&追記】ムラサキシジミ
  •  今年(2015年)の5月は例外的に雨が少なく、暑かったようですお母ぼんが水やりで湿気た手袋で作業していると、ムラサキシジミがやってきて手袋に留まり、作業中ずっと水分を吸っていたそうな昆虫も体温調節に水分が必要みたいですねこのチョウは家に上がる前、手袋をそっと脱いでもまだくっついてチューチュー吸っていたので、記念に写真に収めました。なかなか図々しいというか、根性が座っていますね 【追記】今年の夏 [続きを読む]
  • 町田リス園
  • 町田のリス園に行ってきましたよ(大人¥400) アメリカアカリス ウサギ・ハムスターの齧歯類を中心に、爬虫類もいます  この中で一番盆栽に近いのはゾウガメですかね。冬になると大人しくなって、大切にすれば人間より長生きします。と強引にまとめました [続きを読む]
  • ドロボウは心を盗むということ
  •  ひところ日本で、人狼ゲームというのが流行りました。アメリカでは「マフィアゲーム」として以前から遊ばれていたものです。10人前後かそれ以上で行う遊びです ゲームの内容を大雑把に言うと、みんなの中に狼男(またはマフィア)が潜んでいて、それが誰かを早く突き止めないと1ラウンド毎に一人ずつ参加者が食べられる(暗殺される)というものです 犯人は知らんぷりしたり嘘をついてゲームを引き延ばします。プレイヤーた [続きを読む]
  • ホモサピエンス(=賢いヒト)の脳はまだまだ進化の途中
  •  ゆうぼは力仕事を手伝ってもらうことがありますが、同じ時間でゆうぼの3倍、下手したら5倍作業できる人がいますね。人間耕運機です。参りました。この3倍、5倍の成果というのは「誰の目にも明らか」と私たちは思います ところでスポーツの世界では、例えヴァーリ・トゥード(何でもあり)を掲げる格闘技であっても、反則、卑怯とされる行為は普遍的に存在します「金的」「目潰し」「噛みつき」「1対多」「降参した相手への [続きを読む]
  • お金がないときは人に頼るのも手
  •  ある年からゆうぼんちの盆栽畑にはチガヤが繁殖し始め、対策が遅れるうちに一人では手に負えないほど繁茂してしまいました。チガヤは地下茎で増えるため、手では抜けません。除草剤を撒こうにも、木と木の間に間に生えているものには一緒に枯らしてしまうため薬剤をかけることができません  親父ちゃんが生きているときは特殊な形に改造した耕運機があったためパワフルに掘り返せましたが、それも直し直し使っていたため、親 [続きを読む]
  • 景気がよくなりそうな気がする
  •  むむ… なんだか最近、お金を使いたい気分があります 無駄遣いでも何でもいいわけじゃなく、一か八か将来お得な結果になる方に賭ける気持ち、人が喜ぶことに使いたい気持ちが高まっています (だからと言って変な商品を売りに来ないで下さいよ) ゆうぼのこういう気持ちと景況指数の上昇などは連動するジンクスがあります 高額商品を買うと、しばらくして高額の売り上げで返ってくる、みたいなおまじないは親父ちゃんも信じてい [続きを読む]
  • A看板カッコよく書いてもらった
  •  お店の宣伝に使いなよとA看板をもらいました。しかし乾く前に雨に降られ、妹たちに呪いの看板と呼ばれる羽目に 次にデザイナーさんが家賃代わりにでしょうか、素敵に生まれ変わらせてくれました。ゆうぼは大変気に入りました。頼んだわけでもないのにどうもありがとう。右上のモコモコはなんでしょう しかし月日が経ち白く色褪せてしまいました。面倒くさいし放置していたのですが親切なデンマーク人がまた新しく描きなおして [続きを読む]
  • 盆栽屋に学歴は必要か?IQは?
  •  盆栽家の小林國雄さんはこう言っています  本当に職人になろうというなら、大学を出た人はものにならない。大学に入ったということだけで一人前と思っちゃうのかね  一方、親父ちゃんはこう言いました  うちで働きたいって人が来たら同じ条件なら訳わかんない大学より東大卒を採るよ。その方が安心できる、信用できるだろ  果たして盆栽をやるのに学歴は必要なのでしょうか、親父ちゃんと小林さん、どちらが正しいのでしょ [続きを読む]
  • 自営業の成功の定義は?
  •  プロの漫画家かそうでないかの違いはね、家と車が買えるくらい稼いだかどうかなんですよ。家族を養ったり生活が安定して。それ以外は「自称」マンガ家。一発屋かどうかは関係ないの。私じゃないよ、編集者が言ってたの。今は知らないけど。昔の話だよ  ふーん、それはあまりにも編集者よりの考えですね。というのは、個人事業者や自営業者は、家や車を買った後も人生が続くからです 大儲けした後、せっかく買った高級車も自宅 [続きを読む]
  • 本当はもっと美味しい果物の話
  •  あなたの好きなフルーツは何ですかとアンケートをとって、イチジクや柿が上がってくることは少ないと思います。理由の一つは店頭で買うものが完熟でないからだとゆうぼは思います イチジクは食べ頃の見極めが難しく、1日で甘さや柔らかさが違います。一番甘いタイミングで収穫するとたぶん梱包には柔らかすぎ、日持ちもしません。ゆうぼは力を入れて捥いだりせず、優しく上下しただけでスッと落ちてくるまで待った実を丸ごと食 [続きを読む]
  • プラスチックのミノムシ
  •  ミノムシがプラポットの破片でミノを作っていましたよ もっと全身真っ黒けにプラポットで包まれているのも見たことあります。それから、枯れ葉でなく枯れ枝で統一されたミノムシも縦じまのジャケットのようでなかなか見応えがあります。見つけ次第のんびり追記していく予定ですので気長に宜しくお待ちください [続きを読む]
  • ちがが、かにに
  •  あっ、蚊が止まっている(バシッ) (ブチュウ)  ハハ、やってやったぜ。血が出ました …ところで、人間の子どもは一音節だけ発音するのが難しいというのは知っていますか ゆうぼは「血がが出た」と言ったことを覚えています。おばあちゃんか親父ちゃんに直されてもなんかうまく言い直せませんでした。ちなみに、特に悔しがった覚えはありません 同様に「蚊にに刺された」も「カニじゃないよ、蟹はハサミで横歩きの方だよ」と [続きを読む]
  • またまた出た出た
  •  お母ぼんがまたまた変な名前で呼んでいますよ  カンカン  ベトベトン  シュカシュカ  バリバリ  前は別の呼び方してただろ  ビニール  それだとハウスのビニールと紛らわしいだろ正しくはナイロンコードです。今日知ったけどどうやらけいブコも職場で擬音が多いらしいです。親子だな  うまうま、アセアセ、とことこ。これくらい誰でもいうでしょ [続きを読む]
  • 初日の出来事とは?
  •  ゆうぼと親父ちゃんが向かい合って盆栽の苗の剪定をしています(チョキン)  (チョキン)  (チョキン)  (チョキン)  (パコッ)いてっ  当たった  切った枝がデコに当たったよ(チョキン)  (チョキン)  (チョキン)  (チョキン)  (パコッ)狙い澄ましたようにまた当たったよ  そうか。へへ。ずっと一人で仕事してたからわかんねえ  そういう親父ちゃんの顔は笑っていました。もしかしたら跡継ぎという [続きを読む]
  • 絶滅危惧種でオカマの盆栽
  •  イチョウという針葉樹はありふれた木ですが、絶滅危惧種指定を受けています。恐竜時代に栄華を誇りましたが、現在は一属一種しか残っていません そういえば、イチョウの盆栽を増やしたいとき苗床に挿すとよく活着するのですが、タネから育てるよう指南されたことは何故かないです。人間の栽培なしでは競争に負けてしまう種なのかもしれませんまた、ハリツルマサキという盆栽があります。冬に赤いハート型の実がなるという特徴で [続きを読む]
  • マッツ画伯の描いた盆栽とは?
  •  3月の下旬、マッツ君が突然連絡もなしにやってきて泊まっていきました。マッツ君は2015年の4月から一年間、シルクロード10000kmを横断していました。横断といっても日程の都合なのか都会が嫌いだからなのか、中国の西安からの出発です。彼の足跡を世界地図に表すとこうなるそうです 憧れだったはずの南米縦断がコロンビアで途切れているのは、この地点で暴漢にボコボコにされ、金品を強奪されたので引き返して [続きを読む]
  • 働きません、全力で
  •  ただいまー。12時まで畑で働いたぞ。あーもうヘトヘトだ。こういう時はシャワーとアイスクリームとご飯と昼寝がおいしいんだよな  こんにちはー。鉢見せてください  はーいごゆっくりどうぞ。とは言ってもクタクタだからあと2時間は接客できないぞ…。鉢だって言ってるしお母ぼんよろしく  はーい ☆.。.†:*・゜〜(翌日)〜☆.。†.:*・゜  ただいまー。ふー今日はのんびり14時まで働いちゃったぞ。今日 [続きを読む]
  • xで始まる英単語、いくつ言えますか
  •  アルファベットという英語のゲームをよくやります。AチームとZチームに分かれて、よーいドンで両端のA側とZ側から一斉に単語を書いていき、真ん中でぶつかったらじゃんけんして、負けたチームの単語を消し、また一斉に書いていくものです A B C D E F G H I J K L M N…P OP O  Aチームはこっちへ書くL KE …M N O P Q R S T U V W X Y ZO OZチームはこっち  U O ところで、英語はXで始まる単語が一番少ないです。毎回同じ [続きを読む]
  • 「樹木医」不合格体験記
  •  本当は合格してから書きたかったですが、受験を考えている人のために自分が成功した部分だけでも書いておきます まず、過去問題集を買います。大体の難度をつかんで下さい(ゆうぼはこの後「植物学」の本を立ち読みしてみましたが、そんなものでは試験範囲はカバーされておらず、一度途方に暮れてしまいました) 次に図書館で「光合成」「土壌」「肥料」「害虫」「菌類」「植物学」「農薬」「巨樹・巨木」「細胞」「森林」をキ [続きを読む]
  • 跡継ぎは何をしてきたか
  •  ゆうぼのひいお祖父ちゃんは初代で、皇族の人の盆栽の手入れに成功し、群芳園の名前を頂きました。お祖父ちゃんはウメの品種の分類研究で有名でした。伯父さんはウメの接ぎ木で活躍し、お葬式は関係者の見送りが盛大でした 親父ちゃんは日本でもかなり最初の方に盆栽の通販サイトを独力で立ち上げました。というか、独力でも委託でも盆栽業界では世界で最初の一人ではないでしょうか。それから工作が好きで、オリジナルの卓台を [続きを読む]
  • 間違っているのは誰か
  •  ただいまー  あやブコさん、この盆栽どう思うかい  あっいいじゃん可愛いじゃん  でもあやブコは盆栽手伝ってたことあるでしょう。この形だと世話が大変そうじゃない植え替えとか。根張りもクロスしてて見栄えがよくない。表面的にオシャレなだけで買っても長続きしなそう  いいのいいの、ああいう人たちはすぐ捨てるんだよ。枯れたらゴミ箱にすぐ捨てられるのがいいの。めんどくさくなくて。根っこも見てないし。一人暮 [続きを読む]
  • 人間は全員精神障害
  •  発達障害という言葉を聞いたことがありますか誤解を恐れずに大雑把に言えば、知的障害と健常者の不規則な中間バージョンです。といっても福祉の世界では精神障害と一緒くたにされています 発達障害の一種に、「自閉症スペクトラム障害(ASD)」というものがありますが、これも聞いたことがあるでしょうか必ず見られる3大中核症状として、「社会性(孤立)の異常」、「言語(コミュニケーション)の異常」、「行動(興味)の限 [続きを読む]
  • タダ働きするとお金になる
  •  ゆうぼは今までにここで自分の単独ボランティア行為を紹介してきました。ゴミ拾いとか、草刈りとか、献血とかです。別に見返りを期待せず、純粋にそうしたいから行ったのですが、これらの行為を延長・発展していったらなんと嬉しいことに、割とバカにならない額のお金になって返ってきました (`o´) それはどうしてだ教えなよ  ダメ。教えない。何故か簡単に言うと、ボランティアで知り合ったある人が、実はこれこれを達成 [続きを読む]