Tsubaki さん プロフィール

  •  
Tsubakiさん: ヨーロッパでオーガニックライフ
ハンドル名Tsubaki さん
ブログタイトルヨーロッパでオーガニックライフ
ブログURLhttps://herbalbiolife.blogspot.ch/
サイト紹介文オーガニック製品を扱うオンラインショップのオーナーがBIOやハーブ情報を発信しています。
自由文http://www.herbalbio.net/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/08/08 15:00

Tsubaki さんのブログ記事

  • 【寝付けない夜の対策に】
  • こんにちは、ハーバルビオです。    先週、西日本豪雨の被害をネットニュースで知りました。     私の実家は四国ですが、今回はそこまで影響がなかったそうです。しかし、何度か行ったことのある岡山の倉敷など歴史的な街も被害に遭っており、心が痛みます・・・。     これ以上の被害が広がらないこと、そして、一日も早い復旧が進むことを祈るばかりです。      さて、先日、お客様から「不眠に効くジェモレ [続きを読む]
  • 【ジェモレメディ:お客様からの感想】
  • こんにちは、ハーバルビオ?です。    早いもので、2018年も後半がスタートしましたね。          先日、一時帰国しておりましたが、スイスとの気温差が15℃くらいあり、日本の夏の高温多湿にクラクラしてしまいました。       これからが夏本番ですので、体調管理には十分お気をつけくださいね。   さて、今回は、ジェモセラピー(新芽療法)のレメディをお飲みいただいたお客様の感想をご紹介します。  [続きを読む]
  • 【お肌に優しいカレンデュラ】
  • こんにちは、ハーバルビオです。       先日、近所を散歩中に見かけた↓こちらの植物。      てっきり、カレンデュラ(キンセンカ)だと思ったのですが、よくよく見ていると違うような・・・。      植物に詳しい方は、ぜひ名前を教えてください^^     ↓こちらが本物です。     さて、そのカレンデュラですが、敏感肌向けのコスメでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。  ヨーロッパでもあ [続きを読む]
  • 【ジェモレメディ:静脈りゅうのケアには?】
  • こんにちは、ハーバルビオです。      ジェモセラピー(新芽療法)のレメディ?につきまして、色々ご質問をいただいておりますので、ブログでもご紹介していくことにしました。       【ご質問内容】足の静脈瘤(りゅう)が気になるのですが、BIOレモンか、BIOマロニエならどちらがお勧めですか?    【下肢静脈瘤とは】簡単に言うと足の血管の病気です。  下肢とは脚部のことを指し、瘤とは文字通りこぶのこと [続きを読む]
  • 【イラクサとニワトコの季節】
  • こんにちは、ハーバルビオです。    前回の更新から間が空いてしまいましたが、6月に入りましたね。    私が住むスイスは、たまに肌寒い日もありますが、ゆっくりと初夏らしくなってきました。    さて、今回は近所の森でもよく見かけるようになったイラクサとニワトコ(エルダーベリー)をご紹介したいと思います。    ↓こちらがイラクサ     触れると、痒くなるので要注意ですが、とても多くの栄養素を含 [続きを読む]
  • 【ハーブティーでリラックス】
  • こんにちは、ハーバルビオです。     皆さんは普段、ハーブティーを飲まれますか?     ハーバルビオでは、フランスのエルボリストリ(薬草薬局)がセレクトしたティザンヌ?(ハーブティー)の取り扱いを始めました。    日本人の間では、パリのエルボリストリが知られていますが、実は、このような専門店は、フランスを始め、ヨーロッパでは普通に見かけます。    薬草学の専門知識をもった薬剤師に自分の症状 [続きを読む]
  • 【製品の消費期限の見方】
  • こんにちは、ハーバルビオです。    前回、眼精疲労緩和に役立つ植物をご紹介しましたが、「ビルベリー」が好きなので、何かしら製品を見かけると購入してしまう私です・・・。    今回もそのビルベリーが含まれたハーブチンキを試しました。     フランスのメーカーの物でオーガニック品ですが、植物の芽は使用されていないので、ジェモセラピーのレメディではありません。    原材料は、至ってシンプルなのです [続きを読む]
  • 【眼精疲労緩和に役立つ植物②】
  • こんにちは、ハーバルビオです。    前回の眼精疲労緩和に役立つ植物①?に引き続き、同じテーマに役立つ植物をご紹介します。    視力回復と言えば、日本でもブルーベリーの存在は知られていますね。  フランス語で、Myrtillierと呼ばれるビルベリーは、ブルーベリーの一種で、より多くのアントシアニン(眼精疲労緩和に役立つ成分)を含んでいます。      ヨーロッパでは、春から夏にかけてマルシェで様々なベリ [続きを読む]
  • 【眼精疲労緩和に役立つ植物①】
  • こんにちは、ハーバルビオです。皆さん、こちら↓の植物をご存知でしょうか?    美しい青色が特徴的なコーンフラワー(矢車菊)と呼ばれるキク科の植物です。ラテン名:Centaurea cyanus仏語:Bleuet   このヤグルマギクは、ヨーロッパでは伝統的に目を労わる植物として人々の生活に取り入られてきました。       【特徴】・目の疲労を緩和・皮膚の病気や目の周りのクマのケアに適している・疲れた肌を活性化させる [続きを読む]
  • 【身近な植物:タンポポ】
  • こんにちは、ハーバルビオです。    私が住んでいる地域では、タンポポを至る所で見かけるようになりました。       菜花もそろそろ開花が近づいている為、黄色い絨毯が広がっています。  さて、そのタンポポですが、正確には、西洋タンポポやダンディライオンと呼ばれます。   ラテン名:Taraxacum officinaleフラス語:Pissenlit    私が愛読している故Maria Treben(マリアトレーベン)の植物療法の本にも西 [続きを読む]
  • 【カモミールを使ったレメディ】
  • こんにちは、ハーバルビオです。     今回は、散歩中に見かけたこちらの植物↓について書いてみます。      カモミールは、日本でもハーブティーとしてとても身近な存在ですので、説明は不要かもしれませんが、  ・消化を促進・お肌の調子を整える・不安解消、リラックス作用 などを持っています。    この時期のヨーロッパでは、至る所で見かける強い品種の植物です。     精油でもタイプの違うジャーマン [続きを読む]
  • 【ジェモレメディ・メーカーを比較】
  • こんにちは、 ハーバルビオです。    ジェモセラピー(新芽療法)の発祥地は、ヨーロッパです。 ベルギーの医師Pol Henryの飽くなき探求心により発見され、Max TétauやJean-Claude Leunisにより、セラピーという形に変化を遂げ、現在のような飲む療法に至ります。     この分野において老舗と言えるベルギーのメーカー、ハーバルジェム?以外にも様々なメーカーがジェモレメディを開発しており、ジェモセラピーは、ヨー [続きを読む]
  • 【女性向け器官別・ジェモレメディ一覧】
  • こんにちは、ハーバルビオです。    今回は、女性の器官別に働きかける植物をご紹介します。        それぞれの植物のジェモレメディ(新芽療法)により、各器官の機能を高めたり、抑制するサポートがされます。      ハーバルジェム社のジェモレメディが存在する物には、リンクを付けておりますので、参考になれば幸いです。    参考文献:Gemmotherapie/Stephane Boistard,La Gemmotherapie/Philippe Andr [続きを読む]
  • 【植物エキスを用いた減量サポートプログラム】
  • こんにちは、ハーバルビオです。    春先になると、薄着になっていくことから「ダイエット」を意識される方も増えるようです。         そこで今回は、シラカバの樹液とその芽の抽出エキスを使用したスリミングプログラムのご紹介です。     ジェモセラピー(新芽療法)のレメディを製造しているベルギーのHerbalgem社? のシラカバエキスを使用したスリミングプログラムは、    リバウンドしにくく、かつ [続きを読む]
  • 【春のデトックスウォーター】
  • こんにちは、ハーバルビオです。    今回は、フランスの健康情報を集めたサイトBio à la une で紹介されている5種類のデトックスウォーターをご紹介します。    *写真は、サイトからお借りしました。   1 消化補助:ライムウォーター、キュウリとミントをミックス     2 十分な水分補給:マンゴーとパイナップルをココナッツウォーターにミックス    3 免疫システムを強化:オレンジとブルーベリーを水に [続きを読む]
  • 【大注目のフランスの植物愛好組織】
  • こんにちは、ハーバルビオです。  ジェモセラピーの発案者は、ベルギーの医師Pol Henryです。そして、当ショップでも扱っているのは、ベルギーのHerbalgem社製の物ですが、フランスでもこの分野は、進んでいます。     フランスの薬局やビオ製品を扱う店舗では、フランス製のジェモセラピーのレメディを見かけることも少なくありません。       そして、私が最近発見したのがLe chemin de la nature というパリ近郊 [続きを読む]