Fumiko さん プロフィール

  •  
Fumikoさん: 秋田のセラピースペースFuture
ハンドル名Fumiko さん
ブログタイトル秋田のセラピースペースFuture
ブログURLhttp://healing2room3.blog.fc2.com/
サイト紹介文ヒプノセラピーとヒーリングのサイトです。自分への贈物として自己ヒーリングの方法を紹介しています。
自由文新米のセラピストですが、世間的には苦労と言われるような人生経験が豊富な分だけ人の感情が分かると思っています。当サイトの記事を通じて読者の方々が自分を愛し自分を大切にし、もっと生き生きと楽しく生きることができるよう、お手伝いすることができればと考えています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2014/08/09 12:02

Fumiko さんのブログ記事

  • 先祖が見守ってくれているって本当なんですね
  • 墓参りに行ってきました。渡辺家の先祖といっても、亡くなった舅しか知らないので、「ハロー、おじいさん。そちらで元気にやってますか」くらいの挨拶です。わたしのほうの先祖といえば、何年も前のことになりますが、ヘミシンク (右耳と左耳のイヤホーンから微妙に異なる周波数の音を流すことにより、強制的に脳波をα波状態にするCD) を聞いていたとき、亡くなった祖母が出てきたので、びっくりしたことがあります。祖母が亡くな [続きを読む]
  • 「幸せになれないと思っている自分」を解放する方法、その2
  • 「幸せになれないと思っている自分」を解放する方法、その2です。静かな場所で横になるか椅子に腰かけ、ゆっくり呼吸します。美しい階段をイメージしましょう。その階段を下りたところにドアがあって、ドアの向こうに「幸せになれないと思っている自分」がいるのです。ゆっくり呼吸しながら、10〜1まで数えていきます。数えながら、階段を下りていきましょう。さあ、ドアの前に立ちました。それは、どんなドアですか?ドアノブを回 [続きを読む]
  • 「幸せになれないと思っている自分」の解放は、こんなふうに(*^^)v
  • 「幸せになれないと思っている自分」の解放の仕方です。目を閉じて、ゆっくり呼吸します。自分にこう言ってやります。「わたしは、幸せになれないと思ってもいい」ああ、そう思ってもいいんだ。そう思うと少し心がゆるんできませんか。次に「わたしは幸せになれないと思っている自分をゆるします」そんなネガティブなことを考えている自分をゆるしてもいいんだ。そう思うと、もっと心がゆるみますね。心がかなりゆるんだところで、 [続きを読む]
  • ヒーラーもセラピストも、もちろんヒーリングを受けます
  • 昨日の朝、起きたとき、身体が重たいのに気づきました。このところ忙しかったので、疲れが溜まっていたのでしょう。「ヒーリングを受けたいなあ」と思いました。レイキヒーリングを自分でやっているのに?受けますよ、もちろん。わたしは、毎日、自分に自己ヒーリングをしています。それでも、日々疲れは溜まるので、エネルギーをベストなコンディションに整えておくために、時々ヒーリングを受ける必要があるのです。今までは、東 [続きを読む]
  • 遅ればせながら、金足農高準優勝おめでとう!
  • 今頃、何言ってるんですか?と言われそうなタイトルですね。実は、忙しくて金足農業が勝ち進んでいった試合を見ていなかったのです。決勝戦でさえ、最期のほうをチラッと見ただけだったので、ブログに書こうにも書けませんでした。でも、千葉に住む友人から「応援してるよ」とメールが来たり、北海道の親戚と電話で話したら、金足農高の試合を毎回熱心に見て応援していたとのこと。吉田投手の情報もいろいろ教えてくれました。今日 [続きを読む]
  • 変化は外の世界からではなく、あなたの心から始まる
  • 秋田では金足農高がベスト8に進み、日本では行方不明の2才の男児が発見され、警察署から逃走した容疑者が未だ捕まらず、日本中、世界中でいろいろなことが起こり、情報媒体で報道されています。でも、外の世界の騒がしさに背を向け、何も見たくない聞きたくないというときがあります。身体がだるくすぐに眠くなる。友人との会話もおっくうに思う。何をするにも意欲が出ない。この状態は、うつ症状と似ているけれども、そうではない [続きを読む]
  • 竿灯祭り 笛や太鼓が鳴り響くと、心が躍ってじっとしていられません
  • 竿灯三日目、秋田県には豪雨警報も出ていたのに、日中ザーッと降っただけで夕方まで晴れて、無事に竿灯祭りを開催することができました。わざわざ竿灯祭りを見に来てくださった観光客のみなさん、主催者の方々、そして竿灯を演じる差し手の方々、本当に良かったですね。毎年、竿灯当日は、5時半頃からわが家の両側の道を、笛や太鼓を鳴らしながら竿灯の行列が会場へ向かいます。笛や太鼓が鳴り響くと、心が躍って、やはりじっとし [続きを読む]
  • タイの洞窟に閉じ込められた少年たちがついに救出
  • どうなることかと毎日ニュースを見ていましたが、タイの洞窟に閉じ込められた少年たちがついに救出されました。しかも、13人が全員無事に救出。その救出劇には、途中でダイバーの方が亡くなるなど、たくさんの方々の協力と尽力があったようです。一方では、世界中のあちこちで戦争や貧困やテロなどで、たくさんの人々の生活がいとも簡単に破壊され、たくさんの命が犠牲になっています。もとはといえば、人間のエゴが拡大して引き起 [続きを読む]
  • 「ハートの解放ワーク」の音声データをアップしました
  • つきまとうネガティブな感情をどうにかしたい。そう思えば思うほど、忘れようとすればするほど、ネガティブな感情はなくなりません。見ないふりをしたり抑え込んだりすると、感情はけっして消えないのです。そんなときはむしろ、自分の感情と向き合い、じっくり感じることで解放することができます。不快感の下には怒り、怒りの下には悲しみがありというように、感情は層になっています。そして、感情の一番下にあるのが人間の基本 [続きを読む]
  • 近隣トラブル すべてはうまくいく
  • 「ピンポーン、ピンポーン」えっ?セッション中なのにと思い反応しないでいると、「ドンドン」とドアを叩く音がします。仕方なくセッションを中断してドアを開けると、そこにはカンカンに怒った隣の駐車スペースの方が立っていました。お客様の車が大きすぎて、ご自分の車が入れられず、やっと頭から入れたとのこと。その場は平謝りして、あとで対処方法を考えますと返事をしました。ちなみに、セッション中に人が来ることはめった [続きを読む]
  • 吉幾三の歌 「ありがとう言えるよな 最後であればいい」
  • 吉幾三さんが好きです。人間も歌も好きです。温かそうな人柄、涙もろいところ、日本の父さんという感じ。家族を大事にしている人なのではないかと思います。家族への愛が歌詞に滲み出ていますね。「酒よ」もいいですが、何て言っても大好きなのは、「おら、東京さ行ぐだ」ですね。今も、「おら、東京さ行ぐだ」を歌っている、若き日の吉幾三さんのYou Tubeを見て笑っていました。「東京でベコ買うだ」の歌詞がいいんですよね。今日 [続きを読む]
  • 本田圭祐語録「失敗とは、それではうまくいかないことが分かるという成功」
  • 本田圭祐さんがロシア大会最終選考の23人に選ばれましたね。サッカーのことはあまりよく分かりませんが、ビッグマウスと言われている本田さんのこの言葉を聞いたとき、やはりすごい人だなあと思いました。何かに抜きんでた人は、自分を支える人生哲学を持っている。「失敗という言葉は要らない。失敗とは、これではうまくいかないのだということが分かるという成功なのだ」この言葉は、あくまでポジティブで、粘り強く、客観的で冷 [続きを読む]
  • この愛がもっともっと大きくなって、平和な地球になるといいなあ
  • 「ゴツン!」自動ドアにおでこをぶつけて、びっくり。バッグの中をいじりながら歩いていたときでした。「大丈夫?」とそばにいた方が笑顔で声をかけてくれました。わたしと同年代に見えるその方は、「あなたは下を向いて歩いてきたので、まだドアが開いていないうちに、進もうとしたの。だからぶつかったのよ」と説明してくれました。「ああ、目が覚めました」ドアにぶつかったことにも、その方の親切にも驚きました。自分はもうエ [続きを読む]
  • 厳しい自分よ、さようなら
  • 自分に厳しいことって、ふつういいことだと思われていますよね。でも、自分に厳しすぎると、自分で自分を苦しめることになります。あなたがストレスを感じたり緊張したりする場面を思い浮かべてみましょう。そのとき、あなたの中にいる厳しい自分は何と言っていますか。たとえば、「わたしは○○でなければならない」「これくらいできるはずだ」「完璧でないとダメだ」あなたはよく頑張っている。ほかの人もあなたの頑張りを評価し [続きを読む]
  • 人が本当に何かを望むとき、全宇宙が協力して、夢を実現するのを助けてくれる
  • 「心底これがやりたい」というものがあるとき、不安や怖れが出てくるのは当然のことです。本当に自分にできるのか。うまくいかなかったらどうしよう。おまけに家族の意向、周囲の目まで気になります。でも、本当にそれをやりたいのでしょう?不安や怖れ、ほかの人の思惑のために、やりたいことをやらずに人生終わってしまっていいのですか。誰だって、未知の分野に踏み出すのは怖いものです。わたしも起業するときには怖れが出てき [続きを読む]