ebolar さん プロフィール

  •  
ebolarさん: えぼらー日誌
ハンドル名ebolar さん
ブログタイトルえぼらー日誌
ブログURLhttp://satesate78.blog.fc2.com/
サイト紹介文アイルランド経由でサンディエゴに。ビールとか、コーヒーとか、アメリカ生活とか、観光とか、研究とか。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2014/08/09 14:36

ebolar さんのブログ記事

  • 古いコンピテントセル
  • 研究関係の話は面白くない、との相方の指摘なので、研究関連の話はこちらに更新することにする。イギリスの生活の話は引き続き新ブログの方に更新していますので、そちらもお願いします。また気分が変わって新しいブログを作るかもしれないけど。今やっているタンパクは、一応可溶性に発現するのだけれど、発現レベルが低い。インクルージョンになっているというわけでもない。コドンオプティマイズしてもなお発現レベルが低いこと [続きを読む]
  • (無題)
  • 研究関係の話は面白くない、との相方の指摘なので、研究関連の話はこちらに更新することにする。イギリスの生活の話は引き続き新ブログの方に更新していますので、そちらもお願いします。また気分が変わって新しいブログを作るかもしれないけど。今やっているタンパクは、一応可溶性に発現するのだけれど、発現レベルが低い。インクルージョンになっているというわけでもない。コドンオプティマイズしてもなお発現レベルが低いこと [続きを読む]
  • ブログ、移行しました
  • 前の記事で、下の方に書いたためか、更新してないけど大丈夫か?という連絡をいただきました。新しいブログを作って、そちらで更新していくことにしましたので、訪問していただけるとうれしいです。よろしくお願いします。新しいブログはこちらから。 [続きを読む]
  • 文明の利器
  • イギリス生活は、スマホの便利さが実感できる 人がスマートじゃないのにスマートフォンなんか持ったってしょうがないんだよ、と言っていた私ですが、何だかんだ言ってイギリスでは直ぐにスマホを買い、結構便利なもんですなあ、と思っております。アメリカでも一応最後の方はスマホでしたが、全く便利だとは思わなかったのだけれど、イギリスでは事情が違います。まずは車に乗ってないから(アメリカではtomtomを買って車に載せて [続きを読む]
  • 改めて、あけましておめでとうございます
  • 皆さん、改めまして明けましておめでとうございます。明けましておめでとうとは書いているのですが、書いている本人にはあまり新年の実感が無く、なんだかパッとしない正月です。それは、忙しいからとか、生活が落ち着かないからとかではなく、ひとえに、テレビがないから、が大きいのじゃないかなと思います。日本語も英語も、全くテレビがない生活を送ってみて、何だかんだ言ってテレビが季節を盛り上げてくれている場面って多い [続きを読む]
  • ついに銀行口座開設
  • アポイントメントが取ってあったHSBCに行って来ました。この前行ったときには、案内の人がパスポートとボスからのレター(住所明記)があれば大丈夫と言っていたけど、担当の人が違うこと言ったらどうしようかなあ・・と多少の不安はありました。しかし、特に何も指摘されることはなく、晴れて銀行口座開設です。手続きは問題なく進んだものの、色々とあって結構長かった。11時半のアポイントメントで、終わったのが1時前。まあ、 [続きを読む]
  • よくよく考えてみると
  • やっとぬるま湯が継続的に出る方法を会得して、何とか暮らしていけそうな公算です(しかしやっぱり”ぬるま湯”であることには違いないのだけれど)。何しに来たんだよ?と思ったりするわけですが、そんな瞬間にふと考えてみると、家族3人でサンディエゴからケンブリッジに移動する全ての費用を合計すると、アメリカで私がグリーンカードをとる費用と大して変わんなくない?という考えが頭をよぎる。もちろん、早い時点でグリーン [続きを読む]
  • それでも苦難は続く
  • 引っ越したまでは良かった。部屋も広いし、家賃もそれなりだし、とりあえずガスコンロがないのは困ったけど、まあ良いんじゃない?くらいに思っていた。しかし、それだけでは終わらなかった・・。まずはインターネット。入居日になって、実はまだネットの回線がひいてないんだよね、という。まあ、いいよ(というか、今更どうしようもない)。早めにお願いね、と言うことで終わったのだけれど、確認してもらうと実際に工事をしても [続きを読む]
  • やっと引っ越しが終了した
  • 今朝のケンブリッジは、地面が凍りついていて、風も結構冷たかった。クリスマスの日の暖かさは何だったんだろうと思ってしまうが、これが普通なんだろうな。引っ越し(と言っても家族と合流する2ヶ月位の一時的な住居なのだけれど)が終了した。これで少しは落ち着いて生活できる。家族で住むための部屋探しはボチボチと継続する必要はあるが。今回は、訳の分からないlandlordに振り回されて時間がかかってしまったわけだけれど、 [続きを読む]
  • 12月27日
  • 明日にはairbnbを出ていく予定なので、27日一日かけて部屋探し。昨日の夜に一件連絡が来ていて、今日は結局4軒見に行くことになった。1軒目。現在の滞在先から近く、朝、見せてもらった。インド系のlandlordで、部屋自体は広くてそこそこキレイだった。他の部屋の住人が出ていったところだとかで、冷蔵庫から異臭がしたのが大いに気になったわけだけれど、部屋を出ていく時にすべて冷蔵庫に残していくんだそうで、これから片付 [続きを読む]
  • 不運は続く
  • 12月26日。ボクシングデーであるけれど、歩いて街までショッピングに行く気にもなれず、とりあえずラボへ。ラボで使っているというsnapgeneなるソフトウェアの使い方を勉強しながら過ごす。普通のクローニングは久方ぶり。そのソフトの話はまた今度。夕方、日が暮れてきた頃メールがやってきて、28日か29日に帰ってきて部屋を見せてくれると言っていた人が31日まで帰れないという。代わりにlandlordが見せてくれるという [続きを読む]
  • 12月24日、25日
  • クリスマスイブ。特に何の予定もないのだけれど、クリスマスにはほとんどの店が閉まってしまうのに備えて買い物に。宿泊先の近くにchinese supermarketというものがあったので行ってみたのだけれど、街の商店という感じで、品揃えもイマイチであった。イギリスの地方都市のchinese supermarketとはこんなものなのかもしれないけど、残念。次に普通のスーパーマーケットへ。今回行ったのはbudgensという店。生鮮食料品の品揃えがい [続きを読む]
  • 23日
  • 金曜日であり、クリスマス前である今日は、ラボに行っても人はあまりいなくて(思ったよりはいて、ちょっと驚いた。うちのラボじゃないけど)、レストランなんかも閉まっていた。泊まっているairbnbの部屋も、クリスマス中は誰もいないよと言われていたとおり誰もいなくて、とても静か。なんか、一昨日、昨日と、隣の部屋に入っているという中国人の女性がガタガタバタバタうるさくて仕方がなかったので(多分、引っ越しなのだろう [続きを読む]
  • まさかの
  • 決まったはずの滞在先なのだけれど、引っ越しの直前に事態が急変した。28日まで息子が使うから21日には入れないという。それを聞いたのは20日のこと。なんでも旅行をしていて、状況が変わったことを把握していなかったと言う。明日引っ越しするつもりが入れないというのだからどうしようもないので、急遽airbnbで別の部屋を探し、そこに移動した(元々泊まっていたところは、もう空いてなさそうだった。というか、もう売るつもりで [続きを読む]
  • 最初のairbnbは奇妙な経験でありました
  • 初めて利用したairbnbでしたが、なかなか奇妙な感じで始まり、なかなか奇妙な感じで終わりました。腹をこわして仕事を休んだ翌日、やっぱり朝から腹が痛かったのだけれど何とか起き上がって出かけようとすると、ドアのベルが鳴った。出ないと行けないのかな?と思って躊躇していると、ガチャガチャガチャと鍵を開ける音がして、人が入ってきた・・・誰?と顔を出してみると、見たことのない、身なりの良い白人の男性。なんでも、不 [続きを読む]
  • レンガを積む
  • 少し前、まだ日本に滞在していたときの話。今回の日本滞在は結構長くなったので、実家に帰って農作業を手伝ってみたり、妻の実家の庭の掃除や庭造りをしてみたりした。庭のアップグレードしようということで、レンガを積んでみた。レンガ積みなんてやったこと無いから、適当に積んでモルタルで接着させたら良いんでしょ?とか思っていたわけだけれど、そんな甘い事はなかった・・・。まずは、地盤。レンガを積む前に、レンガの下の [続きを読む]
  • 人生最悪の腹痛に見舞われる
  • 月曜の朝、4時頃、急な腹痛に見舞われて目を覚ました。とりあえずトイレに入ってみるも、成果なく、気付いたらあまりの痛みにトイレに倒れていた。多分、一瞬のことだとは思うのだけれど。その後、結局下痢になり、結構な血が便にまじりと、大丈夫か?という感じだったのだけれど、下痢で、鮮血が大量に混じるような場合は、虚血性腸炎というものである場合が多いらしく、放っておけば直るということらしいので救急に駆け込んだり [続きを読む]
  • ゆるりの森
  • 日本滞在中の話だけれど、離日の前に蕎麦が食べたい、ということで、古河市の郊外にある「ゆるりの森」というレストランに行ってきた。母体の森ファームというところで育てた蕎麦や有機野菜をつかって料理を出しているらしい。前回の帰国の際に行った蕎苗さんが定休日だったので、ここを試してみることにした。レストランを遠くから見るとこんな感じ。レストランもいい雰囲気で、余裕があり、天ぷらも美味しかった。蕎麦は、あと一 [続きを読む]
  • やっと研究テーマが決まる
  • なんだか生活のセットアップの話ばかり書いていて、何の仕事もしてないみたいなのだけれど、一応職場に出勤して、ボチボチと仕事も始めています。しかし、いきなり問題が・・・。テーマが決まらない。私がやろうと思っていた話と、ボスがやらせようと思っていた話があって、そういう方向で、という感じなのかなと思っていたら、研究室の他のポスドクが既にそちらの仕事を進めていて・・・というなんともややこしい話になり頓挫。や [続きを読む]
  • ケンブリッジ散策
  • 銀行に行った後、自転車屋を探すついでにケンブリッジを散策してみた。自転車屋に関してはあまり収穫はなかったのだけれど、散策中に撮った写真だけアップしてみます。市街地の真ん中に大きな公園がそこかしこにある。ケンブリッジは運河観光が有名らしい。ずいぶん寒くなってきたのだけれど、運河で舟に乗る観光客がいた。散策して、幾つかの(多くの?)カレッジは入場料を取っている事に気づいた。場所によっては、”大学のメン [続きを読む]
  • 銀行口座開設も難しい
  • 誰かの参考になるかもしれないので、イギリスでの生活セットアップ話を続けます。今回は銀行口座。まだ道半ばではあるのだけれど・・・。わかったことは、residential addressは口座を開くためには絶対に必要。work addressで許してくれないものかと聞いてみたが、residential addressは絶対に必要らしい。問題は、いかに住所を証明するか(証明することを許してくれるか)というところに尽きる。その対応は銀行毎に違うみたい。電 [続きを読む]
  • 仮住まいがやっと決まる
  • 難航していた仮住まい探しが、決着した。結局、spareroomで見つけて、一番初めに見に行ったところ。職場からの距離もそんなに悪くないし、部屋は広いし、部屋にテーブルもあり、テレビまである。家賃は週120ポンド(光熱費込み)。スーパーマーケットがあまり近くないというのは難点だけど、いずれにしても仮住まいではそんなにしっかり自炊をするわけにもいかないだろうし、仕方ない。クリスマス前に息子が帰ってくるから使い [続きを読む]